2008年05月24日

ランボー 最後の戦場 99点(100点満点中)

元コブラがコブラを捕まえる
公式サイト

ロッキーと並ぶシルベスター・スタローンの看板シリーズの、88年『怒りのアフガン』より20年ぶりとなる最新作。ロッキーの最新作『ザ・フィナル』の原題が『ROCKY BALBOA』だったのと同様、本作の原題も『JOHN RAMBO』と主人公名そのまま。だが決してネームバリューに縋るのではなく、自らの作り出したキャラクターとテーマを、改めて集大成として決算するものだとの狙いは、カラーは全く異なれど、やはり『ロッキー・ザ・ファイナル』と同様。

前向きにテンションが上がる感動を与えてくれるロッキーとは真逆に、ランボーは一作目から常に、"敵"を悪として描いておきながらも、主人公側にも大義はなく、勝利はあれど正義など存在しない、所詮は不毛な殺し合いでしかない戦争が生む不条理な悲劇と惨劇を突きつけ、やるせない余韻を残すスタイルは一貫している(三作目は微妙だが)。

そして今回、特撮やCGのクオリティが、80年代と比べ大幅にアップした事を踏まえ、基本的なスタイルはそのままに、この世の地獄を観客にも体感させるべく、視覚的な凄惨さを殊更に強調する方向性がとられている。

冒頭に見せられる、本物の虐殺、死体写真の段階から、目を背けたくなるほどに凄惨な"現実"の一面を突きつけられ、それが本物であると認識しているからこそ、その後劇中にて繰り広げられる惨劇もまた、リアルなものとして認識される事となる。この時点で生理的に耐えられないと感じた人は出てください、との意味合いもあるだろう。

村人が軍人に"遊び"で虐殺される序盤のシーンから、人死にの描写はとにかく、頭が吹き飛び胴体が爆発し、手足がちぎれ飛び肉片が飛び散る、一切の容赦も配慮もないものばかり。主として前半では、非武装の弱者が圧倒的な軍隊になすすべもなく虐殺されていく様を、現場に放り込まれたかと勘違いさせる程の、臨場感溢れる且つ何がどうなっているのか、人がどの様にして肉塊と化していくのかが的確に認識出来るリアルな映像と、逃げ場の無さを有無を言わさず体感させる、圧倒的な大音響にて突きつけられ、絶望感で一杯にさせられてしまう。

そんな状況にて、ただ一人"敵"に立ち向かうランボーの登場と活躍は、第一印象としてはヒロイックなカタルシスを得られるものとなる。だが、ランボーに殺される敵兵士もまた、惨殺された村人と同様、無残な肉塊と化す様をリアルに見せつける事で、どちらの側もが人間であり、同じ人間の死に違いは無いと提示。これにより、殺しあう事の愚かしさ空虚さ救いの無さ残酷さを描きつつ、一方では生き延びるために手段を尽くす重要さの、それぞれ両方を、同じ人間の中に混在させる事で、人を救うために人を殺す矛盾を投げかけている。もちろん、その「人」には自分自身も含まれている。これは方法論的には『プライベート・ライアン』にも類似するものだ。

その矛盾が象徴されているのは、本作では主人公ランボーではなく、ボランティア医マイケル(ハゲ)の方となる。当初、己の正義に酔う偽善者のごとき扱いであった彼、普通の娯楽アクションならば、こいつの偽善が仲間の足を引っ張り続け、最後には無残な死を遂げてザマーミロ、となるだろう。だが本作では、先述の「人を救うために人を殺す」事の意味を身をもって痛感し、それでいて自分が医者であると最後まで忘れない、矛盾を抱える事で、偽善者から"人間"へのステップアップが描かれている。最後にランボーに手を振るのは、"殺人"の本当の意味を理解したゆえだ。

だがその"理解"は、決してハッピーエンドでも何でもなく、死屍累々の地獄という結果には何ら変わりない、と、誰一人喜んでいる者などいない戦跡を、悲しい目で見おろすランボーの表情にて物語らせている。

戦争とは、人が人を殺すとはこういう事だと、逃げの無い表現にて極限の残酷を真正面から提示し続ける事で、何よりも現実的な反戦メッセージとする、本作のありようは、自らの熱い想いをストレートにぶつけるスタローンならではの、究極の直球勝負である。二作目『怒りの脱出』の時代からそうだが、こうした作品を好戦的と受け取り批判する人種こそが、想像力を働かせられない戦争キチガイなのだ。

"敵"が未開の蛮族の様に、あからさまに悪としてディフォルメされているのは、一度見たら忘れられないインパクトを与えるための、図式の単純化であり、現実的ではないとの批判は的外れである。それでいて、架空の舞台ではなく、現実とシンクロする事象が敢えて用いられているのは、そのインパクトによって現実の問題に興味を抱かせるための、導入の役割を意図しているからだ。後は自分で調べて知り、判断すればよい。

油断させておいていきなり撃つ、背後から忍び寄り斬りかかる、といった、普通で考えれば卑怯な戦法ばかりを用いていながら、それこそがランボーらしさとして受け入れられている事が、本シリーズの大きな特色のひとつと言えるだろう。それは奇麗事よりも生き延びる事が優先される、戦場の本質を象徴させたものであり、だからこそ単純なヒロイックアクションに終わっていないのだ。

本作でも、前半の海賊との対決や、クライマックス直前にて、敵兵士の背後からヌ〜ッと現れるなど、要所にて印象的なランボー戦法を見せてはいるものの、前作までに見られた、徹底して環境に隠れながら、一人ずつ確実に潰していくゲリラ戦術は少なめで、不発弾を誘爆させたり、固定の機銃で高所からひたすら撃ち続けたりと、寄る年波には勝てないのか、作業が効率化された様な印象を受けてしまうのが残念。だがその分、殺戮描写の凄惨さは大幅にアップしているため、トータルで興味が減じられるわけではないが。だからこそ、両立されていれば、評価は更にアップした筈だ。

囚われて拷問されながらも何とか脱出する、お約束のシチュエーションがなく、ひたすら戦い続けで通しているのも、ノンストップなテンションの持続との観点では正しく、90分の上映時間が30分程度にしか感じられないスピード感として結実してはいるが、シリーズのファンとしてはやはり、テンションの緩急をもって更なるハイテンションを作り出してほしかった。ただしそれを入れた場合、あまりに『怒りの脱出』と酷似してしまうので注意が必要だが。

望月三起也の戦場ミッション漫画を髣髴とさせる傭兵達が登場するが、どれも一癖ありそうなキャラながら、結局は狙撃兵以外、大した個性も見せずに生き残ったのかもよくわからない扱いでは、せっかくのキャラが勿体ない。それこそ望月三起也漫画の様に、誰がどの順で活躍して死んで作戦が進んでいくのか、との、チームプレイを興味深く展開してくれれば、更なる傑作と化していただろう。

現地女性よりむしろ真っ先にレイプ対象になる筈の、白人ヒロインが一向にレイプされないままなのも不自然。細部にまでリアルと必然、納得をことごとく盛り込んでくれれば、シリーズ最高傑作どころか同種の戦場映画におけるベストのひとつに成り得た可能性もある(不満点が半分でも解消されていれば、『クローバーフィールド』に続くリミッター振り切れ作だったんだが残念)。もちろん現状でも、充分以上に水準をクリアーした、『ロッキー・ザ・ファイナル』同様、復活を果たした意義が大いにある出来には相違ないが。次作では更なる完成度を期待する。

一作目ファーストシーンをなぞらえたラストシーンも、締めとして完璧。長すぎて本編よりも長い様にも感じてしまうエンドロールは、あまりに強烈な余韻を冷ますには丁度いいのか。

『ロッキー・ザ・ファイナル』レビュー



tsubuanco at 16:08│Comments(7)TrackBack(27)clip!映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ランボー 最後の戦場  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2008年05月25日 20:36
 『1982年、アメリカ―――――自らの尊厳のため 1985年、ベトナム―――――幾多の戦友のため 1988年、アフガニスタン――唯一の理解者のため 2008年、ミャンマー――――すべてに決着をつけるため 最後の戦場は、男に何を与え、何を奪うのか?』  ●関連作品レビ....
2.  [映画『ランボー・最後の戦場』を観た(前篇)]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 ]   2008年05月25日 22:02
☆桑田圭祐は凄い。 サザンを結成してから30周年が経つが、いつも変わらずに、いい楽曲を提供し続けてくれている。 変わらないということは、時代に合わせて、常に変わり続けているということだ。 趣きは違うが、私は、スタローンにも、同じ思いを感じる。 やはり30...
3. ランボー 最後の戦場−(映画:2008年42本目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2008年05月26日 00:14
監督:シルヴェスター・スタローン 出演:シルヴェスター・スタローン、ジュリー・ベンツ、ポール・スカルズ、マシュー・マーズデン 評価:79点 90分の映画ではあるが、エンドロールが10分程あるので実質80分。 80分の多くは、ミャンマーの軍が行なう人民の虐殺と....
4. ランボー「最後の戦場」★★★★  [ 好きな映画をさがして! ]   2008年05月26日 08:15
今大変な事になっている軍事政権のビルマ(ミャンマー)が舞台の戦争アクションです。 ランボー 最後の戦場 監督:シルベスター・スタロ??.
5. ランボー/最後の戦場  [ Akira's VOICE ]   2008年05月26日 10:35
暴れすぎてメッセージが霧散。  
6. ランボー 最後の戦場  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2008年05月26日 13:35
【RAMBO】R-152008/05/24公開製作国:アメリカ監督:シルヴェスター・スタローン出演:シルヴェスター・スタローン、ジュリー・ベンツ、ポール・シュルツ、マシュー・マースデン、グレアム・マクタヴィッシュ “ムダに生きるか、何かのために死ぬか、お前が決めろ。”
7. ランボー 最後の戦場  [ 5125年映画の旅 ]   2008年05月26日 14:31
3 孤高の戦士ランボー。戦いに疲れた彼は、タイに身を潜めて暮らしていた。そんな彼に、アメリカの慈善団体が軍事政権下のミャンマーへのガイドを依頼してくる。渋々了承したランボーはいざこざがありながらも彼らを無事に送り届ける。だが彼らは訪問先の村で襲撃を受け、ミ....
8. 劇場鑑賞「ランボー最後の戦場」  [ 日々“是”精進! ]   2008年05月26日 16:16
「ランボー最後の戦場」を鑑賞してきました「ロッキー・ザ・ファイナル」で世界を沸かせたスタローンが、もうひとつの代表作「ランボー」の最新作も製作!物語のベースは、実際に60年間続いているミャンマーの内戦。自ら監督も務めたスタローンは、「この現実を世界に見...
9. ランボー 最後の戦場  [ 聖なるブログ 闘いうどんを啜れ ]   2008年05月26日 21:32
グランディーババレエ団をみてきたよ。本質的に男には興味ないのだが、「夜の密会」という演目が面白かった。
10. ランボー 最後の戦場◆ミャンマー軍事政権に放つスタローンの一矢  [ 好きな映画だけ見ていたい ]   2008年05月27日 20:51
     「ランボー 最後の戦場」 (2008年・アメリカ) 還暦を過ぎてなお意気盛んなシルベスター・スタローン。シリーズ4作目にして監督・脚本・主演の3役をこなした彼の情熱が、90分という短くも潔い尺の全編にみなぎっている。あっけないくらいシンプルなストーリ...
11. 【映画】 ランボー 最後の戦場  [ Coffee and Cigarettes ]   2008年05月28日 00:41
今回は、映画「ランボー 最後の戦場」 タイ北部の山の中で孤独な日々を送っているジョン・ランボーのもとに、少数民族を支援するキリスト殮.
12. 『ランボー 最後の戦場』」2008・5・25に観ました  [ 映画と秋葉原と日記 ]   2008年05月28日 11:54
『ランボー 最後の戦場』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ ベトナム戦争の英雄ジョン・ランボー(シルヴェスター・スタローン)は、帰還兵を冷遇する祖国離れ、タイ北部のジャングル地帯でひっそりと暮らしていた。隣国ミャンマーでの長年の内戦で窮地にあ
13. 5/27 ランボー 最後の戦場  [ やっかいな日に限って空は激しく晴れている。 ]   2008年05月28日 21:00
●本日、新宿にて鑑賞。 毒ギョーザ事件から聖火に地震と、外国といえば中国一色の状況で、ビルマという舞台設定は正直ピンとこないとこもあるが(ピンとこないのは私だけか?)、もう何年も前から少数民族への弾圧(それと国民による反政府活動)が行われているのは紛れもない...
14. ランボー 最後の戦場  [ 映画dvd感想 映画dvdの映画鑑賞日記 ]   2008年05月29日 16:19
5 ランボー 最後の戦場 映画公式サイト こんばんは、ふらっぺです。 今回は、シルベスター・スタローンさん主演の アクション映画 ランボー最後の戦場を観にいってきました。 映画のあらすじはというと ※ネタバレもあるので、ここからはご注意...
15. 【2008-125】ランボー 最後の戦場  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2008年05月31日 17:44
5 人気ブログランキングの順位は? 1982年、アメリカ───自らの尊厳のため 1985年、ベトナム───幾多の戦友のため 1988年、アフガニスタン──唯一の理解者のため 2008年、ミャンマー───すべてに決着をつけるため ムダに生きるか、何かのために死ぬか───....
16. ランボー 最後の戦場 観てきました  [ よしなしごと ]   2008年05月31日 19:26
 代休を足らねばならず時間ができたので今日はランボー 最後の戦場を観ることができました。
17. ランボー 最後の戦場  [ Movies 1-800 ]   2008年06月01日 22:10
Rambo (2008年) 監督:シルベスター・スタローン 出演:シルベスター・スタローン、ジュリー・ベンツ、マシュー・マーズデン ベトナム帰還兵ジョン・ランボーの孤高の戦いを描く80年代の人気シリーズの20年ぶりの続編。 ミャンマー軍に捕らえられたアメリカ人ボランティアを...
18. 「ランボー 最後の戦場」鑑賞  [ 帰ってきた二次元に愛をこめて☆ ]   2008年06月02日 18:15
自分が何者であるか、そんな事は何も言わなくても、ツワモノの傭兵に「只者ではない」と思わせてしまうのが、ランボー。ここで「彼は、実は・・」みたいに説明を入れない所がスタローンの上手さ。大味とか盛り上がりに欠けるとか、エラそうに言う人は一杯いるけれど・・こ...
19. ランボー 最後の戦場 2008-30  [ 観たよ〜ん〜 ]   2008年06月02日 22:19
「ランボー 最後の戦場」を観てきました〜♪ タイで孤独な生活を送るランボー(シルベスター・スタローン)の元に、ミャンマーの少数民族を支援する団体の一行が現れる。ミャンマーまでの案内を固辞するランボーだったが、一行の一員サラ(ジュリー・ベンツ)の思いに心打...
20. 【映画】ランボー 最後の戦場  [ 新!やさぐれ日記 ]   2008年06月04日 00:50
■動機 「ロッキー・ザ・ファイナル」が面白かったので ■感想 ランボーってこんなにかっこよかったっけ? ■満足度 ★★★★★★☆ いいかも ■あらすじ 見世物小屋の下働きとして働くランボー(シルヴェスター・スタローン)はアメリカのNGOからミャンマー行きを...
21. ランボー。  [ この世界の憂鬱と気紛れ ]   2008年06月04日 23:15
 監督・脚本・製作・主演その他諸々シルヴェスター・スタローン、『ランボー 最後の戦場』、6/1、ユナイテッド・シネマキャナルシティ博多にて鑑賞。2008年26本目。  スティーブン・スピルバーグが『プライベート・ライアン』で観客の度肝を抜いたリアルな人体破...
22. 限りなくリアルな悲惨と凄惨〜ランボー最後の戦場  [ orb ]   2008年06月11日 22:24
ランボー 最後の戦場 (ハヤカワ文庫 NV マ 2-99)(2008/04/23)シルベスター・スタローン他 横山啓明商品詳細を見る 良くも悪くも、映画とか見ていてそ??.
23. 『ランボー 最後の戦場』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2008年06月12日 12:33
□作品オフィシャルサイト 「ランボー 最後の戦場」□監督・脚本: シルベスター・スタローン □脚本: アート・モンテラステリ □キャスト シルベスター・スタローン、マシュー・マースデン、ポール・シュルツ、ジュリー・ベンツ、ジェームズ・ブローリン、グレアム・マ...
24. 映画『ランボー最後の戦場』を観て  [ KINTYRE’SDIARY ]   2008年06月13日 23:37
53.ランボー最後の戦場■原題:JohnRambo■製作年・国:2008年、アメリカ■上映時間:90分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:5月30日、吉祥寺オデヲン座(吉祥寺)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本:シルヴェスター・スタローン□製作:アヴィ・ラーナ...
25. 『ランボー最後の戦場』を観たぞ〜!  [ おきらく楽天 映画生活 ]   2008年06月16日 22:24
『ランボー最後の戦場』を観ましたミャンマーを舞台に凄惨な迫害を目の当たりにしたことで再び闘志に火がついたランボーが最後の戦いへ挑む勇姿を描く、前作から20年ぶりとなるシリーズ第4弾の戦闘アクションです>>『ランボー最後の戦場』関連原題:RAMBOジャンル:アク...
26. ランボー 最後の戦場  [ アートの片隅で ]   2008年06月19日 00:04
「ランボー 最後の戦場」の試写会に行って来ました。 なんと20年振りのシリーズ新作だそうです。 確かシリーズは全部観ていた筈だけど、あまり記憶に残ってない、、、(>▽▽▽コチラをどうぞ♪♪
27. 「ランボー 最後の戦場」  [ 心の栄養♪映画と英語のジョーク ]   2009年02月16日 09:42
凄いリアルな描写にうわぁ〜・・・でした

この記事へのコメント

1. Posted by 松井の天井直撃ホームラン   2008年05月25日 21:05
シリーズ最高のアクションで面白かったです。
何だか最後は寅さんみたいでした(笑)
ところでトラックはどうなったんでしょう?
2. Posted by ワトソン   2008年05月26日 07:55
4 こんにちは〜
悪くは無いのですが、傭兵の個性が欲しかったですね。(私も望月作品が好きです。)
それにしても銃撃シーンの特撮スプラッター度には驚きました。
これを子供に見せてトラウマになるのではと気になりました。
白人女性がレイプもされず、運動不足の処いきなり全力疾走という展開はご都合主義と言うことでしょうか。
マイケルも助かって、手を振ったりして
、悔い改めたとでもいうのでしょうか。
3. Posted by RS   2008年05月26日 09:19
シンプル・イズ・ベストな傑作でした。ラストの後ろ姿が一作目のオープニングとダブり心憎かったです。特攻大作戦のリメイクはスタローンにお願いしたいです。
4. Posted by つぶあんこ   2008年05月26日 17:34
トラックの運ちゃんは逃げたって言われてましたよね。だから徒歩で逃走するハメになり、間に合わず捕まったんでしょう。

R-15だから子供は観られませんよ。

ラストは、後ろからパトカーが近づいてくるのが見えた瞬間に終わっていたら爆笑だったんですけどね。
5. Posted by CRZ   2008年05月26日 23:44
悪役の描写が良かったです。
余計なセリフはほとんどないけれど(ほぼ訳されていない)それが残忍さと恐怖感を良く表していました。

ラスボスとの決着もあれで十分でした。タイマンで長々せずランボーらしくて良かったです。

子どもの殺害シーンなど近年ヌルイ作品が多いアメリカらしくない1本でした。
6. Posted by つぶあんこ   2008年05月30日 17:22
年のせいか(笑)、敵マッチョとのタイマンシーンがなかったのはGJでしたよね。
8. Posted by 怒りのレモン絞っておいたよ   2009年03月20日 15:19
シリーズ最高傑作になりえたということはなってない?
シリーズに順位をつけるとしたらどうなりやすか?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Comments