2009年02月23日

ハルフウェイ ★★★★

公式サイト プラデラレビュー

恋愛ドラマに定評のある脚本家・北川悦吏子の初監督作品だけに、未熟な恋心の揺れ動きの捉え方は見事。苦々しい郷愁をも誘うリアルっぽい動向、展開および、そこから少し斜め上のボケを見せて笑わせながらも、キャラやストーリーは崩さない、シチュエーション構成が秀逸。

更なる関心や興味、共感、あるいはツッコミなどを観客から引き出すべく、長回しのフォローショットによって「芝居」をじっくりと作り込み、フィクション臭さを抑えようとする狙いも成功。第三者視点で二人の光景を観察している様に感じさせる、視点の移動の段取りもかなり的確。

本当に芝居にこだわってると感じさせる事例として良くも悪くも印象的なのが、同じ場所の連続した時間におけるシチュエーションながら、最初の長回しカットから次の長回しカットに切り替わった際に、地面の濡れ方が明らかに全然異なっていたため、別の日に撮影した事がバレてしまっているシーン。これは見た目としては当然失敗だが、それだけワンカット内の芝居を入念に時間をかけて作っていた証でもある。だから見逃せとは言えないが。

「どーすんだよ!」と観客を呆気にとらせる唐突な締めのタイミングは完璧。これぞ青春だ。傑作。

『ラブファイト』で実証された、北乃きいの身体能力の高さもまた、主としてボケに通じるアクションにて効果をあげている。仲里依紗と溝端淳平の『ハチワンダイバー』コンビも印象的。

しかし『虹の女神』などもそうだが岩井俊二プロデュース作品は、監督でもないのに岩井俊二カラーが強く出すぎてしまうので少し困る。

tsubuanco at 17:01│Comments(1)TrackBack(5)clip!映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ハルフウェイ  [ 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン ]   2009年02月25日 22:50
公式サイト。北川悦吏子監督、北乃きい、岡田将生、溝端淳平、仲里依紗、成宮寛貴、白石美帆、大沢たかお。岡崎友紀の再来のようなきいちゃんと、ダルビッシュ有風のいい男岡田将生の美少女美少年の高校3年生が北の大地小樽で繰り広げる恋愛譚。きいちゃんよりちょっと姉貴分...
2. 【映画】ハルフウェイ  [ 新!やさぐれ日記 ]   2009年03月04日 19:50
▼動機 ここでしかやってないから ▼感想 で、なんで標準語? ▼満足度 ★★☆☆☆☆☆ ざんねん ▼あらすじ 田舎の高校に通う高校3年生のカップル、シュウ(岡田将生)とヒロ(北乃きい)。ある日、シュウが遠く離れた東京の大学への進学を考えていると知ったヒロ...
3. 「ハルフウェイ」いいなあ、こんな恋愛したかった??!  [ シネマ親父の“日々是妄言” ]   2009年03月05日 12:38
[ハルフウェイ] ブログ村キーワード  脚本家・北川悦吏子、初監督作品。「ハルフウェイ」(シネカノン)。主演、北乃きい&岡田将生。フレッシュな顔触れが、フレッシュでカワイイ、ラブ・ストーリーを見せてくれます。  北海道に住む女子高生・ヒロ(北乃きい)は、憧れ...
4. 『ハルフウェイ』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2009年03月10日 22:40
□作品オフィシャルサイト 「ハルフウェイ」□監督・脚本 北川悦吏子 □製作・プロデュース 岩井俊二□音楽 小林武史□キャスト 北乃きい、岡田将生、仲里依紗、溝端淳平、成宮寛貴、白石美帆、大沢たかお■鑑賞日 3月1日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ...
5. [映画]ハルフウェイ  [ オレメデア ]   2009年03月30日 01:12
先日、映画『ハルフウェイ』を見てきました。 北乃きいと岡田将生が、お互いの進路で...

この記事へのコメント

1. Posted by 脱ニート   2009年03月06日 01:21
初コメ失礼します。いつも楽しく拝見しています。

ひたすらきいちゃんにニヤニヤし続ける90分でした。もし尺が2時間あったら僕は死んでいたでしょう。

主役2人の、高校生ならではのDQNっぷりの描写はお見事の一言でした。
「新歓期終わったくらいに別れちゃうんじゃないの?」と茶化したくなる、あの感じがリアル。

成宮くんと白石美帆をキャスティングしたのは、「卒業して離れても、また一緒になるかもよ」とほのめかすためなのでしょうか?

※ネタバレには気をつけたつもりですが、もしアウトだったら削除してください。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Comments