2007年07月14日

ハリーポッターと不死鳥の騎士団 52点(100点満点中)

残念だが俺は神仏は信じないタチだ
公式サイト

本シリーズ、三作目『アズカバンの囚人』までは、連続シリーズながらもとりあえずは一話完結的なストーリーとして一作ごとにまとめられていたため、単発で観てもそれなりに楽しめるものだったが、前作『炎のゴブレット』以降、完全にストーリーが連続し、途中から観ると何が何やらな状態なため、シリーズの知名度はどんどん上がりつつも一見さんお断り状態になってしまっているのが何とも皮肉。

今回もいきなり話が始まって説明無しにどんどん進んでいき、これまでのシリーズか原作を知らないといきなり置いてけぼりを喰らうのだが、たとえ前作まで全て観ていたとしても、説明や情報の不足や、ストーリーの駆け足感は否めない上に、物語が完結するわけではないので中途半端に終わってしまう内容には、物足りなさを感ぜざるを得ない。

ストーリー的に、膨大な情報量の原作を一本の映画にまとめる上で、かなりの省略や適宜改変が必要な事は仕方ないが、それにしても、単なるエピソードの羅列に終始し、まるで総集編を観ているがごとき展開は乱暴に過ぎる。

これまでのキャラクターだけでなく新キャラクターまで登場する物語において、その様に駆け足で進められるのだから、当然各キャラクターの描写も少なく浅いものにとどまってしまい、人物描写、人間関係の推移など、キャラクタードラマとして必須な要素がことごとく希薄に終わっているのは勿体なさ過ぎる。

そんな中、比較的存在感を放っていたのは、憎まれ役となるアンブリッジ先生と、電波美少女のルーナだろうか。

アンブリッジは容姿も性格描写も原作とは異なるものの、容姿や物腰に比しての内実とのギャップが大きくなった映画版のキャラクター描写の方が、より傲慢、陰湿さが強調され、ステレオタイプではない悪役として、充分に観客をイライラさせる事が出来ており、これは上手い改変と思われる。

それだけに、中途半端な"活躍"と退場のトホホさには、勿体なさが募る事しきり。ヴォルデモートや騎士団の話はスッパリ切って次回に持ち越し、学園内抗争の話だけで展開させた方が面白かったのではないか、とすら感じさせられる。

もう一人の新キャラ、ルーナも、出番は少ないものの印象的な存在感で観客を惹きつけ、あまり可愛くない娘がやたらと前に出るシリーズにおいて、正統な美少女として光を放っていただけに、やはり扱いの中途半端さが勿体ないにも程がある。特にモノをなくすくだりなどは、彼女のキャラ設定の基盤でありハリーにも影響する重要な要素なのだから、もっと時間を割いて描写すべきだった筈だ。

前回から引っ張られて今回で一応の収束となる、アジア人少女、チョウとの恋愛関係も同様。前半にはあまり重きを置かずさりげない描写にとどめたのはいいとして、中盤で必要以上に盛り上げておきながら、最後は尻切れトンボ的に適当に流してしまったのはかなり気持ちが悪い。映画化に際して"裏切者"の役どころを改変までしておいて、そのフォローが足りなさすぎるのは問題だろう。これでは子供どころか大人ですらよくわからない。というかこんな不誠実な男は主人公としてどうか。

タイトルになっているにも拘らず、騎士団の活躍がほとんど無いのも気になるところだ。

最初と最後に顔見せ程度に登場する騎士団だが、まず最初の描写が足りないから、最後にカッコ良く現われてもそれが活きてこないのだ。

その最後の戦いも、各人の戦いをある程度能力や技量の違いを見せるなどして、ここまで登場を引っ張っただけの意義が見出せればいいのだがそうではなく、通り一遍の登場とサラッと流される戦いには、高揚感というものがまるで無い。ケレン味や見栄えをほんの少しでも強調して画面を構成しさえすれば、時間が短くとも印象に残る登場や戦いは描けた筈だ。

そこに至るまでも、意図や狙いが中途半端にしか見えない画面の連続で、そのせいで双子の大暴れシーンなども今ひとつの突き抜けに欠けてしまっている。退学という情報がわかりにくい事と、直後にハリーが倒れてしまう事もあって、更に喰い足りなさを感じるのだから、もう一歩踏み込むべきだろう。

大金をかけたヒットシリーズだけに、CGや造形物の出来は非常にいいのだが、それを充分に活かしきるだけの映像が作られていないのも勿体ない。『アズカバン』のアルフォンソ・キュアロン監督の様に、映像的見栄えもキャラクター演出も共に上手くこなせる人材でないと、このシリーズを作るのは難しいに決まっている。

シリーズファンならとりあえずは要チェックだろうが、一見さんには絶対にオススメしない。自己責任で。


余談:
明らかにスターウォーズを意識した展開なのは、やはり意図的なものなのだろうから、敢えていちいち触れない。



tsubuanco at 16:58│Comments(0)TrackBack(21)clip!映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [映画]  [ mololog(モロログ) -映画レブーとかその他諸々 ]   2007年07月18日 21:23
★★☆☆☆☆☆☆☆☆ http://harrypotter.warnerbro
2. 「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 」映画感想  [ Wilderlandwandar ]   2007年07月18日 21:31
結局待ちきれないで、先行上映を見てきました「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 」
【ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団】 7月20日(土)公開 監督 : デヴィッド・イェーツ
 今年一番の大本命(?)ハリーポッターと不死鳥の騎士団を先行ロードショーにて観てきました。
5. ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団  [ 世界の映画を斬る! ]   2007年07月27日 00:21
魔法界の大谷政子ホグワーツに君臨す★62点(100点満点)
6.  ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団  [ Akira's VOICE ]   2007年07月27日 10:35
オーダー,愛と友情の魔法!
7. ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団  [ 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽 ]   2007年07月28日 22:37
 イギリス&アメリカ  ファンタジー&アドベンチャー  監督:デヴィッド・イェーツ  出演:ダニエル・ラドクリフ      ルパート・グリント      エマ・ワトソン      ゲイリー・オールドマン 【物語】 ホグワーツ魔法学校の5年生に進級したハリー...
8. ★★★「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」ダニエル・ラドクリ...  [ こぶたのベイブウ映画日記 ]   2007年07月29日 01:01
今回の杖ふりコンテスト!優勝はシリウスおじさん!流れるような杖さばきが美しく、とってもスマート♪オススメの一品は、アンブリッジ先生の動くネコ皿!あんなのが家にあったらニャーニャー楽しいかも〜♪ホグワーツ魔法学校の食堂がこれまた美味しそうで、ハリーのおい...
9. 『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』  [ Sweet* Days** ]   2007年07月29日 06:14
監督:デイビッド・イェーツ  CAST:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン 他 STORY:蘇った闇の帝王、ヴォルデモード卿と闘ったハリー(ダニエル・ラドクリフ)。しかし魔法界の人々はヴむ!
10. 「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」  [ ☆彡あっつんDiary☆彡 ]   2007年07月30日 18:03
||<#FFFFFF'style='font-size:13pt;color:blue'``「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」|| [[attached(1,center)]] {{{ ホグワーツ魔法魔術学校の5年生になったハリー(ダニエル・ラドクリフ)は、 最近、ヴォルデモート卿のうわさを聞かないこと...
11. 真・映画日記『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』  [            ]   2007年07月30日 18:54
7月28日(土)◆515日目◆ この日の夕方、銀座で「ひとこと塾」があった。 このため昼まで課題を書いていたので映画は「ひとこと塾」の後に。 打ち上げの席では体験参加のテツさんと話した。 このブログを見ている、という。 読者とあれこれ話すのは楽しい。 書く...
12. ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団  [ シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー ]   2007年08月01日 00:33
ひたすらダークサイドへ突き進むストーリー:ヴォルデモートの手下「死喰う人」と戦ったハリー、ホグワーツの5年生として学校に戻ったが仲間はヴォルデモートが蘇った事実を半信半疑だ。ファッジ魔法大臣は、ダンブルドア校長が魔法大臣の地位を狙っているため、ヴォルデモ...
13.  ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団−(映画:2007年85本目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2007年08月04日 00:24
監督:デヴィッド・イェーツ 出演:ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン、ルパート・グリント、エバナ・リンチ、ジェイムズ・オリバー・フェルプス、ケイティー・ラング、ヘレナ・ボナム=カーター 評価:87点 公式サイト (ネタバレあります) 相変わらず楽....
14. ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団  [ 読書と時折の旅 (風と雲の郷本館) ]   2007年08月04日 09:31
 観て来ました、「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」。シリーズ第5作目である。 ついこの間、テレビで「ハリー・ポッターと秘密の部屋」を放映していたこともあり、まず第一に思ったのは、「みんな大きくなったね〜!!」と言うことである。この後、完結するまでには...
15. ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団★★★★+先行ロードショー劇場...  [ kaoritalyたる所以 ]   2007年08月04日 21:00
ミーハーなもんで、先行ロードショー初日に観に行ってきました、『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』。やっぱり期待してみちゃいますね〜。最初に自分の感想を言っちゃうと、「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」の方が良かったかな〜と。今回も原作は読んでいないので...
16. 映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』を観て  [ KINTYRE’SDIARY ]   2007年08月08日 19:01
55.ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団■原題:HarryPotterAndTheOrderOfThePhoenix■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:138分■鑑賞日:7月26日、渋谷TOEI2(渋谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督:デヴィッド・イェーツ□製作:デヴ...
17. ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団★ピンクの性悪おばさん!  [ 銅版画制作の日々 ]   2007年08月12日 10:08
   7月20日、MOVX京都にて鑑賞。夏休みに入ると、込むだろうと思い早速行きました。だけど鑑賞して、もう随分時間が経ってしまいました。記事を書きながら、映画を振り返ることに・・・・。   ハリー役のダニエル君、すっかり大きくなっちゃいました。シリーズ5作...
18. ハリ??・ポッターと不死鳥の騎士団  [ まじめにふまじめ★ ]   2007年09月02日 23:05
映画版『ハリー・ポッター』も早いものでもう5作目♪(^-^)b 映画上では5年目
19. ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2007年09月13日 22:58
 『これからお前は[すべて]を失う』  コチラの「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」は、いよいよ7/20に公開となった"ハリー・ポッター"シリーズの第5弾となる最新作なのですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪とは言っても、既に先週の先行上映でご覧になられてる方も...
20. ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団  [ Movies 1-800 ]   2008年07月29日 00:17
Harry Potter and the Order of the Phoenix (2007年) 監督:デヴィッド・イエーツ 出演:ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン、ルパート・グリント 魔法使いの少年の成長を描いた世界的ベストセラー小説の映画化第5弾 原作本の厚さから考えても、2時間強の映画で全てを...
21. ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団  [ 映画、言いたい放題! ]   2008年10月05日 10:02
ハリー・ポッターシリーズは全部読んでいます。 あと最近出た最終巻を残すのみ。 映画は、 私の好きな「ハリー・ポッターと炎のゴブレット 」がいま一つだったので この作品は映画館では観ませんでした。 闇の帝王ヴォルデモード卿と戦ったハリーだが、 魔法界の人...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Comments