2008年05月27日

アフタースクール 50点(100点満点中)

「つまらない事を客のせいにするな」
公式サイト

『運命じゃない人』の内田けんじ脚本・監督による最新作。昨今の邦画には珍しく、原作なしのオリジナルストーリーである。クリエイターの資質がより強く問われるものだ。

観客を騙して驚かせる脚本構成が、同氏の作品に共通する作風である。そして今回もやはり、登場人物の行動は一貫していながら、見せ方、明かし方の操作によって、最初と最後では全く意味合いが変わってしまい、そういう事だったかと観客を感心させる手法は変っていない。意味が明らかとなった後に、あらためて各人物の行動や台詞を最初から思い起こすと、表面的に"普通に"感じられていた印象と、事実との差異によって、おかしさが膨らんで二度楽しめる、との作劇構成も健在だ。

メインとなる二人の青年(堺雅人と大泉洋)と、二人の女性(常盤貴子と田畑智子)の、当初の"普通"の描写によって捉えさせられた立ち位置が、実際のそれが明かされた段になって、"普通"に見えた筈の描写のいちいちが、ミスリードを誘うための見せかけであった、と気づかされるギミックは小憎い。それでいて、意味こそは変われど見せられていた事象に嘘はないのだから、よく考えられた構成と感心させられる。

作中にて様々に絡み合う人物の行動の中で、劇中にて「人を騙す」目的で動いていた者と、作劇として「観客を騙す」目的で描写されている事が混淆して、二重三重の騙しが行われている。これによって、一転機によるどんでん返しではなく、多層的に印象と意味が変化して、タネ明かしが次の騙しを生む展開となっているのも興味深い。

堺雅人と大泉洋の二者に関しては、芸能人としての二人に対し観客が抱いている基本イメージをも、ミスリードと真相の差異に組込んでおり、キャスティング的にも成功していると言えるだろう。回想シーンの子供時代と現在の大人時代がスムーズにシンクロするのも、キャスティングの成功の一つだ。常盤貴子の少女時代を演じた五十嵐令子が、常盤貴子に負けない美形で目を引き、強い印象となるのも同様。

だが、そうした評価点はほぼ全て、後になってから考え出せるものでしかない。というのが、本作の重大な問題点となる。

確かにタネ明かしは面白いし、よく考えられている。しかし、そのタネ明かしで観客を驚かせるに至るまでの展開に、観客の興味を持続させるだけの仕事が、極めて不足している。これは作品として致命的である。タネ明かしまでに飽きられてはお話にならないのだ。

昨年話題となった『キサラギ』という作品では、当初より"オタクのオフ会"という、表向きの指針をハッキリさせておく事で、登場人物達の第一印象や、存在と行動理由を観客に明確に伝え、更にはオタクにまつわる小ネタの応酬も散りばめて、タネ明かし無しに普通に観ているだけでも結構面白いドラマを展開させ、観客のミスリードと興味の持続を両立させていた。それゆえに、後半から次々と意味がひっくり返ってくるタネ明かし展開に、更なる驚きや納得、あるいはズッコケなどで、いちいちに面白がって楽しむ事が出来たのだ。

この様に、観客を騙すためのネタ振りと、その時点だけでも楽しめる即物的な面白さの、両立が図られている作品こそが、傑作と評価出来るものなのだ。先述の『キサラギ』や、『シックスセンス』などがそれに相当する。

ひるがえって本作は、前半の展開は後から考え直すと、意味があったものだと思わせるためである事が優先され、まず真っ当なドラマとして、それだけを普通に観ていて楽しめる様には作られていない。これが大きな違いとなって完成度に響いている。

何やら思わせぶりな、または無意味に思える行動をとっている人達が、各人物ごとに場所を切り換えて、コマ切れのブツ切りに平行描写される構成が、どれひとつとっても、表向きとして作品が向かっている方向を示唆するものがなく、観客はこの作品を、どの観点で追えばいいのかに迷ってしまう事となる。

その迷いを気にさせないだけの、その場の面白さが用意されているのならば、興味は失われないだろう。だが本作、前半の展開はただひたすら、思わせぶりな、意図的に結論を後回しにしているだけと見え見えのものばかりに終始するため、どれに対しても興味を持つ事すら出来ない。本当に退屈なだけだ。

興味が無いのに答えだけを焦らされる状況に付き合わされる事ほど、苦痛に感じさせられる時間は無い。特段に知りたいわけでもないが、話の流れで年齢を聞いてみたら、「いくつに見える?」と逆にクイズにされて「知らんから聞いとんじゃ!」とイライラさせられる、飲み会にありがちな状況と同じだ。

たとえば、最後になって、本当にホットケーキを焼いていた、とわかる段階は面白いが、そのフリとして語られた、「ホットケーキ焼いたりとか」の台詞自体は特に面白くない。フリの段階から単体として面白い事が、傑作として求められるセンスなのだ。

後になってアッと驚くタネ明かしが用意されている事を知っていれば、前半の描写から伏線を見落とさない様に目を離さない、との見方は可能だろう。だが、"後にタネ明かしがある作品"にとって、それを先に明かす事自体がタネ明かしであり、本来は知ってはいけない事なのだ。だからそれを宣伝文句や逃げ口上とするのは本末転倒の誤りである。

そして退屈の理由には、挙げた通りの脚本上の問題点がまずある。それだけでなく、撮影時の演出テンポと、編集のタイミングの悪さによる、冗長さもまた大きい要因となる。

タダでさえ興味が持てない内容を、ダラダラとしたローテンションで見せられて、一体何が楽しいというのか。とにかく、観客の興味を引くという、本来は一番に求められる基本を、本作は成し得ていない。

これが映画ではなくテレビだったら、「答はCMの後!」とCMに突入した瞬間にチャンネルを変えられてしまう程に、何ら興味を持てない、全てが後出しの説明のための準備でしかない。告白シーンにて、最初に見せられるものと最後に見せられるものの情報差が、しょせんは情報の後出しでしかないのは、本作の構成の象徴と言えるだろう。

余談:
本作内にて描かれている様な別件逮捕に恣意的利用される事は確実なため、焚書坑儒法の推進には全力で反対します。この点についてのみは、福島瑞穂センセイを全面支持。偏向した良識を権力が振りかざし、人間の自由を正義の名のもとに侵害しようなど、冗談ではない。



tsubuanco at 14:19│Comments(9)TrackBack(30)clip!映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. アフタースクール 若干ネタバレ注意  [ 悩み事解決コラム ]   2008年05月26日 21:47
&nbsp;{amazon}&nbsp; {amazon2} <br />  5月24日公開初日の『アフタースクール』を<br /> 池袋HUMAXシネマズ4にて鑑賞。<br /> アフタスクールの監督の内田けんじの<br /> 前作の作品『運命じ
2. 「アフタースクール」  [ かいコ。の気ままに生活 ]   2008年05月27日 23:52
試写会で 観てきました。「アフタースクール」公式サイト大泉洋主演とあって 絶対観たかったもんで・・試写会当たって嬉しくて小躍りしながら観にいってきました。舞台挨拶あればもっと嬉しかったんですケド(そんな甘くないー)大泉洋のオトボケ&佐々木蔵之介さんとの...
3. アフタースクール  [ ★試写会中毒★ ]   2008年05月28日 03:39
満 足 度:★★★★★★★★★★    (★×10=満点)  監  督:内田けんじ キャスト:大泉洋       佐々木蔵之介       堺雅人       田畑智子       常盤貴子、他 ■ストーリー■  母校の中学で働く教師、神野(大
4. アフタースクール  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2008年05月29日 19:38
 『行方不明の友人、同級生を名乗る探偵、大人の放課後<アフタースクール>には何かが起きる!! 笑って、驚いて、巻き込まれて、グッとくる。驚きエンターテインメント! 甘く見てると ダマされちゃいますよ』  コチラの「アフタースクール」は、5/24公開となった一....
5. 「アフタースクール」映画館レビュー いい  [ 長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ ]   2008年05月29日 22:17
内田けんじ監督は、きっと「映画なんてどうだっていい」と言える人なのだと思う。だからこそ私はその勇気に共感するのだろう。
6. 傑作!映画「アフタースクール」の感想  [ 泣ける映画と本のblog ]   2008年05月30日 02:27
きた! 今年一番の傑作! 上映が終わった瞬間、拍手までおこった。 シネコンではカナリ珍しい。 もう傑作としかいいようのない映画です。 ...
7. 『アフタースクール』  [ 唐揚げ大好き! ]   2008年05月30日 04:31
  甘くみてると   ダマされちゃいますよ   ■母校の中学校で働く、人の良い教師・神野のもとに、かつての同級生だと名乗る怪しい探偵が訪ねてくる。探偵は神野の親友で同じく同級生、現在は一流企業に勤めるサラリーマン・木村を探していた。心ならずも神野は木村
8. 真・映画日記『アフタースクール』  [            ]   2008年05月31日 17:10
JUGEMテーマ:映画 5月26日(月)◆817日目◆ カンヌ、結果が発表されたね。 パルムドールは…フランスの無名の監督。 デプレシャンじゃなくて、 ラストの手前に上映された作品だそうな。 やはり、ドキュメンタリータッチの作品なんだってね。 今のカンヌの主...
9. 【2008-127】アフタースクール  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2008年05月31日 18:58
5 人気ブログランキングの順位は? 行方不明の友人、同級生を名乗る探偵、大人の放課後(アフタースクール)には何かが起きる!! 笑って、驚いて、巻き込まれて、グッとくる。驚きエンターテインメント! 甘く見てると ダマされちゃいますよ 人間みんなウラがあ....
10. 『アフタースクール』  [ Sweet*Days** ]   2008年06月01日 19:24
監督:内田けんじ  CAST:大泉洋、堺雅人、佐々木蔵之介 他 母校で働く中学校教師の神野(大泉洋)と、サラリーマンの木村(堺雅人...
11. 【映画】アフタースクール  [ 新!やさぐれ日記 ]   2008年06月02日 00:04
■動機 何かこう・・・惹かれるものがあったのかも? ■感想 面白かった ■満足度 ★★★★★★☆ いいかも ■あらすじ 母校の中学で働く教師、神野(大泉洋)のもとに、かつての同級生だと名乗る探偵(佐々木蔵之介)が訪ねてくる。探偵は、神野の幼なじみで今は一...
12. アフタースクール■そういう映画であることを知って見よう  [ 映画と出会う・世界が変わる ]   2008年06月02日 10:08
わが町では、「スルース」と「アフタースクール」という観客を騙す映画が2作品、同時期に公開中。「アフタースクール」は「そのような映画である」ということを事前に知っておかねば、途中は退屈極まりない映画である。観客を騙すために描くものが巧く演出されていないと...
13. 【アフタースクール】  [ 日々のつぶやき ]   2008年06月03日 14:11
監督:内田けんじ 出演:大泉洋、佐々木蔵之助、堺雅人、常盤貴子、田畑智子、伊武雅刀 「神野は母校の中学校に勤める教師。ある日彼の元に、同級生だと名乗る怪しげな探偵がやってきた。神野の親友の木村を探しているという。大企業のサラリーマン木村探しを手伝う
14. 『アフタースクール』 新宿ジョイシネマ  [ 映画な日々。読書な日々。 ]   2008年06月03日 18:20
母校の中学校で教師をしている神野と、サラリーマンの木村は中学時代からの親友同士。産気づいた木村の妻を、仕事で忙しい木村の代わりに神野が病院まで送りとどけた。その日、夏休み中だが部活のため出勤した神野のもとに、同級生だという探偵が訪ねてくる。島崎と名乗る探
15. 【アフタースクール】大人の探偵物語  [ 映画@見取り八段 ]   2008年06月03日 21:30
あまり前情報は無かったです。 私としては、珍しく、映画の内容よりも 俳優を見に行ったと言う感じ。 面白かった〜 感想は書きたいの..
16. 「 アフタースクール (2008) 」  [ MoonDreamWorks★Fc2 ]   2008年06月03日 22:18
【アフタースクール 】2008年5月24日(土)公開 企画・原案・脚本・監督 ...
17. アフタースクール  [ C'est Joli ]   2008年06月03日 23:06
5 アフタースクール’07:日本 ◆監督:内田けんじ「運命じゃない人」◆出演:大泉洋、佐々木蔵之介、堺雅人、田畑智子、常盤貴子、北見敏之、山本圭、伊武雅刀 ◆STORY◆母校の中学校で教師をしている神野と、サラリーマンの木村は中学時代からの親友同士。産気づいた木村の...
18. アフタースクール。  [ この世界の憂鬱と気紛れ ]   2008年06月03日 23:21
 内田けんじ監督、大泉洋主演、『アフタースクール』、6/1、ユナイテッド・シネマキャナルシティ博多にて鑑賞。2008年25本目。  自分が好きな映画評論家の一人に柳下毅一郎という人がいて、この人は映画の評論とはこうあるべし!といった感じの御手本みたいな評...
19. 『アフタースクール』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2008年06月04日 12:08
□作品オフィシャルサイト 「アフタースクール」□監督・脚本 内田けんじ □キャスト 大泉 洋、佐々木蔵之介、堺 雅人、田畑智子、常盤貴子、北見敏之、山本 圭、伊武雅刀■鑑賞日 5月31日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)...
20. 「アフタースクール」お楽しみは観てからだ!!  [ ぱるぷんて海の家 ]   2008年06月06日 11:45
5 アフタースクール観てきました。 佐々木蔵之介でしょ、堺雅人でしょ、これは観ないわけにはいきません、大泉洋はどっちでもよかったけど・・・。 それにこの映画 口コミで評判がとてもグゥーぅ! 観た結果だけど、はっきりいって、とぉっても面白いぃぃぃ!! 何だ....
21. アフタースクール  [ メルブロ ]   2008年06月08日 00:20
アフタースクール 213本目 2008-19 上映時間 1時間42分 監督 内田けんじ 出演 大泉洋 佐々木蔵之介 堺雅人 常盤貴子 田畑智子 北見敏之 会場 吉祥寺バウスシアター 評価 8点(10点満点)  デビュー作の「運命じゃない人」が、2005年カンヌ映画祭の....
22. アフタースクール  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2008年06月12日 18:39
面白いと評判なのに、コチラでの上映がないなぁ〜と思っていたら、、、あった【story】母校の中学で働く教師、神野(大泉洋)のもとに、かつての同級生だと名乗る探偵(佐々木蔵之介)が訪ねてくる。探偵は、神野の幼なじみで今は一流企業に勤める木村(堺雅人)の行方を追っ...
23. アフタースクール  [ アートの片隅で ]   2008年06月16日 13:56
「アフタースクール」のティーチイン試写会に行って来ました。 素晴しい!見事に騙されましたよw( ̄O ̄)w まさかあんな展開になるなんて想像もしていませんでした!! 上映後の内田けんじ監督の話を聞いて、もう一度観たくなったのは私だけではなかったようで、試写会終...
24. アフタースクール  [ eclipse的な独り言 ]   2008年06月18日 17:00
 邦画はいやだという妻を連れて観てきました。(5月28日 清水MOVIXにて鑑賞
25. アフタースクール 2008-34  [ 観たよ〜ん〜 ]   2008年06月18日 20:08
「アフタースクール」を観てきました〜♪ 大手商社に勤める木村(堺雅人)は、臨月の美紀(常盤貴子)に朝の挨拶をしたまま姿を消す・・・翌日、二人の同級生の神野(大泉洋)の前に同級生の島村と名乗る探偵(佐々木蔵之介)が現れ木村の行方を尋ねる。神野は無理やり探...
26. 眠らない、眠らせない??アフタースクールを語る??  [ 炸熱??歌キチ、愛をうたう?? ]   2008年07月06日 03:13
6月12日(木)に鑑賞。 いろんなブログですこぶる評判がよく、かなり期待していました。 正直期待が大きかった分、期待はずれでした。 決して面白くなかったわけでない。 そこそこに面白い。 でも、何か今ひとつ物足りない。 そんな映画でした。 だってそ...
27. アフタースクール  [ 欧風 ]   2008年07月08日 18:12
土曜日、八戸フォーラムで「クライマーズ・ハイ」を観ました??。 そして2本目に観たのが、<a href="http://www.after-school.jp/i
28. [映画]アフタースクール  [ お父さん、すいませんしてるかねえ ]   2008年09月22日 18:41
大泉洋、佐々木蔵之介、堺雅人。 個人的に3大スター共演、競演、饗宴ですね。 あらすじを簡単に 夏休みのある日、母校で働く中学教師・神野の元を同級生だったという探偵・島崎が訪ねてくる。 出産した妻を残し、姿をくらました同じく同級生で親友の木村の行方を捜している
29. 「アフタースクール」  [ 心の栄養♪映画と英語のジョーク ]   2008年12月03日 00:16
母校の中学校で働く人のいい教師、神野(大泉洋)。夏休みにもかかわらず部活動のために出勤 していた彼は、そこで同級生だと名乗る男(佐々木蔵之介)と出会う。男は、神野の同級生で 親友のエリートサラリーマン、木村(堺雅人)の行方を追っていた。神野はちょうどその朝...
30. 映画アフタースクール  [ 事務屋の日記 ]   2009年03月19日 10:05
昨晩は夜中にDVDで映画「アフタースクール」を観ました。 そう来るか!という展開が次々と起こって痛快な作品でした。 中学校教師の神野(大泉洋)と、同級生だったサラリーマン木村(堺雅人)、そして同級生...

この記事へのコメント

1. Posted by mero   2008年05月27日 00:35
胸がすっとしました。おっしゃるとおりだと思います。

前作「運命じゃない人」は、そのネタフリの段階で非常に楽しめる作品だったと思うのですが、いかがでしょう。
2. Posted by つぶあんこ   2008年05月30日 17:23
堺雅人は猥褻物または児童ポルノ販売の罪を犯している気がします。
3. Posted by りぼん   2008年06月04日 07:59
見終わって、もやもや・・・と、思っていたことを、明確に 文章にしてもらった感じ。  すっきり!!
4. Posted by つぶあんこ   2008年06月04日 17:41
「だまされちゃいますよ」とのコピーは、この映画の出来がいい、面白いと思わされてしまう、という意味の騙しも含まれているのかもしれません。
5. Posted by よし   2008年06月23日 17:32
他では絶賛されてますが、そこまでの名作には感じませんでした。
レビューなんかを見てると、「前半は退屈でしたが、後半は驚きました!」で点数は100点…
前半が退屈なら、それは100点ではないですよね。
運命じゃない人でもそうでしたが、観客を騙すことに力を入れすぎな気がします。
コメディーのセンスがなく、話が動きだすまでが退屈で。
6. Posted by つぶあんこ   2008年06月23日 17:55
きっと前半が退屈じゃなかったら200点なんでしょう。
7. Posted by kame   2008年06月24日 12:28
オリジナル脚本で発想も面白いのに、本当にもったいない映画だと思います。
ナルニア第二章は時間が経つのが早かった!対してこれは遅く感じました。
8. Posted by 咲太郎   2008年07月06日 03:08
そうかそうか、やっぱり退屈だったんですね。
だから少し眠ってしまったんだ。
騙しのプロットは面白いのに、何でこうすっきりしないんだろうと思った訳が分かりました。
9. Posted by つぶあんこ   2008年07月22日 17:26
寝た記憶を飛ばしちゃった人には高評価なんでしょうか。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Comments