2008年03月24日

Sweet Rain 死神の精度 42点(100点満点中)

サラリーマン死神
公式サイト

えんどコイチの名作漫画『死神くん』を彷彿とさせる、伊坂幸太郎の短編連作小説『死神の精度』を映画化。監督は『美女缶』の筧昌也。

上述の『美女缶』や近作ではTVドラマ『ロス:タイム:ライフ』など、現実世界に一つだけ有り得ない事物が投入されて起こるドタバタ劇を得意としている筧昌也だけに、"死神"という異種が現実世界へ干渉、あるいは俯瞰する事で生じるギャップをコミカルに描いている本原作とは、悪くない取り合わせとも思わされていたが、大規模公開の映画として初だからか、どうにもチグハグな出来に終わっている。

最初(『死神の精度』)と最後(『 死神対老女』)のエピソードに明確なつながりを持たせ、間に挟まる複数のエピソードとも世界観は共通させる、オムニバス形式をとっていた原作を映画化するにあたり、間のエピソードを省略し減らすのは当然の事として、省略せず選んだエピソード(『死神と藤田』)をも、最初と最後の間に挟まる意義のあるものとすべく、背景のみならず人間関係にも繋がりを持たせているのは、ストーリーをブツ切りの羅列に終わらせない、いい改変と言える。

また、死神を演じる金城武の台詞回しの不自然さが、キャラクターとしてのトボケた味となっているのも、結果としては成功だろう。毎回別人の姿となる原作とは異なり服装や髪型が変わるだけだが、これもコスプレ的な面白さを醸しており、決して悪くはない。

だが、パートナーが犬になっているのはいいとして、その犬がいたりいなかったりする意味が明確ではなく、犬である意味がビジュアルの面白さ以外に無いのでは設定負けだ。むしろ死神という存在が、組織の一構成員にすぎない設定を、わかりにくくしてはいないか。カラスとの関連なども曖昧で、中途半端に感じる。

最終話に登場するアンドロイドの存在も、監督のこれまでの仕事を見るに、趣味が先行しているだけの感が強い。

ストーリーの流れとして、富司純子演じる老美容師が、家族らしき相手と「あんたがそうしたいなら、それでいいよ〜」などと会話していた直後に手にするのがアンドロイドの取説で、続いてアンドロイドの機動シーンを見せられる。しばらく後、美容院を尋ねた子供がアンドロイドに「久しぶり!」と挨拶し、アンドロイドは「大きくなったね」と返す。これらのくだりから、このアンドロイド竹子(奥田恵梨華)の存在が、美容師の家族と何らかの関わりがあるのか、あるいはしばらくの間姿を消していた事から、死んだ家族の変わりにソックリなアンドロイドを用意したのか、といったストーリーが浮かぶも結局何もないのだから困る。

この作劇、ミスリードを誘うといった手法ではなく、単に構成が雑多なだけである。それは、命がテーマとなっている本作において、命のない存在であるアンドロイドを出しておきながら、死神と意味のある関わりを持たせないなど、何も考えていない使い方に終始している事からも明らかだ。老女が人間関係の辛さから逃避してアンドロイドとの生活を選んだとの解釈は、接客業を営んでいる設定と食い違うものだ。

前二話では背景あるいはさりげない小道具として匂わせていた時代性を、ラストに至って殊更に強調する仕掛けとして見せつけるのも、せっかくの世界観を損ねている。そもそも、死神という現実として有り得ない事物を、現実世界を舞台とした物語の中で違和感なく扱うには、それ以外の構成要素はリアルを追求したものでなければ、全てが作り事の絵空事でしかなくなってしまうとは、SFやファンタジーの基本原則である。異物は死神だけで充分な筈だ。

また、その最終エピソードにて、受け手側が安易に推測した老女の正体が、原作ではそう思わせておいて実は少し違う人だった、としているトリックをなくし、そのまんまその人というオチに簡略化してしまっている事が気にかかる。3つのエピソードに繋がりを持たせ、奇麗にまとまって終わらせたいとの意図による変更と推測されるも、伊坂作品から予想を裏切るオチを奪ってしまっては本末転倒だ。このせいで、ストーリーが極めて安易な予定調和に終わった感が強くなり、逆にその人物の人生は波瀾万丈すぎて不自然極まりない事になっている。

ストーカー(この時代まだその用法はなかったので使っていないのは上手い)の行動があまりにもストーカーすぎ、対象者がストーカー殺人で死んでしまうのかとミスリードさせるまではいいとして、だがそのせいでオチの真相から説得力が失われ、取ってつけた様な言い訳にしか感じられなくなったのでは、伏線として成立していない。

そもそも、小西真奈美はどう見ても醜い顔ではなく、声だけを聞いてその声の美しさを評価された、という物語内容と噛み合っていないではないか。そうした脚本とキャスティングの齟齬や、原作にはない「ナンパ」と「難破」のくだりの寒々しさなど、演出のクドさや冗長さが多々引っかかり、チグハグな印象の要因となっている。

原作の持ち味と監督の志向やセンスが、思惑に反してミスマッチとなってしまった結果だろうか。いろいろと勿体ない作品ではある。



tsubuanco at 17:59│Comments(4)TrackBack(23)clip!映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. Sweet Rain 死神の精度  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2008年03月25日 18:48
原作の伊坂幸太郎の小説『死神の精度』はまずまず面白かった。映画はどうかなぁ〜    コチラが本の感想です【story】死神の千葉(金城武)の仕事は、不慮の事故で亡くなる予定の人物のところに現れ、その人を7日間観察し、その生死を判断することだ。雨男の彼は、7日...
2. 「SweetRain死神の精度」  [ かいコ。の気ままに生活 ]   2008年03月25日 22:54
試写会で 観てきました。「SweetRain死神の精度」公式サイト金城=死神(千葉)です。どくろでカマもった死神のイメージと 全く違う死神。この話の 死神とは・・仕事:亡くなる予定のヒトを7日間観察し、    実行=死か、見送り=生かすかを判定する。    病死...
3. 映画感想「死神の精度 SweetRain」  [ 三匹の迷える羊たち ]   2008年03月26日 09:31
映画感想「死神の精度 SweetRain」 【評価】★★ 【役者】★★★ 【ミュージック】★★★ 【笑い】★★ 【エロ】 今年は邦画ダメダメですねー。 テレビドラマでやれよってレベルのものが多すぎですよ。 この映画もご多分に漏れずテレビドラマレベル....
4. 「Sweet Rain 死神の精度」金城 武はすごい??  [ ノルウェー暮らし・イン・ジャパン ]   2008年03月26日 23:49
なんて書いたらいいのか迷ってしまう・・・・ 金城 武だから、すごい期待しちゃったし。 期待しすぎたからいけないのか、ツメの甘いところがいけないのか・・・・ でも、期待通り金城 武はすごかった。 彼の見せる全く違う様々な人物像に、もうメロメロになってしまう...
5. Sweet Rain  死神の精度  [ 蠍沢シネ吉の正直最近映画観てない ]   2008年03月27日 00:55
 今日は金城武主演の「死神の精度」を見てきましたよ!  主人公は死神の男・金城武。  彼の仕事は”死ぬ予定”にある人間に接触し、最終的に死を”実行”するか”見送り”にするかを決定すること。  ある日、彼の仕事はカスタマーセンターで働く地味な女性・藤木一恵(...
6. 【Sweet Rain 死神の精度】  [ 日々のつぶやき ]   2008年03月27日 11:15
監督:筧昌也 出演:金城武、小西真奈美、石田卓也、光石研、富司純子、吹越満 「死神の千葉は、担当する人間の不慮の死を『実行』か『見送り』かを判定する。彼は青空を見たことがない、彼が現われる時はいつも雨。 ある日の担当は、電器メーカーの苦情処理係の藤
7. Sweet Rain 死神の精度  [ 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン ]   2008年03月27日 22:21
公式サイト。伊坂幸太郎原作、筧昌也監督、金城武、小西真奈美、富司純子。不幸な運命を生きる自分を唯一理解し、愛してくれた男性を人生の最後まで拠り所にした女性の半生を描いた悲恋――と表現するよりも、死神を介してカムフラージュしなければ、その悲しみは伝わらない....
8. Sweet Rain 死神の精度 [監督:筧昌也]  [ 自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ ]   2008年03月28日 00:29
デモ版?
9. 3/28 「Sweet Rain 死神の精度」  [ やっかいな日に限って空は激しく晴れている。 ]   2008年03月28日 17:00
●本日、新宿にて鑑賞。一応オムニバスの体をなしている作品。二つめのストーリーでオチは分かっちゃうけどね。 変に奇をてらわず、近頃のテレビドラマと違ってキャストも若い人に媚びておらず・・・ものすごい大ヒットとはいかないだろうけど、名作と呼ぶにふさわしい作...
10. 「Sweet Rain 死神の精度」「泪壺」映画館レビュー 広がるか世界  [ 長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ ]   2008年03月28日 18:58
「泪壺」(瀬々敬久監督)・・・円谷プロダクション企画、万歳(笑) 映画の楽しみ方を知っている人たちが撮った、正真正銘の純愛映画である。
11. Sweet Rain死神の精度  [ Sweetパラダイス ]   2008年03月29日 19:57
行く末が死神には見えてたかのような不思議な縁思い残すことはない状態まで彼女を生きさせる選択をした死神。彼女の幸せと彼女の望み。最後に希望を叶えたとき本当の青い空を死神も見ることができた。こんなかっこいい死神なら会ってみたいかも黒い犬が死神の上司だったと...
12. 【映画】Sweet Rain 死神の精度  [ 新!やさぐれ日記 ]   2008年03月30日 15:02
■動機 石田卓也の様子見に・・・ ■感想 なにやらうまーくまとめ過ぎてちょっと変? ■満足度 ★★★☆☆☆☆ あんまり ■あらすじ 死神の千葉(金城武)の仕事は、不慮の事故で亡くなる予定の人物のところに7日前に現れ、その人を1週間観察し、その生死を判断する...
13. 【2008-75】Sweet Rain 死神の精度  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2008年04月01日 00:38
3 人気ブログランキングの順位は? 生き方はお任せします。 最期はお任せください。
14. Sweet Rain 死神の精度 2008-15  [ 観たよ〜ん〜 ]   2008年04月03日 21:24
「Sweet Rain 死神の精度」を観てきました〜♪ 死神の千葉(金城武)は、不慮の事故で無くなる予定の人物に前に現れ、その人物の生死判定をするのが仕事であった。雨男の千葉、その日も雨の中死を迎える予定のOL藤木一恵(小西真奈美)の前に現れる・・・ 人気Bl...
15. 「 Sweet Rain  死神の精度 (2008) 」  [ MoonDreamWorks★Fc2 ]   2008年04月04日 15:56
【Sweet Rain 死神の精度】2008年3月22日(土)公開 監督 : 筧昌...
16. 『Sweet Rain 死神の精度』 @丸の内プラゼール  [ 映画な日々。読書な日々。 ]   2008年04月07日 23:02
死神が現れるのは、人が不慮の死を迎える7日前。観察期間の後、「実行」か「見送り」かを判断するのが仕事だ。楽しみは、CDショップで、“ミュージック”を聴く事である。今日の「ターゲット」は、27歳の一恵。家族を亡くし、恋人にも先立たれた薄幸の女性だ。しかし、ひょん
17. ●「Sweet Rain 死神の精度」  [ 月影の舞 ]   2008年04月09日 15:47
映画「Sweet Rain 死神の精度」を観る。 ややネタバレありの感想を書くので、 未見の人で、真っ白な気持ちで観る予定の人は、 ここから先は読まないでね。 三つの話が、少しずつつながってて、 一つの話となっている構成は好き。 でも、実は過去、現...
18. 死神の精度  [ ライカで撮る日常 ]   2008年04月18日 19:24
死神の精度 (文春文庫 (い70-1))/伊坂 幸太郎 ¥550 Amazon.co.jp 昨日は映画の日で1000円で鑑賞できるので行って来ました。 (遅くなったので昨日書ききれなかった...) 原作もしっかり読みました。 「Sweet Rain 死神の精度」 http://www.shinigami...
19. Sweet Rain 死神の精度  [ よしなしごと ]   2008年04月26日 23:21
 今までの記録に挑戦!1日4本観るぞ??!と決心した、その2本目は、Sweet Rain 死神の精度を観ることにしました。
20. Sweet Rain 死神の精度 <ネタバレあり>  [ HAPPYMANIA ]   2008年05月01日 08:06
 3回目の鑑賞です...正確に言うと2.5回目の鑑賞な感じ(笑)詳しくは 初日舞台挨拶の日記へ  1回目  2回目伊坂幸太郎さんの原作が60万部突破の売上 内、一冊にワタクシも貢献武ちゃん らぶぅなワタクシですが、そんなワタクシでも 過去、リターナーを...
21. ♪死神はとっても音楽が好き??Sweet Rain 死神の精度を語る??  [ 炸熱??歌キチ、愛をうたう?? ]   2008年06月30日 02:23
「美女缶」の筧 昌也監督の二作目。 4月3日(木)鑑賞。 「アヒルと鴨のコインロッカー」の伊坂幸太郎原作ということで、かなり期待して鑑賞。 原作のエピソード「死神の精度」「死神と藤田」「死神対老女」を巧みにリンクさせてひとつの物語として昇華。 ...
22. 「Sweet Rain 死神の精度」  [ 心の栄養♪映画と英語のジョーク ]   2008年10月14日 11:10
不慮の死が予定されている人間のもとに現われ、行動を共にして7日後に、“実行=死”か “見送り=生かす”かを決める死神。その一人、千葉(金城武)は“ミュージック”をこよなく愛する 一風変わった死神。そんな千葉の今回のターゲットは電器メーカーに勤める苦情処理係...
23. Sweet Rain 死神の精度  [ ベルの映画レビューの部屋 ]   2009年02月16日 22:21
Sweet Rain 死神の精度 スタンダード・エディション [DVD] ¥2,907 Amazon.co.jp (2007) 出演 金城武 (千葉)     小西真奈美 (藤木一恵)     富司純子 (かずえ)     光石研 (藤田敏之/ヤクザ)     石田卓也 (...

この記事へのコメント

1. Posted by シネ吉   2008年03月27日 00:54
 はじめまして!
 TBさせてもらいました!

 私は最初の2話がせっかく登場人物が持っているプレイヤーで昔とか現代ってわかるようにしているんだから、最後の話もプレイヤーにはこだわってほしいなぁって思いましたね〜。
 厳しく言えばこの監督はそのへんの細かいところには目の届かない人なんでしょうねぇ。
2. Posted by つぶあんこ   2008年03月31日 17:54
趣味を優先させちゃったんでしょう
3. Posted by 関東の貴   2008年04月21日 08:02
子供を集める決め手になった死神のレアカードは、どうやってたくさん集めたのだろうか‥。ヤクザの「俺はいつだって俺に期待しているよ」の台詞はちょっとカッコ良かったなぁ。
4. Posted by つぶあんこ   2008年04月22日 18:44
死神ならカード増やすくらいしてもおかしくないかと。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Comments