2009年03月24日

フィッシュストーリー ★★★★★

公式サイト プラデラレビュー

伊坂幸太郎原作、中村義洋監督、とくれば『アヒルと鴨のコインロッカー』が既にある。原作のギミックやトリックは活かしつつ、独自のアレンジを随所に追加して独自のテイストに変容させる、とのやり方は基本的に共通。

それは同監督の、たとえば海堂尊作品の映画化でもほぼ同様だが、現実世界を舞台としながらどことなくファンタジックな空気を原作の時点から醸している、本作など伊坂作品の方が、この手法は有用に思える。

また最近の同監督作の当たり外れを見るに、原作の質もだが脚本家の手腕による出来不出来の差が見てとれる。特に『チーム・バチスタの栄光』の寒々しい出来にそれは顕著だ。

今回の脚本家は、TVでは『サザエさん』など無難な仕事もこなしつつ、戦隊ヒーロー特撮『超星艦隊セイザーX』を見事なエンターテイメントに仕上げるなどスペックはお墨付きの林民夫。原作つきの映画として最近では『奈緒子』や『ダイブ!』などアスリートもの長編を、映画の枠に無難に収める仕事にも参加している。

今回は逆に、短編をボリュームアップするべく臨んでいるが、ノアの方舟などオリジナルで追加した事物や人物がほぼ浮く事なく、むしろ各時代に起こる出来事に繋がりや必然を持たせ、メインの「正義」の継承だけでなく、作品世界として時代が連続しているのだと認識させる事に成功している。

また、ハイジャック現場を飛行機から船に変更したのは、先述の「方舟」によるものだが、スティーブン・セガールのパロディを盛り込んでストーリー的な盛り上げと、リアルの斜め上の独特の世界観を更に斜め上に押し上げて、作品の特異性を高める事にも成功。この点などは特に、原作の必然とオリジナルな遊びの融合が有意に見られる箇所と言える。もちろん小ネタとしても面白い。ベスト・キッドのパロディなども同様。

時代性の表現と「正義」の象徴化を両立させた『ゴレンジャー』の使い方は、これは少し浮き気味にも感じられる。だが75年当時のリアルタイムで認知度が高いヒーローとして、ゴレンジャー人気が丁度上り坂で、逆に仮面ライダーやウルトラシリーズは一旦終了する直前の下り坂だった時期だ(BGMやナレーターなどで、劇中で使用されている映像はシリーズ初期のものとわかる。これも意図的だろう)。よってこれも必然である。しかしWなど「正義のガンダムは5人いる」のだが。

同監督作『アヒルと鴨』からのヘタレ濱田岳、同監督&同脚本家による『ルート225』からの多部未華子に始まり、ウザすぎる山中崇や電波質の高橋真唯、インチキな石丸謙二郎、掴みどころのない大森南朋などあらゆる面々が適材適所かつ通好みの豪華キャストなのもいちいち楽しい。カセットテープとそれを収納するケースなど、小道具で時代性と共感を生む仕事も充分。

キーとなる楽曲『フィッシュストーリー』の出来もよく、劇中で何度流されても飽きないどころか好きになっていく始末。その上でラストに曲にあわせ、それまでは観客の想像によるのみだった全ての意味が完結していくのだから、カタルシス満点である。この総ざらいの編集タイミングも絶妙。

たとえ原作既読でも、ネタの使われ方や構成、オリジナル要素の盛り込み方、そしてキャスティングや楽曲など、丁寧な仕事を楽しみ尽くせる逸品。未読なら尚更では。

『アヒルと鴨のコインロッカー』レビュー
『チーム・バチスタの栄光』レビュー
『ジェネラル・ルージュの凱旋』レビュー
『奈緒子』レビュー
『DIVE!! ダイブ』レビュー
『超星艦隊セイザーX』レビュー


tsubuanco at 17:45│Comments(1)TrackBack(4)clip!映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. フィッシュストーリー  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2009年03月27日 01:38
伊坂幸太郎の短編小説を映画化した作品。監督は中村義洋。主演は伊藤淳史だが、バンド“逆鱗”の仲間として高良健吾、渋川清彦、大川内利充が共演。他にも森山未來、濱田岳、多部未華子、大森南朋、石丸健二郎、中村有志など若手とベテランが多数出演している。というか、そ...
2. 『フィッシュストーリー』@一ツ橋ホール(試写会)  [ たーくん'sシネマカフェ ]   2009年03月28日 18:23
この映画、監督と原作、一部出演者が「アヒルと鴨のコインロッカー」が同じで楽しみにしていたらBluebloodさんから試写会のお誘いが♪SpecialThanks!「フィッシュストーリー」鑑賞★(C)2009「フィッシュストーリー」製作委員会監督:中村義洋原作:伊坂幸太郎音楽プロデュ...
3. フィッシュストーリー  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2009年03月29日 15:05
 『きっと、つながる』  コチラの「フィッシュストーリー」は、”発売当時だれにも聞かれなかった曲が、時空を超えて人々をつなぎ、世界を救う!「アヒルと鴨のコインロッカー」のチームが贈る、伊坂幸太郎ワールド第2弾!!”となる3/20公開のヒューマン・ファンタジー...
4. 『フィッシュストーリー』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2009年03月30日 08:44
□作品オフィシャルサイト 「フィッシュストーリー」□監督 中村義洋 □脚本 林 民夫 □原作 伊坂幸太郎(フィッシュストーリー」新潮社)□キャスト 伊藤淳史、高良健吾、多部未華子、濱田 岳、森山未來、大森南朋 ■鑑賞日 3月25日(水)■劇場 チネチッタ■cy...

この記事へのコメント

1. Posted by おがくず   2009年04月26日 03:42
やっと観ました! 林民夫天才! 「ディケイド」書かせたい!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Comments