2007年08月23日

恋とスフレと娘とわたし 4点(100点満点中)

スイーツ(笑)
公式サイト

三姉妹を女手一つで育て上げた母親が、末娘の結婚相手を捜して右往左往する、母娘愛をコミカルに描いたハートフルコメディ映画、らしいのだが、全てにおいて底の浅い、どうしようもない駄作である。

母と娘の価値観、スタンスの違いを、いちいち揉めて口論になる場面にを連発して描写していくのはいいとして、その口論がステレオタイプに互いのエゴの押しつけに終始し、見ていて不快なだけでそこから先の感情が生まれない。笑いにも感動にも繋げられないのなら、女の口喧嘩ほどウンザリするものは無いのだから、不快になって当然だ。どうしてくれる。

母の愛が実は自分が安心したいエゴでしかないと突きつける様な展開ならともかく、何も解決させずウヤムヤのうちにいい話っぽく終わらせるのでは底が浅すぎる。まさか女は全員底の浅いバカだと言いたいのではないだろうし、そうだとしてもそう観客に思わせるにはストーリーも演出にも魅力がなさ過ぎる。

そもそも最初の結婚式のシーンの時点で、この映画がつまらない事はありありとわかってしまう。誰の結婚式で誰が何者なのかの描写も中途半端で、誰をどう見せてどこに話を持っていきたいのかすら不明瞭で、気楽に笑って観るコメディとして最初からつまずいているのだ。

末娘の恋愛に不向きな悪いクセを強調しておきながら、それが本筋において恋愛の障害になる事もなく、あまつさえ二股をかけて平然と楽しんでいるなど、全てにおいて受け入れ難い状態にどんどん進んでいき、呆然とする他ない。そんな器用な男あしらいが出来るなら、男に縁がない当初の設定と矛盾しているではないか。

大体、自分の意志で二股をかけておいて、それがバレたら悲劇っぽく演出するなど、客を舐めているとしか思えない。

人物設定としても、三姉妹の女家族である意義がストーリーに存在せず、本当に何も考えずに作っているとしか考えられない底の浅さである。人物設定の意味とストーリーの必然が全く無いのだから呆れる。

オマケにコメディなのにギャグはことごとくつまらなくやはり底が浅い。これで笑えるのは「うんこうんこー」と言うだけで笑える幼児レベルの知能の持ち主くらいだろう。

マイノリティを無思慮に見下している様を、当たり前の様に描写するどころか笑いものにしてそれが受けると思っている神経が信じられない。それを愚かとすら描いていないのは本当に底が浅すぎる。

底の浅い人間が作った底の浅いこんな映画を楽しめるのは、同様に底の浅いつまらない人間だけだろう。鑑賞の意義どころか存在意義すらない作品だ。人をバカにするにも程がある。


tsubuanco at 17:48│Comments(0)TrackBack(6)clip!映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 恋とスフレと娘とわたし を観ました。  [ My Favorite Things ]   2007年09月26日 22:40
邦題のタイトルって、言いえて妙!というときと、何ですか?というときがありますよね。さてこの作品は???
2. 「恋とスフレと娘とわたし」軽妙なコメディを楽しめる  [ soramove ]   2007年09月27日 22:13
「恋とスフレと娘とわたし」★★★ ダイアン・キートン主演 マイケル・レーマン監督、2007年、アメリカ(107分) 二人の娘を嫁がせて 残るはあとひとり、 末娘の行く末が心配でたまらない母親が ネットで恋人を募集した。 ここから始まるドタバタコメディ...
3. 映画「恋とスフレと娘とわたし」  [ 日々のつぶやき ]   2007年10月17日 08:58
監督:マイケル・レーマン 出演:ダイアン・キートン、マンディ・ムーア 「料理上手のダフネは、三人の娘を持つ母。上の二人の娘無事は幸せに結婚したが、末っ子のミリーはダメな男にばかりひっかかっていてダフネの心配の種。思い余って相手募集の個人広告をミリーに
4. 映画「恋とスフレと娘とわたし」  [ 日々のつぶやき ]   2007年10月18日 17:13
監督:マイケル・レーマン 出演:ダイアン・キートン、マンディ・ムーア 「料理上手のダフネは、三人の娘を持つ母。上の二人の娘無事は幸せに結婚したが、末っ子のミリーはダメな男にばかりひっかかっていてダフネの心配の種。思い余って相手募集の個人広告をミリーに
5. 恋とスフレと娘とわたし  [ ネタバレ映画館 ]   2007年11月02日 00:09
チケット売り場で「恋とセフレ・・・」と言ってしまったのだが、内容はそんなようなものだった。
6. 恋とスフレと娘とわたし  [ Blossom Blog ]   2008年04月21日 13:04
恋とスフレと娘とわたし BECAUSE I SAID SO 監督 マイケル・レーマン 出演 ダイアン・キートン マンディ・ムーア     ガブリエル・マク...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Comments