July 13, 2005

うっかりラブレター書いてしまいました。

室井佑月さんの企画に
恥ずかしながら投稿(気分は投降)です。

かなり照れてます。
が、室井佑月さんへの愛で、つい。
よろしくお願いします。


-----------------------------------------------------------------



『 裸の王様 』
(粒つぶこ、24歳、彼氏への手紙)



今、あなたは鼾をかいて寝ています。
その横であなたの鼻をつまみながら思いました。
これはラブレターです。



「お前は異常だよ」
そう諭すあなたは一体何を考えていたのでしょうか。
頭の回転が速いあなたのことです。
次に私が発する言葉を予測し、対応策を冷静に練っていた、
この辺りが妥当なのではないでしょうか。

しかし、私がどんな意志を固めたのかまでは
さすがのあなたも考えが及ばなかった事でしょう。
気付いていましたか?
あの瞬間から、私はあなたの元を離れられなくなったのです。

あなたは「王様」です。
そして私は「女王様」でした。
王様は2人要りません。
私は自ら女王の座を退き、あなたに仕える決意をしました。

これこそが私にとって最大級の屈辱であり、最高級の愛念なのです。



・・・果たして、正しく伝わったのでしょうか?
あなたは言いました。
「君はいつもふざけてばかりいる。
 本当に訴えたいことは真面目に伝える必要がある」と。

日頃、あなたの放つ言葉の真意を誤って解釈してしまう私のことです。
これもまた同様に呆れさせてしまったかもしれませんね。
それでも私はまた、あなたにラブレターを捧げます。
捻くれた私には、あなたの言葉の隅に隠された意地悪な愛情が
とても優しく感じるのです。



ほら、今も寝ながら私を抱き寄せる手はとても暖かく
私を安心して眠らせてくれる。

また明日、逢いましょう。
おやすみなさい・・・。

-----------------------------------------------------------------


tsubukotsubu at 17:48│Comments(0)TrackBack(0)ラブレター 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔