2008年03月15日

ノーカントリー 86点(100点満点中)08-080

わしらの席は、もうどこにもないのさ
公式サイト

コーマック・マッカーシーの小説『No country for old men(邦題:血と暴力の国)』を原作に、犯罪コメディとシリアスなノワールを交互に作る、コーエン兄弟が映画化。

原題はアイルランドの詩人ウィリアム・バトラー・イェイツの『Sailing to Byzantium』内の一節、“That is no country for old men.”から引用されたもの。詩や本原作の発表時期および作中の時代設定(1980年)の差異に留まらず、人類永遠の嘆きとして知られるフレーズから、普遍的なテーマを語るべく意図された方向性を見て取る事が出来る。(ロバート・シルヴァーバーグのSF小説『ビザンチウムへの航海』は、上述の詩からタイトルを引用したもの。閑話休題)

その意味では、中途半端すぎて意味不明な邦題『ノーカントリー』も、意味を特定しすぎた原作の邦題も、あまり良くしたものとは思えないが。

ストーリーの大枠では、原作をほぼ忠実に再現していると言っていい映画版だが、構成バランスや表現手法において特に、コーエン兄弟ならではの手腕が発揮され、独特の文章スタイルで綴られていた原作とはまた異なる、独自の作風、印象となっている。

冒頭に連続してみせられる殺人シーン、あるいは死体など、わかりやすく且つ目を背けたくなる凄惨な表現により、まず視覚として強烈に印象づけ、登場人物や世界観の特異性を周知させつつ一気に興味を惹き付けておく事が、序盤の狙いとして存在する。

そうして、まるでチェーンソー殺人鬼の様に、普通の理屈が通じない怪物・シガーによる"殺戮"を、要所要所に直接的に見せていくのかと思わせておく事で、その期待によって、シガーが誰かと対峙した時に際し、少し噛み合ない会話をしているだけの、互いの顔が切り返しで見せられているだけの場面から、この上ない緊張感が生じ、目を背けられなくなってしまうのだ。

そして終盤に向かうに連れ、確かに殺人は行っているが、ズバリそのものを見せるウエイトはどんどん減少していき、最後の殺人に至っては、直前と直後のみ見せて肝心の現場は一切見せず、事後の行動から察知させるまでに"見せない"手法が徹底されていく事となる。

基本的には同じ様なやり方で殺人を繰り返しているものを、見せ方を少しずつシフトさせていく事で、観客が受ける印象も変化させ、ワンパターンに陥らせず、それでいて最初にしっかりと凄惨なビジュアルを印象づけられているため、期待や想像にズレが生じずに、作り手の思惑通りに感情を操作されてしまう。

この狙い済ました構成が成功しているのだから素晴らしい。階段を上る男に視点を置かせておいて、背後からヌッとシガーが現われた瞬間に空気が一変するなど、モンスターキャラとしての描写がいちいち秀逸であるとは言うまでもない。

それは、緻密に描かれていた前半の流れに対し、後半は時間的な進行も含めて大きく省略されている、ストーリー的な構成にも共通して用いられている。

通気口を開ける、シャツを買う、など、相似した行動を繰り返させている事が顕著なストーリーにて、最初の時点では丁寧な説明が必要でも、二度目からは必要がなくなるのだから、省略が増えていく事は必然であり、却って観客の考察を促す意図も込められていると言える。

ただし、その構成により主要人物の出番に偏りが生じ、前半部である、追う者(シガー)と追われる者(モス)との攻防への、印象、あるいは関心が強まってしまい、そちらがストーリーのメインであるかの様に受け止められる状態は、主題として失敗ではないか。

本来は追う者(シガー)と追う者(ベル保安官)の物語であり、ベルの主観による"古き良きアメリカ"と、それを侵す理不尽な害悪の象徴としてのシガーとの対比、およびその理不尽な害悪すらも更なる理不尽に侵される、終わりなき悪循環、救いのない未来を示唆し、その反意としてノスタルジーが提示される筈ながら、観客の興味がそちらより金の行方に向いてしまっては、それこそ救いがない現実でしかなくなってしまう。

とは言え、老保安官をかつてのアメリカの正義の象徴としつつ、モスの義母である老婆による、「昔は良かった」思想が生んだ愚かな結果も同時に描く事で、懐古主義とはつまるところ都合のいい逃避であるとも、多面的に皮肉っているあたりは省略を行っていないなど、狙いがブレているとも言い難いのだが。

死体がゴロゴロ転がる物語内にて、「戻ってこなかったら母親によろしく言っといてくれ」「お母さんは死んでるでしょ」「じゃあ自分で言っとく」といった、ブラックなアメリカンジョークがところどころに挿入されているのも、笑っている場合ではないからこそ流れにメリハリを与える要因として有効に機能している。こちらが前面に出るとコメディ作品となる、コーエン兄弟の作家性の裏表が垣間見られるところか。

殺人鬼もの、クライムサスペンスとしての娯楽性と、社会派作品としてのテーマを高次元で両立させた、コーエン兄弟の異才が光る傑作。原作のストーリーを変えずに自分流となっているのだから凄い。


tsubuanco at 17:27│Comments(4)TrackBack(38)clip!映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ノーカントリー  [ 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン ]   2008年03月17日 17:49
公式サイト。原題No Country for Old Men、コーマック・マッカーシー原作(邦題「血と暴力の国」、ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン監督、トミー・リー・ジョーンズ、ハビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン。本年アカデミー作品賞の割にはつまらない。なんか舞台を...
2. ノーカントリー  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2008年03月17日 21:19
第80回アカデミー賞で、≪作品賞≫≪監督賞≫≪脚色賞≫そして≪助演男優賞≫を受賞した本作の公開を待ちわびた。特に助演男優賞のハビエル・バルデムの演技をとっても楽しみにしていた―【story】狩りをしていたモス(ジョシュ・ブローリン)は、死体の山に囲まれた大量のヘ...
3. 映画感想「ノーカントリー」  [ 三匹の迷える羊たち ]   2008年03月17日 21:37
映画感想「ノーカントリー」 【評価】★★★★ 【役者】★★★ 【暴力】★★★★ 【緊迫】★★★★ 【笑い】★★ 【エロ】 アカデミー賞取ったらしいですが、なかなか面白かったですねー。 コーエン兄弟が監督らしいですが、僕は映画マニアではないので、この監....
4. ノーカントリー  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2008年03月18日 00:08
 『純粋な悪にのみこまれる』  コチラの「ノーカントリー」は、コーエン兄弟がメガホンをとった最新バイオレンス映画なのですが、いよいよ本日3/15公開となりましたので、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪  ご存知のようにアカデミー賞で、作品賞、監督賞、助演男優賞、....
5. ノーカントリー  [ Akira's VOICE ]   2008年03月18日 10:39
ユーモアを持つ者,持たない者。
6. 「 ノーカントリー  / No Country for Old Men (2008) 」  [ MoonDreamWorks★Fc2 ]   2008年03月18日 21:48
【ノーカントリー(2008) 】2008年3月15日(土)公開 監督 : イーサン&??.
7. 真・映画日記(1)『ノーカントリー』  [            ]   2008年03月18日 22:53
JUGEMテーマ:映画 3月15日(土) 745日目 さあ、待ちに待った『ノーカントリー』の公開初日である。 このために、前の日は無理をせずに『魔法にかけられて』を見終えた後はマンガ喫茶で休んだ。 時間的にもう一本見るのも手だったけど、 翌日に備えるために少...
8. ノーカントリー: NO COUNTRY FOR OLD MEN  [ 銅版画制作の日々 ]   2008年03月20日 08:17
   第80回アカデミー賞 4部門受賞作品 「ノーカントリー」   今までに観たことがない殺人鬼、ハンニバル・レクター以上に凄い男をハビエル・バルデムが演じています。そしてこの役で彼は見事、最優秀助演男優賞をゲットしたわけです。   3月18日、東宝シ...
9. ノーカントリー 2008-12  [ 観たよ〜ん〜 ]   2008年03月20日 09:52
「ノーカントリー」を観てきました〜♪ ベトナムの帰還兵ルウェリン・モス(ジョシュ・ブローリン)は、狩の途中死体の山に囲まれたヘロインと200万ドルを発見する。200万ドルをくすねたルウェリンは、組織からの殺し屋アントン・シガー(バビエル・バルデム)に狙われる...
10. ノー・カントリー  [ eclipse的な独り言 ]   2008年03月20日 17:59
 割引も使わないで映画を観たのは何年ぶりでしょうか。アカデミー賞に敬意を表して、
11. 『ノーカントリー』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2008年03月20日 23:02
□作品オフィシャルサイト 「ノーカントリー」□監督・脚本 ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン □原作 コーマック・マッカーシー(「血と暴力の国」)□キャスト ハビエル・バルデム、トミー・リー・ジョーンズ、ジョシュ・ブローリン、ウディ・ハレルソン、ケリー...
12. 「ノーカントリー」  [ 或る日の出来事 ]   2008年03月21日 08:35
大金を拾い、黙って自分のものにしようとした男が、恐ろしい殺し屋に追われる。 老保安官は、自分には理解できないような犯罪が増えたことを...
13. ★ノーカントリー★  [ CinemaCollection ]   2008年03月22日 23:12
NOCOUNTRYFOROLDMEN世の中は計算違いで回る異様なまでに生真面目な殺し屋と、時代に取り残された保安官ーふたりの男に追われる男の可笑しいほど残酷な運命上映時間122分製作国アメリカ公開情報劇場公開(パラマウント=ショウゲート)初公開年月2008/03/15ジャンルドラマ/...
14. 映画「ノーカントリー」(2007年、米)  [ 富久亭日乗 ]   2008年03月23日 09:42
     ★★★★☆  1980年代のテキサスを舞台に 不気味な殺人鬼を描いたCoen兄弟監督のサスペンス。 2008年アカデミー賞の 作品賞、監督賞、脚色賞、助演男優賞をとった。 原題は「No Country for Old Men 」。  テキサス州西部の荒野で、 麻薬取引のこじれか...
15. コーエン兄弟の「ノーカントリー」を観た!  [ とんとん・にっき ]   2008年03月24日 01:44
渋谷の渋東シネタワーで、コーエン兄弟の「ノーカントリー」を観ました。といっても、コーエン兄弟とは誰のこと?まあ、知らないことはたくさんあるので、別に驚きませんが。実は知人のブログで、彼がこの映画を観たということを知って、渋東シネタワーであれば駅から繋
16. 【ノーカントリー】  [ 日々のつぶやき ]   2008年03月24日 12:56
監督:ジョエル・コーエン&イーサン・コーエン 出演:トミ・リー・ジョーンズ、バビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン 「1970年代のテキサス。 溶接工のモスはハンティングの最中、日死体の山を発見する。そして車には麻薬と死体が抱えていた大金・・危険を知
17. ノーカントリー  [ メルブロ ]   2008年03月25日 00:24
ノーカントリー 203本目 2008-9 上映時間 2時間2分 監督 コーエン兄弟 出演 トミー・リー・ジョーンズ ハビエル・バルデム ジョシュ・ブローリン 評価 7点(10点満点) 会場 渋東シネタワー  今年のアカデミー作品賞受賞作。これは映画ファンとしては見....
18. 今の国を作ったのは誰なのか?●ノーカントリー  [ Prism Viewpoints ]   2008年03月25日 17:25
過去を懐古し、今を憂うだけでは何も変わらない。 『No Country for Old Men』 ノーカントリー - goo 映画 メキシコ国境に近い砂漠でハンティング丮..
19. 映画:ノーカントリー  [ 駒吉の日記 ]   2008年03月27日 11:43
ノーカントリー(TOHOシネマズ六本木ヒルズ) 「この国は人に厳しい」 『だがこの地球(ほし)の○○は××だ』と某コーヒー飲料のCMをついつい思ってしまったのは帰り道。そんなコトでも考えてごまかさないと怖かった。いやホントうわさ通り誰が主演?ってくらいのイ...
20. 『ノーカントリー』  [ めでぃあみっくす ]   2008年03月28日 22:29
コーエン兄弟といえばアメリカ社会の矛盾と闇を時にはコミカルに、時にはシリアスに描く映画監督。第80回アカデミー作品賞受賞作品で一気に知名度の上がったこの映画はコーエン作品の中でも特に演出面において特筆すべき素晴らしさがある一方で、見終わったあと多くの観客か....
21. 【2008-72】ノーカントリー(NO COUNTRY FOR OLD MEN)  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2008年03月31日 00:44
5 人気ブログランキングの順位は? CALL IT,FRIEND-O 純粋な悪にのみこまれる
22. 明白な運命「ノーカントリー」  [ 再出発日記 ]   2008年03月31日 16:06
この国は人に厳しい監督・脚本:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン原作:コーマック・マッカーシー出演:トミー・リー・ジョーンズ、ハビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン、ケリー・マクドナルド話の筋は麻薬がらみのカネをめぐる、男と殺し屋の追っかけ劇なの...
23. ノーカントリー  [ つくえのすみのどんぐりぼうや. ]   2008年04月06日 05:03
アカデミー賞をとったので、すごく混んでるだろうなあ、と思っていたのに、心配になるくらいガラガラにすいてた。なんで??? ● 大金を拾ったらどこに隠す? モスは一見、頭つかってるようでいてマヌケすぎるよね。とりあえず自分で手に持って逃げるなんて危なすぎ...
24. 映画感想≪ノーカントリー≫  [ キネマ徒然草 ]   2008年04月12日 02:38
邦題を決めるときは慎重に。。 ≪ノーカントリー≫★★★★ ジョエル・コーエン&イーサン・コーエン監督 トミー・リー・ジョーンズ主演 ≪ファーゴ≫≪バーバー≫等で知られるコーエン兄弟の最新作。2007年度アカデミー賞においては作品賞をはじめ4部門を受賞...
25. 『ノーカントリー』 @シャンテシネ  [ 映画な日々。読書な日々。 ]   2008年04月15日 21:58
メキシコ国境に近い砂漠でハンティング中に、偶然、死体の山に出くわしたルウェリン・モスは、大量のヘロインと現金200万ドルが残されているのを見つける。危険を承知で大金を奪ったモスに、すぐさま追っ手がかかる。必死の逃亡を図るモスを確実に追い詰めて行くのは非情の殺
26. 映画『ノーカントリー』を観て〜アカデミー賞受賞作品  [ KINTYRE’SDIARY ]   2008年04月24日 07:19
31.ノーカントリー■原題:NoCountryForOldMen■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:122分■字幕:松崎広幸■鑑賞日:3月16日、渋東シネタワー(渋谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本・製作:ジョエル&イーサン・コーエン□原作:コ...
27. 【劇場映画】 ノーカントリー  [ ナマケモノの穴 ]   2008年04月25日 19:50
≪ストーリー≫ メキシコ国境に近い砂漠でハンティング中に、偶然、死体の山に出くわしたルウェリン・モスは、大量のヘロインと現金200万ドルが残されているのを見つける。危険を承知で大金を奪ったモスに、すぐさま追っ手がかかる。必死の逃亡を図るモスを確実に追い詰めて...
28. ノーカントリー  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2008年05月03日 22:45
【NO COUNTRY FOR OLD MEN】R-152008/03/15公開(05/03鑑賞)製作国:アメリカ監督・脚本:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン製作:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン、スコット・ルーディン原作:コーマック・マッカーシー『血と暴力の国』(扶桑社刊)出演...
29. ノーカントリー。  [ この世界の憂鬱と気紛れ ]   2008年05月06日 17:21
 ジョエル&イーサン・コーエン監督、『ノーカントリー』、5/5、イオンシネマ佐賀大和にて鑑賞。2008年21本目。  個人的にこういった映画は好きではありません。  暴力的な映画が、という意味でなく、不条理な映画が、という意味ですが。  それに、後味の悪い...
30. 『ノーカントリー 』を観たぞ??!  [ おきらく楽天 映画生活 ]   2008年05月06日 23:17
世の中は計算違いで回る。ハンニバル・レクター以来の映画史上最悪の死の運び屋殺し屋アントン・シガーが映画の冒頭からその威力を発揮しておりました。おかし
31. ノーカントリー  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2008年05月07日 23:07
4 ハンニバル・レクター以来映画史上最悪の死の運び屋__。 静寂の中に漂う異様なまでの緊迫感__コーエン兄弟の最高傑作誕生! メキシコ国境に近い砂漠でハンティング中に、偶然、死体の山に出くわしたルウェリン・モスは、大量のヘロインと現金200万ドルが残されてい....
32. 【映画】ノーカントリー  [ 新!やさぐれ日記 ]   2008年05月13日 23:23
■動機 なんとなく観たかった ■感想 上質なかんじ ■満足度 ★★★★★★☆ いいかも ■あらすじ 狩りをしていたルウェリン(ジョシュ・ブローリン)は、死体の山に囲まれた大量のヘロインと200万ドルの大金を発見する。危険なにおいを感じ取りながらも金を持ち去...
33. ノーカントリー  [ C'est Joli ]   2008年07月16日 23:14
4 ノーカントリー’07:米 ◆原題:No Country for Old Men◆監督・脚本: ジョエル・コーエン&イーサン・コーエン「ディボース・ショウ」「ファーゴ」◆出演:トミー・リー・ジョーンズ、ハビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン、ケリー・マクドナルド ◆STORY◆メキ...
34. 「ノーカントリー」  [ 心の栄養♪映画と英語のジョーク ]   2008年08月12日 20:11
テキサスの荒野でハンティング中に、銃撃戦が行われたと思しき麻薬取引現場に出くわしたモス (ジョシュ・ブローリン)。複数の死体が横たわる現場の近くで、200万ドルの大金を発見した彼は、 危険と知りつつ持ち帰ってしまう。その後、非情な殺人者シガー(ハビエル・バンデ...
35. 独断的映画感想文:ノーカントリー  [ なんか飲みたい ]   2008年08月13日 18:11
日記:2008年8月某日 映画「ノーカントリー」を見る. 2007年.監督:ジョエル・コーエン/イーサン・コーエン. 出演:トミー・リー・ジョーンズ(エド・トム・ベル保安官),ハビエル・バルデム(アン
36. 「ノーカントリー」  [ シネマ・ワンダーランド ]   2008年08月18日 23:31
「ファーゴ」(1996年)や「未来は今」(94年)などの作品で知られる米国のジョエル&イーサン・コーエン兄弟が2007年にコーマック・マッカシーの小説「血と暴力の国」を映画化したクライム・サスペンス「ノーカントリー」(原題=No Country For Old Men、米、1...
37. ノーカントリー  [ 映画、言いたい放題! ]   2008年11月06日 00:48
第80回アカデミー賞、 作品賞、監督賞、助演男優賞、脚色賞をとりました。 コーエン兄弟の作品はあまり好きではないのですが、 「海を飛ぶ夢 」が素晴らしかった、ハビエル・バルデムが 助演男優賞を取ったということで観ようと いや、観なくてはと思いました。f(^^...
38. ノーカントリー(3/15公開)  [ 第八芸術鑑賞日記 ]   2009年02月03日 23:00
 08/4/4、渋東シネタワーにて鑑賞。8.5点。  掛け値なしの逸品。作品を同時代的なものとしてのみ定義するのは基本的には好みでないのだが、と前置きした上で、本作こそは9.11後のアメリカ映画が到達した最高地点であろう、と言っておきたい。それはつまり、日常の中に突如...

この記事へのコメント

1. Posted by ぽん   2008年03月25日 17:22
2 トホホ…。やっぱ見る人が見ると違
うんですね。
僕など「なんか古臭い作りの地味で
暗い話だなぁ」と思ってたら、途中10
分ばかし寝てました。
これからは背伸びせず『ドラえもん』
ぐらいで止めときます。
2. Posted by ワトソン   2008年06月08日 20:01
4 こんばんは〜
この作品面白かったです。
<少し噛み合ない会話を>全体に感じました。シガー、モス、保安官がそれぞれ
最善と思った行動を空回せて去って行った様な気もします。
ラストで保安官がシガーの犠牲にならなくて救われました。
3. Posted by つぶあんこ   2008年06月11日 17:40
展開は原作通りですからね。
4. Posted by ほんやら堂   2008年08月27日 21:56
この映画,原作を読んでその直後にDVDを見ました.インパクトは強烈です.

アントン・シガーの自分なりのイメージはあったのですが,この映画のハビエル・バルデムのイメージに完全に塗り替えられてしまいました.

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Comments