2007年10月22日

グッド・シェパード 95点(100点満点中)

我が名はブレイン 我が名は神
公式サイト

CIAの誕生と活動を背景に、それに関わった一人の男の人生を描く、ロバート・デ・ニーロ監督作品。

キューバのピックス湾上陸作戦を失敗させた情報漏洩と、主人公の元に送りつけられた録音テープと写真、の二つの解明を事象的な縦糸とし、過去(1940年代以降)と現在(1960年代初頭)を交互に見せていく事で、少しずつ真相が明らかになっていく構成となっている。

過去を踏まえて現在で結果が現われる演繹展開と、先に現在シーンで結果を見せ、後から過去シーンにて顛末を意味付ける帰納展開を巧みに織り交ぜる事で、理解に必要な情報が近接して提示されるために、単なる一本道よりも却って理解を得やすくする事が、この構成の狙いの一つだろう。

本の表紙に隠された書面を取り出す場面と、バイオリンを聞く場面を平行して進行させているくだりなど、全体構成だけでなく、特定の局面においても同様の手法が使用されている事にも着目すれば、演繹と帰納を同時に行う事で、観客が知っている事と劇中人物の知っている事の差異が少しずつ埋まっていき、よって緊張感と興味の維持が図られている意図も見て取れる。

"進行する過去"が"進行する現在"に追いついて、物語の時間的流れが一本化する段において、物語の意味があらわとなり、ストーリーだけでなく、双方の時間軸で隔たりがあった同一キャラクターの人物造形も一致する、緻密に計算された脚本構成は秀逸。

漏洩者の真相は途中で予想がついて案の定その通りだが、その事はストーリー構成におけるトリックの重要点ではなく、そこからテープと写真の謎に繋がって主人公を追い込むための一段階であり、発見が更なる興味を生んでいく展開は、派手なアクションも何も無くとも3時間の長尺を全く飽きさせない、良質なドラマと言える。

主人公と父親、主人公と息子、の、主人公を軸とした二つの父子関係を、相似形で展開させると思わせておいてそれを外し、安易に予想していた悲劇よりも更に深い悲劇へと展開。

前代とは違った関係へと進展した父子が、同じ事態に際してどう対処したのか、信頼を重視した父、人を信じるなと息子に教えてしまった主人公の差異、父の遺書を読まなかった事が分岐点となった。それを後になって提示する事で、もう取り返しはつかないのだと主人公にも観客にも突きつける、この救いの無い悲劇こそが物語としての真の帰結点であり、国家の一大事と個人の幸福を等質として描写する、何層にも織り込まれた重厚な構成が素晴らしい。

若い時期に女で失敗した(あるいは性欲に負けた)事を踏まえ、家庭崩壊の要因としてだけでなく、諜報活動におけるハニートラップにまで女性絡みのストーリーを展開させたり、息子の極端なまでの不甲斐なさを、彼の選択した人生に対する報いの象徴としてディフォルメ気味に描写し、あるいはソ連スパイの投身場面の衝撃を息子の嫁の墜落場面に重ね合わせるなど、無駄のないストーリーと描写、演出の巧みさによって観客を惹き付けるデ・ニーロのセンス、それを活かすスタッフのプロの仕事を堪能出来る。

当時の情勢や時代背景にはさほど詳しくなくとも、ある程度の説明は劇中でも行われており、また、結局のところは主人公の内面的な動向が主題でもあるので、問題なく理解し楽しむ事は出来るだろう。ただし寝ずに観ていさえすればだが。

史実にフィクションを交えて人間の業を描いた本作、映画好きならば観ておいて損はしない筈だ。機会があれば。



tsubuanco at 17:19│Comments(10)TrackBack(27)clip!映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. グッド・シェパード  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2007年10月23日 17:57
【THE GOOD SHEPHERD】2007/10/20公開(10/20鑑賞) CIA誕生のお話ときたら、スパイ映画好きはやっぱり気になる。でも・・・家庭は夫婦がスパイ同士ならうまくいくのかな。(おいっ)
2. グッド・シェパード−(映画:2007年120本目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2007年10月23日 21:27
監督:ロバート・デ・ニーロ 出演:マット・デイモン、アンジェリーナ・ジョリー、アレック・ボールドウィン、タミー・ブランチャード、ビリー・クラダップ、ロバート・デ・ニーロ、ウィリアム・ハート、ジョン・タートゥーロ、ジョー・ペシ、エディ・レッドメイン 評....
3. グッド・シェパード  [ まぁず、なにやってんだか ]   2007年10月23日 23:39
先日、舞台挨拶のマット・デイモンを見たことで、すっかりマットびいきになっている私。やっぱり新作は抑えておかなくちゃね、と今日は「グッド・シェパード」を観て来ました。 いやぁ、ノーテンキに観にいったのに、なんて難解な映画なの!? なぜ、エドワード(マット...
4. グッド・シェパード  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2007年10月25日 07:10
『CIA』と聞いただけで気分が高揚する性質なので楽しみにしていた映画―【story】1961年4月17日、キューバのカストロ政権転覆を狙った上陸作戦がCIA内部の情報漏れにより失敗し、CIAは窮地に立たされる。その数日後、作戦を指揮したエドワード(マット・デイモン)の元にCIA...
5. グッド・シェパード  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2007年10月25日 16:23
4 いくつの愛を失くせば、この国を守れるのか。 1961年、キューバのカストロ政権転覆を目論んだピッグス湾侵攻作戦がCIA内部の情報漏れで失敗し、指揮をとったベテラン諜報員エドワード・ウィルソンは窮地に立たされる。第二次世界大戦前夜、イェール大学在学中に秘密結社....
6. グッド・シェパード(2006年)  [ 勝手に映画評 ]   2007年10月25日 18:09
1961年、ピッグス湾侵攻作戦が失敗。失敗の原因が、CIA内部からの情報漏れにあると睨まれた。情報漏れの元を探るため、ベテランエージェントのエドワード・ウィルソン(マット・デイモン)に送られた情報を下に様々な調査が行われるが・・・。と、こんな感じだと、スパイアク...
7. 「グッド・シェパード」  [ かいコ。の気ままに生活 ]   2007年10月25日 21:36
ロバート・デ・ニーロ監督、CIA誕生秘話と一人の男の苦悩。「グッド・シェパード」公式サイトあらすじ:1961年4月17日、キューバのカストロ政権転覆を狙った上陸作戦がCIA内部の情報漏れにより失敗し、CIAは窮地に立たされる。その数日後、作戦を指揮したエドワード(...
8. 「グッド・シェパード(The Good Shepherd )」映画感想  [ Wilderlandwandar ]   2007年10月27日 13:00
F・F・コッポラ製作でロバート・デ・ニーロ監督作の「グッド・シェパード(原題:
9. グッド・シェパード  [ 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽 ]   2007年10月28日 00:24
 アメリカ  ドラマ&サスペンス  監督:ロバート・デ・ニーロ  出演:マット・デイモン      アンジェリーナ・ジョリー      アレック・ボールドウィン      ロバート・デ・ニーロ 【物語】 第二次大戦間近のアメリカ。イエール大学に通うエドワ...
10. グッド・シェパード  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2007年10月28日 21:32
 『いくつ愛を失くせば、 この国を守れるのか。』  コチラの「グッド・シェパード」は、名優ロバート・デ・ニーロの監督2作目となる"CIA誕生にすべてを捧げた男の物語"で、10/20公開となっていたサスペンス・ドラマなのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪  製作総指揮...
11. 【2007-151】グッド・シェパード(THE GOOD SHEPHERD)  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2007年10月28日 23:21
4 人気ブログランキングの順位は? CIA誕生にすべてを捧げ 闇の中へ <家族>と<組織>の間で キューバ危機から冷たい戦争へ いくつ愛を失くせば、 この国を守れるのか。
12. グッド・シェパード  [ さくらの映画スイッチ ]   2007年10月29日 00:35
迷走気味なあたしの疑問。・・・・・疑問に思う前提の理解が間違ってるかもしれない、考えても答えの出ないあたしの小さな疑問。(かなりネタバレあり)
13. グッド・シェパード  [ ★Shaberiba ★ ]   2007年10月29日 21:14
「いくつ愛を失くせば この国を守れるのか・」 彼の愛って・・届くことがあるのだろうか・・。 CIAの誕生に関わった1人の男の壮大な人間ドラマである。
14. 「グッド・シェパード」息詰まる展開ながら静かに進行  [ soramove ]   2007年10月30日 20:53
「グッド・シェパード」★★★マット・デイモン、アンジェリーナ・ジョリー主演 ロバート・デ・ニーロ監督、2006年、アメリカ どうしてこの映画をデニーロは作りたかったんだろう、 玄人っぽい出来を見せたかったのか、 意図するところは分からないが、 地味な...
15. 映画「グッド・シェパード」  [ 今日感 ]   2007年10月31日 19:28
3時間弱というとても長い映画なのですが、そんなことはまったく、気になりませんでした。引き込まれっぱなし、注目しまくりです。
16. 映画「グッド・シェパード」  [ 日々のつぶやき ]   2007年11月01日 09:11
監督:ロバート・デ・ニーロ 出演:マット・デイモン、アンジェリーナ・ジョリー、ロバート・デ・ニーロ       いくつ愛を亡くせば、この国を守れるのか。 「1961年、CIA内部からの情報漏洩でキューバでの上陸作戦が失敗した。内通者は誰か・・そんな折
17. 真・映画日記『グッド・シェパード』  [            ]   2007年11月04日 09:44
10月25日(木)◆604日目◆ いやあ、デ・ニーロも重くて手応えがある映画を作ったねぇ〜〜〜。 FFコッポラ、スコセッシの後継者はデ・ニーロかも。 『グッド・シェパード』はCIAの創設から携わった諜報員の「仕事(任務)」と犠牲となる「家族」を濃厚に描いた作品...
18. 良き羊飼いの物話☆『グッド・シェパード/THE GOOD SHEPHERD』 ☆  [ honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜 ]   2007年11月09日 23:48
3 ロバート・デ・ニーロ&マット・デイモン&アンジェリーナ・ジョリーってことで、内容的には難しい作品だとはわかっていたけど楽しみにしていた本作。 やっぱり難しいし、緊張感がイマイチだったので、167分はかな〜り長く感じた…(-_-#)
19. 映画:グッド・シェパード  [ 駒吉の日記 ]   2007年11月16日 18:37
グッド・シェパード(ユナイテッドシネマ豊洲) 「CIAが一番、神が二番」 ようやく観ました。3時間近い長編ですが、最後まで飽きることなく見入ってしまいました。 このエドワードは実在の人物をモデルにしたのでしょうか?いつも背中を丸めて陰気臭い顔した無口な...
20. 68『グッド・シェパード』を鑑賞しました。  [ はっしぃの映画三昧! ]   2007年11月20日 00:39
映画を鑑賞しました。秊 68『グッド・シェパード』 評価:★★★☆☆ 原題は「The Good Shepherd」です。 タイトルの『グッド・シェパード』とは聖書内に登場する「良き羊飼い」を意味しているそうです。 2時間47分は長いかと思...
21. ★「グッド・シェパード」  [ ひらりん的映画ブログ ]   2007年11月22日 02:57
マット・デイモン主演のCIAもの。 といっても、第二次大戦の戦中・戦後のCIA創成期のお話。 監督は名優ロバート・デ・ニーロ。
22. グッド・シェパード  [ シナリオ3人娘プラス1のシナリオ・センター大阪校日記 ]   2007年11月22日 17:26
「グッド・シェパード」という映画を観にいきました。とても哀しい映画でした。 グッド・シェパード (ソフトバンク文庫 ロ 1-1) ¥735 Amazon.co.jp  主人公のエドワードはイェール大学のとても優秀な学生でした。ある時、エドワードは「スカル&ボーンズ...
23. 「グッド・シェパード」  [ 心の栄養♪映画と英語のジョーク ]   2008年05月22日 10:36
グッド・シェパードユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパンこのアイテムの詳細を見る 第二次大戦間近のアメリカ。イエール大学に通うエドワード(マット・デイモン)は、FBIとの接触や サリヴァン将軍からスカウトされたことを機に、国の諜報活動に従事していく。一方、耳...
24. mini review 08300「グッド・シェパード」★★★★★★★☆☆☆  [ サーカスな日々 ]   2008年05月30日 15:23
CIAの誕生をめぐり、1人の男が運命に翻弄(ほんろう)されていく様を描いた壮大な人間ドラマ。『ブロンクス物語/愛につつまれた街』以来13年ぶりにメガホンを取ったロバート・デ・ニーロが、監督、製作、出演の3役をこなす。主演の諜報部員役にマット・デイモン、その妻役に...
25. 独断的映画感想文:グッド・シェパード  [ なんか飲みたい ]   2008年06月25日 22:17
日記:2008年6月某日 映画「グッド・シェパード」を見る. 2006年.監督:ロバート・デ・ニーロ. 出演:マット・デイモン(エドワード・ウィルソン),アンジェリーナ・ジョリー(クローバー),アレッ
26. 【映画】グッド・シェパード…分かりやすいけどピンときていません  [ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 ]   2008年08月10日 23:10
{/kaeru_fine/} 先日、嫁さんが急に言い出したのですが… 芋洗坂係長って、うちの嫁さんと高校の同級生らしいのです{/hiyob_hat/} 芋洗坂係長がTV{/tv/}によく出てくるようになって結構経ちますが、今まで全然気がつかなかったらしいです{/face_ase1/} 他にも同じ高校の友人...
27. 『グッド・シェパード』を観たぞ〜!  [ おきらく楽天 映画生活 ]   2008年11月30日 21:37
『グッド・シェパード』を観ましたCIAの誕生をめぐり、1人の男が運命に翻弄されていく様を描いた壮大な人間ドラマです>>『グッド・シェパード』関連原題: THEGOODSHEPHERDジャンル: ドラマ/サスペンス製作年・製作国: 2006年・アメリカ上映時間: 167分監督・製作...

この記事へのコメント

1. Posted by overrated   2007年10月23日 19:00
二度の両替ネタも効果的でしたね。
2. Posted by 不覚   2007年10月23日 22:25
途中、ちょっとウトウトしてしまいました・・・
勿体無いことをした。
レンタル出たらもう一回観よう( ´・ω・`)

ところであんこさん、今回はアンジェリーナ・ジョリーにはまったく触れていませんね?
3. Posted by つぶあんこ   2007年10月24日 17:15
今回のアンジョリーは、何だか典型的なスイーツ女って感じで、魅力があまりなかったですから。
4. Posted by くろねこ   2007年10月29日 21:59
難解でありながらひきこまれた理由は
そうか・・こんな演出が細部にまでちりばめられてたんですねぇ。
父の遺書や息子のひどさ(苦笑)は気になる点でしたが・・
素晴しいご考察にうなりました〜。
なんだか感動しなおしました(笑)
5. Posted by つぶあんこ   2007年10月30日 17:35
息子が見た目からしてダメそうなのは、やりすぎな感もありますが(笑
6. Posted by ライナス   2007年10月31日 19:04
エドワードは切れ者なのか、ダメダメなのかよくわからん。よくあれで出世できたもんだ。面白い映画だったけど。
7. Posted by つぶあんこ   2007年10月31日 22:49
そのつかみどころの無さがスパイ向きだったんでしょう。
8. Posted by kimion20002000   2008年05月31日 17:37
ある意味で、映画関係者の教科書になるような、上手なシナリオ構成でしたねェ。
いろんな人が、いろんな感慨を持つように思えて、そのあたりも感心しました。
9. Posted by キャサリン   2008年06月09日 20:26
高得点はファンとしてはうれしいのですが、私には難しくって、よーわからん映画でした。
10. Posted by ほんやら堂   2008年06月28日 22:17
つぶあんこ様

途中うとうとしたし,映画の暗さがしんどくてもう一つ受けませんでした.
このblog拝見してもう一度見たくなったけど,167分もう一度耐えられるか?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Comments