2007年12月15日

スリザー 43点(100点満点中)

タコ言うな!
公式サイト

人に寄生する謎の宇宙生命体による恐怖を描いた、SF侵略ホラー映画。

と見せかけて、過去のジャンル作品からのネタ、シチュエーションを拾いまくってバラ撒いた、パロディ、オマージュが満載で、シュールでブラックなギャグ、ジョークを散りばめた、B級テイストの確信犯映画(誤用)なのだが、その狙いはかなりスカし気味だ。

ヒルかナメクジの様なワームが大量に群がり人間を襲うシチュエーションは『スクワーム』、それが人に寄生して凶暴化するのは『シーバーズ』など、ホラー好きなら「ああ、コレはアレね」と頷いて見ていけるべく、各所にパロディネタは腐るほど配置されており、中には『寄生獣』や『BM ネクタール』果ては『銀河鉄道999』など、日本の漫画を意識したのではとも思わされるビジュアルまで登場する。

のだが、パロディというのはもはや、ただ"それが出てくる"だけの次元では、面白さとしては成立しなくなっているのだ。

日本において、70年代中頃あたりから始まったパロディ作品の商業化は、当初、江口寿史などの作品では、ただ"それが出てくる"だけで笑いが成立していたが、80年代以降、庵野秀明に代表される、オタク第一世代のプロ市場参入により、元ネタをセンスよくピックアップして配置し、そこから独自の新しい娯楽性を生み出す、という、より高い次元での生産性のあるパロディが常識となり、それ以前のただ"それが出てくる"だけの作品は淘汰されていった、パロディ文化の推移を見てもそれは瞭然であり、これは日本に限った事ではない。

だが残念な事に本作は、ただ"それが出てくる"だけのパロディでしかなく、本作ならではの発展した独自性が極めて低い単なるネタの羅列に留まっており、最近の似た方向性の作品である、ロバート・ロドリゲスの『プラネット・テラー』あたりと比べると、作り手のセンスの差異は愕然とする程だ。

冒頭の警官二人のトーク場面や市長のキャラクター、あるいは警察署での"イカ"ネタなど、シュールでブラックなニヤニヤ出来る笑いを、作品の方向性として目指している事はよくわかり、実際、無線連絡シーンでの「頷くな」など、笑えるシチュエーションも存在するが、そうした"笑い"を狙った部分と、ホラー、サスペンス、ショックを狙った部分とが、上手く噛み合ず、チグハグでバランスの悪い全体像を成している事も、あまり評価できたものではない。

いきなり大きい音で驚かせる、古典的なショッカー演出を用いているあたりは、明らかに普通に驚かせようとしているだけで、そこから笑いに繋がるなどの、作品独自の創作が何ら感じられないのだから困る。

人体まっぷたつや肉団子大爆発などの、ところどころに見られる笑えるスプラッタ描写や、手榴弾の顛末など盛り上げておいてベタにスカすギャグなど、単独での笑いどころが作品の流れとして持続せず、むしろ真面目気味なホラー、ドラマ部が、テンションの持続を塞き止めているだけでしかないのが致命的だ。

パロディネタとシュールギャグとエロ要素を適当に盛り込んでおけば喜ぶだろ、との作り手の志の低さが見え見えな、悪い意味で低レベルな作品に終わっているのが、素材や狙いは面白そうだし、出演女優陣は子役も含め奇麗どころ揃い(特に美少女姉妹の下の二人は奇跡的可愛さ)だけに、非常に勿体ない結果である。

ジャンル映画好きなら一応チェックしておく程度の出来ではあるが、普通にホラーや笑いを求める一般の映画好きは観なくてもいいだろう。自己責任で。

注意:
風呂シーンでは、ボーッとしていたら見逃すレベルで乳首が見切れるので、ことごとく局部を隠す撮影だと思い込んで油断しない様。

と、エンドロール後にオチがあるので、こちらも見逃さない様。


tsubuanco at 17:44│Comments(0)TrackBack(6)clip!映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. スリザー−(映画:2007年138本目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2007年12月10日 21:04
監督:ジェイムズ・ガン 出演:エリザベス・バンクス、ネイサン・フィリオン、マイケル・ルーカー 評価:80点 公式サイト 基本的に小心者なのでホラー映画は好きではないのだが、これくらいB級に徹してくれると逆に安心してみれるというものだ。 地球に向....
2. 「スリザー(Slither)」映画感想  [ Wilderlandwandar ]   2007年12月10日 22:31
いかにもB級ホラーという感じの「スリザー」(Slither)を見てきました。 B
3. 映画「スリザー」  [ 映画専用トラックバックセンター ]   2007年12月12日 00:51
映画「スリザー」に関するトラックバックを募集しています。
4. 映画「スリザー」  [ しょうちゃんの映画ブログ ]   2007年12月12日 00:54
■邦題:スリザー ■原題:SLITHER ■上映時間:96分 ■製作国:アメリカ ■ジャンル:ホラー、SF、コメディ ■配給:東宝東和、ポニーキャニオン ■提供:東宝東和 ■公開:2007/12/08 ■劇場:MOVIX堺(シアター9/F-8) ■パンフレット:500円 ■オフィシャ...
5. スリザー  [ ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ! ]   2007年12月12日 13:54
懐かしい流れをくむ(笑)正統派(?) "触手""寄生""グチョグチョ"モノ!!
6. ★「スリザー」  [ ひらりん的映画ブログ ]   2008年01月03日 02:00
今週の週末レイトショウ鑑賞は・・・ 昨日「アイ・アム・レジェンド」観ちゃったし・・ 観るものないので、ついつい先月「ひらりん的ホラー特集」やって、見慣れたので・・・ 単館系ホラーでも見てみることに。 しかし・・・

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Comments