2007年11月14日

鳳凰 わが愛 6点(100点満点中)

今こそ言おう、わが弟星矢よ!
公式サイト

中井貴一プロデュース、主演による、数十年に渡っての男女のすれ違いの愛(英題は『Crossing Over』)を描いた、日中合作映画。

男女の囚人が服役中に愛を育んだとされる実話を元に、清国から中華人民共和国へ至るまでの、中国大陸激動の時代を舞台に、"変わらぬ愛"をテーマとして描いている…のだが、作品としての完成度はあまりにも低い。

メインとなる男女の、それぞれのキャラクター性をしっかりと描写し、観客が感情移入してその人生を見守れる様にしておかない事には、ドラマを楽しむ事は出来ないのだが、まずそれが全くなされていないのだから大問題だ。

無口かと思ったらいきなり大声で笑い出したりと、キチガイにしか見えない主人公(中井貴一)に、一体どう感情移入せよというのだろう。この男の行動がまた、ことごとく行き当たりばったりで何をしたいのか全く掴めず、ますますキチガイとしか思えなくなっていく。

相手役となる女性も同様。過去の不幸が一応は語られはするが、その事で彼女がどんな人格形成を成したのか、あるいは主人公との出会いでどう変わっていったのか、の描写がとにかく薄く、もう最初から二人がくっつく運命だったと無理から仕立て上げている、結論ありきの"ためにする"展開に終始しては、楽しめるわけがない。

主人公は、自分が投獄される原因ともなった恋人の死を聞いて脱走を図り、ヒロインは身籠った子供を自ら流そうと投身、と、ともに愛を失い人間として極限までに追い込まれた状況を"出会い"の瞬間とし、社会的にも精神的にもドン底の状態から二人で這い上がっていく、という設定の狙いは面白いが、その事をその後の展開に全く活かせていなくては無意味だ。

時代と共に展開していく二人の"愛の軌跡"が、もうこれはワザと笑わせようとして作っているのでは、としか思えない、陳腐で類型的な、ツッコミどころ満載のもので埋め尽くされているに至っては、もはや"感動"する事を諦めざるを得ない状況だ。

捜索すらされない程の高い崖から飛び降りて無傷で、そこからどうやって脱出したのかは謎のまま。大地震で女子刑務所が崩壊して全員死亡した中なぜか一人だけ無事なヒロイン。さっきまで普通に話していた相手が、ふと見ると「こいつ…死んでる…」、しかも何故死んだのかは不明。

自分を犯罪者にした男に復讐に行ったら、その幸せそうな姿を目にしてそっと立ち去り、愛した女の噂を聞きつけ駆けつけたら、その女が男と子供と楽しそうにしている光景を見、そっと立ち去ったら実は彼女は独身のままだった。と、何百年前のテンプレートかと失笑する展開が二連発。

ラストシーンで氷が割れて落ちるカットなど、お笑い番組のドッキリ企画落とし穴に落ちるゲストのリアクションにしか見えず、ここまでくれば完全に意図的に笑いを狙っているとしか思えない。

落ちるまでに至る過程も、わざわざ一旦橋を超えて川岸に降り、凍った川面を歩いて渡って行こうとするのだから意味がわからない、橋を渡って戻れと誰もが突っ込むこの場面は、やはり"氷が割れて落ちる"シチュエーションを作り出したい、"ためにする"演出である事が見え見えで、呆れ返って涙も出ない状態だ。

またこの場面、氷にヒビが入るアニメーション合成が、中盤の同シチュエーション映像では違和感が薄かったにも拘らず、大事な筈のこのラストに限って合成がバレバレで完全に興醒めとなる。もう何をどうしたいのか全く理解不能だ。

時系列的に最も古い辛亥革命を回想としてラストに配置した構成から、中国激動の時代を背景とした事の意味合いを推し量る事は可能だが、それが作品に重層的なバックボーンを与える事に成功していたとは到底考えられない。

完全な失敗作、駄作と断言する。中国近代史などに興味があっても、本作を楽しむ事は困難だろう。鑑賞価値は無い。


蛇足:
主人公と同房の老占い師が浅野忠信に見えて仕方なかったが、別人だった模様。



tsubuanco at 16:09│Comments(4)TrackBack(1)clip!映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 【2007-163】鳳凰 わが愛  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2007年11月13日 19:49
1 人気ブログランキングの順位は? 鳳は凰を求める・・・。 鳳凰、それは不死身の愛。 二人は、生きた。 結ばれる愛よりも、求め続ける心。 例え言葉は届かなくても、心は壁を越えてあなたに届くと信じたかった。 実話に基づく、壮絶な運命の叙事詩。 刑務....

この記事へのコメント

1. Posted by よゆぽん   2007年11月13日 19:07
ラスト、隣の御婦人は号泣してましたが、私は氷にヒビが入った瞬間から大笑いしてました(^▽^;)
2. Posted by つぶあんこ   2007年11月14日 09:14
花粉症だったんでしょう
3. Posted by 通りすがり   2007年11月18日 13:50
キ〇ガイは差別用語です。
他人の作品を偉そうに批評する人が、そんなこともわからんのか。
不快極まりない。
4. Posted by つぶあんこ   2007年11月19日 17:48
「差別用語」などという言葉、概念を勝手に作り出し、それを周囲に押しつける類の人間というのは、自らこそがその対象者を差別している差別主義者であり、その自覚がまるで無い脳内お花畑さんにすぎないのですよ。

バカでもわかる様に丁寧に解説してくれているサイトがあるので、一応貼っておきますね。
http://kan-chan.stbbs.net/word/pc/main.html

もっと言えば、意味が通じる事を前提に書かれた伏字など、伏字である意味は全くないのです。まさに底の浅い偽善の象徴と言えるでしょう。クスクス

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Comments