タイムストーリーズ

2017年03月22日

タイムストーリーズ拡張-マーシー事件&龍の預言-:コンポーネント紹介

タイムストーリーズの拡張でもある「マーシー事件」と「龍の預言」。
そのコンポーネント紹介。

……といっても、中身は両方カードだけ。ルールブックもなし。非常にシンプルな中身にびっくりした人も多いんじゃないだろうか?
カードも例によって表は見せられないし(ネタばれになるため)、紹介といってもほとんど書くこともないので、軽い休憩のつもりで見てくれると助かります。

なお、僕自身拡張はまだ未プレイなので、詳しい概要等は紹介できません。今回はあくまでコンポーネント紹介ですので、ご了承ください。


まずは箱絵。
20170317_170059
こちらがマーシー事件。おしゃれ!!
マーシー事件の舞台は1992年のアメリカ。17歳のマーシーという誘拐された少女を救うといった物語です。

20170317_170223
これが龍の預言。
こっちの舞台はうって変わって、ライバン004星系、惑星リナイスが舞台。(完全ファンタジーですね)
魔法とか異種族が出てくる冒険シナリオ。時空構造の崩壊を防ぐことが目的となるらしいです。


で肝心の中身はというと、

20170317_170141

20170317_170152
マーシー事件。
ホントにシンプル!あけてびっくりの内容。今からやるのが楽しみですねー。

20170317_170340

20170317_170327
龍の預言。こちらの方がカード枚数は多め。さらに謎と書かれたカードが……。気になる!!


とまぁ、こんな感じです。
こういった謎解きゲームは、一度クリアするともうやらなくなってしまうのが問題なので、こういった風にどんどん拡張が追加されるのは嬉しい事ですね。

では、今回はここまでで紹介を終わりにします。ありがとうございました。


tsubugumisoda at 07:00|PermalinkComments(0)

2017年03月20日

タイムストーリーズ(T.I.M.E Stories):コンポーネント紹介

20170317_165958

ようやく発売されたタイムストーリーズの日本語版。
日本語版を待ちに待ってた人、多いんじゃないでしょうか?僕もその一人です。

このゲームは協力型のボードゲームで、限られた時間の中で、ミッションを成功させるというもの。
様々な時代へと精神だけタイムトラベルさせ(その時代の人物の身体を借りる)、実際にその時起きた謎や障害を解決していこう!というのがテーマです。

流れとしては単純で、TUというリソースを消費しながら、探索・行動を繰り返し、情報を整理し謎を解いていくだけ。
基本はカードをめくる事でシナリオが進むので、プレイヤーは展開されたカード毎に、誰が何処を調べるかという事を決め、TUを消費し情報やアイテムを得るのが主な動きとなります。カード毎に様々なイベントが発生するので、それに対応できるかが鍵。中にはダイス判定を求められ、失敗すると何も得られない(TUを消費すれば再度挑戦できる場合あり)。
TUが尽きる前に謎を解ければクリア!という感じです。

基本では、1921年のフランスの療養施設へと飛ぶ事となります。

あくまで謎解きゲームなので、そういったゲームが苦手な方はお勧めできません。人によるとは思いますがかなり高難度に設定されているのでご注意を!!


で今回は、そんなタイムストーリーズの内容物の紹介を軽くしたいと思います。
といっても、カード類はネタばれになる可能性があるため、表は見せられません!

内容物どんなのがあるんだろ~と思って、購入を迷われている方がいたら参考にしてみて下さい。

20170317_152114

20170317_152100
まずはトークン類。計二枚のタイルにギッシリとあります。
シールド(難易度やライフの消失を表す)やライフポイント、リソースを表すトークンが主ですね。

20170317_152159
コマ類。自キャラを表す駒とそれに張るシール、特殊ダイスが含まれます。

20170317_152353

20170317_152404
カード類。厚さはこれくらいです。中は、プレイするまで決して見ないようにしましょう。

20170317_154406
ボードです。ここにカードやコマを展開させてゲームをプレイします。

20170317_154218
ルールブック。全19ページなので薄い方かな?
でも中には文字がぎっしり詰まっているので、読むのには少し時間がいる。

20170317_154001

20170317_154551
全てを箱に納めてみた時の感じはこんな風です。2枚目はボードも一緒ですっきりと収まって気持ちいいですね。なお、1枚目の右側に空いた4つの空ポケットには各プレイヤーのリソースやライフなどを納めていく。上の細長い空きスペースには各プレイヤーの器と所有物を納めていく感じです。



これで大体全部ですね。結構すっきりと収まって、見た目も良いですね。

気になる方は、ぜひ買ってみてはどうでしょう?
ただしマジで難しいので、プレイする際は身構えてからどうぞ!





tsubugumisoda at 07:00|PermalinkComments(0)