2007年09月18日

アーサーとミニモイの不思議な国 35点(100点満点中)07-260

ミクロの仲間だ 三勇士
公式サイト

リュック・ベッソン原作・脚本・監督によるファンタジー風映画、なのだが、売れ線を狙ったであろう設定や映像とは反対に、子供向けとしてもファンタジーとしても中途半端な凡作に終わっている。

現実世界を実写、小人世界を人形劇風3DCGとし、異世界への冒険であると強調する仕掛けや、そのCGキャラクターが現実世界を舞台に冒険する映像など、面白い事をやろうという試みは見受けられるのだが、肝心の物語やキャラクターに魅力が無い事には無意味だ。

エルフとドワーフを混ぜた様なスタイルの小人達のビジュアルは、洋画の例に倣い日本人の目からはとても可愛く見えないどころかむしろ気持ち悪く、100円ショップに売ってる外国製の人形の様な中途半端なリアルさや、ソバカスが斑点に見えて爬虫類的イメージを想起させるなど、美的センスの差異が顕著に出たものだ。王女のスレンダーなボディラインを強調する、首から下の造形が良かっただけに、顔がダメな事が余計に惜しまれる。

そんな気持ち悪いキャラクター達に仄かなラブシーンなどを見せられても感情移入出来るわけも無く、儚い恋模様が少しも伝わって来ないのだから困る。

メイン三人組のキャラクター配置、実写を背景にアニメーションの小人が動くなど、『冒険コロボックル』を彷彿とさせる図式が基盤になっている事は、決して偶然ではないと見受けられる。『冒険コロボックル』も『ミクロイドS』もヨーロッパで放送されており、日本好きのリュック・ベッソンが知らないとは思えない。全編がパロディ、オマージュで埋め尽くされている本作ではあるが、さて。

タイトル通り、アーサー王伝説もまた物語の基盤の一つとなってはいるが、王者の剣を引き抜いても、最初に抜いた時以外何ら活躍せず、抜けなかった筈の王女の方がその剣をよく使っているだけでなく、魔王にまで使えてしまうとは何なのか。見かけ倒しで役に立たないという位置づけでネタにするのなら、もっとハッキリそれを内容に盛り込むべきで、使われている剣が王者の剣かどうかも認識し辛い有様では話にならない。パロディとしても中途半端すぎる。

祖父の残したメッセージを発見する、重要な場面において、ロウソクで炙る事で文字が浮き出すという、肝心なポイントがわかり辛く、また、序盤で貯水タンクに落ちる展開と、後半の水関係の展開のつながりもわかり辛い。

巨人族の登場も唐突すぎ、何がきっかけで現われたのか、予兆となるべき描写が何も無いのは乱暴すぎる。いきなり出てくる事で笑える、という面もあるが、そちらを優先させるのは本末転倒だ。

アーサーが旅立った後の、祖母がアーサーを心配する様子が無駄に多く、ダレる印象を受けるのも問題だ。本人達が気づかないところでアーサーの冒険とシンクロしているなどあれば、意味のある構成として楽しめるのだがそれも無い。

特別な入り口まで設けて世界を実写とCGに二分しておきながら、結局のところ小人世界は実写の現実世界と繋がっているため、体を縮める以外の境界が感じられず、再会に年月を要すると言われても納得がいかないし、その再会に必要な時間も中途半端に短く、"別れ"に感慨が起こらず盛り上がらない。

世界に入る時は一人限定だったのに、出る時は二人で出てくるなど、とにかく世界設定の構築が全くなされておらず、ファンタジーと呼ぶのも憚られる、子供騙しに終止している作品世界には魅力がまるで無い。無意味な何でもあり程つまらないものはないのだ。

ただし、その場その場でのドタバタ、ナンセンスな掛け合いコメディは、これまでのリュック・ベッソン作品同様それなりに面白く、かろうじて退屈せずに観続ける事が可能となっているのが、せめてもの救いだ。いっその事そちらに特化した方がまだ楽しめただろう。

ファンタジーや冒険もの、ジュブナイルが好きな人でも、この中身の無さには呆れ返るであろう、あまりに底の浅い本作、出来のいい子供向け映画はいくらでもあるのだから、余程のジャンル映画好きでもなければ、特段に鑑賞の必要は無いだろう。自己責任で。



tsubuanco at 16:37│Comments(5)TrackBack(11)clip!映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 合言葉はミニモイ  [ 世界の中心で、愛をうたう ]   2007年09月20日 08:21
クチコミネタ:Ameba 独占試写会 『アーサーとミニモイの不思議な国』 280組560名様ご招待! さてさて、観に行ってから大分経ちましたが、感想をアップしたいと思います。 アメブロの独占試写会が当たりました。 人生で二度目の試写会です。 一回目は『ドリーム...
2. 『アーサーとミニモイの不思議な国』チャリティイベント舞台挨拶@丸の内プラゼール  [ |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο ]   2007年09月24日 02:53
9/19(水)に丸の内プラゼールで行われた、リュック・ベッソン監督、フレディ・ハイモア主演の『アーサーとミニモイの不思議な国』の日本語吹き替え版キャストによる舞台挨拶レポートをいまさら(爆)登壇したのは、神木隆之介、戸田恵梨香、えなりかずき、タカアンドトシの....
3. 『アーサーとミニモイの不思議な国 (吹替え版)』  [ 唐揚げ大好き! ]   2007年09月24日 06:31
  『アーサーとミニモイの不思議な国 (吹替え版)』   それは伝説にしか存在しない、  地底に広がる7つの王国   ■アーサーは冒険を夢見る10歳の少年。ある日、屋根裏で宝物の地図を発見する。4年前に失踪した冒険家のおじいさんが残したそのお宝は体長2
4. アーサーとミニモイの不思議な国  [ Akira's VOICE ]   2007年09月25日 17:10
既視感を寄せ集めたファンタジー。
5. アーサーとミニモイの不思議な国  [ ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ! ]   2007年09月25日 18:14
今回も売り文句がリュック・ベッソン監督最後の作品?
6. アーサーとミニモイの不思議な国 を観てきました  [ よしなしごと ]   2007年10月08日 19:10
 予告編を見た時にあのキャラクターに感情移入できるかどうか心配だったアドベンチャー作品アーサーとミニモイの不思議な国を観てきました。
7. 「アーサーとミニモイの不思議な国」  [ ば○こう○ちの納得いかないコーナー ]   2007年10月09日 15:17
実は他の作品を見るつもりで映画館に足を運んだものの、上映時間を完璧に間違えていてその日に観る事は叶わなかった。「折角来たのだから、他の作品を観よう。」と思い、上映されている作品の中から選んだのが「アーサーとミニモイの不思議な国」。この作品の知識は全く無く...
8. 【アーサーとミニモイの不思議な国】  [ じゅずじの旦那 ]   2007年10月09日 22:32
久々に映画に行ってきた、もちろんキャラメルポップコーンも買って [:楽しい:] オレ的には「クローズド・ノート」も観たかったのだが、例の件もあったし、なんとなく気がのらないまま… こんないやぁな気分の時は、すっきり爽やかに [:ひらめき:] 冒険好きな少年が...
9. ★「アーサーとミニモイの不思議な国」  [ ひらりん的映画ブログ ]   2007年10月15日 03:45
今週の平日休みは、「チネチッタ川崎」で2本。 その1本目は、久々にリュック・ベッソンが監督をしたという本作。 実写と3Dアニメで作ったという本作は、何度か予告編を観てたので、ちょっと期待あり。 冒険ファンタジーは、ひらりん結構好きだからね。
10. アーサーとミニモイの不思議な国★字幕版&吹替え版  [ 銅版画制作の日々 ]   2007年10月24日 15:32
 「ア〜サ〜〜」と呼ぶおばあちゃん   10月2日に字幕版、8日に吹替え版で鑑賞。場所はどちらも、MOVX京都。吹替え版は支援の仕事での鑑賞でした。二度も鑑賞できてラッキー 主演は「プロヴァンスのおくりもの」、「チャーリーとチョコレート工場」などで活躍の...
11. アーサーとミニモイの不思議な国  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2008年07月11日 17:55
WOWOWで鑑賞―【story】10歳の少年アーサー(フレディ・ハイモア)は、祖母(ミア・ファロー)の語る冒険家の祖父の昔話が大好きだった。ある日、4年前に突然疾走した祖父の屋敷が人手に渡ることになる。アーサーは祖父が昔、庭のどこかに埋めたルビーを借金の返済にあてよう...

この記事へのコメント

1. Posted by 爽泉   2007年09月19日 17:03
ヤンマだアゲハだマメゾウだ
2. Posted by つぶあんこ   2007年09月19日 17:08
ほらほらあっちだ ほらほらこっちだ
3. Posted by 咲太郎   2007年09月20日 08:23
ミニモイも見慣れてくれば中々可愛いもんですよ。
4. Posted by 爽泉   2007年09月20日 15:05
映画館の窓口で「ミニモティーの前売り下さい」と言っている人がいました。イがTに見えたんですね。
5. Posted by つぶあんこ   2007年09月20日 17:53
ブスは3日で馴れる、って、嘘ですよねアレ。

そういえばミニモニで無事に残っているのは矢口だけになってしまいました。まさに矢口ひとり。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Comments