2008年01月25日

音符と昆布 30点(100点満点中)

すこんぶおいしいじゃない!
公式サイト

映画と音楽とのタイアップ企画cinemusicaシリーズの四作目。監督は同シリーズ定番の井上春生。

主人公・もも(市川由衣)の視点に拠って、池脇千鶴演じる奇妙な女性"かりん"との噛み合ないコミュニケートから生じるシュールな空気でニヤニヤと笑わせるタイプの映画とまず思わせておいて、かりんの実態が判明してからは一転して、アスペルガー症候群をキャラクター化する上での必然である記憶やマイルールをギミックにストーリーを展開させてテーマへと結実させる、観客の印象変化を主人公のそれとシンクロさせるべく構成されている意図は理解出来る。

近年でアスペルガー症候群を扱ったシュールコミカルな映画として、『モーツァルトとクジラ』がまず浮かび、日本のドラマでも『僕の歩く道』など、主人公を敢えて症者とする事でシュールな笑いと醸し出される感動で楽しませる作品の存在は、決して珍しいものではない。

この種の作品では得てして、症者を演じる俳優の演技の面白さばかりが前に出る事で、一発芸的な興味は惹かれるものの、当人以外のドラマが従属として取ってつけたものとなり、肝心のテーマや主張への到達があまりに作為的、予定調和的」でしかなくなるおそれを抱いているが、本作も同様、結局のところ池脇千鶴のワンマンショーに、その対比として影の薄い市川由衣を配しているにすぎず、ストーリーさえもそれに従属するレベルに納まってしまっている。市川の持つ"障害"とそれに対する自意識の設定も、却って邪魔になっているとしか取れない。

その池脇千鶴の演技も、作り手の"配慮"によるものか、強力な印象を残すには物足りず、作品規模に正比例した、こじんまりと小さくまとまった感が残るばかりだ。

父と妹の前でいきなりセックスについて流暢に語り出し、何が起こったのかと一瞬戸惑わせつつ、その語り口調から母親(島田律子)の言葉をそのままコピーしているのだと、説明が行われる前に自然と気づかされてしまうなど、池脇の演技力の巧みさ、凄さが光る局面がところどころにあるだけに、それを活かしきれなかった人物造形と作劇は大いに勿体ない。

また、本作の本来の主目的である、売り出したい新曲のプロモーションが、物語展開の流れを脈絡なく塞き止め、最前まで見せられていた映像をダイジェストでもう一度羅列するだけ、という、工夫どころかむしろやる気の無さしか感じられない有様では、何のためのストーリー、何のための企画なのかすら怪しくなってくる。

そもそもたったの75分しかない映画で、同じ映像を意味もなく繰り返す時点で観客をバカにしているとしか思えず、これでコラボレーション作品として成立していると本気で思っているのならどうかしている。同じ監督に同じ手法を何度も使わせているあたり、どうやら"本気で思っている"様だが。

同シリーズ1作目『チェリーパイ』では、"いきものがかり"による耳に残りやすいキャッチーな曲が観賞後の印象に残されもしたが、今回の、"CHIX CHICKS"とやらの曲は観終わった直後にすぐ思い出せなくなる程度のもので、これは曲そのものの存在感だけでなく、印象を視覚で増大させる映像づくりが行われていなかった事の証明だろう。

終盤でいきなり登場人物を増やして行われる詐欺芝居の顛末も、空気を変えると言えば聞こえはいいがつまるところ流れを急に変えすぎて違和感だけがつきまとい、シュールなつもりで披露しているギャグがいちいち寒く、序盤のシュールコメディ風な空気から生まれた期待感はもう見る影もなくなってしまっている。

市川由衣または池脇千鶴の顔や演技を鑑賞する、ファン向けの楽しみ方こそあれど、それ以外は特段に見どころの見当たらない本作、どちらかのファンでもレンタル待ちで充分か。自己責任で。



tsubuanco at 17:13│Comments(1)TrackBack(2)clip!映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 【2008-36】音符と昆布  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2008年02月21日 00:01
2 人気ブログランキングの順位は? 「今朝、見ず知らずのお姉さんが尋ねてきました。 お姉さんは、火星人でした。 なにか、捜し物をしているようです。」 突然現れた、姉 困惑する、妹 とても小さい けれど大切なメロディー
2. 映像に拘り過ぎ。『音符と昆布』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2008年02月25日 12:59
突然目の前に現われた姉と、それに戸惑う妹の変化していく関係を描いた作品です。

この記事へのコメント

1. Posted by くまさん   2008年02月05日 12:49
5 これってシリーズだったのね。池脇は演技うまかったなぁ。市川もNANAよりはマシになったかな

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Comments