2008年06月12日

ブルー・ブルー・ブルー 6点(100点満点中)

Rain in my soul〜♪
公式サイト

サーフィンを題材とした映画という事で、『ブルークラッシュ』を意図した邦題が付けられ宣伝されているが、直接的な関係はないオーストラリア映画

また、原題が『NEWCASTLE』である事から、特段にサーフィンをメインとする意図ではなく、米ドラマ『Beverly Hills 90210』や『The OC』あたりと同じく、任意の地域を舞台とした、リア充な若者達による青春群像劇、とのスタンスが、どちらかと言えば本作の主軸にあるものだろう。

ただし、サーフィンの大会メンバーを選ぶ顛末から物語が始まり、ラストシーンが当の大会なのだから、サーフィンがストーリーの多きを占めている事も確かだ。そして本作は、青春群像とサーフィン、二つの題材のどちらも上辺のみ食い散らかして、放り投げたまま終わった感が強い。つまるところ作品としての方向性もまとまりも何も無いのだから困る。

アクティブに水中カメラを駆使して撮影された、プロサーファーをボディダブルに使ったサーフィン場面における、自ら水飛沫を浴びて現場にいる様にも感じさせられる、臨場感と迫力は確かに凄い。その手法により、転機となる事故シーンにおいて、なす術も無く波に呑まれてしまう状態もまた、最大の脅威として体感させられ、波が持つ意味が逆転するギャップを視覚的に、有意に伝える事に成功している。

その直後の、穏やかになった状態での、海底から見上げる視点で受難体を捉えた映像では、陽を受けて青く澄んだ水の輝きと、その中央に漂う、逆光で影になった肉体との相乗により、起こってしまった出来事の悲壮さがより引き立つ事となる。

総じて、水中撮影を用いた映像は、効果的に作用していると見ていいだろう。だが、その映像が伝えるシチュエーションを、物語構成として有用に絡め、意味を持たせられていたかと言えば、全くである。

主人公兄弟あるいは家族の確執が、一つの大きなストーリー、テーマとして設定されていながら、友人達とダラダラグダグダと堕落した遊びを続けている場面ばかりを、ダラダラと長く見せ続けられるため、最終的に家族の話として収束していく主人公の葛藤の背景が希薄となり、事故以降の家族テーマの物語に興味を持つ事が出来ないどころか、結局どう家族を位置づけたいのかも不明瞭となる。兄の家庭環境の話など、一体何の意味があったというのか。

最初と最後に配置して、重要な見せ場になるかと思わせたサーフィン大会も、事故の反省や経験がフィードバックされるなど何もなく、まるで打切り最終回のごとく尻切れトンボでオシマイでは、観客は開いた口が塞がらない。それまでダラダラと意味の無い遊びばかりが続いている内容につきあわされた身としては、せめて最後くらいは、主人公のライドが気持ちよく決まって締めてくれない事には、最後まで映画を観た事さえ後悔してしまうではないか。省略する場所を明らかに間違えている

ダラダラと中身の無い話をダベったり、女とシケ込んでゴム無しセックスしたり、冗談で済まされない様な冗談で険悪になったり、と思ったら一夜明ければ何も無かったかの様に仲直りしていたり、危険とわかっているのに意地になって近い場所でライディングしたりと、サーファーという人種が、ただカッコつけて女とヤリたいだけの、考え無しの筋肉バカばかりだとでも言いたいかの様な展開に、一体何の興味が持てると言うのだろう。

女性の一人が車酔いでゲロを吐いてしまうくだりにて、ゲロを吐かれた弟は、だがその事が彼女との関係に作用するでもなく、彼女は別の男とセックスするのでは、展開の意味がない。大体、ゲロを吐かれて車を停めたのに、当の吐いた本人が車から降りない意味がわからない。何もかもが適当すぎる。

水着どころかパンツすら脱がせて全裸になり、ケツやチンチラ、キンチラを散々に見せる映像を無意味に多用し、ホモのカップリングまで登場させているのも、それらがストーリーに何の意味も成していない時点で、ただ女性観客を喜ばせたいだけと丸わかりだ。それでも、その目的に沿うべく、視点を心得た映像を作れていれば構わないが、そういうわけでもなくただ脱いでいるだけ。

女性の側も、おっぱいと顔が反比例している二人の、水着やセックスシーンの見せ方にしてもまた、何のコダワリも観点も無い、ただ見せているだけのもの。これではあまりに志が低すぎる。深夜に地上波で観るにも時間の無駄だ。サーフィンのドキュメントビデオでも見ている方が有意義だろう。


tsubuanco at 16:00│Comments(2)TrackBack(0)clip!映画 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by (,,゚Д゚)∩先生質問です   2008年06月12日 17:20
つぶあんこほどになれば、見る前から、だいたい点数ってわかるじゃないですか。しかも、だいたい外れないでしょ?

見たらがっかりするとわかっているのに、
君はなぜ君はなぜ見続けるのかお金をかけて……
2. Posted by つぶあんこ   2008年06月13日 17:55
観ないのにわかるわけないでしょう。予想は立てますがね。
最近だと『口裂け女2』の様に、全く期待してなかったのに異様に出来が良かった、なんて事があるから、やめられないんですよね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Comments