2008年01月03日

ヒルズ・ハブ・アイズ2 78点(100点満点中)

戦慄!プルトニウム人間
公式サイト

『サランドラ』のリメイクであった『ヒルズ・ハブ・アイズ』の続編であり、世界観とストーリーをそのまま引き継いでいるものの、旧作の続編である『サランドラII』とは人物もストーリーも全く異なり、前作に登場したキャラクターは一切登場せず、後日談ではあるが別個の独立した作品として観ても問題ない作りとなっている。

監督がマーティン・ワイズに交代して製作された本作だが、基本的な方向性やカラーは前作を踏襲したもので、表層的な左翼思想色はより一層にあからさまとなり、却ってアイロニカルなおかしさが増しているのは面白い。

冒頭でいきなり殺される日系人科学者が着ている日の丸シャツなどはあまりにストレートで、日本人としても怒るどころかむしろ笑ってしまうレベルの底の浅さであり、その底の浅さが意図的なものとは言うまでもない。

そして今回は襲われる側を州軍の訓練兵とする事で、さらに構図はベタベタにわかりやすくなり、その中に一人だけ反戦主義者がいて金髪美女(ジェシカ・ストループ)もいる人物配置まで前作そのままなため、誰がどうなるかは最初の段階から明らかなのも、当然ながら意図的な笑いどころなのだろう。

ただ、あまりにもわかりやすすぎる構図と、モグラ叩きのごとく坑道を出入りする神出鬼没なフリークスの描写は、もはやパロディと化してしまい肝心のサスペンスやスリラーが阻害されてしまう弊害も生じ、人によっては呆れ返って楽しめない畏れもある。

だが、同じ構図を用いながらカラーが変転したこうした構図は、『悪魔のいけにえ』と『悪魔のいけにえ2』の差異に見られる、ホラー続編におけるひとつの王道であり、本シリーズでも、そのギャップによって楽しみを生じさせる狙いは、ほぼ成功していると見ていいだろう。

何よりも、フリークス側のモンスター度および家族としてのキャラクター配置は前作よりも強調され、男は殺し女は犯す目的が明確となっているために、悪趣味な娯楽性はむしろ前作以上に高まって、殺し殺される殺戮バトルにはいちいち快感を与えられる。ラスボスが入念にとどめを刺される展開は、家族からも嫌われていそうな悪逆さがしっかりと描写されていた事でカタルシス溢れるものとなり、主人公側の短気なデブの最期にしても、全く共感出来ないお転婆ドジっ子ぶりが徹底されていただけに、やはりカタルシスと笑いが生まれる、作り手の意図した楽しみどころを、狙い通りに楽しめるのは有り難い。

一方で、明らかにメクラキャラを強調しているのに、その特性を活かさず銃を撃ってしまうフリークスの存在の中途半端さや、前作赤ずきんに相当するチビフリークスの中途半端さ、坑道なのか遮蔽壕なのかどっちだと言いたくなる中途半端な舞台設定、武器庫らしきところに退避したのに、退避した以外何も活かされない中途半端な展開など、投げやりに感じられるストーリー展開や描写、設定も多々見られる。が、そうしたツッコミどころは勢いでスルーさせられる様なされているのは、先述の通り楽しみどころの的確な配置によるものだろう。

わかりやすさと娯楽性を追求した事で、前作に比べ若干薄味となったものの、テンションの高さと悪趣味性は変わらず楽しめる、充分に出来のいい続編である。

前作未見でこれから観ても楽しめるが、やはり前作を観てからの方が一層に楽しめる事は言うまでもない。前作が気に入ったなら間違いなく必見。


tsubuanco at 17:09│Comments(0)TrackBack(3)clip!映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ヒルズ・ハブ・アイズ2−(映画:2008年4本目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2008年01月17日 23:34
監督:マーティン・ワイズ 出演:ジェイコブ・バルガス、マイケル・マクミリアン 評価:76点 公式サイト 前作とはまったく違う別物のホラーアクション映画になってしまった。 アメリカの典型的3世帯家族VS食人一族のモラルなき殺し合いを絶妙のさじ加減でみせ...
2. ヒルズ・ハブ・アイズ2  [ DVDジャンル別リアルタイム価格情報 ]   2008年02月14日 11:47
前作「ヒルズ・ハブ・アイズ」と違い、今回は「サランドラ2」のリメイクではなく全くのオリジナル。主人公たちを訓練中の新兵に設定、中近東を思わせる砂漠を舞台に、ミリタリー・ホラー・アクションが展開する。軍事目的で現地を調査に訪れていた科学者たちが謎の失踪を遂げ...
3. ヒルズ・ハブ・アイズ2  [ ホラー映画勝手にランキングブログ|ホラキング ]   2009年02月07日 22:05
DMMでレンタルする あらすじ:『ヒルズ・ハブ・アイズ』の恐怖から一年。軍事目的で現地を調査に訪れていた科学者たちが謎の失踪を遂げる。砂漠地帯で訓練中だった新兵の一団は、行方不明の科学者のものと思...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Comments