2006年10月30日

ただ、君を愛してる 30点(100点満点中)

エマニエル坊やの成長を止める薬
公式サイト

カメラマンの青年が、死んだはずの恋人からの手紙を受け取り、彼女を求めてNYへ旅立つ、そんな内容の堤幸彦監督映画、『恋愛寫眞 Collage Our Life』(2003年)の、アナザー・ストーリーとして、『いま、会いにゆきます』の作者、市川拓司が書いた小説『恋愛寫眞 もうひとつの物語』を映画化。

常用している皮膚病の薬の臭いにコンプレックスを抱き、他人と距離を置いて生きてきた誠人(玉木宏)が、大学の入学式の日、チビでメガネで慢性鼻炎の少女・静流(宮崎あおい)と出会う。誠人に想いを寄せる様になった静流は、誠人に好かれるために、大人の女性に成長しようと決断するが…というストーリー。

ヒロインである静流が、男に相手にされない存在から、眼を見張る様な美女へと変貌する、というのが本作のキモであり、これを的確に表現できない事には、作品そのものが成立し得ないのだが、"変身前"の静流が、見た目、言動ともに、あまりにも可愛すぎる(むしろ変身前の方が可愛い)ため、この時点で既に物語は破綻しているのだ。

メガネをかけようが髪をボサボサにしようが服装がヘンテコだろうが、美少女は何をしても美少女である事に変わりはない。コンタクトのCMで「新しい私に変身」とか言いながらメガネの時の方が可愛いのと同様の事態に、本作も陥ってしまっている。

そもそも、"メガネを取ったら実は美少女"なる、古典的少女マンガ設定は、あくまでもマンガだから通用する表現であって、実写映像でそれを自然なかたちで見せるのは、かなりの困難だ。もちろん本作では、全く行えていない。どう見ても、"美少女が個性的な格好をしている"としか見えないのだ。

"変人女"と、男子学生から嘲笑される言動も、その一つ一つが可愛くてたまらないもので、こんな美少女が学内にいれば、本人の意思は別としてモテモテになる事は間違いなく、劇中の様な"笑われ者"になるはずが無い。これではストーリーの説得力が全くなく、まともに見る事は出来ない。

仮にその部分に無理に眼を瞑るとしても、ストーリー自体が極めて御都合主義で子供騙しなもので、「ヒロイン殺しときゃ泣くだろ」と、バカにされてるとしか思えない安易さに、逆に後味の悪さしか感じないものとなっている。

とにかく宮崎あおいを可愛く撮る事には成功しているが、登場人物達の恋愛感情の変化や、それぞれの心情変化といった、心理・感情の描写はかなりいい加減で、ストーリーの進行のためにキャラクターが動かされているとしか見えない。

映像的にも、景色のいい場所で撮影されているので、それなりに奇麗には見えるが、監督がテレビ畑の人と言う事もあり、広がりの少ない、面白味の少ない画作りが多く、あまり楽しめない。

が、テレビ的アップが多用されている事から、これまた宮崎あおいの可愛さがより一層強調される結果となってしまっているのは皮肉か。

表情の作り方、声色や喋り方のテンポ、ちょっとした動きなどなど、若いながらに女優経験が豊富な宮崎あおいの、その能力の高さは大したものであり、本作は、宮崎あおいの魅力を最大限に映し出した作品としては、今までに無い出色の出来となっている事は確かだ。

が、いくら宮崎あおいが可愛いからと言って、それだけで2時間の映画を観させられても困る。彼女のファンや、少しでも興味のある人なら必見だが、そうでない人にはオススメしない。



tsubuanco at 17:59│Comments(3)TrackBack(8)clip!映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 【劇場鑑賞117】ただ、君を愛してる  HEVENLY FOREST  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2006年10月31日 23:46
3 生涯ただ一度のキス ただ一度の恋 『ねぇ、誠人。あのキスのとき、少しは、愛はあったかな・・・』
2. 「ただ、君を愛してる」試写会レビュー 二人の笑顔、恋愛写真。  [ 長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ ]   2006年11月01日 19:25
これは期待以下じゃないか、と一時不安にはなったが、しっかり泣かせてくれた。やはり、てれすどん2号の観たかった映画、てれすどん2号の好きな映画「ただ、君を愛してる」。何回も観ろ!とはあえて言いません。試写会もまだ催されるらしいすし、しっかり一回、劇場でご覧...
3. 宮崎あおい  [ キーワードマーケティング実験室 ]   2006年11月02日 18:00
宮崎あおいに関連するブログを集めてみました....
4. ただ、君を愛してる  [ 欧風 ]   2006年11月03日 09:40
28、29日、イオン下田TOHOシネタウンでの映画ハシゴ観、1本目「虹の女神」、2本目<a href="http://minkara.carview.co.jp/us
5. ただ、君を愛してる  [ シネクリシェ ]   2006年11月23日 08:38
 いい映画だったのだろうと思います、おそらく……。  と実に歯切れの悪いもの言いですが、それもそのはず。宮崎あおいがうますぎるので、彼女が出
6. ただ君を愛してる  [ 勝弘ブログ ]   2006年11月23日 12:47
http://www.aishiteru.jp/index.htmlいま会いにゆきますの市川拓司原作宮崎あおいさん、、すごいです。役者としてもそうですが何をやっても様になるというか「初恋」では自転車のパンクを直すシーンがよかったですし今回??i
7. 「ただ、君を愛してる」見てきました。  [ よしなしごと ]   2006年11月26日 17:45
 あの感動作「いま、愛にゆきます」の市川拓司がおくる、「ただ、君を愛してる」を見てきました。
8. ≪ただ、君を愛してる≫  [ ミーガと映画と… -Have a good movie- ]   2007年12月07日 09:55
ただ、君を愛してる ¥2,953 Amazon.co.jp (WOWOW@2007/11/30) 製作年度2006年 製作国日本 上映時間116分 監督新城毅彦 出演玉木宏 (瀬川誠人) 宮崎あおい (里中静流) 黒木メイサ (富山みゆき) 小出恵介 (関口恭平) 上原美佐 (井上早樹)...

この記事へのコメント

1. Posted by ルークofルーク   2006年10月30日 20:32
この映画のスポットCMの観すぎで
あおいが好きになり。
のだめ効果もあり、玉木が気になり始め・・・

そこに、この映画ですよ!
観なきゃ!と思ったけどそんな内容なのか・・・
でもまぁレンタルはしちゃうかも
2. Posted by 山口ノボル   2006年10月30日 21:22
宮崎あおい宮崎あおいって宮崎あおい村の住人かっつーの!!!!1
3. Posted by つぶあんこ   2006年10月31日 17:45
ルークofルークさま
 いやいや、他人の評価を当てにしない方がいいですよ。
 宮崎あおいが可愛すぎることは確実ですし。
 のだめは月9にしては良く出来てますよね。

山口ノボルさま
 むしろ宮崎あおい教の教祖で。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Comments