2007年10月23日

EX MACHINA-エクスマキナ- 19点(100点満点中)

そーれ! 淫獣ー! 淫獣ー!
公式サイト

士郎正宗のSFコミック『APPLESEED』の、CGアニメーション映画の第二弾。映画内にて画面上に表示されるタイトルは『APPLESEED EX MACHINA』だが、『APPLESEED』とアナウンスせずに独自作品の様に宣伝しているのは、『攻殻機動隊』の二作目が単に『イノセンス』としか宣伝されなかった事例を彷彿させ、配給会社の作品に対する敬意の無さをまた感じてしまい辟易するばかりだ。

前作プロデューサーだった曽利文彦が何故か放逐され『ベクシル2077日本鎖国』を製作し、本作ではその代わりとしてジョン・ウーがプロデューサーとなるなど、作品以前のゴタゴタが目立っているが、結果的には曽利文彦は離れて正解だった様にも思える。もちろん本人にとって。

本作において評価出来るのはCGそのもののクオリティのみとして過言ではない。前作と比較しても、質感や描画、動きのスムーズさなどは格段に向上しており、技術的な進化具合は良くわかるものだが、それ以外は特に褒めるところが見当たらない惨状である事も確かだ。

士郎正宗作品の魅力はストーリーやアクションではなく、SFとして作り込まれたディテール描写や職人戦闘をスタイリッシュに見せる演出・構成力にある。それを一般向けを意識してか無くしては面白いものが残る筈が無い。

構図や動作演出は凡庸で工夫が無く、どこをにどんな風に注目してみてほしいのかの狙いが散漫で、映像としての見栄えに乏しく面白味が全く無い。技術、技能はあっても、それを魅せるアニメーション作家としてのセンスが無いのだ。

壁の隙間を通り抜けるチェイス戦闘、うねうね伸びる触手、崩落する巨大な浮遊物体、といった、どこかで見た様なシチュエーション、描写の連続に終始し、その見せ方が前述の通り工夫無く凡庸では、パロディ、オマージュとしてもセンスが無さ過ぎる。白いハトやガンアクションなどの、ジョン・ウーがプロデュースしているからとスタッフが挿んだセルフパロディなどはもう呆れるしかない。

庵野秀明や樋口真嗣の様に、パロディやオマージュで埋め尽くして楽しませるコラージュセンスにも、その上で独自色も打ち立てるだけの才能にも全く欠けた、自己満足の技術自慢に終わっているのが本作の実情である。

自我を失った人々が大挙する、ゾンビ映画的なシチュエーションも見られるが、これがまたお粗末なもので、無数の"その他大勢"が襲い来る恐怖や一般市民に銃を向けなければいけない兵士の逡巡など、定番的な演出すらまともに見せようともせず、通り一遍以下の描写でサラリと流しては、危機的状況としての盛り上げすら出来ていない。

同場面にて娘を襲う父を射殺するシチュエーションの演出など、ありがちながらも上手く演出すれば活かせた筈の材料も、全てを適当に喰いちらかして放り出したままの贅沢振りには呆然である。

一般向けの娯楽映画としても何ら目新しい驚きも喜びも無く、盛り上がらなければいけない最終戦も、どこかで見た様な全く強そうに見えないボスキャラと問答を続けた挙句に呆気なく終わってはどう楽しめというのか。今どき触手を使うだけでも失笑モノなのに、その動きに何の面白味も無くては尚更だ。

原作の持ち味を活かせず、それに変わる別の娯楽性も無い、本当にCGそのものの質感しか褒めるところの無い本作、もう声優のキャスティングがどうとかいう段階どころではない、芯からどうでもいい作品でしかない。

仕事でCGを作っている技術者なら参考までに一応要チェクかもしれないが、映像も音響も迫力に欠けるものなのでレンタル待ちでも充分か。自己責任で。



tsubuanco at 17:23│Comments(6)TrackBack(4)clip!映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 【映画】EX MACHINA  [ 新!やさぐれ日記 ]   2007年10月22日 21:57
■状況 MOVIX伊勢崎にてサービスデー価格で観賞 ■動機 感想内に記載 ■感想 面白かった。色々とスッキリした ■あらすじ 大戦後の2138年、中立都市オリュンポスの特殊部隊所属の戦士デュナンとブリアレオスは固いきずなで結ばれた戦友であり、私生活では恋人同士で...
2. 「EXMACHINAエクスマキナ」(2007・日本)  [ MY HIDEOUT〜私の隠れ家〜 ]   2007年11月13日 17:11
現在、全国ロードショー中です。"EXMACHINA""APPLESEEDSAGA:EXMACHINA"監督・・・荒牧伸志プロデュース・・・ジョン・ウー原作・・・士郎正宗『アップルシード』音楽・・・細野晴臣、HASYMO、テイ・トウワ、コーネリアス、reiharakami、m-flo、他。出演(声):小林愛、山寺...
3. 『EX MACHINA エクスマキナ』を鑑賞しました。  [ はっしぃの映画三昧! ]   2007年11月20日 00:36
映画を鑑賞しました。秊 『EX MACHINA エクスマキナ』 評価:★★★★☆ オンライン試写会だったので劇場扱いしていませんが実質2007年度58作品目の鑑賞です。 最近はイラスト活動が多いかもしれませんが原作は士郎正宗です。 ...
4. 『EX MACHINA -エクスマキナ-』2007・10中旬に観ました  [ 映画と秋葉原と日記 ]   2007年11月24日 19:24
『EX MACHINA -エクスマキナ-』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 西暦2138年、人類は非核大戦によって半数が死滅。停戦と共に誕生した中立都市(オリュンポス)には、人間とサイボーグ、そして人間の遺伝子でつくられ怒りや憎しみを制御された種族“バイオ

この記事へのコメント

1. Posted by sheep   2007年10月22日 20:42
つくづく思うのですが、完成度の高い漫画表現の世界を、わざわざ他のメディアに引っ張り出して欲しくないです。小説、ゲームもまた然り。
バカボンを実写でやって面白いか?みたいなものを作り手側に求めたいところですね。
3. Posted by つぶあんこ   2007年10月23日 17:25
実写バカボンは是非観たいです(笑
コントではなくちゃんと作り込んだ奴を。
4. Posted by 力薬   2007年10月23日 21:04
原作もOVA版も知らずに前作を見た身ですがわりと面白く感じ密かに楽しみにしてました。が、レンタルまで待ってみます。

もしよろしければ、原作や前作の簡易な評価をお聞かせ願いたいです。
5. Posted by つぶあんこ   2007年10月24日 17:18
前作もあんまり褒めるところが見つからない様な…
多脚放題とかのデザインの突飛さは、今回にはない良さだったとは思いますが、やっぱり見せ方に問題があったかと。
6. Posted by 力薬   2007年10月25日 22:37
返答ありがとうございました。

以前のTV放映分での視聴で、特に考えずに見てた身でしたが、確かに見返せば脚本や場面構成でこうすればよかったのにと思う場面が見つかりますね…
7. Posted by わとそん   2008年10月19日 15:04
 WOWOWで見ましたが、思ったよりもかなり面白かったです。
 変にごちゃごちゃした世界観や話にせず、単純な映画にしたのが功を奏してると思います。デュナンも押し付けがましくない「かわいらしさ」みたいなものが魅力的に描けてたんじゃないかな。ゾンビみたいになる人たちもご愛嬌といった感じで変にほほえましさを感じました。
 たしかにラスボスは昔のOVA黎明期を髣髴とさせて同じく失笑物でしたが。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Comments