2006年12月21日

ライアンを探せ! 40点(100点満点中)

臆病なライオンが旅をする
公式サイト

ディズニー製作の3DCGアニメ最新作。ニューヨークの動物園で暮らす雄ライオンのサムソンは、息子のライアンに過去の武勇伝を語り、野生の咆哮を教えようとしていたが、気弱なライアンは猫の様な鳴き声しか出せない。そんなライアンが、ある日トラックの荷台に入り込んだまま動物園から出てしまってさあ大変。サムソンは息子を助け出すため、仲間のリスやコアラ達とともにライアンを追って動物園を出るが…というお話。

ライオンの親子の物語、という事でまず思い浮かぶのは『ジャングル大帝』(あるいはその盗作である『ライオンキング』)、父親が息子を追いかけるのは『ファインディング・ニモ』、動物園から野生の島へと冒険するのは『マダガスカル』と、どこかで見た様な設定、ストーリーのオンパレードだ。

先日レビューを書いた『エラゴン』は、オタクが書いたオマージュ、あるいはパロディともいうべき作品であり、元ネタを知られたところで困る事はなく、むしろ別の側面での発見の楽しみがあるのだが、本作はそうではないだろう。

競合他社どころか自社作品からもネタや設定を引っ張って、あたかもオリジナルの様な顔をして商売にする、明らかなパクリ、盗用でしかない。(元ネタを知っていてくれないと困るのがパロディ。知られると困るのが盗作だ)

アニメ映画の本家であるはずのディズニーが、ライオンキング以降、『アトランティス』や『トレジャー・プラネット』など、ストーリーやキャラクターをパクりまくっているのはもはや常識だが、本作の様な、つい最近の作品からパクる段に至っては、もはやクリエイターとしてのプライドというものが無いのではないか、としか思えない。

盗作などは、表現者として最低の行為であり、非営利のファン活動として真似や模倣をするならともかく、人のものを盗んで金を稼ごうなど言語道断甚だしい、恥知らずな行為と知るべきだろう。

閑話休題。と言っても、そういう部分に眼を瞑りさえすれば、アニメーションの質や、物語の全体的な構成など、楽しめる部分もある事も確かだ。

メインキャラクターである動物を含め、映像の基本的な方向性を"実写的リアル"に定めて作られている本作、マンガ的な可愛さは消えてしまっているものの、出来のいいヌイグルミが生きて動いているかの様な、リアルな質感と存在を感じさせる動きの表現は見事だし、それがマンガ的な動きをする事のおかしさも出せている。

冒頭でサムソンが語る武勇伝"として見せられる、猛牛の群れが合体して巨大な怪物に変化する、アニメならではの表現で観客を引き込み、その猛牛が、回想として見せられる、サムソンの過去のトラウマの裏返しであり、更には終盤の"対決"への伏線となっていたり、動物園の人気者であるコアラのキャラクターグッズとして売られているトーキング人形が、最初は一発ネタ的ギャグで出されただけと思いきや、後半の展開にも重要な役割を果たすなど、それなりに考えられてはいる。

また、ファミリー向け映画としての側面も強く打ち出し、父と子の双方が、"理想の父親像"と自分自身とのギャップに悩んでいる、相似形の構図を上手く展開して全体の大きな流れとし、観客の親子双方からの感情移入を促しており、あるいは、ニューヨークの下水道に産まれてすぐトイレに流されたワニが住んでいる『アリゲーター』ネタなど、大人にしかわからないギャグも用意されており侮れない。

そのワニの外見と性質とのギャップと、野良プードルの愛玩犬としての外見と凶暴な性質のギャップとを連続して登場させる事で、対比の構図を見せるなど、そこかしこのギミックはそれなりに凝っている。

が、サムソンと行動を共にする、キリンやヘビ、コアラ、リスなど、それぞれの動物が、その動物がチョイスされている意味が全く感じられない、キャラクター演出の不充分さは不満を感じるところだ。いろんな種類の動物を出すのなら、それぞれの体型や特徴に応じた活躍をさせないと、何の意味も無いだろう。そもそも動物ものにする意味すらないではないか。

映像的には良く出来ているし、内容も、ところどころに面白いと感じる部分もあるにはあるが、脚本の練り込みが不徹底で底が浅い。何よりパクリなので話にならない。観て損したとまでは思わないだろうが、特段に鑑賞の必要も無いだろう。



tsubuanco at 15:26│Comments(2)TrackBack(0)clip!映画 

トラックバックURL

この記事へのコメント

2. Posted by 名無しさん   2007年05月01日 16:15
さすがつぶあんこさん
俺達ができないような辛口批評を平然とやってのける、
そこにシビれるっ、あこがれるぅ!!
3. Posted by つぶあんこ   2007年05月01日 16:58
心の棚を増設中です。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Comments