2007年06月04日

300(スリーハンドレッド) 98点(100点満点中)

ミスターXにはしゃがみキック連発
公式サイト

ヘロドトスの史書『歴史』より、テルモピュライの戦いを描いた1961年の映画『スパルタ総攻撃(原題:300 Spartans)』を着想とした、フランク・ミラーのアメリカンコミック『300』を実写映画化。監督は『ゾンビ』をスタイリッシュにリメイクした『ドーン・オブ・ザ・デッド』のザック・スナイダー

アーティスティックなタッチと色使いに定評のある、フランク・ミラーの原作画をそのまま実写に置き換えた様な構図や色調は、同原作者の実写映画化『シン・シティ』に劣らぬ再現クオリティだ。

そして原作をなぞるだけではなく、『ドーン〜』で見せつけたザック・スナイダーのビジュアルセンスを最大限に活かし、血飛沫が飛び散るゴア描写、カニ男やトロールの様な異形のフリークス、画面を埋め尽くす物量と、原作よりも一層マンガ的なビジュアルを様々に駆使し、視覚的な娯楽性を最大限に高める事に大成功している。

外見的なデザインは原作通りの不死軍団が、その素顔がゾンビ的に変えられているのは、これもスナイダー監督の狙いによるものだろう。戦闘シーンでハードロックのBGMがガンガン流されたり、エンディングにも映像を用意して最後まで見させる配慮も、前作『ドーン〜』から変わらぬ監督の特徴であり評価点だ。

本編の大半を占める戦闘シーンが、そのビジュアルクオリティの高まりとともに観客のテンションを多いに高める狙いにある事は当然で、スパルタ軍の特徴である一糸乱れぬ陣形で、防御と攻撃を同時に行う戦術的な面白さと、乱戦状態でのそれぞれの戦士の奮迅を、スローと早回しをテンポよく交互に切り替え、マンガにおける視点移動のタイミングを映像として表現し、緩急のリズムをコントロールする映像は迫力満点。

最近のダメなアクション映画の様に、流れを考えずに細かくカットを割りすぎカメラを寄りすぎて、何をどうしているのか全然わからない様な惨状には決してならず、フルショットの長回しを多用し、メインの人物だけでなく、その周囲とのつながりもしっかり見せて、乱戦である事をわからせると同時にメインの戦いぶりを楽しませる、センスよく考え尽くされた映像構成が素晴らしい。

特に中盤で見せられる、若手戦士二人が互いに背中を預けあって大群を斬りまくるショットは白眉。これは原作には無い場面だが、スナイダーの理解とセンスの確かさが如実に現われたところとして、大いに評価出来る。

が、その直後の首チョンパシーンは、映像的にはよく出来ており見どころのひとつではあるが、物語の流れとしては唐突感と不自然感が強く、テンションに水を差す結果になっているのが勿体ない。

その展開は原作には無い追加要素であり、実はこの映画、そうした追加要素の数々の8割方がことごとく面白い方へは向かわず、陳腐さや恣意性を感じさせてテンションを停滞させる要因となっているのが残念なところだ。

具体的には、王妃や議会関連の場面のほぼ全てであったり、「戦士を生むのは女」「民主主義を守る」といった、あからさまに現代のアメリカの正義感を押しつける様な、偏向思想的な台詞、描写などがそれにあたり、これらはハリウッド映画故の横槍による追加と思われ、フランク・ミラーが自作の映画化を嫌がる最大の理由が、よりによって本作に押し込まれてしまったのは皮肉か。(コレがなかったら150点(100点満点中)だ)

だが、そんなチンケなマイナス点など吹き飛ばしてしまう程に、本筋である戦闘シーンのカッコ良さと燃えはハンパではなく、2時間の映画もアッという間に過ぎ去ってしまい、次なる戦いへと戦士たちが向かうラストシーンのその先を、もっともっと観続けたくなる、それだけの魅力を持っている事は間違いない。

史実をベースとしながら明らかに"ウソと大げさ"がテンコ盛りに存在するが、そんな事は全くどうでもいい。日本の漫画で言えば『花の慶次』や『蒼天航路』、ゲームなら『三国無双』の様なマッチョバイオレンスを楽しむ作品にツッコミを入れるバカはバカでしかないのと同じだ。

娯楽アクション映画としては極めてクオリティの高い、かなりの傑作と断言する。たとえ原作もスパルタも知らずとも関係なく、興味があるなら是非。



tsubuanco at 17:19│Comments(14)TrackBack(41)clip!映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 300  [ 世界の映画を斬る!by vl0o0lv.com ]   2007年06月05日 19:24
虎の穴からはい出た勇者300人、敵をバッタバッタぶった斬り★55点(100点満点)
2. 「300<スリーハンドレッド>」試写会で見てきた映画感想  [ Wilderlandwandar ]   2007年06月06日 01:46
まさか当たるとは思ってなかった、試写会が当たったので見てきました。「300<スリ
3. 斬新!『300スリーハンドレット』。  [ TATSUYAのシネマコンプレックス ]   2007年06月09日 23:34
  正に劇画ムービーだ。  今日からロードショーが始まる『300スリーハンドレッド』を試写会で観た。  かなりグラフィカルで斬新な映像だとは予備知識で知っていたが、想像を上回る斬新な映像に正直驚いた。しか??lrp 
4. 「300 スリーハンドレッド」  [ しんのすけの イッツマイライフ ]   2007年06月10日 00:30
  試写会で観てきてました。   「 300 スリーハンドレッド 」     これはすごいです。   CG映像に見飽きた感もある昨今、 これぞ本当のCGの使い方、 映像美かもしれません。  
5. 300  [ 黄昏ミニヨン想録堂 ]   2007年06月10日 07:38
 This is Sparta!!!!
6. 300<スリーハンドレッド>  [ 悠雅的生活 ]   2007年06月10日 09:45
100万のペルシャ軍を迎え撃つ、スパルタの300人の裸の男たち。
7. 300  [ ケントのたそがれ劇場 ]   2007年06月10日 11:17
★★★☆  スパルタ精鋭300人が、ぺルシア軍100万人に挑むという空前絶後のスペクタクル巨編。クラッシュという画像処理技術により、まるで動く絵画のような渋い映像が、昔のスペクタクル映画のようで懐かしい。ひと昔前なら、さしずめ主役は、チャールトン・へストン
8. 300<スリーハンドレッド>  [ UkiUkiれいんぼーデイ ]   2007年06月10日 19:11
       「わんぱくでもいい たくましく育って欲しい」 スゴイ すごい 凄い   凄すぎるぅぅぅぅ〜〜〜っ!!!         熱いぜ!この男たち! 「スパルタの掟」 ひと〜つ、戦えない子供は谷底へ捨てろ ふた〜つ、7歳で母と決別せよ みっつ...
9. 300(スリーハンドレッド)  [ 徒然日記 300(スリーハンドレッド) ]   2007年06月11日 09:38
公式サイト:300[スリーハンドレッド]先行上映会があったので行って来ました。この映
10. 300  [ O塚政晴と愉快な仲間達 ]   2007年06月11日 23:41
久しぶりの映画レビュー。 まずは最新作から小出しにしていきます。 300 <スリーハンドレッド> ★★★★☆ 実際に歴史上起こった(とされる)スパルタvsペルシアの戦い、いわゆるテルモピュライ(テルモピレー)の戦い(ウィキペディア参照)を描いた...
11. 映画「300(スリーハンドレッド)」  [ わかりやすさとストーリー ]   2007年06月12日 00:01
●半裸に赤マントのオヤジ系マッチョ軍団が大ハッスル!●新感覚アクション「早回し DE スローモーション」にド肝抜かれろ! 個人ヒーローを否定したかのようで、そうではない。「7人の侍」級のシンプル設計でわかりやすいゾ。
12. 300 07130  [ 猫姫じゃ ]   2007年06月13日 00:42
300 スリーハンドレッド 300 2006年  ザック・スナイダー 監督・脚本  フランク・ミラー 原作・制作総指揮  リン・バーリー 原作ジェラルド・バトラー レナ・ヘディー デイビッド・ウェナム ドミニク・ウェスト ビンセント・リーガン マイケル・ファ....
13. 300/スリーハンドレッド  [ Akira's VOICE ]   2007年06月13日 15:57
伝説の追体験。 脳裏に刻み込まれました。
14. 300  スリーハンドレッド  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2007年06月13日 20:45
ジェラルド・バトラーの肉体美を堪能しに劇場へ―【story】紀元前480年。スパルタ王レオ二ダス(ジェラルド・バトラー)の元にペルシャ帝国からの遣いがやってきた。国を滅ぼされたくなければ、ペルシャの大王クセルクセス(ロドリゴ・サントロ)に服従しろと使者は言う。『...
15. 300 [映画]  [ mololog(モロログ) -映画レブーとかその他諸々 ]   2007年06月13日 21:05
http://wwws.warnerbros.co.jp/300/ (300 
16. 300 スリーハンドレッド  [ C'est Joli ]   2007年06月15日 00:09
4 300 スリーハンドレッド’06:米 ◆監督・脚本:ザック・スナイダー「ドーン・オブ・ザ・デッド」◆出演:ジェラルド・バトラー 、 レナ・ヘディー 、 デイビッド・ウェナム 、 ドミニク・ウェスト、 ビンセント・リーガン ◆STOR...
17. 【2007-82】300<スリーハンドレッド>  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2007年06月15日 01:33
3 戦えない子供は谷底へ突き落とされ、 男たちはとてつもない国を育てた。 スパルタだ・・・ そこに侵略軍が現れた 人類史上── 最強の300人 VS侵略軍100万人 史上最大のとてつもない真っ向勝負が幕を開ける。 300人VS1,000,000人、真っ向勝負! ...
18. 300−(映画:2007年65本目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2007年06月15日 22:19
監督:ザック・スナイダー 出演:ジェラルド・バトラー、レナ・ヘディ、デヴィッド・ウェンハム、ドミニク・ウェスト、ミヒャエル・ファスベンダー 評価:70点 公式サイト (ネタバレあります) 紀元前480年の話。 スパルタ王レオニダスの元に大帝国ペルシアの...
19. 300 <スリーハンドレッド> (300)  [ Subterranean サブタレイニアン ]   2007年06月16日 01:04
監督 ザック・スナイダー 主演 ジェラルド・バトラー 2007年 アメリカ映画 117分 アクション 採点★★★★★ もう評価も付けたことだし、余計なことをウダウダと書かずに一言「これがスパルタだ!!」とだけ書いて終わらせるのが一番良い気もするので、こっから先は無駄話って...
20. 300 スリー・ハンドレッド(映画館)  [ ひるめし。 ]   2007年06月16日 13:27
300人VS1,000,000人、真っ向勝負!
21. 映画「300<スリーハンドレッド>」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2007年06月16日 13:35
原題:300 スパルタといえばスパルタ教育、もしくはスパルタンX、いずれも懐かしくさえある響きなのだが・・この物語は、まるで劇画のように激しく熱いスパルタ戦士・・・ 古代ギリシアは紀元前480年のこと、遂に、千の国の征服者たるペルシャ帝国の覇権の波がス...
22. 真・映画日記『300〈スリーハンドレット〉』  [            ]   2007年06月16日 19:59
6月13日(水)◆470日目◆ 夕方、虎ノ門の「チケットフナキ」で東急レクリエーションの株主優待券を800円でゲット! 終業後、上野東急へgo! 『300〈スリーハンドレット〉』を見る。 いやぁ〜、実に斬新な映像体験である。 実写とCGを織り混ぜ、 時折絵画的...
23. ★★★★「300(スリーハンドレッド)」ジェラルド・バトラー、レナ...  [ こぶたのベイブウ映画日記 ]   2007年06月17日 13:01
美しい映像!迫力の肉体美!音楽もいい!力強いナレーションに気分が盛り上がった!絶妙のスローモーションがカッコ良すぎ!キャラも魅力的で、見どころいっぱいだ!辺りが暗くなるほどのたくさんの弓矢、アルティノスの首が飛んだ場面にボーゼン。司祭や議員もペルシアの...
24. ≪300(スリーハンドレッド)≫  [ 局の独り言。 ]   2007年06月17日 20:32
【300(スリーハンドレッド)】主演ジェラルド・バトラーインタビュー -AmebaVision 300[スリーハンドレッド] - http://wwws.warnerbros.co.jp/300/ Yahoo!動画 - 映画 - 「キネマ横丁」 「300 スリーハンドレッド」特番 Yahoo!映画 - 300 スリーハン...
25. 300  [ 明け方シネマ ]   2007年06月18日 06:54
 史実を強みに、見応えのある映像が展開される。躍動する身体はCG処理されているとは言え、美しく見えるのは確か。また「降伏するよりは死を」といった勇ましい言葉は本能的に人を奮い立たせる。レオニダス王が「ただ語り継げ」と望んだ通りに、ギリシャ軍は最終的にペルシ....
26. 「300 / スリーハンドレッド」  [ Cinema Chips ]   2007年06月18日 15:47
6月9日から公開の「300 / スリーハンドレッド」を観ました。「シンシティ」などのアメコミの人気作家であるフランク・ミラーのグラフィックノベルが原作。たった300人のスパルタ人兵士が、どのようにして100万のペダy.cy
27. 300 スリーハンドレッド  [ 映画君の毎日 ]   2007年06月21日 00:22
世界各国で大人気のこの作品は絶対に観逃すまいと思いつつ、 観に行くのが遅くなってしまった。 セピア色のスタイリッシュな映像。 血飛沫も色を抑えてあるので
28. 300 <スリーハンドレッド> 観てきました。  [ よしなしごと ]   2007年06月23日 12:57
 最初は観なくても良いかなと思っていたのですが、かなり評判が良いと言うことで300 <スリーハンドレッド>を観てきました。
29. 「300(スリーハンドレッド)」  [ やまたくの音吐朗々Diary ]   2007年06月27日 05:35
公開中の映画「300(スリーハンドレッド)」を観賞。監督・脚本はザック・スナイダー。製作総指揮・原作はフランク・ミラ。出演はジェラルド・バトラー、レナ・ヘディー、デイビッド・ウェナム、ドミニク・ウェスト、ビンセント・リーガンほか。紀元前480年。スパルタ王レオ...
30. 「300<スリーハンドレッド>」  [ Tokyo Sea Side ]   2007年06月28日 14:23
歴史ものは好きだけど、予告を見る限りちょっと違いそうなので、観に行くのもちょっとためらっていました。けど話題になっているとやはり気になる。 …とにかく最初から最後まで戦って戦って戦いまくり!突っ込みどころ満載でしたが、思ったよりは楽しめました。スローモー...
31. ★「300 <スリーハンドレッド>」  [ ひらりん的映画ブログ ]   2007年06月30日 02:19
全米で興行収入2億ドルを突破したというヒット作。 ギリシャやペルシャの戦士ものはヒットしない・・・という今までの常識を覆したそうで。 主人公はスパルタ教育で有名なスパルタの王。 300人対100万人の対決・・・というのがウリ・・です。
32. 1200人ものジェラルド・バトラーファンが集結?!  [ ベスパラ最新ニュース ]   2007年06月30日 13:51
6月6日(水)ジェラルド・バトラー主演映画『300<スリーハンドレッド>』ジャ...
33. 300 スリーハンドレッド!!  [ 銅版画制作の日々 ]   2007年07月01日 00:47
世界各国でNO.1ヒット記録 6月10日、MOVX京都にて鑑賞。300人vs1,000,000人のバトルえぇ〜そんな戦い、勝てっこないじゃん。しかし彼らは100万人相手に戦うことを望んだ。弱い者は生きることさえ許されないスパルタの男たちはそのようなところに生まれ、そのよ...
34. 300 スリーハンドレッド  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2007年07月01日 11:14
 『300人VS1,000,000人、真っ向勝負!』  コチラの「300 スリーハンドレッド」は、史上もっとも熾烈な闘いのひとつとも言われる紀元前480年の"テルモピュライの戦い"を基にしたフランク・ミラーのグラフィック・ノベルを斬新で強烈なヴィジュアルで映画化したR-15指定の...
35. [映画]300  [ お父さん、すいませんしてるかねえ ]   2007年07月09日 19:13
ちょっと前に見たものを、自分の記憶のため書いておきます。 大学での専攻は西洋史。 そう、ぼくは歴史好きなのです。 あらすじを簡単に 民主主義を奉戴する都市国家「ポリス」が割拠していたギリシア。 中でもスパルタは軍事国家として勇名をはせていた。 ギリシア征服を企
36. 300<スリーハンドレッド>(2007年、アメリカ)  [ 泉獺のどうでも映画批評 ]   2007年09月29日 17:01
主演:ジェラルド・バトラー監督:ザック・スナイダー備考:R??15指定 あらすじ…
37. 映画DVD:「300(スリー・ハンドレッド)」  [ 時評親爺 ]   2007年10月13日 22:30
今日の話題は映画DVD「300(スリー・ハンドレッド)」である。お値段は3,980円とお高い(笑)。特典ディスク付版しかなかったので仕方なく買った。本編は117分と、この手のいわゆる「歴史スペクタクル巨編」?にしては、若干短いかもしれない。時代はギリシャ...
38. 300<スリーハンドレッド>…期待しすぎたの?私が??  [ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 ]   2007年10月21日 20:50
今日{/kaeru_fine/}は、地元のお金かからないイベントのひとつ“勝山橋ホクホク食堂”ってのに出かけました。 オクサンの知り合いが“九州手打ち蕎麦愛好会”ってので出店。 十割手打ち蕎麦ってのを食べてきました。お安い値段なのに美味しくて、追加でもう一杯って感じで、...
39. mini review 07084「300 スリーハンドレッド」★★★★★★★☆☆☆  [ サーカスな日々 ]   2007年12月11日 00:57
解説: 『シン・シティ』でも知られるフランク・ミラーのグラフィック・ノベルを基に、スパルタの兵士300人がペルシアの巨大軍と戦う姿を描いたアクション超大作。監督は『ドーン・オブ・ザ・デッド』のザック・スナイダー。屈強なスパルタの王レオニダスを『オペラ座の怪...
40. 『300』'07・米  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   2008年01月09日 23:56
あらすじ紀元前480年、スパルタ王レオニダス(ジェラルド・バトラー)は、ペルシアの大王クセルクセス(ロドリゴ・サントロ)から服従の証を立てるよう迫られる。そこで、レオニダス王が取った選択肢は一つ。わずか300人の精鋭たちとともにペルシアの大群に立ち向か...
41. 300〜スリーハンドレッド〜 <ネタバレあり>  [ HAPPYMANIA ]   2008年02月14日 02:09
血、血、血、飛びまくる血明らかにCGで作った血だったので 不思議と結構観れるもの。リアルに吹き出ていたら とても最後まで観れやしないっ紀元前480年 ここでは最強のスパルタ兵を育てる為に、男の子は生まれた時から選別される戦士になれない者は育てられずに ...

この記事へのコメント

1. Posted by クリス   2007年06月05日 20:50
今日は〜。
いやぁ〜、筋肉乱舞でしたね。
私は「シン・シティ」よりも楽しめました。
男達の革パン姿をひたすら愛でる映画です。
イデオロギー云々とか言っているのはナンセンス。
お后のパートもいらないくらいだけど、息継ぎも必要かも。
最後の亀の甲羅か針山か?みたいな隊形はちょっと可愛くて笑えた。
クセルクセスもカッコ良す。
2. Posted by つぶあんこ   2007年06月06日 16:20
亀状の防御形態もペルシャ王も原作通りの見た目ですからねえ。良くやってくれたかと。
3. Posted by Qta   2007年06月10日 17:48
300点
今の時代
よもやこれほど面白い作品にまた出会えるとは正直思ってなかった
生涯に数えるほどしか味わえないであろう至福の時間でした

もうあれこれ語ことなどないぃっ
ただひたすらに面白い

ちょっとそこの人
観てみなさい、いいから
4. Posted by つぶあんこ   2007年06月11日 17:14
じゃあオイラは100万点だ!

ちなみに私の戦闘力は53万です。
5. Posted by ルークofルーク   2007年06月11日 23:31
今観終わり還ってきました。

映画を観た後に「あのシーン微妙だったなぁ」とか

そんな小さなモヤモヤさえない素晴しい映画でした!
6. Posted by つぶあんこ   2007年06月13日 17:20
懐に賄賂を入れたまま会議に出席する裏切者、なんかは笑うところですかね。
7. Posted by 奈紗   2007年06月15日 01:03
「戦士を生むのは女」は「スパルタ女は男を支配しているのでは?」という問いに王妃が「私たちだけが勇敢な男を生めるから」と答えたエピソードがあるらしいので、単に史実通りの性格づけがされただけかもしれませんね
8. Posted by つぶあんこ   2007年06月15日 15:46
王妃が王に対等的な立場で助言を行う場面は、原作にもほんの少しだけありますが、あくまでも補助的な役割として本筋を妨げないものなんですよね。

映画版では、史実どうこうとは関係なく、アメリカの正義に都合良くディフォルメされた理念を前に出しすぎてテンションを停滞させている、その事がマイナス点であると感じました。
9. Posted by more   2007年06月22日 19:33
5  ひさしくハズレが続いてたけど、
やっと満足いく、映画を見た!って
いい感じな帰路につけました。

前情報で、イランが怒ってるって聞いたけど、確かに、向こうの人はこういうの、嫌いなんだろうなぁって感じが。
アメリカの正義とか、都合良さとかは
気になりました。
日本人な私は楽しめたけどね。
10. Posted by つぶあんこ   2007年06月25日 15:17
というかイラン人(ペルシャ人)がバケモノでワルモノだから怒ってるんでしょう。

現実とフィクションの区別がつかない大人は、どこにでもいるようです。
11. Posted by 徒歩   2007年07月01日 22:52
3 レンタルで借りたシンシティがとても面白かったので観に行ったクチです。

映像は変わらずアメコミの世界観を秀逸に再現されてましたねぇ。
原作を読んでないですが、原作ファンも納得の映像美なんでしょうね。
オラクルが舞い踊るシーンは鳥肌モノでした。

ただ個人的にはきっとシンシティで云う所のタランティーノが担当したシーンのようなプラスαの遊びの要素なんかを期待していたんだと思います。
非常によく出来ていてコレといって指摘点もないのに物足りなさを感じたのは多分そういう事なんでしょう・・・。

映像の使い方は日本でいえばキャシャーン(漫画じゃありませんが)にあたるんだと思いますが、漫画の世界観のまま実写化するには非常に有効な手法ですねぇ。
日本の漫画が原作の作品でも色々と観てみたい手法ですね。
12. Posted by つぶあんこ   2007年07月03日 21:46
キャシャーンは全編コンテを樋口慎嗣が描いてたら、かなりの傑作になってたんでしょうけどね。
13. Posted by 江戸屋   2008年05月19日 22:56
長い間ROMさせていただいております。初めてかつ昔の記事にコメントさせていただきます。

WOWOWで放映していたものをビデオにとって今見ました。予告も見ていなかったので何気なく撮ったものだったのですが、わ、すげー面白いじゃん。そういえばつぶあんこさんはなんて書いてあるんだろうと思い来てみました。

いまさらなので皆さん語りつくしているんですが、私はエンドロールのアニメ?のセンスがすばらしいと思います。
日本のアニメが海外で絶賛されて、なんて聞きますがこのあたりのセンスはやはりまねできないくらい差があるなぁと思います。別に真似する必要はないんですけど。

いまさらコメントしたのは、つぶあんこさんの評は本当に面白い。金払って観る人の視点で説得力ある評でありがたい。
文章もすばらしいし、こういう映画評を待っていたのだ、ということが言いたかっただけなんです。

静かに応援しています。
14. Posted by つぶあんこ   2008年05月26日 17:23
センスは種類の差であって上下ではないと思いますが。

応援ありがとうございます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Comments