2006年12月31日

リトル・ミス・サンシャイン 55点(100点満点中)

そこだ〜 忍法幼児体型の術〜♪
公式サイト

アメリカのTVCMやPVの世界で活躍していた、ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス夫妻初の監督作品となる長編映画。

5〜7歳の幼女限定のミスコン、"リトル・ミス・サンシャイン"の本選への繰り上げ出場が決まったオリーブと、それに同行する彼女の家族、父、母、兄、祖父、叔父の、崩壊寸前の一家の変化をコミカルに描いた、ファミリー・ロードムービー。

それぞれに闇を抱える、ギスギスしていた家族が、行動を共にする中で困難に直面し、それを乗り越え最終的に和解する様子を、各登場人物のキャラクターを活かし、時には楽しく、時には悲しく見せる、典型的なファミリー映画の体裁を取りながら、それぞれのキャラクター設定や扱う題材などで、徹底して"現状のアメリカ的価値観"をアイロニカルに笑い飛ばす内容となっているのが、本作の特徴だろう。

父親が提唱する"勝ち組・負け組論"、兄が憧れる空軍パイロット、一流の学者でホモの叔父、自由奔放すぎてウザイ祖父など、いかにもディフォルメされたアメリカンな男達が、それぞれに自分が信じているものに裏切られて挫折を味わう一方で、母と娘はごく普通で自然体なまま変わらず通されるなど、性差による意図的な偏向が見られる部分もあるのだが、このあたりは話を面白く進めるためにも機能しているので、あまり噛みつく事もないだろう。

全体的な題材となる"幼女のミスコン"もまた、アメリカの歪んだ価値観の象徴としてシニカルに描写されてはいるのだが、クライマックスの展開が、それをぶち壊すだけのカタルシスには少々欠けてしまっているのは残念。最後くらいはもっとハジケてほしかった気もする。(「アメ〜リカ〜♪」とかキモい歌をキモく歌ってたキモMCなどには、何らかのオチを用意してほしかったのだが)

アメリカ人がアメリカを皮肉ってアメリカ人に見せるために作られた映画だけに、部外者の日本人に取っては、感覚的な部分で理解しにくい面もあり、満足する程の楽しみは得られないだろうが、それでも、一人一人のキャラクターを大切に扱い、全ての要素がどんどん絡み合って最終的に一つの結論に到達し、通常の観客の予想とは違うかたちでキレイにハッピーエンドを迎える、良く練られた構成は上手い。

笑いと泣かせのバランスに多少の違和感があったり、幼女オリーブは顔は可愛いが、体型が妊娠してるのではないかと思ってしまう程に幼児体型で、「これで予選2位はオカシイだろ」と突っ込んでしまうなど、気になる部分もあるのだが、総合的には問題なく楽しめる小品。劇場で観る程の映像でもないので、興味のある人はレンタルででも。


tsubuanco at 16:16│Comments(1)TrackBack(4)clip!映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「リトル・ミス・サンシャイン」と「センチメンタル・アドベンチャー」  [ 撮影監督の映画批評(たまに写真や撮影のTIPSも) ]   2007年01月17日 01:13
      このロードムービーで家族を乗せる黄色のVWバスには、押しがけしないとエンジンがかからないという枷がある。要所要所とラストで見せるその光景の反復が、その時々の家族の表情になっている。  もちろんその時 ??緑
2. リトル・ミス・サンシャイン  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2007年10月21日 18:11
【LITTLE MISS SUNSHINE】PG-122006/12/23公開 負け組家族の負け組脱出のお話・・・かな。アビゲイルちゃんが可愛すぎ♪
3. リトル・ミス・サンシャイン  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2007年12月26日 21:29
 『夢と希望を乗せて、黄色いバスは行く』  コチラの「リトル・ミス・サンシャイン」は、12/23公開になった崩壊寸前の"負け組家族"が繰り広げる可笑しくも切ないハートフルなロード・ムービーなのですが、新年早々観てきちゃいました♪今年最初の映画館鑑賞作品なのです...
4. 「リトル・ミス・サンシャイン」  [ シネマ・ワンダーランド ]   2008年12月16日 22:58
問題ある人らを抱えたアリゾナ州田舎町に住むフーバー一家が、娘のミスコン参加のため1000??以上も離れたカリフォルニアまでのミニバスによる道中を描いたロード・ムービー「リトル・ミス・サンシャイン」(2006年、米、100分、ジョナサン・デイトン&バレリー・...

この記事へのコメント

2. Posted by 関東の貴   2009年01月19日 07:58
警官にエッチな雑誌を見つけられたところの空気感が妙に笑えました。じわじわくる感じというか‥。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Comments