2009年03月21日

2009年3月第3週 劇場鑑賞映画

ワルキューレ ★★★★
ベッドタイム・ストーリー ★★
釣りキチ三平 ★
昴 -スバル- ★
ドロップ ★★★★
映画プリキュアオールスターズDX
 みんなともだちっ☆奇跡の全員大集合!
 ★★
フィッシュストーリー ★★★★★
恋極星 ★
悲夢 ★★★★★
リリィ、はちみつ色の秘密 ★★★★★
天使の眼、野獣の街 ★★
ザ・クリーナー 消された殺人 ★★
はじめての家出 ★★★
イエスマン “YES”は人生のパスワード ★★★★★
約束の地 ★★
マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと ★★★

計16本 累計120本

tsubuanco at 02:11│Comments(18)TrackBack(0)clip!映画 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by クロネコ   2009年03月21日 09:05
昴の寸評お願いします
2. Posted by Ag   2009年03月21日 10:36
ワルキューレの寸評出来たらお願いします。
3. Posted by foobar   2009年03月21日 15:12
釣りキチの寸評・・・いや、お願いしませんw
4. Posted by 哲方   2009年03月21日 15:14
釣りキチ三平の映画?
あははは。
そんなモノは存在しませんよ。
あははは。
意地でも存在しませんとも!
5. Posted by ビルガモスカーレット   2009年03月21日 19:39
つぶあんこさんは映画を観たらパンフは買いますか。
6. Posted by サスケ   2009年03月21日 22:21
芸人監督がなんと…ドロップお願いします
8. Posted by ちゃぷりん   2009年03月22日 02:58
フィッシュストーリー急に観たくなって来ました。多部未華子が出るのは知ってましたが。
9. Posted by せぷ   2009年03月22日 15:52
『フィッシュストーリー』、とあるブログで散々酷評されていたのでつぶあんこさんが高評価でホッとしました。
個人的にはめちゃめちゃ泣かされました(いや、泣くような映画ではないんですが)。
10. Posted by サスケ   2009年03月22日 16:50
越えましたか?!
11. Posted by K   2009年03月22日 20:30
やはり釣りキチ三平、駄目でしたか…。
簡単でよいのでレビュー書いて頂ければうれしいです。
12. Posted by ヨネえもん   2009年03月22日 23:50
『フィッシュストーリー』
一体どんな繋がりで世界を救うことになるのかと思ったら…、まるで『T.Pぼん』の並平ぼん君が歴史に関わった時みたいな展開でしたね♪
13. Posted by ダコタハミング   2009年03月23日 01:11
リリィ、寸評お願いします!
14. Posted by ユン   2009年03月23日 01:33
フィッシュストーリーは他でも評判良いですね。
来週にでも見に行ってみようかな
15. Posted by つぶあんこ   2009年03月23日 16:33
とりあえず『ドロップ』と、需要はないかもだが『プリキュアオールスターズ』をアップです。
16. Posted by にんた   2009年03月23日 19:01
ベッドタイムストーリー寸評おねがいします。
17. Posted by つぶあんこ   2009年03月24日 17:50
続きまして『悲夢』と『フィッシュストーリー』アップ。そろそろ限界かも。
18. Posted by つぶあんこ   2009年03月27日 14:35
『リリィ』と『イエスマン』アップ。今週はここまで。

残りは鑑賞直後のmixi日記殴り書き転載にて。

『昴』
 長編のアスリート漫画を2時間で、という時点で無理があるが、それでも最近だと『奈緒子』などは割と上手く構成出来ていたので、絶対無理という事はない。コレは完全に失敗。
 原作ものとしても、主人公の特異性が全く表現されてない上にストーリーの再現性も低いのでダメ。単独の映画としても、ひたすらに説明台詞の羅列だけで話が進むのに行き当たりばったりで何がしたいのやら、という惨状でどうしようもなく退屈。
 ストリートダンスを参考にする展開辺りは、ちょっと面白くなるかなとも期待したが、その事が後に全然活きてこないので何がしたかったのやらである。
 黒木メイサの横乳や腋の露出を鑑賞するくらいしか見どころはない。退屈。

『ベッドタイム』
 アダム・サンドラー&ディズニーという組合せから予想されるそのまんま。家族向けなのでサンドラー一流のドギツいギャグはかなり抑えめで物足りない。
 ストーリーも予定調和に終始するので、安心して観ていられるものの突き抜けも底抜けもないため凡庸。
 大人向けのサンドラ−作品として同じ設定なら、もっと弾けまくって面白くなっただろうに。残念。
19. Posted by つぶあんこ   2009年03月27日 14:35
『ワルキューレ』
あまり詳しくなくとも充分に理解出来る様に作られている、わかりやすさへの苦心はブライアン・シンガーならでは。作戦開始から盛り上がっていくサスペンスもまた同様。
 史実を知っていると失敗するとわかっているが、それでもひょっとしたら「影武者説」などを使って成功しちゃうんじゃないかとも期待させられる、観客の緊張と高揚の煽り方が最上。
 あくまでも事象の展開描写を優先し、トム・クルーズの主人公と言えどもキャラクターを前面に立てない方向性が、観客と物語との距離感を絶妙に保っている故の結果。面白い。
 しかし、人物が登場する度に名前が表示される仕様は、レッドクリフの場合は三国志という一種のキャラクターものなので意味があったが、今回はヒットラーの顔さえ知っていれば、別に誰が誰かわからなくても全然問題ない様に作られていたのだから、全く必要はなく逆に目障り。主人公の嫁の名前など表示して何の意味があるのか。

『釣りキチガイ』
 仕事を選ばない滝田洋二郎のダメな部分ばかりが出てしまった状態。
 最初から演出テンポがグダグダでダレ気味だが、前半はまだ、マンガ的なホビー対決ウンチクものとしてそれなりの体裁を保ってはいる。
 だが夜泣谷の話に入ってからは物語はスッカリダレきってしまい、更に「怪物」のCGや造型物が考えられないレベルで作りもの丸出しなため、もう完全にどうでもよくなる。
 しかも香椎由宇がこの映画では常時ブサイク。「都会で垢抜けた美人」の役なのにコレはない。
 スポーツフィッシングだのキャッチ&リリースだのと、適当にわかった様な言葉を並べてその実全然突っ込めてないあたりも、やっつけ仕事感丸出し。駄作。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Comments