2006年12月30日

鉄コン筋クリート 50点(100点満点中)

はじめ人間
公式サイト

サブカル方面の人達に根強い支持を受ける松本大洋の同名漫画を、ハリウッドでCGエフェクトの経験を積み、『アニマトリックス』でハリウッドと日本アニメの橋渡し役を果たした、マイケル・アリアス監督によってアニメ映画化。アニメーションの製作自体は、日本のスタジオとスタッフで行われている。

昭和的ノスタルジックさと、アジア的エスニックさが同居する架空の町、宝町を舞台に、町の支配者を自称する少年・クロと相棒のシロ二人を主人公とし、町の開発を巡る争いをベースに様々な人間模様を描くストーリー。

まず冒頭、宝町の様子が上から下からあらゆるアングルで、CGと手書きを絶妙に組み合わせ、二次元でありながら立体的に動く、圧倒的なビジュアルを見せつけられ、町の様子を印象づけられるとともに、アニメーション映像の凄さに期待を高められる事となる。

そこから続く、クロ&シロと朝夜兄弟との決闘場面における、"松本大洋の絵"が縦横無尽に動き回る映像によって、更に期待は高まる事となる。のだが、その後の展開は、冒頭のテンションの高さとは真逆の方向に向かって行くため、そのギャップに戸惑う人も多かったのではないだろうか。(特に原作未読者)

松本大洋の独自カラーは、ドライ&クールな作風にあると思うのだが、原作の大ファンと自称するマイケル・アリアスが、本当にこの辺りを理解していたのか疑問。

原作では、どんどん鬱方面へ進行する物語ながら、そのドライな空気感によって湿っぽくならず、独特のテンションを保ちながら読み進める事が出来るのだが、このアニメの場合、やたらと湿っぽくウェットな演出、演技で物語が進行するため、原作読者にとっては違和感となり、未読者にとってはダルい展開と感じられる結果に陥ってしまっている。

町の開発を巡る抗争をベースとしながら、物語的に重要な事項はその行く末ではなく、あくまでもクロとシロの心の繋がりの露呈や進捗にあるのだが、本作ではその部分の見せ方や、原作からの表現のチョイスが今ひとつ中途半端にも感じてしまう。

例えば、シロがリンゴの種を埋める場面が原作通りにありながら、その後のクロとシロの関係の変化を見せた後、芽が出る事で時間経過とともに二人の心的繋がりを暗喩的に視覚化し、同時にクロの決断を促すくだりはカットされているため、クロの内的な一面であるイタチを克服あるいは受容する展開においての、クロとシロの関係性が曖昧になってしまっているのだ。

この辺りは、"原作のどの部分に重点を置くか"でも変わってくる事なのだろうが、それでも明らかに作者が「ここ重要」と示している事が明白な部分は、原作ファンだったら無視してはいけないだろう。

たとえ原作と変わっていても、別の良さが出ていれば、それはそれで構わないのだが(木村の嫁のキャラ変更などはそれか)、リンゴやイタチのくだりなどは、明らかにそうではない。

また、確かに映像技術的なレベルは非常に高いのだが、例えば、組事務所に入ってエレベーターに乗る一連を主観で見せる映像などは、明らかに他の場面の映像とは全く違うタッチになっており、違和感が強く作品世界を破綻させてしまっているとも取れてしまう。この様な、本来なら"物語を見せる"ために使われるべき映像技術が、単に技術を見せびらかすためだけに使われていると思われても仕方のない部分が多いのは、気になるところだ。

あるいは、原作のコマ割りをそのままカット割りとして使っている様な部分では、映像モンタージュの基本である"イマジナリィライン"を何度も超えてしまい、流れが繋がらない映像が部分的に見られた事も問題だ。意味もなく最低限の文法を踏み外すのは、映像作りの観点からは落第点だろう。

一方、いわゆる"アニメ声優"を使わないキャストには、大抵の場合不安がつきまとい、その不安はまず間違いなく的中する場合が多いのだが、本作においてはその限りではなく、ほぼ全員が、"アニメ的ではない"自然なキャラクター演技を見せてくれている。

特に、シロを演じる蒼井優は、シロが持つ子供的な白痴感や厭世感、あるいは後半の狂気の言動など、複雑な内面を持つキャラクターを見事に演じきっており、知らなければ絶対に蒼井優と気づかないレベルでの、声色の作り方も上手い。演技力の点においては、同世代の女優としては群を抜くレベルである事が、本作によってまたまた証明される結果となった。

本作、"作品"としてはいろいろと足らない部分もあり、また、好みの分かれる作風でもあるが、原作好き、アニメーション好きならまず必見の一作だ。特に序盤の映像は、劇場の大画面で観る価値はある。蒼井優のファンも、彼女の素晴らしさを再確認するために、観ておいて損はないだろう。



tsubuanco at 14:38│Comments(2)TrackBack(19)clip!映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 真・映画日記『鉄コン筋クリート』  [ CHEAP THRILL ]   2006年12月29日 06:43
12月27日(水) 前の日と打って変わり暖かい一日。 よかよか。 仕事はらくらく。 毎日これくらいがいい。 午後6時に終業。 よし、これなら丸ノ内TOEI?Aで公開の『鉄コン筋クリート』の6時半の回に間に合う。 神谷町から日比谷線で銀座に。 出口C4から丸ノ内TOE...
2. 鉄コン筋クリート  [ Akira's VOICE ]   2006年12月29日 18:59
最後まで力強く引っ張ってくれるディープな世界観が爽快。
3. 鉄コン筋クリート  [ 八ちゃんの日常空間 ]   2007年01月03日 01:11
明らかに人間の本質に迫る「光と影」、「明と暗」、「良心と邪心」という対極を描いたものなのでしょう。「クロ」と「シロ」の二人はその象徴なのです。かなり宗教観が漂います。もちろん宗教と言っても現実にあるようなものではなく概念的なものです。
4. 鉄コン筋クリート  [ 週末映画! ]   2007年01月03日 21:44
期待値: 90%  松本大洋の漫画の映画化。 どちらかというと大人向けのアニメのようです。 蒼井優と
5. 道徳心を持たずとも、今どきとは違う少年犯罪。『鉄コン筋クリート』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2007年01月03日 22:29
松本大洋原作による、伝説的な超人気漫画の劇場版アニメです。
6. 鉄コン筋クリート  [ 欧風 ]   2007年01月07日 09:17
年末年始は宮城の実家に帰省してましたが、姪っ子が私が近づくと途端に表情を歪め、泣き出したのが悲しい気持ち。結局最後までなつかれないまま終わったのが心残りでしょうか。開き直って「わりいごいねが??!」とかなまはげ風にやったら一生怖がられそうなので自粛。 ま...
7. ココカラ、クロガミエルヨ。~「鉄コン筋クリート」~  [ ペパーミントの魔術師 ]   2007年01月08日 12:55
まずは公式サイトへ。 http://www.tekkon.net/ いや~「パプリカ」も大概 右脳で理解できても、左脳で変換できない映画でしたが、 (要は心で感じたこと、受け止めたことを どう言葉にしていいかわからんってことで) ただ、年内にコレが見れてよかった。 それはもう十分満...
8. 鉄コン筋クリート  [ 明け方シネマ ]   2007年01月08日 20:10
 原作は未読、その周辺のアニメ事情もよく知らないままで見たけど、すごい!面白かった。この醸し出してる世界観が良いな〜。町の背景や意匠はアジアと昭和をミックスしたような感じで、開発業者が建てるテーマパークもオリエンタル。宮崎アニメのヨーロピアンテイストを見....
9. 宝町ってこんなに広かったのねん「鉄コン筋クリート」  [ 花小金井正幸の日々「絵描人デイズ」 ]   2007年01月12日 16:42
劇場アニメ「鉄コン」のイラスト&感想を。 背景のクオリティー高し(背景の設定集まで買っちゃったいました)! キャラ、動き、タッチ、最高級!ど真ん中!! ストーリー(構成)は、原作をなぞった感じ(原作を知らない人は理解できないのでは?)で「核」な部分がな....
10. 自分の、欠けたネジ持ってる人。  [ ココット★ログ ]   2007年01月12日 21:19
「鉄コン筋クリート」観てきました!ああ鉄コン!この何とも云えぬ にょろひょろとしたシロとクロの姿にドキドキとしながら、でもこの映画 の宝町の雑多な風景にはすっかり惹きこまれてしまった様な。うん、 町がとにかく好かったのです。細かく細かく看板や壁面やオブ...
11. 真・映画日記『鉄コン筋クリート』  [ CHEAP THRILL ]   2007年01月13日 02:47
12月27日(水) 前の日と打って変わり暖かい一日。 よかよか。 仕事はらくらく。 毎日これくらいがいい。 午後6時に終業。 よし、これなら丸ノ内TOEI?Aで公開の『鉄コン筋クリート』の6時半の回に間に合う。 神谷町から日比谷線で銀座に。 出口C4から丸ノ内TOE...
12. 鉄コン観たよ。  [ Studio.TOYBOX.のBlog ]   2007年01月17日 10:53
先日書きましたがやっと 映画鉄コン筋クリートを 嫁さまと劇場で鑑賞してきました いやいやいやぁ〜っ ホント良い映画でした もう1度劇場の大きなスクリーンで もう1度・・・いや何回も観たい作品です。(´▽`)/ ホント作画、音楽、全てに おいてオイラが今まで観....
13. [映画]鉄コン筋クリート  [ お父さん、すいませんしてるかねえ ]   2007年01月20日 22:12
ジブリの影響でしょうか、はたまたディズニーか? 最近アニメ映画なのに名のある俳優を声優に使うことが多くなりました。 ディズニーの日本語吹き替えを芸人とかにさせるのはげんなりですが、この作品の主人公クロとシロをそれぞれ二宮和也、蒼井優という旬の俳優が演じまし
14. 『鉄コン筋クリート』  [ HELLOGOODBYE ]   2007年01月25日 21:14
「再現」という意味では、かなりよく出来ている。すごいよ、マイケル・アリアス。 『鉄コン筋クリート』 監督:マイケル・アリアス このマンガに、「アニメーションになったら」という期待自体が間違っていたのかもしれない。映画化によって何かが増したり何かが強調さ...
実は昨日友達の家で映画見てきました。 「鉄コン筋クリート」 松本大洋、マイケル・アリアス、スタジオ4℃のあれです。 昨年映画館でも見て来たんですけど、やっぱいいですねーこれは! 映画についても語りたいとこですけど、ここは音楽ブログなんで今回はそのサウンドト...
16. 鉄コン筋クリート−(映画:2007年111本目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2007年10月06日 20:33
監督:マイケル・アリアス 声の出演:二宮和也、蒼井優、伊勢谷友介、宮藤官九郎、本木雅弘、田中泯 評価:90点 公式サイト (ネタバレあります) 松本大洋原作の漫画を映画化したもの。 漫画は何回か読んだことがあり、その独特の世界観が興味深くて惹かれる....
17. 鉄コン筋クリート  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2007年12月27日 21:08
 『ソコカラ、ナニガ、ミエル?』  コチラの「鉄コン筋クリート」は、12/23公開になった「ピンポン」の松本大洋の原作コミックをアメリカ人監督のマイケル・アリアスがアニメ映画化した作品なのですが、観てきちゃいましたぁ〜♪  何と言っても注目は、豪華な声優陣!...
18. ≪鉄コン筋クリート≫(WOWOW@2008/01/19@032)  [ ミーガと映画と… -Have a good movie- ]   2008年03月03日 16:20
鉄コン筋クリート    公式HP    詳細@yahoo映画 松本大洋原作による伝説的な超人気漫画の劇場版アニメ 豪華な声優陣がウリになってたけど、その前にこの映画の「絵が苦手!!」 まずその世界観に慣れるだけで精一杯 なので先にどの声が誰なのかを...
19. 『鉄コン筋クリート』を観たぞ〜!  [ おきらく楽天 映画生活 ]   2008年07月18日 22:15
『鉄コン筋クリート』を観ました昔の面影を残し混沌に満ちた街“宝町”を舞台に、そこに生きる親を知らない2人の悪童少年が、不穏な再開発計画に反逆する姿を描く長編アニメーションです>>『鉄コン筋クリート』関連製作年度: 2006年ジャンル: アドベンチャー/アクシ...

この記事へのコメント

1. Posted by コオロギ   2006年12月27日 17:59
中盤の公園に避難するシーンで
遊具の落書き「オマエモナー」に真っ先に目が行った私はもう毒されてますか。
2. Posted by つぶあんこ   2007年01月04日 18:18
レスが遅れて申しわけないです。

落書きするな!
  ↑
オマエモナー

って落書きですよね。
あれは時かけの (゚Д゚)ハァ? と同じくらい
目に付くでしょう。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Comments