音楽

2006年04月21日

買ってもいい?

MACD1マガジンZ」で連載中の漫画「マジンガーエンジェル」のイメージアルバムと称するCD「オリジナルBGMコレクション魂 マジンガーエンジェル」(COCX-33619 コロムビア)を購入。
漫画自体が超合金魂とのタイアップ企画として連載されているという事で、このCDにも受注限定版・超合金魂ビューナスAの購入券が付属。

曲のラインナップは以下のに4つに大別。

・マジンガーエンジェル主題歌「マジンガーエンジェルのうた(TVサイズ)」
本CDのために新規で製作されたテーマ曲。当然ながら渡辺宙明が作曲・編曲を担当しているのは嬉しい事なのだが、TVサイズと称して1コーラスに編集したものしか収録されていない。おそらくフルサイズは別企画で発売するつもりなのだろうが、セコすぎる。これぞコロムビア商魂
曲自体はいつもの宙明節でなかなかいいが、イントロが「勝利だ!ビッグサイトロン」と全く同じなのはいかがなものかと。同じメロディーが使われる事自体は、宙明ソングの良さの一つではあるのだが、少しくらいは変えて下さい宙明先生。
当然歌うは堀江美都子。その圧倒的な歌唱力はいくつになっても衰えるどころか成長中。おそるべし。
フルサイズ版が出たら買うので、その時はカラオケも付けて下さい。

・旧マジンガーシリーズの挿入歌
漫画「マジンガーエンジェル」は、旧マジンガーとは関係ない別世界で、シリーズ歴代ヒロイン・弓さやか、炎ジュン、牧場ひかる、マリア・グレース・フリードの4人を主人公とし、それぞれがアフロダイA、ビューナスA、ダイアナンA、ミネルバXに搭乗して、本作オリジナルの多彩なオッパイミサイルを駆使して戦うという、過去の永井豪作品のキャラがいろいろ登場する辺りがネタとして面白い以外は、正直どうでもいい内容の漫画。
というわけで、主人公達のテーマ曲として、旧シリーズの挿入歌として作られたヒロインソングを収録。
 ・「さやかのテーマ」(マジンガーZ 挿入歌)
 ・「ビューナスAの歌」(グレートマジンガー 挿入歌)
 ・「ちいさな愛の歌」(UFOロボ グレンダイザー 挿入歌)
 ・「ミネルバXに捧げる歌」(マジンガーZ 企画ソング)
の4曲の収録は当然だが、マリアのテーマがない代わりとして、鋼鉄ジーグ挿入歌「美和(ミッチー)のテーマ」が収録されているよくわからない構成。まあ、「さやかのテーマ」→「ビューナスAの歌」に続く宙明燃え泣きヒロインソングの系譜を追う意味はあるのかもしれないが。(ちなみにこの路線は「花のモモレンジャー」などで続いていき、近年でも「神魂合体ゴーダンナー」挿入歌「最愛」という超名曲を生み出している)ホントの理由は後でわかる。
また、刑事ドラマ「大非常線」の主題歌「哀愁のスキャット」が収録されている。これは「ビューナスAの歌」「ジュンの歌」両曲が、楽曲としての完成度が高いため、単なる子供番組の挿入歌として終わらせるのがもったいないと考えた渡辺宙明が、「ジュンの歌」を主題歌「哀愁のスキャット」に、「ビューナスAの歌」をカップリング曲「別れを告げて旅に出る」に、歌詞だけ変えてリサイクルしたもの。メロディーもアレンジも全く同じだが、一応レコーディングは新規でされているので別曲。なぜ「ジュンの歌」ではなくこっちが収録されているのかは、これまた後でわかる。
最後に、スーパーロボット大戦の元ネタとなった映画「グレートマジンガー・グレンダイザー・ゲッターロボG 決戦!大海獣」の挿入歌「戦いの詩」が〆として収録されている。

・マジンガーZ及びグレートマジンガーのBGM
かつてユーメックスより発売された企画盤「渡辺宙明 グレイテスト・ヒッツI」という、渡辺宙明のBGMを新演奏・新録音で組曲として構成したアルバムから、マジンガーZとグレートマジンガーの曲のみを収録。(ちなみに件のCDは「I」と銘打っているが、シリーズは続かずIしか出ていない。"予告曲"としてサンバルカンとゴーグルVの曲がボーナストラックに収録されていて期待していただけに残念)

・ボーナストラック・カラオケ
「さやかのテーマ」「ビューナスAの歌」「ちいさな愛の歌」の各カラオケに加え、本CDが初収録となる「美和(ミッチー)のテーマ」「哀愁のスキャット」のカラオケが収録。これは結構貴重。マジンガーと直接関係のない2曲が収録されたのは、このカラオケ初収録のための早川優の工作活動と推測される。

というわけで本CDは、
 ・「マジンガーエンジェルのうた(TVサイズ)」
 ・「美和(ミッチー)のテーマ(カラオケ)」
 ・「哀愁のスキャット(カラオケ)」
3曲のみが初収録で、それ以外の曲は他盤で入手可能という、相変わらずコロムビア商魂全開の構成。購入券はコミックや掲載誌にもついてくるので、よほどの宙明ファン以外には全くもってオススメできないCDである。




tsubuanco at 17:16|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!
Comments