2007年07月18日

インランド・エンパイア 50点(100点満点中)

『冒険ロックバット』のミミーちゃんは目が怖い
公式サイト

今や天才を通り越して遥か遠い世界へ行ってしまった感の強い異才、デヴィッド・リンチの最新作。

主観と客観、別の主観、劇中劇に空想、妄想、と、様々な世界が入り乱れて進んでいく本作の内容は、女優を主人公としているなどから、今敏の『パーフェクト・ブルー』にも似た印象をまず受け、あるいは『女優霊』や『輪廻』の様な、映画撮影現場を舞台とした不条理ホラー、あるいは楳図かずおが頻繁に用いた、老いた女優の妄執を描くサイコホラーであるかとも思わされるが、実際には本作は、それら以上の混迷と不条理と狂気を殊更に拡大し、より観客を不安、不快にさせる狙いが徹底した、恐るべき作品となっている。

DVで撮影したそのままの、荒すぎるにも程がある画質の上、やたらとドアップの切り返しを多用する映像は、もはや映画として作り込む、という姿勢すら放棄してしまったか、と思わせつつ、しかしやはりこれは映画館で観る映画に他ならないのだ。

狂った悪夢のごとき映像世界は、やはり暗闇の空間にて視界の多くを占めるスクリーンで見るに相応しいものであり、それが3時間かけて延々と続く本作は、自宅鑑賞だとまず集中力が持続せず、作品に含まれた内実を受けきる事が困難となるからである。

予算的な必然性もあるにせよ、今回の手法はやはり本作においては最適と断じて間違いないだろう。、顔が変わる終盤のショックシーンの衝撃が、汚い画質だからこそ最大限に活かされている事などからもそれは明白だ。

裕木奈江が登場して長々と中身の無い演説を始めるシーンは、東洋の美少女(に見える女性)が意味不明な所業を行う、不条理な不快、不安定を狙っているのだろう。

が、日本人にとってみれば、ここまで延々と続いたわけのわからない世界において、裕木奈江を目にする事で急速に"認識可能な現実"へと引き戻され、安心あるいは困惑してしまう事となるのだが、それも束の間、彼女がたどたどしいにも程がある英語で話し始めた瞬間から、また再び不条理な悪夢世界へと引き戻されてしまう。これはリンチの狙いでないが、あまりに恐ろしい。

何層にも別れているはずの世界が融合、あるいはループし、意味がわかったと思った瞬間にまた別の意味でわからなくなる、そこまでしておきながら、最後の最後だけは強引すぎる力技でハッピーエンドっぽく締めてしまい、観客はどう反応していいのか余計にわからなくなってしまう。

同監督の同種の作品『マルホランド・ドライブ』では、バッドエンドとして最後まで不快さを突き通した事で、却って観客の鑑賞後感はスッキリしたものだが、今回はその逆を突かれた事によるモヤモヤ感である。

これは、おそらくはリンチ的には、ハリウッド等の制約から解放された、ある種の開放感を表現しているエンディングなのかもしれないが、制約に抵抗する意図でバッドエンドとした『マルホランド〜』より更に後味が気持ち悪い結果となっているのは皮肉か。

こうした意識外のところにおいても、観客の心理、感情を操作してしまうなど、やはり鬼才、異才と称される人物には、超越したものが備わっているのだろうか、と、感じ入らされるばかりである。

だがやはり、デヴィッド・リンチを知らない、興味の無い人が本作を観ても、始まってすぐに寝てしまうか劇場を出てしまう事もまた確実であり、究極に観る人を選ぶ映画であり、観た人によって受け止め方が全く異なる作品である事も間違いない。

『エレファントマン』の様な、普通にわかりやすい作品でなく、先述の『マルホランド〜』の様な、リンチの狂気の本質を露呈した作品を楽しめた人のみが観るべきであり、そうでないならやめておいた方がいいだろう。自己責任で。



tsubuanco at 00:21│Comments(4)TrackBack(8)clip!映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. インランド・エンパイア  [ 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン ]   2007年08月19日 15:51
「インランド・エンパイア」(Inland Empire)はカリフォルニア州にある実際の都市名でもあり、ディヴィッド・リンチ監督監督の幼少時に刻まれた特段意味のない記憶に基づくものらしいが、意訳すれば「内奥の帝国」⇒「自閉の帝国」⇒「自己言及の帝国」ぐらいか。「帝国」とは...
「インランド・エンパイア」(デビット・リンチ監督) わけがわからないと前評判と3時間の長丁場という事前情報により、せめて映画館の暗闇で寝てしまうことは避けようと充分な睡眠をとって、この映画に臨むこととしました。 オープニングの回転するレコードのアップ映像...
3. 真・映画日記『インランド・エンパイア』  [            ]   2007年08月27日 21:53
7月22日(日)◆509日目◆ デイヴィッド・リンチ最新作『インランド・エンパイア』を見てきた。 午後3時の回である。 『ロスト・ハイウェイ』や『マルホランド・ドライブ』と比べるとシンプルだ。 テーマは「虚構の世界」。 テレビや映画の中の世界、妄想・願望の世...
4. インランド・エンパイア((+_+))ディヴィッド・リンチ  [ 銅版画制作の日々 ]   2007年09月03日 10:47
   わたしも、世界も、乱れていく。   9月になりました。暑さも一段落でしょうか?涼しくなりましたね。今月も色々な作品が公開されますね。書けていない8月の鑑賞作品があるので、引き続き書いていきたいと思います。   8月17日、京都シネマにて鑑賞...
5. インランド・エンパイア を観ました。  [ My Favorite Things ]   2007年09月26日 22:43
鬼才デビット・リンチは私の好きな監督のひとりです…。 でも?相変わらずワケわかんないのですが、今回は見事にやられました。
6. インランド・エンパイア(7/21公開)  [ 第八芸術鑑賞日記 ]   2007年10月24日 01:55
 07/10/10、恵比寿ガーデンシネマにて鑑賞。採点不能。  大傑作『マルホランド・ドライブ』から五年ぶりのデヴィッド・リンチ最新作。予告編のキャッチには「三時間の陶酔」という言葉が使われていたが、上映時間はちょうど180分。とにかく長い。リンチのファンにしか薦め...
7. インランド・エンパイア  [ 蠍沢シネ吉の正直最近映画観てない ]   2008年04月11日 12:36
 一度映画館では見たんですが、ひさしぶりに観てみました!デビッド・リンチの新作「インランド・エンパイア」。  前々から見直したいな、と思ってはいたんですがなにしろ上映時間が3時間なのでなかなか手が伸びず、やっとのことで見直すことができました。  ただ3時...
8. 【映画】インランド・エンパイア…モニター調整は是非実行をオススメ(DVD鑑賞限定)  [ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 ]   2008年06月22日 07:32
今週は記憶が週頭の記憶が残らない{/hiyob_hat/}ぐらい働きました{/face_hekomu/}{/down/} 今週の頭に何か映画観た記憶があるんだけど…なんだっけかなぁ{/eq_1/}(※借りてきてるレンタルビデオ確認したら「バタフライ・エフェクト2」でした{/face_ase2/}…鑑賞のご報告は後...

この記事へのコメント

1. Posted by LIE   2007年08月15日 02:18
初日に観たのですが、かなり疲弊しました。
話の後半に裕木奈江が出ることは知っていたので、劇中は「裕木奈江が出てくれば劇が終わる」とばかりに裕木奈江早く出て来い状態でした。出てきてとても安心しました。絵的に不快なものが続いていたせいか(思えば唯一の奇麗所だったような)監督の意図も物語も関係ないところで救われてました。
2. Posted by つぶあんこ   2007年08月15日 13:55
娼婦の姉ちゃん達はおっぱい要員も含め綺麗どころ揃いだったかと。
3. Posted by ノイズ   2007年11月16日 18:32
つぶあんこさんは、デイヴィッド・リンチ作品も全て観ていたりするんですか?以前と同じ様な質問で申し訳無いですが、最も好きなリンチ作品を教えて下さい。

僕の住む地方でもやっと来月中旬に公開(でも一週間のみ…)が決まったので、怖いもの観たさ(笑)で観に行こうと思います。
4. Posted by つぶあんこ   2007年11月19日 11:21
イレイザーヘッドとエレファントマンが好きです。月並みですが。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Comments