2007年09月24日

劇場版 アクエリオン 86点(100点満点中)

歌え! みんな揃い 踊れ! 手足伸ばし
公式サイト

2005年に放映された、河森正治によるロボットアニメ『のアクエリオン』TVシリーズ内における1エピソードとして新規に製作された番外編『壱発逆転篇』と、前編の『裏切りの翼』が本年5月に発売された、外伝であるOVA『のアクエリオン』を、11月に発売予定の後編『太陽の翼』を含めて再構築した『創星神話篇』の二本立てによる劇場版。

"創"と"創"の、漢字の違いを見ての通り、TVシリーズとOVAは別作品として製作され、一万二千年前の前世が重要ファクターとなる本作において、過去を同一とする平行世界をそれぞれ描く世界設定となっている。

今回の劇場版以前での最新作『裏切りの翼』までの段階では、その平行世界が、同じ人物、似た事象が展開する表層のみしか伝えられていなかったが、今回、『太陽の翼』部分のエピソードが公開されるに至って遂に、平行する相互の世界の相関が明らかとなり、一つの"アクエリオン・ユニバース"が結実する事となる。本作タイトルが単に『アクエリオン』のみなのは、そうした意味合いも含まれているのだ。

平行世界ながら相互に関わり合う世界設定は、例えば平井和正の小説『幻魔大戦』シリーズなどで用いられてきたSFの定番ギミックであり、それ自体は目新しいものではないが、TVとOVAというメディアの差異を世界観の差異として表現し、それをまた別のメディアである映画において、二本立て興行に見せかけて一本の世界として統合する、メディアミックス自体に意味を持たせた今回の狙いは面白い。

「一万年と二千年前から愛してる」の歌詞などで、"ヘンな歌"として有名になってしまった主題歌や、現在パチンコ機のCMでも使われている「あなたと、合体したい」の様な、ロボットの合体に釣りバカ日誌のごとき性的な意味での合体を暗喩させて"ヘンな空気"を作り出しているなど、表層的にインパクトのある特徴に目が行ってしまいがちな『アクエリオン』だが、そもそも本シリーズの面白さは、合体ロボットアニメのパイオニアである『ゲッターロボ』そのままに、三機のメカが三通りの形態に合体し、毎回あの手この手で襲い来る敵に対し、それに応じた合体と戦術で立ち向かう、ロボットアニメとしての王道的な面白さに加え、そのメカに乗り込むメンバーを三人に限定せず、11人の搭乗候補者を設定して合体と戦術の組合せパターンを更に増大させると同時に、多人数のキャラクター間でのドラマティックな面白さも加味する、原点を踏まえつつオリジナリティに挑戦した、ロボットアニメ、キャラクターアニメとしての面白さをしっかりと描いているところにある。

まず王道的な面白さが確立されているからこそ、主題歌や合体キーワードなどのオモシロ要素や、前世にまつわる謎といった、より深く世界を描くためのファクターが有用に活用されて、作品を面白く構成する事となるのだ。

そして今回の劇場版においては、そうした基盤となる面白さを省略せず物語のメインとして描いた上で、『壱発逆転篇』では主題歌を本編内にて意味のあるかたちで歌わせてクライマックスとし、『創星神話篇』では性的なニュアンスと前世の謎を絡めて、TVシリーズでは明かされなかった真相を開陳しつつ、作品世界を包括する一大叙事詩としてのクライマックスに持ち込む、二年越しに(ひとまず)完結するだけあって、入念に考えられた風呂敷の畳み方は秀逸。

まず最初にTVシリーズ側の『壱発逆転篇』を見せ、当然ながらファンである観客に懐かしさを感じさせつつキャラクターコメディとしての面白さでドラマを展開し、それがクライマックスの戦闘に意味を持って繋がってくる構成もまた、TVシリーズの1エピソードである事を意識したもの。で、ありながら、最終的なアクエリオン搭乗メンバーの構成を、アポロ、シルヴィア、麗花とする事で、続く『創星神話篇』への暗示ともしておく、用意周到さが小憎い。

クライマックスで歌を武器として戦うシチュエーションは、河森アニメならマクロスからの定番であり、今更それ自体をどうこう言う事もないが、やはり特徴的な主題歌を持つ本作だけに、その歌がそのまま本編内の現実音楽として用いられた事は、ファンならば狂喜しておかしくないものではある。

分岐した二つの世界が存在する事が明確に提示されてから始まる『創星神話篇』では、前世との繋がりからして違う様に、TVシリーズとは相関図の異なる世界を描写していく事で、意図的に観客に違和感を持たせているのだ、と、OVA前編で感じた違和感の正体が後半になってわかってくる構成が心地いい。

麗花が不幸でない意味、シリウスが不在、強攻型アクエリオンが先に登場しているなど、"違う"部分がドラマ、バトル、そして平行世界の相関全てにリンクして、TVシリーズとは異なりながらも"アクエリオンらしい"大団円を迎え、それだけで終わらずにまたもう一度TVシリーズを最初から観たい気持ちにさせてくれる、もともとアクエリオンが好きで観にきて、観終わると更に好きになってしまう、ファンのために作られたファンサービス企画としては理想的なかたちである。

前世の運命で結ばれた二人の恋愛話なのに、アクエリオンが三機合体なのは何故か、という根源的な問いにまで解答を与えてくれるに至っては、感心する事しきりだ。

フルCGで描かれる巨大戦の数々も、劇場の大画面で見て何ら遜色の無い、それどころか大画面で見ないと損とすら思えるクオリティの、よく動き迫力を計算され尽くした、マクロスプラス劇場版以上のスピーディーでアクティブなバトルを見せつけられ、レンタルを待たずに数少ない劇場に足を運んでよかったと心から思わされる満足感の得られるものであり、動きや見せ方だけでなく、アクエリオンならではの合体バリエーションでも、今回が初お目見えとなる合体パターンを重要場面に登場させ、帰宅した後に玩具をいじりたくなる気持ちを存分に煽ってくれる嬉しさまで与えてくれる。

今回メインとなる三人(アポロ、シルヴィア、麗花)に焦点を当てすぎたせいで、他のキャラクター達の活躍の場が奪われがちとなり、ラストバトルで男を見せた筈のピエール(&ジュン&つぐみ)の最期が呆気なさすぎるなど、実はバトルシチュエーション的な"燃え"においては、TVシリーズ最終回には及ばないなど、残念に感じる部分もあるが、それらはOVA後編にて補完されると期待したい。

エンドロールの後は特に何も無いのに誰一人席を立たないのは、やはり主題歌『創聖のアクエリオン』の持つ替え難い魅力ゆえだろう。もうひとつの主題歌『Go Tight!』がちゃんとしたかたちで流されなかったのが惜しい。(オープニングが『Go Tight!』で、エンディングが『創聖のアクエリオン』だったら完璧だったろうに)

そもそもファン以外は観ないと思うが、興味があるならTVシリーズ全話を観て、DX超合金を合体させて遊んでからの方が、作品を楽しみ尽くす事が出来てお得だ。アクエリオン好きなら是非とも劇場で観ないと損だ、と断言する。



tsubuanco at 17:34│Comments(8)TrackBack(2)clip!映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「劇場版アクエリオン-創星神話篇&壱発逆転篇-」映画感想?  [ Wilderlandwandar ]   2007年10月09日 17:53
いや、なんで「感想?」なんだって、、、、書きずらいですよね、コレ。どういうノリで
2. 劇場版 アクエリオン  [ まじめにふまじめ★ ]   2007年10月09日 21:02
一万年と二千年前から愛してる??♪ ・・・やたらと耳に残りますね、この曲。(^^ゞ

この記事へのコメント

1. Posted by N   2007年09月28日 17:40
アクエリオンのパチンコに絶望した!
2. Posted by バチンガル   2007年09月29日 14:43
ロボットアニメがお好きなんですか?
グレンラガンはご覧になってますか?
ご覧になっていたら是非レビューを。
3. Posted by more   2007年09月30日 09:09
 未だ見てないけど、マクロスプラスを
超えるといわれたら見に行かないと!
って気になりました。
マクロスプラスはかなりはまったもんで^^
4. Posted by つぶあんこ   2007年09月30日 16:01
でもパチンコ化が無いと今回の映画化も無かったですからねえ。
一般知名度がゼロに近いコレをパチンコ化してメリットがあるのか、という疑問は消えませんが。

グレンラガンは観終わったら何か書きます。

プラスから結構年月が経ってて、CG自体のクオリティがアップしてますからね。
5. Posted by 力薬   2007年09月30日 17:13
主題歌が最近になってまた売れまくっているみたいですので、何かしら影響はあったかと思われます
6. Posted by moreq   2007年10月01日 10:51
時間を確認したら9時5分からの一回のみ・・・。
寝過ごしました^^;
5日までの公開だから、知名度から見ても、そんなもんかなぁ。
7. Posted by ガンヘッド♪   2007年10月09日 21:16
こにちは〜♪
TBのお礼がてらカキコも。(^^ゞ

や、この映画観た人が異様に少ないうえ
に誉めてる人がほとんど居なかったんで
こちらのレポ読んで嬉しかったです☆

そだ!合体ロボアニメの王道なんだ!
なんかこう・・・燃えるものがこみ上げて
くる感じ!
超合金欲しくなりました。(* ̄▽ ̄*)

また遊びに来ま〜す♪
8. Posted by つぶあんこ   2007年10月10日 17:19
自分は神話型も強攻型も発売日にかったんですけど、今だともっと安くで買えるんでしょうねえ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Comments