2007年04月16日

ロッキー・ザ・ファイナル 80点(100点満点中)

ベティ!
公式サイト

シルベスター・スタローン主演のロッキーシリーズ6作目。

社会の底辺から這い上がり、世界チャンピオンの座に二度輝いた伝説のロッキーも既に50代の下り坂。愛する妻エイドリアンは既にこの世になく、社会人に成長した息子からは、偉大すぎる父の存在を疎ましく思われがちな状況。

亡き妻との過去の思い出に浸り、経営するレストランでは客に過去の名試合を語り聞かせる、変化のない毎日を送っていたロッキーだったが、思わぬ人物との再会や、過去と現在の名選手をバーチャルで戦わせるテレビ番組企画がきっかけとなり、もう一度、リングに上がろうと決意するが…というストーリー。

通常この種のシリーズは、続編を作れば作るほどに「蛇足だ」「過去の栄光を自分で踏みにじっている」などの批判を受けがちで、実際にそう言われても仕方ない事例も多数ある事は確か。

本作にしても、プロボクサーを主人公としたシリーズにおいて、主演俳優が既に60過ぎ(作中では50代)なのに現役復帰してしまう話ともなれば、先述の批判とともに「晩節を汚した」と言われても仕方のない作品となる可能性も大いに予想される事は、作る側も重々承知の上だろう。

だが、全くそんな事にはならず、スタローン自身が老いにさしかかった現在にあえて製作した事こそに意味がある、シリーズの歴史を知るファンこそが楽しめる、サービス要素が山盛りの大カーテンコールとも言うべき作品に仕上がっているのだ。

既に半ば人生を諦めている主人公、思わぬチャンスで世界チャンピオンとの試合が実現、傍目からは全く勝ち目のない勝負に全存在を懸けて挑む、黒人のチャンピオン、余興として組まれた試合がいつしかガチに、特訓はスパーリング無しで筋トレや走り込み中心、食肉倉庫で吊るされた肉をサンドバッグ代わりに叩く、片手腕立て、などなど、、、

基本的な流れや構成、あるいはちょっとしたディテールなどは、ことごとく1作目を意図的に踏襲しており、そこに"時の流れ"を持ち込んで、殊更に1作目との"違い、変化"を強調し、それでも尚、変わらないもの、変わってはいけないものがあるのだ、と示す仕掛けとなっている。

エイドリアンの兄ポーリーとともに、ペットショップやスケート場など、エイドリアンとの思い出の足跡を辿る序盤の場面では、廃墟や更地と化した現状を見せつける事で、エイドリアン自身も含め、全てが過去の想い出と成り果てている事と、それにいまだ囚われ続けているロッキーの、後ろ向きに閉ざされた心をも描いている。

その一連の場面や、1作目ファーストシーンでのロッキーの対戦相手、スパイダーの変わり果てた姿などを見てファンは、「そうそう、これこれ」と、懐かしさを共有する喜びを得ると同時に、完全な過去であるとも突きつけられ、主人公同様の寂しさを抱かされる。この時点で既に、主人公と観客の思いはシンクロし、完全に作品世界に没入してしまっているのだ。

更に言えば、『ロッキー』という作品自体が、無名だったスタローンが大スターへのし上がった図式と全くの相似形であり、今また、アクション俳優としては既にロートルであるスタローン本人と、劇中のロッキーの姿が相似形としてスクリーンに映し出されて、それに感情移入させられる事で、観客=ロッキー=スタローンの一体化が完成する。ここまでされて、この後の展開を冷静に観る事など出来るはずがない。

そうして、想い出の共有を図りながらもテンションを極限まで下げられた状態に持っていき、ここから"復活"を描いてテンションの高まりを最大限なものとする。この狙いは大いに成功している。

1作目にて、夜の街に仲間とたむろしていたところをロッキーに説教されて家に送られた、当時12歳だった不良少女マリーが、過去の想い出に浸っている最中のロッキーと再会し、再起への転機となる、このキャラクター配置もまた、同様に"懐かしさ"と"時の流れ"双方を用いたギミックでありながら、観客の感情は逆方向へと振られる、このネタの利用は上手い。

対戦相手となる若きチャンピオンもまた、社会の底辺から拳ひとつで這い上がって王座を掴むも、商業的な事情に振り回されるなど自分を見失いがちだったのが、熱い男と拳を交えて本来の自分を取り戻す、この流れからは、『ロッキー3』あたりのストーリーを思い起こさせられるはずだ。

この様に、常に旧作を思い起こさせるネタとストーリー展開に終始してファンを喜ばせ、その上で、「年老いても、何かを失っても、諦めない限り"終わり"にはならない!」と、自らの体を張って観客にも劇中人物にも見せつけ、更なる希望を与える。これまた1作目と同じ図式ながら、主人公がロートルであるからこそ特段にその意味と思いが強調され、これまでの歴史をも踏まえ、ファン各々の思い入れに応じ、感動は何倍にも増幅される事となる。

熱い思いをストレートに長台詞でまくしたてる、そのスタイルも変わらないどころかパワーアップし、いくつになっても斜に構える事のない、ストレートな精神をストレートに受け取る事が出来る。これで喜ばないファンはいないだろう。

老若男女の一般ファン達が、それぞれに階段の上でガッツポーズをとってみせるエンドロールの映像に、何故『ロッキー』という作品が人々に受け、今もなお支持され続けているのかが象徴されている様に、誰もが望みながらも諦めてしまっている事を、言葉だけでなく実際に体現してくれる、そこに人々は共感し、感動する、それを理解した上で改めてファンに向けて発し、有終の美を見事に飾ってくれているのだ。

中盤のストーリーにあまり必然性が無いなど、一本の作品とした場合は不備やツッコミどころが多々あるのだが、それらも含めてファンサービスであり、素直にロッキーと一体化して燃えて泣ければそれでいいのだ。

聴いただけで魂が燃え上がるテーマソングも健在。これまた1作目同様、場面の状況に応じて様々にアレンジされて流れ続け、魂を揺さぶられ続けである。

ファンなら間違いなく必見。小ネタを隅々まで堪能するためにも、1作目をあらためて復習しておいた方がいいだろう。シリーズ未見の人は、とりあえず1作目を観てから自己判断で。


tsubuanco at 17:27│Comments(2)TrackBack(35)clip!映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「ロッキー・ザ・ファイナル」レビュー  [ 映画レビュー トラックバックセンター ]   2007年04月19日 14:20
「ロッキー・ザ・ファイナル」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:シルベスター・スタローン、バート・ヤング、アントニオ・ターヴァー、ジェラルディン・ヒューズ、マイロ・ヴィンティミリア、ジェームズ・フランシス・ケリー三世、トニー・バー....
2. ロッキー ザ・ファイナル  [ 八ちゃんの日常空間 ]   2007年04月19日 23:26
理屈や評価じゃない、ハートで観る映画だ!
3. 『ロッキー・ザ・ファイナル』  [ Sweet* Days ]   2007年04月20日 16:56
監督・脚本:シルベスター・スタローン CAST:シルベスター・スタローン、バート・ヤング 他 STORY:ボクシング界から引退したロッキー(スタローン)は、小さなレストランを経営しながら生計を立てていた。数年前に最愛の妻、エイドリアンを亡くしたロッキーは、エイド...
4. 映画「ロッキー・ザ・ファイナル」  [ 映画専用トラックバックセンター ]   2007年04月20日 18:04
映画「ロッキー・ザ・ファイナル」に関するトラックバックを募集しています。
5. 映画「ロッキー・ザ・ファイナル」  [ しょうちゃんの映画ブログ ]   2007年04月20日 18:40
2007年28本目の劇場鑑賞です。公開当日観ました。「ロッキー4/炎の友情」のシルヴェスター・スタローン監督作品。「ロッキー」シリーズの6作目。スタローン自ら脚本と監督もこなし、第1作から30周年を迎えた伝説のシリーズを締めくくる。現役を引退し、愛妻エイドリアン...
6. 『ロッキー・ザ・ファイナル』鑑賞!  [ ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo! ]   2007年04月20日 20:06
『ロッキー・ザ・ファイナル』鑑賞レビュー! NEVER GIVE UP! 自分をあきらめない !!!! あの伝説のヒーローが リングに帰ってくる!??(。'-')。ワクワク 1976年に無名の俳優が制作した 低予算映画が世界中で大ヒット! アカデミー賞・作品賞...
7. 「 ロッキー・ザ・ファイナル/ROCKY BALBOA  (2007) 」  [ MoonDreamWorks★Fc2 ]   2007年04月20日 20:40
監督・脚本・主演 : シルヴェスター・スタローン 出演 : バート・ヤング  / ジェ〃 peopy
8. ロッキー・ザ・ファイナル  [ 欧風 ]   2007年04月20日 20:59
さて、最近の映画鑑賞と言うと、休みの日で暇なときにまとめてはしご観する、ってパターンが多いんですけど、この前、久々に試写会が当たりました??!東京では結構試写会行ってたんですけど、青森では試写会自体が少なく、しかもちょくちょく応募してたのにもかかわらず、さ...
9. 自分もネバー・ギブ・アップ!「ロッキー・ザ・ファイナル」  [ bobby's☆hiroのシネプラザ ]   2007年04月20日 23:04
ロッキーが17年ぶりに帰ってきた! しかも1作目から30周年! そしてGWにお薦めの作品がこれ 「ロッキー・ザ・ファイナル」 90年に公開された 「ロッキー5・最後のドラマ」を観て やっぱりもうロッキーはだめだ!と思っていたが なんとこの作品の登場で 素晴らしい正...
10. ★★★★「ロッキー・ザ・ファイナル」シルベスター・スタローン...  [ こぶたのベイブウ映画日記 ]   2007年04月21日 13:01
ロッキーのテーマを聴くだけで燃えた!胸が高鳴り、熱く気分が盛り上がった!リングサイドにいるような臨場感!大迫力の試合を握りこぶしで応援した!過去の栄光や勝ち負けよりも、大切なこと知っているロッキーに感動した!年がいっても自分を信じ、頑張る姿に勇気づけら...
11. ロッキー・ザ・ファイナル  [ Good job M ]   2007年04月21日 13:04
公開日 2007/4/20監督・脚本・製作総指揮:シルベスター・スタローン出演:シルベスター・スタローン/バート・ヤング/アントニオ・ターヴァー 他【あらすじ】ボクシング界から退いたロッキーは、今は小さなイタリアン・レストランを経営している。愛妻エイドリアンはす...
12. ロッキー・ザ・ファイナル−(映画:2007年47本目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2007年04月21日 21:07
監督:シルヴェスター・スタローン 出演:シルヴェスター・スタローン,バート・ヤング,アントニオ・ターヴァー,ジェラルディン・ヒューズ,マイロ・ヴィンティミリア,トニー・バートン 評価:95点 公式サイト (ネタバレあります) 突っ込みどころがい....
13. ロッキー・ザ・ファイナル  [ ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ! ]   2007年04月22日 07:13
すでに「5」でさえ、リングには上がらずストリートファイトに留めていただけに今作は試合などという無謀な! ぉぃぉぃ、オッサン大丈夫かよ。 好きな映画ですが、すでに5(最後のドラマw)のころは萎えてたんだけれど、第??
14. 【2007-54】ロッキー・ザ・ファイナル(ROCKY BALBOA)  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2007年04月23日 20:33
2 どんなに打ちのめされても・・・ 前に進み続ける 決して あきらめずに 何のために闘うの? 誰のために闘うのか? 今 最後のゴングが鳴る NEVER GIVE UP 自分をあきらめない
15. 『ロッキー・ザ・ファイナル』  [ たーくん'sシネマカフェ ]   2007年04月24日 21:11
最近の世間の出来事や映画自体も暗いものが多かったので今日は「ロッキー」にしました!(金曜ですが初日☆)それに毎月20日は'08.3.20までMovixでは千円で鑑賞できます!初のロッキー映画館にて鑑賞です♪監督・脚本・出演:シルベスター・スタローン 出演:バート・ヤン...
16. 「今更」ではなく「これから」。『ロッキー・ザ・ファイナル』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2007年04月26日 16:57
『ロッキー』のシリーズの第6弾。第1作目から30年の時を経てのシリーズ完結編です。
17. ロッキー・ザ・ファイナル (Rocky Balboa)  [ Subterranean サブタレイニアン ]   2007年04月28日 15:42
監督 シルヴェスター・スタローン 主演 シルヴェスター・スタローン 2006年 アメリカ映画 103分 ドラマ 採点★★★★ 永遠の13歳のつもりでいても歳は確実に取っていってるわけで、昔から自信の全くない体力こそ然程変化しないものの、若い世代に対する苛立ちやじれったさ...
18. ロッキー・ザ・ファイナル 観てきました。  [ よしなしごと ]   2007年04月29日 19:37
 先日テレビでやっていたロッキー4と、ロッキー5を観て予習し、ロッキー・ザ・ファイナルを観ようと思ったら、なんと野球の延長でロッキー4は15分、ロッキー5に至っては30分もおしりが切れてました!すごいショックです!  そうは言っても、切れてしまったものはし...
19. ロッキー・ザ・ファイナル    ROCKY BALBOA  [ シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー ]   2007年04月30日 23:22
NEVER GIVE UP 自分をあきらめない第一作の公開から30周年、六作目にして「ロッキー」シリーズ最終作の本作品。本シリーズは無名の俳優であったシルベスター・スタローンを一躍スターダムに押し上げ、また「愛と友情」「努力すること」「苦難に立ち向かうことの尊さ」を描...
20. ロッキー・ザ・ファイナル  [ O塚政晴と愉快な仲間達 ]   2007年05月01日 10:56
誠に勝手ながら、ゴールデンウィークは映画週間とします。 で、第1弾は「ロッキー・ザ・ファイナル」。 たしか今までのシリーズは観てきたハズ。 正直しつこい。 これで完結ということなら観てもいいかな・・・。 ロッキー・ザ・ファイナル ★★☆☆...
21. 真・映画日記『ロッキー・ザ・ファイナル』  [            ]   2007年05月01日 22:01
4月25日(水)◆422日目◆ 終業後、今日も六本木ヒルズ。 グッズ売り場にあるアメリカンなチョコやドライフルーツを食べながら、 『ロッキー・ザ・ファイナル』を見る。 まあ、ええんでないですか? 煮えきらねぇ人たちのための『ロッキー・アゲイン』。 レ...
22. [映画]  [ やぶからぼうに吠えてみる ]   2007年05月04日 22:08
「ロッキー・ザ・ファイナル」(@松戸シネマサンシャイン) やはり、パワーを持った映画であったと言わざるを得ない。それは数々の不満をも吹き飛ばすほどのものであったということ、帰りに頬を緩ませながら同じファイティングポーズをとらせるくらいだから、まあ私もノッ
23. ロッキー・ザ・ファイナル  [ ダイエットドットコム ]   2007年05月07日 19:47
このGW中に、ロッキー・ザ・ファイナルを観に行っていた。 筋金入りのロッキーファンなので、ロッキー・ザ・ファイナルの前に 一番初めのロッキーを借りて観た。 昔見た時と、感じが違って 前編に優しさが溢れているような映画だった。 好きな...
24. ★「ロッキー・ザ・ファイナル」  [ ひらりん的映画ブログ ]   2007年05月11日 03:44
最近、シリーズものが多くなってきた洋画ですが・・・ 監督・脚本・主演のシルベスター・スタローン渾身のラスト作・・・になってるはず。 ラジー賞にも、ノミネートされないくらいイイ出来・・・と評判になってたからね。
25. 映画「ロッキー・ザ・ファイナル」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2007年05月12日 15:07
原題:Rocky Balboa シルベスター・スタローン、1946年7月6日生まれなので既に還暦を迎えている。1977年公開の第1作から30年の時を経た夢とネバー・ギブ・アップ完結編・・・ かつてアメリカンドリームを掴み伝説のヒーローとなったロッキー・バルボア(シルベス...
26. ロッキー・ザ・ファイナル  [ BLACK&WHITE ]   2007年05月12日 16:34
【ROCKY BALBOA】2006年/アメリカ 監督:シルヴェスター・スタローン   出演:シルヴェスター・スタローン、バート・ヤング、アントニオ・ターヴァー、ジェラルディン・ヒューズ、マイロ・ヴィンティミリア、トニダ-??
27. ロッキー・ザ・ファイナル  [ vl0o0lv.com Blog ]   2007年05月15日 23:09
??エイドリア??????????????ン!(ただ、言ってみたかったとです。??★3.9
28. 過程が大事なんだよ、過程が!  [ 世界の中心で、愛をうたう ]   2007年05月16日 20:22
「ロッキー・ザ・ファイナル」を鑑賞するにあたり、改めて『ロッキー』を観てみました。 私は今まで『ロッキー』を羽佐間道夫の吹き替えで、しかもTVでしか観た事がなく はじめて字幕で完全版を観たことになります。 ? 『ロッキー』といえば、私の中では、あの...
29. おかえりロッキー、そしてさようなら僕たちの心から永遠に消えることなく  [ 世界の中心で、愛をうたう ]   2007年05月16日 20:23
還暦を迎えたシルベスター・スタローンがイタリアの種馬ロッキー・バルボアとして 再びリングに立つ。 ロッキー・ザ・ファイナル(邦題) ROCKY BALBOA(原題) このシリーズ最終作も第一作同様ドラマ部分がとても充実していて見...
30. ロッキー・ザ・ファイナル  [ things4u ]   2007年05月21日 02:53
☆人気blogランキング集☆ & ☆インテリア・雑貨ブログ集☆ ↑皆様の応援が更新の励みとなっています。今日も応援ありがとう〜☆↑ 週末の1本は「Rocky Balboa」(邦題:ロッキー・ザ・ファイナル)から。 かつてボクシング界の栄光の階段を昇りつめた男、ロッキ...
31. ロッキー・ザ・ファイナル  [ シネクリシェ ]   2007年05月24日 06:32
 76年から90年にかけての14年間で5作を数えたシリーズものが、16年を経て最終作がリリースされました。  とはいっても、自分が完全に観たものは"1"のみ。あとは断片的に目にしてきただけにすぎません
32. ロッキー・ザ・ファイナル  [ シナリオ3人娘プラス1のシナリオ・センター大阪校日記 ]   2007年06月13日 17:46
?引退したロッキーはフィラデルフィアで小さなイタリアン料理店を経営し、そこで客にかつての栄光の様子を語り聞かせて過ごす日々。最愛の妻エイドリアンに癌で先立たれ、一人立ちした息子との関係もどこかギクシャクしています。エイドリアンの思い出だけで生きていたロッキ
33. ロッキー・ザ・ファイナル  [ ケントのたそがれ劇場 ]   2007年10月14日 11:49
★★★☆  決して悪い出来ではないのだが、ネットの高評価につられて観ると、多少期待外れになるだろう。 今回はアクション映画というより、「かなり臭いヒューマンドラマ」といった趣きがある。シルベスター・スタローンが若者達に贈る「メッセージ映画」と言い換えてもよ
34. ロッキー・ザ・ファイナル  [ 暖気団の徒然日記・・・・ ]   2007年11月13日 17:57
つれづれなるままに、日暮らし硯に向かひて、心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。 ★★★★★★★★★☆(10中9)。 最高だ!これを見て感動しない男がいるだろうか?そんなやつがいるなら見てみたい! キャ...
35. ロッキー・ザ・ファイナル  [ Movies 1-800 ]   2008年07月09日 00:31
Rocky Balboa (2006年) 監督:シルベスター・スタローン 出演:シルベスター・スタローン、バート・ヤング、ジェラルディン・ヒューズ 飽くなきチャレンジを続けるボクサーとそれを支える妻の愛を描く20世紀の人気シリーズの16年ぶりの新作にして完結編 WOWOWでは本作の放映...

この記事へのコメント

1. Posted by 咲太郎   2007年05月16日 20:21
心が震えました。
ものすごーく良かったです。
生きる力をもらった気がします。
2. Posted by つぶあんこ   2007年05月17日 17:46
とりあえず帰り道は、テーマソングを脳内で鳴らしながら走って帰るのが基本ですよね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Comments