バーガーキング歴は短く、日本に再上陸して以来のこと。
2007年に新宿西口のアイランドイッツ店にて食べたのが初体験。

未だ多くのお客さんが並んでいたために、非常に回転数が早く、
焼きたて作りたてのハンバーガー(ワッパー)を堪能できたものだ。

なんといっても、まずサイズが大きい。
さらに炭火焼の香ばしさが何ともいえず…食べ応え十分。
ファストフードはモス以外余り食べないが(とはいえモスも半年に一度?)、
軽くカルチャーショックを受けたものだった。

とはいえ新宿は、心理的に遠く、その後は足が遠のいた。


さて、そんな私にとってのバーキンであるが、ドイツを訪問した時に
やたらめったら見かけたものだ。

焼きソーセージ等、肉攻めに飽きていたため、強いて寄る必要もなく、
そのまま放置していたが、先日香港国際空港を利用した際に、
実に2年ぶりに食べてみた。


40HKD位のチーズ・スパイシーワッパーセット。
日本にはスパイシーワッパーはないようだ。
CIMG4041

ああ、この手のひらサイズの重量感、素敵過ぎる。
程好くスパイシーで旨い。
とはいえ、炭火の薫香は殆ど感じられない。
炭火は日本だけ???
CIMG4042


後日大井町店を利用してみた。テリヤキワッパーJR.
う〜ん、新宿店のような薫香はない。何故だろうか。

この人
がおっしゃるには、本厚木のバーキンは炭火の薫香がするようだ。
とはいえ出来合いだと、やはり劣るのだろう。

バーキンを堪能するなら、混雑店で並ぶのが良いのかもしれない。

あゝ因みにここのオニオンフライが好きです。最近中々ないもの。