2007年07月04日

図鑑に載ってない虫 65点(100点満点中)

ジェリー伊藤氏のご冥福をお祈りします
公式サイト

深夜ドラマ『時効警察』で広く知られる事となった、三木聡の脚本・監督によるシュールコメディ映画。劇場映画としては、上野樹里主演『亀は意外と速く泳ぐ』に続く4本目である

テンポよく中身の無い会話、画面を埋めつくす小ネタ、などは『亀は〜』などと同様に相変わらずの三木節が堪能出来、そのセンスは堤幸彦などよりは各段に上ではあるが、作品を支配する空気感は決して陽性ではなく、過去作『ダメジン』あたりにも似た、ダウナーな雰囲気が漂っている事が、本作の特徴だろう。

ために、『時効警察』で三木聡の存在を知り、同種のカラーを期待して臨んだ観客は、予想に反した展開、表現に面食らい狼狽する事となるかもしれないが、これもまた、三木聡がやりたかった方向性の一つである、と受け入れられさえすれば、変わらぬシュールな世界観を見て取れる筈だ。

それは何も、岩松了やふせえりなど同じ役者が出ているから、というだけでなく、イメージがある程度固定されている俳優の、そのイメージを敢えて突き崩す使い方であったり、実在する事物、実在しない事物を織り交ぜて、作品世界と現実世界の境界を巧妙に設定してフィクション世界を楽しませる手法など、様々な部分から感じられるものである。

美人女優の水野美紀をどうしようもない程に魅力のない役柄とする一方、美人とは言い難い菊地凛子を可愛く魅力的に撮ってしまう、この配役と扱いもまた、シニカルな意図が明らかに見え隠れするものであり、それらが相互に作用する事で更に効果を高めているのが興味深い。菊地凛子の後姿のだらしなさは相変わらずだが、『ベベル』での彼女くらいしか知らない人は、本作を観て驚く事受け合いだ。(というか『バベル』の時がブスすぎたんだが)

ただ、股間の黒丸の使い方など、小ネタの細かい配置と展開は相変わらず絶妙、言葉遊び的なダイアローグ構成にも、変わらぬセンスの確かさを感じさせられもするが、やはり今回は奇をてらいすぎというか調子に乗りすぎていると思わされる部分が多々あり、その事が全体的なノリや勢いを低減させてしまっている感がある。

ウンコ、ゲロ、タンなど汚ネタの使いどころのまずさとオチの無さであったり、意味ありげに登場した人物が結局何も無い、という意図的な肩透かしが本当に肩透かしで終わりすぎなあたりなどに顕著で、本作を観てあらためて『亀は〜』の完成度の高さを痛感させられてしまう次第。「あずきパンダちゃ〜ん♪」の様に耳について離れないフレーズが特に無い事も、本作の印象を薄めてしまっているのかもしれない。

主演の伊勢谷友介自身に、これまでの三木作品の主演陣に匹敵するだけのキャラクター性や存在感に乏しい事も、同じく作品のインパクトを弱めている理由の一つだろう。少なくとも本作での彼は安藤政信と区別がつかない。

三木聡作品のファンなら必見だろうが、『時効警察』程度しか知らない人は、先述の通りガッカリする可能性があるので注意が必要。汚物ネタが苦手な人は観ない方がいいだろう。劇場でお好み焼きを作られても困る。自己責任で。


蛇足:
予告を見た段階では、"ゼリーフジオ"の事を"死にモドキ"だと思ってしまってたので、本編での扱われ方に驚いた。
清水萌々子が演じる小学生時代のサヨコの撮り方が無駄にエロいので、子役マニアは必見。



tsubuanco at 17:21│Comments(7)TrackBack(6)clip!映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 【2007-104】図鑑に載ってない虫  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2007年07月25日 23:34
4 人気ブログランキングの順位は? ”死にモドキ”って何なんだ・・・? あの(「嫌われ松子の一生」)伊勢谷友介が! あの(「恋の門」)松尾スズキが! あの(「バベル」)菊地凛子が! ”死にモドキ”を探す旅に出た! 危険がいっぱい! 珍品がいっぱ....
2. 真・映画日記(2)『図鑑に載ってない虫』  [            ]   2007年07月30日 21:22
(1から) 『ラッキー・ユー』が終わったら、 今度は「新宿テアトル」へ。 三木聡監督最新作『図鑑に載ってない虫』を見に行く。 この日、「映画の日」とあって、後ろを見ると立ち見の客がいた。 今回もトリビアな小ネタ満載!ギャグ盛り沢山! ハイテンションな...
3. 『図鑑に載ってない虫』  [ アンディの日記 シネマ版 ]   2007年08月01日 00:11
笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:]           2007/06/23公開  (公式サイト) ユルさ[:ピピピ:][:ピピピ:][:ピピピ:] シュール[:きのこグリーン:][:きのこグリーン:][:きのこグリーン:] 満足度[:星:][:星:]   【監督】三木聡 【脚本】三木聡 【時間】...
4. 図鑑に載ってない虫(*_*;生きて帰れるのかょ!?  [ 銅版画制作の日々 ]   2007年08月22日 11:54
禁断のコメディが誕生   2005年に公開された『イン・ザ・プール』や『亀は意外と早く泳ぐ』で映画界に“脱力系”ブームを起こした三木聡、2006年にはテレビドラマ「時効警察」で高視聴率を記録し、「続時効警察」も好調なスタートだそうで・・・・。私は三木...
5. チャン・凛子  [ Akira's VOICE ]   2007年12月12日 12:26
「女帝[エンペラー]」 「図鑑に載ってない虫」
6. ≪図鑑に載ってない虫≫  [ ミーガと映画と… -Have a good movie- ]   2007年12月14日 15:48
図鑑に載ってない虫 完全攻略版(2枚組) ¥3,329 Amazon.co.jp (DVDレンタル@2007/12/07) 製作年度2007年 製作国日本 上映時間103分 監督三木聡 出演伊勢谷友介(俺)、松尾スズキ(エンドー)、菊地凛子(サヨコ)、岩松了(目玉のおっちゃん)、ふせ...

この記事へのコメント

1. Posted by よゆぽん   2007年07月24日 18:31
>清水萌々子

萌々だからエロいとか(笑)
でも、たしかにエロかったです。マニアではないですが・・・

ゲロ、グロネタが多かったですね。
他所さんを見てると本作は好き嫌いがハッキリしてるみたいですね。
2. Posted by つぶあんこ   2007年07月25日 17:17
清水萌々子は『誰も知らない』『神の左手 悪魔の右手』そして本作と、順調に成長しており先が楽しみです。
3. Posted by 徒歩   2007年07月26日 01:47
あらすじ読んだだけで『死にモドキ』って何やねん!ってなるようなこういった映画には弱いです・・・今一番観たい映画ですが気付けば上映終わってるんだろうなぁ・・・(笑
『亀は意外と早く泳ぐ』の監督さんなんですねぇ
4. Posted by つぶあんこ   2007年07月26日 17:10
死にモドキと聞いて真っ先に浮かんだのは、『マグマ大使』の人間モドキでした。
5. Posted by 徒歩   2007年07月26日 23:02
・・・僕は モト冬樹 でした・・
6. Posted by sheep   2007年07月27日 23:39
「ダメジン」寄りですか。自分は「亀〜」を傑作に分類する人間なので、覚悟して観に行きます。
7. Posted by つぶあんこ   2007年07月30日 17:38
『亀〜』は、蒼井優の面白さでかなり稼いでますよね

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Comments