税理士証票交付式

  • author: tsuchikyon
  • 2012年04月01日

「登録通知」が届き、ほぼ同じタイミングで
税理士会からも証票交付の案内が届いた。

3月29日の12時30分から16時35分までとある。

当日会場に入ってみるとかなりの人数。
この時期は税理士受験合格者が多く登録するらしい。
そのせいか見回すと若い人が多いというのが印象的。
ちなみに10月は退官した人が多くなるため
平均年齢がグッと上がるらしい。

東京税理士会での今回の登録は102名、うち開業税理士31名。

最初の3時間余りは
税理士法についてだとか
税理士業務の際にはバッチを付け証票を携帯して下さいとか
年間36時間の研修を受けて下さいとか
政治連盟に入ってねとか
協同組合に入ってね等など……

これが済むとバッチ付けての記念撮影。
人数が多いので3回に分けて行った。

ちなみにバッチ 

バッチ



記念撮影後に証票の授与式。
んーと、イメージは卒業証書授与みたいなイメージ。
名前が呼ばれて、受け取るみたいな感じ。

証票はこんな感じ 

証票



証票の中身


証票を見た瞬間、ちょっと感極まった。


その後、受取証と入会届を提出して終了。
ついでに約7人の福澤諭吉先生がお財布から飛び立った〜

配布されたものの中にはごっついものを発見。
とりあえずこんな感じで置いてみた。

看板@まだです


うむむ、ちょっとしっくりこない。


ならば場所を変えて…

看板@玄関


玄関にある三線の前がちょうど良かったりして…


一通りのアイテムを入手したから
開業へ向けて準備をしないと…




あーーーーっ!







続きを読む

登録までの道のり

  • author: tsuchikyon
  • 2012年03月31日

意外と苦戦した登録

まず最初に入手するのはコレ

封筒

 
郵送で取り寄せる場合 (東京税理士会の場合)

390円分の切手と必要事項を記載したメモを同封の上
東京税理士会事務局会員登録課宛に請求
詳細はココ 東京税理士会 登録申請手続

ワタクシの場合、郵送で入手に加えて、
「第61回税理士試験合格者対象登録手続等説明会」に
参加したときにも入手してみた。

中を見るとこーんな感じのものが出てくる。

レジュメ


「税理士登録申請書の書き方について」を開いていくと

 (2)申請中の留意点
  〔昌鼻表札、挨拶状等に「税理士」の名称を使用しないこと。
  ∪罵士事務所予定地、自宅等に看板を掲げないこと。
  税理士業務の受託又は予約をしないこと。
  ぁ幣蔑)


うぉぉぉーーー
何だかスゴイことのオンパレードに慄く。

そして、提出書類の数々

申請書類について


「税理士登録申請書」

ふぇーーっ
5通全部手書き???

と、一瞬怯んでみたものの…
「正本のみ手書きで後は両面コピーで可」とあった。
あ、自署部分と捺印はもちろんそれぞれに必要。

しかし、住所の記載には気をつけなければならない。
丁目、番地をハイフン等で省略はダメ。
横浜市等の政令指定都市は都道府県名を省略しないとダメ。
でも東京都の省略はダメ…… (何でだろ???)

つまり…

  東京都千代田区大手町1丁目1番1号 
  千代田区大手町1-1-1 

  横浜市港北区日吉1丁目1番1号
  神奈川県横浜市港北区日吉1-1-1

ということらしい。役所っぽいこだわりを感じる。



ここからは普段お目にかかったこともない書類たち。


「身分証明書」

 
サラッと目を通したときには、免許証とかでいいじゃないの?と
思っていたけど、よくよく見てみると全く違うものであった。

本籍地の市区町村で発行してもらうもので

 禁治産または準禁治産の宣告の通知を受けていない。
 後見の登記の通知を受けていない。
 破産宣告の通知を受けていない。


というものを証明してもらうものを指すらしい。
民法で馴染みの言葉がズラーっと並ぶ。


「登記されていないことの証明書」

 
法務局で入手するもの。
東京だと東京法務局へ出向くか、郵送による取り寄せも可能。

詳細はココ 東京法務局

これも「成年被後見人又は被保佐人」「被補助人」に
該当していないかどうかの証明となる。


他にも、確定申告書の控(または住民税の課税証明)とか源泉徴収票
住民票、戸籍抄本などが必要となる。
開業する人はこれらの他に、事務所設置に関する書類も必要となる。

事務所予定地が居住用賃貸物件であるため
「賃貸借契約書のコピー」のほか貸主の「同意書」が必要となる。

幸いにも貸主が下の階に住んでいたため
スムーズに書類に署名捺印してもらえた。

あとは、賃借人であるダンナとの間で「転貸借契約書」を作成して
「事務所設置予定の間取図」と「事務所予定地付近の略図」を作成。

役所に行ったり、取り寄せたり、書いたりと
自分自身で出来るものについては何とか揃えることができた。


残る最大の難関は「在職証明書」

ただ単に「在職証明書」を書いてもらうだけでなく
その証明書に捺印した「印鑑証明書」が必須となっていた。

辞めた人間のために
しかも12月決算と確定申告の忙しい最中に
印鑑証明書を取りに行く労力を思うと申し訳なく…暫しの間、葛藤。

でも、ここは動かねばどーにもならないと思い
精神的にも相当しんどいやり取りをしつつ……
最後はどーにか体裁を整えることが出来た。

これらを抱えて税理士会へ提出。
書類のチェックしてもらったが、ほとんど指摘もなく無事に収受。


蛇足ながら…
日税連のサイトにも書き方とかあったはず、とチェックしたら
平成24年3月より新しくなっていた。
必要な書類もココから印刷出来るし
書き方についてもかなり細かくなっている…羨ましい

詳細はココ  日本税理士会連合会


申請をするには、
登録免許税60,000円を納付して控えを貼付し、
申請書提出時に登録手数料50,000円が徴収される。

そして、50,000円の領収書と共に頂いたのがコレ

税理士法


「支部面接のときに
 質問されるかもしれないので 一通り目を通してくださいね」


…というお言葉も頂戴した


提出してから数日後、ハガキが到着。
「支部面接」のお知らせである。

支部面接は、所属することになる支部の
支部長、副支部長2名の合計3名による面接で
提出した書類の内容の確認しつつ、質問などをされた。
時間は30分程度で終わる。

圧迫面接を予想していて、少々ナーバスになってたけど
意外と親しみやすい支部長で一安心。

面接が終わって、外に出ようとしたら支部の女性スタッフが
「お疲れさま。寒いからコートを着てね。」と、声をかけてくれた。
その声にホッとし、自分が思った以上に緊張してたことに気がついた。


その後、ひたすら「登録通知」のハガキを待つことになる。
が、途中で税理士会から電話を頂戴してしまった

わーーーー!一大事????と一瞬パニック。

補足の資料を頂きたいとのこと……ホッ、安堵。


支部税理士会日税連の審査を経て
3月22日付で「登録通知」が送られて来た。





《税理士証票交付式へとつづく》

税理士登録完了

  • author: tsuchikyon
  • 2012年03月27日

登録ハガキ




ついに完了〜

官報合格してからここに至るまでの経緯は
精神的にしんどく、勉強してた時の方がよっぽどラクだと思った。

あとの手続き的なものは
税理士会に行って税理士証票を受け取って
福沢諭吉さんが大量にお財布から逃げて行くのみ…

受験を決意してから、ここまでたどり着くまで

長かった… 


デビュー(!?)に向けて、頑張らねばっ



《登録までの道のりにつづく…?》

税理士試験からの卒業

  • author: tsuchikyon
  • 2011年12月31日

合格証書 (1024x768)



合格発表があってから、実際にコレ↑を見るまで信じられなかった…。

科目合格をした年を振り返ってみると

  簿記&財表 平成15年
  消費税    平成17年
  法人税    平成21年
  相続税    平成23年


  全て、奇数年だーー   




【 簿記論 】 平成15年合格

とにかく計算が大好きなワタクシにとって楽しい科目だった。
特に原価率とかが合ってたりすると
「この感動を誰かに伝えたいっ」 と思うほど。

ただ手形関係は苦手だったっけ…

この頃辺りから、
連結、退職給付引当金、金融商品関連など煩雑になった気がする。
昨今の問題は全く解けーーーんっ


【 財務諸表論 】 平成15年合格

計算は簿記論を同時にやってたおかげでほぼ問題がなかったけど
表示科目名に幾度となく、腹を良く立ててたかも。

問題は理論。
2年目の担当講師に採点されると尽く×

質問しようと思うけど、上から目線の対応にホトホト嫌気がさした。

 この先生に来年もお世話になりたくない!

この決意はそれまで頼ってた要点チェックを棄てて
代わりに少々重いと感じつつも理論テキストを常に持ち歩き
各答練の問題を手書きでまとめて該当ページに挟み込み
時間があれば、自問自答を繰り返した。



【 消費税 】 平成17年合格

計算はケアレスミスに良く泣かされた。
どうすればなくなるかを常に考えてた。
仮計表の合計と転記後の合計を合わせることを思いつき
電卓のスピードUPと電卓機能を使いまくった。

計算の中で一番好きだったのは「国等」
コレは必ず最終値まで合わせてた。

理論は本当に本当に泣かされた。
応用理論の意味が当初全く分からなかった。
個別でいっぱいいっぱいなのに事例って何???と言う感じ。

上級生2年目に出会った先生に相談したら
計算で間違った部分を理論に展開してみなさい、と言われた。
そしてそれを書いて持って来たら採点してあげると言われ
その愛情溢れる申し出に嬉しくなって
応用理論に対する苦手意識が随分なくなった。

ただ何年もやってると飽きてくる。

そこで勉強の環境を変えようと
1月からT●Cの資料通信
5月からO原の実判から通学コースにて対策してみた。

ぶっつけ本番で複数理論を簡略化して一気に書き上げ
自分の中で熱かった「課税売上割合に準ずる割合」が出て
鼻息荒く書き上げた本試験直後の夜
「よっっしゃーーー!」と夢で叫んでたそーな


【 法人税 】 平成21年

成績自体は最初からかなり良かった。
理論の暗記も一番ラクだった。
なので当初は1年で受かる気マンマンだった。

しかし実際は何度も振られた・・・

最初の年は計算は別表5(1)のみ、理論はO原で完全黙殺したところ。
その後は問題用紙が20頁超だったり、思考過程を書かされたり・・・
もう本当に途方に暮れた。

最後の年にはやはり環境を変え
1月から授業を通学VODコースで受講し
実判の時期から通常教室コースに変更した。
そしてT●Cの資料通信を併用して対策した。

試験委員の改正中心の書籍を何度も見直し
判例集もチェックや質疑応答もチェックしてみた。

合格した科目の中で一番嬉しかったのは間違いない。


【 相続税 】 平成23年合格

このblogの開始とともに始めたのが相続税である。

初学の時は本当にきつかった。

講師の言うことは全くチンプンカンプン
解答作成のテクニックの伝授なし。
理論の解説もテキストを読むだけ的な感じ。
ベテランには良いのかもしれないけど…

精神的にも色々なことが矢継ぎ早に襲ってきた。
全統の前夜は特にひどかった。
大号泣して理論暗記どころではなく、翌日の理論はボロボロだった。

最初の4年間は法人税との2科目だったから
法人税の1本に絞るかどうかで随分迷った。

先に法人税が合格して残り1科目となったとき
官報リーチは、合格人数の調整の対象になるとも言われた。
もう1科目やるべきかどうか悩んだけど
でもやっぱり、相続税で官報合格を果たしたかった。

他科目をやる代わりに選んだのが、慶應通信だった。
そこで出会った学友たちからは分野は違えど
勉強を頑張っている仲間であることには変わりなく
モチベーションを上げる原動力をたくさんもらった

学習方法については今まで通りじゃダメなのは経験済み。

そこで1月からL●Cの通信講座に申し込んだ。
ただし…
個別問題をちょこちょこ解いていたけど
総合問題を解き始めたのは4月に入ってからという有様。
理論暗記はペースメーカーが必要だと思って通学を検討するも
O原に戻っても…と思い、初めてT●Cの通学コースを選択。

超人気講師の講義を受け、スタイルが違うからか
授業が常に新鮮に感じた。

内容は大満足であっても…
先行クラスであったため、本試験まで1か月空白となる。
2時間の感覚がなくなるのが怖いと思い
O原の直前模試のみだけ受講することとした。

結果的に専門学校3校分を網羅できたのと
理論を独自に編集したことで安定感が良かったかもしれない。








続きを読む

今さら相続税を自己採点

  • author: tsuchikyon
  • 2011年12月10日

物凄いアクセス数でビックリっ

質問も頂いたことだし…と言うことで
解答を復元しての自己採点を今ごろやってみた。


【理論】
問1は非上場株式等の相続税の納税猶予のベタ書き

問題を見たとき、ショックだった…。
真面目な受験生なら全員書けるよぉぉぉぉ

ワタクシの理論のベースはO原でガチガチ。
でも今年の理サブはちょっと物足りない・・・。
そこで今年は、T●CとL●Cの良いとこ取りをしてみよーと思った。

最初スキャナーで、がーーーっと読み取りWORDに変換して…と
思ってみたもののどーもしっくりこない。

しかも、スキャナーで読み取ったものは、ビジュアルもイケてない。
仕方ないから、オリジナル理サブをWORDで作成してみた

そんなこんなしたオリジナル理サブであったため
納税猶予の免除の部分については、理サブのアッサリよりも濃く書いてみた。

あと、最後の授業で「ここは覚えててね」と言ってくれた
「認定承継会社の要件」とか「経営承継相続人等」とかの
措置法の用語の意義もちゃっかり書いてみた。


問2は2割加算と精算課税の関係を問う問題

2割加算の対象の有無については問題なく出来るんだろうな…と再び涙目

対象となる場合の相続税額については…
コレがあつーい議論の対象になっていたことに今日気がついた

試験当時のメモによれば… 600万円

「相続時精算課税に係る贈与により財産を取得した時において
 その被相続人の一親等の血族であった場合には…」
 
            ↑  ↑  ↑  ↑
この部分を思い出したために按分計算を行ったみたい。

最初の走り書きは1,000万円だったんだよな。

全体的にはほぼ作文で解答し、念のために規定も追加してみた。


【計算】

宅地J(容積率が異なる宅地)は、見た瞬間…去年のT●Cの全答
結果から言えば…出来なかった。

宅地Lと宅地Pは完答出来てた…

Q社株式の業種判定はT●Cでやったから問題なくクリア。
但し、Fを配当で評価するというミスを犯してる…

そうそう!
株式の評価するのに解答用紙のスペースが少なくて困った

レバレッジドリースは毎年やってるから、除外しなくてもOKと判断。

ちょっと心配だったのは法定相続人。
コレ外すとOUTだーーと思い、何度も確認した。


採点した結果はこんなんになった…。

★O原基準:解答速報が見当たらないから採点できず。

★T●C基準
 理論 問1 33点(利子税書いてない)、 問2 10点(600万円だから)  
 計算 44点
 合計 87点

★L●C基準
 理論 問1 25点、 問2 19点(600万円だから)  
 計算 44点
 合計 88点 ←twitterでウソ書いちゃいました



参考にして頂ければ、これ幸いです







第61回税理士試験の結果

  • author: tsuchikyon
  • 2011年12月09日

いよいよ確認せねばならぬ日がやって来た。
ダンナの社労士合格発表で一応練習済とはいえ
やはりお腹がイタい…


その日の官報が更新されるのは朝8時半。
数分前から該当ページにたどり着き、電波時計と睨めっこ。


さてさて…  官報⇒12月9日付号外 


































続きを読む

サムライの日

  • author: tsuchikyon
  • 2011年11月12日

西向く侍(にしむくさむらい)
つまり、2,4,6,9,11月は日数が31日ない月のことを指す。

11を漢字で書くと十一、この十一を「士」として
サムライと読ませる。

そんな2011年11月11日
これでもかーって感じで、ゾロ目。
ポッキー記念日を始め多く記念日があるというこの日。

我が家では今朝8時過ぎからソワソワしていた。
社労士の合格発表があるからだ。

ワタクシのダンナは昨年から社労士受験生。

昨年は残念な結果に終わってしまったが
今年の受験に向けて早々に専門学校に通いだし
しかも、覚悟を決めて、会社を辞めて試験に挑んでた。

合格発表は税理士同様に官報に掲載される。

8時半になり、官報の「号外」部分をクリック。
そして、「合格者」という文字が目に飛び込んできた。

うわーーーーっ!!!
この感覚、自分の時と一緒じゃんっ!!!と思いつつ、手には汗。

受験番号を見ながら探す。

うぅぅぅ、神さまぁぁぁーーーー

最初のページではなく次のページだった。

どきどきし過ぎて番号を目で追えない…、と思った矢先


あったーーー!!! 


税理士とは違って名前が表示されないから
受験番号を何度も何度も確認した。


何度見ても「合格」だーーーー

合格率は7.2%
よく受かったもんだ。

もちろん嬉しさのあまり泣いてしまった。


これで我が家から「士」(サムライ)が誕生した
2011年11月11日とは…実にいい語呂合わせ。












続きを読む

夏スク成績通知到着

  • author: tsuchikyon
  • 2011年10月21日

科目試験前に到着するかなと思いながら
大学HPにUPされた次の日に我が家のポストから
白い封筒が…

今年の夏スクはスケジュールが変更となったから
ありがたいことにフル参戦することが出来たけど
あの暑くてどーしようもなくて汗ダラダラ
毎日保冷剤を持ち歩いてたってのがもう記憶の彼方…。


さてその内容は…





続きを読む

経営学レポ提出→結果返却

  • author: tsuchikyon
  • 2011年10月21日

怒涛の夏スクのフル参戦から束の間
で、今度はレポ締切だーーー

経済原論(後半)とともに経営学を提出したかった。

と言うのも・・・
夏スクで受けた経営学が非常に印象深く
特にコーポレートガバナンスについて
時間が限られている中で
時間を割いて非常に丁寧な講義だったというのもあって
どーーーーーーしても、レポが書きたかった。

そう、レポートの課題は 「アメリカとドイツのコーポレートガバナンス」

夏スクでお世話になった菊澤センセの本は非常に分かりやすい。
他にも数冊、参考になりそうな文献を借りてきたけど
センセの本があればサクサク書けちゃうじゃんっ

…と頭の中ではヤル気満々だったけど、問題は時間との勝負。
経済原論(後半)に時間をかけ過ぎて、残り1日しかない…

経済原論レポでフラフラしつつも
「どーしよ」「どーしよ…」とブツブツつぶやくのを見てたダンナからは
「もう辞めたら?」と言われる。

でも…諦めきれんっ! ( ̄‥ ̄)=3


「書く」と決めてからは驚くほど速かった。
参考文献は、がーーーーーっと読み
付箋は、バシバシっ付けて
パソコンのキーは、ガシガシ叩きに叩いて、締切り当日の21時半に終了。

完成したレポの文字数は6000字を超えてたけど
文字数を削るような時間は全くない。

それよりも9月5日の消印をもらう方が先だーーー



そして数日後、ポストで茶色い封筒発見!
提出から3週間しか経ってないのにっ???






続きを読む

経済原論(前半) ひっそり提出→結果返却

  • author: tsuchikyon
  • 2011年10月20日

実は2月末の締め切りの際に
経済原論(前半)のレポを提出してみた。

課題内容を見てみると
あら、まぁーーーw(*゚o゚*)w
ワタクシのデビューレポ「経済学」と同じもの。

経済史終えた後で時間もない、背に腹はかえられん…

「経済学」レポをタイトル変えて提出…


当時の経済学のレポートレベルで
専門課程の採点者にはどのように映るのか?

ダメならダメでいっぱい指摘して頂いた方が
再レポでしっかり出直して提出しよう。

…と邪な思いを巡らすものの、後ろめたい気持ちでいっぱい



返却まで時間を相当要すらしい。
ヤキモキすること 4ヵ月過ぎ…7月中旬に返却があった。



続きを読む

2011年第1回と第2回の科目試験の結果

  • author: tsuchikyon
  • 2011年10月19日

ホント今さら…と思いつつも
備忘録であるblogに痕跡を残さないとな…ということで
第飢鵑搬茘恐鵑鬚泙箸瓩UP

《第飢鷁別椹邯海侶覯漫

4月9日に
     財政論 当時の状況

     経済史 当時の状況

4月10日に
     英語察当時の状況


この結果が5月20日にやってきていた…

  財政論    (ーー;) !!/

  経済史    (ノ◇≦。) !!/

  英語察   w(*゚o゚*)w
  

経済史については、潔くあきらめもついたし、とーぜんの結果。

でも財政論は…「あれれれ???」な感じで、正直解せない。
ちょっと本気で事務局に問い合わせをしてみようかとも思ってみたけど
根性なしだったのと面倒だったのとで放置

とりあえずの収穫は…英語擦旅膤 


《第恐鷁別椹邯海侶覯漫

7月2日に 財政論と経済史を受験…飢鵑妊筌蕕したもの。

税理士試験まで1か月ちょっと、っていうこのタイミング

どっちにも中途半端だ…と思う反面
4月の試験の時にちゃんと対策したし…
という変な思い込みもあって受験することにした。

と、いっても全く何もしないで受けるほど、お利口さんではナイ…
試験前2日間だけ、相続税をちょっと横目に対策をしてみた。


この結果は夏スクが終わった8月26日にやってきた…

  財政論    (^−^)

  経済史    (ノ◇≦。) !!/


経済史は、4月に対策してたとこ以外だったから仕方ない…

財政論も実はちょっとやっちまった感でいっぱいだったから
本当に辛うじてという感じ…


ただ気がかりなのが経済史が終わんないと
ずーーーーっと待たせてる社会学が受けられない

10月の試験で何とかリベンジっ



  






夏スク3期 財務会計論と社会学(専門)

  • author: tsuchikyon
  • 2011年08月30日

舞台を日吉から三田に移して3期スタート。
挟と郡の間に2日間の休みがあったとはいえしんどい

郡 午前 財務会計論

やーーっと自分の専門分野だーーー!!!

…とは言え、ワタクシの財表の知識は2003年当時のもの。
その後、イロイロと改正とかあったから面倒になったんだろうな
というかなりいい加減。

先生はとても素晴らしい肩書をお持ちの方であらせるのに
ちょっと可愛らしい(失礼?)なお方で
偶然にも元の会計事務所のボスの同僚であった。

肝心の授業はといえば

この内容を100分×2コマ×5.5日で理解するに当たり

会社で経理やってます
中小企業の社長やってます
簿記をちょっとかじりました……ムリっ、絶対!


そんなことを言ってるワタクシと言えば…
「あ、ワタシってば、財表キライだった…」

…授業も終盤に差し掛かってから思い出した

そーだ!
キライだったから1年でも早く受かろうと必死こいてた苦い思い出が甦ってきた。

内容は、財務会計の構成要素に始まり、資産負債の評価基準
金融商品の会計処理、収益認識基準、工事進行基準、
棚卸資産、固定資産の会計基準、リース会計基準
引当金・資産除去債務の会計基準、外貨取引基準………

残念ながら授業の進行は、レジュメを読むだけであった。

テストは持込み可となった。
確かにこの内容を持込みしないで挑むのはムリ。

持込み可とはいえど…
先生のこだわりポイントが少々ワタクシの古い記憶では対処不能であるため
真面目にある程度は対策しないといけない。

しかもマークシート!!!
塗り間違いをしないよーにしないと…


郡 午後 社会学(専門)

昨年受講した総合科目の社会学が鮮烈であったため迷わず選択。
今年は4,000字の自分史を書いたうえでのプレゼン、であった。

しかし参加人数は約140人。
教室はいっぱいいっぱい。
ざっくり4つに分け、さらにそこを6つのグループに分ける。
そのグループから一人の人生をクローズアップし
本人から聞き込んだ内容を他のメンバーがプレゼンするというものとなった。

昨年のような出席は取らず、チームでプレゼンをすれば
「A」評価をもらえ、プレゼンに参加しなければ「D」

同時に6つのチームが並行してプレゼンする、と聞いて
文化祭のようなお祭りと勘違いした人が多いのが印象的だった。

普段なら人には話したくないようなことを
たまたま同じグループになった、というだけで話すのだから
プライバシーを慎重に慎重に扱うべきだと思っていたけど
どーやらそう思ってたのは少数派であったようだ。

普段の私なら「お祭り状態」にするのは得意であるけど
勇気をもって話をしてくれた人をさらしたくない、と思っていた。

今回のグループは残念ながら
グループワークには不向きなメンバー構成であった。

グループ内に頑張る人と全く非協力的な人といるのに
プレゼンをすれば、全員「A」の評価…
という苛立ちもありつつもやり遂げないと評価されないという葛藤。

何とか発表中もトラブルに見舞われるもプレゼンは終了。
聞いてくれた方たちも真剣に聞いてくれたのがうれしかった。

授業の最後の最後の締めに
岡原先生が感極まって涙したの驚いた。

全体的には何だか虚しいな…とも思ったけど
結局こんな状況を含めて「社会学」なんだと思うことで
自分の気持ちにオチをつけよう。





続きを読む

夏スク2期 世界経済論と財政論

  • author: tsuchikyon
  • 2011年08月30日

真夜中の諭吉先生


日吉のHUB帰りに激写…。
「ちゃんとやらんかー!」と怒られてるかも???


1期の大満足の熱も冷めやらぬまま2期に突入。
やはりお盆休みと重ねるせいか日吉キャンパスは人が多い。

挟 午前 世界経済論

履修予定にしていたけど今年から廃止となり…
もしや来年から受講できなくなるのでは?と思い選択。

派手な人が一番前に座ったなぁ…と
止まらぬ汗を保冷剤で冷やしつつ観察していた。

8:50のチャイムが鳴ったらその人が立ち上がりプリントを配りだした。

その姿は肩までかかった綺麗なウェーブの髪、Tシャツ、Gパン、ライダースブーツ…
「こんな恰好なので一応略歴を書いておきました」とすかさずフォロー。

見た目のインパクトも凄かったけど、話はとても面白い。
Pax Americana (パックスアメリカーナ)を中心にした世界観と歴史観。

タイミング的にもアメリカ経済が急変している中での話であったため
非常に興味深く、ちょうど日本政治史を受講した後であったのも良かった。

アメリカ経済が目指すものって一体、どこ?
漠然と思っていたことに対する明確な手がかりを与えてもらった。

もっといろいろな雑談的なことを含めてお話を聞きたいと思ったが
今年の節電6日間体制はそんなささいな夢をかなえてくれる時間もなかった。
(有志による懇親会の設定があったけど…

テストは4択問題が60問(持込み不可)と講義テーマから2つ選択したうえでの
論述問題(持込み可)

論述問題については、前日に1つのテーマで約1,000文字程度でまとめたものを
書き写す…ぜーりし試験で鍛えられた?スピードで書き上げたけど
結構しんどかった


挟 午後 財政論

レポも書いたし、科目試験も何度か受けた…という単純な理由で選択。

先生が若いのか経験が浅いのか…少々「え?」と思うこともしばしばあった。
ただ一生懸命にカリキュラムを組んでいるということが伝わってきた。

授業の合間に出席を取る、出席の代わりに簡単な計算問題や
図表を書かせて提出など眠らせない?ための努力をしてくれた。

途中、映像なども組み入れてあり、国会での乗数効果を巡るやり取りや
予算成立に関する答弁などは非常に興味深かった。

テストは出席代わりのリアクションペーパーの状況で持込みの可否について
決めるとのことで…結局持込み可となった

出席とテストの総合評価で成績を決めるとのことだったが
試験前日は世界経済論の論述対策をしてたため、ほとんど対策できず
科目試験対策でまとめたノートなどを持込み対処してみた。
思ったより論述の設問数が多く…しんどかった



2期は各地から学友が来るのも大きな楽しみの一つ。
授業終了した後は毎日ではなかったけど
気合注入で皆から元気をもらってた。

2期最終日前夜は、各々深夜まで奮闘している状況が
twitterを通じて伝わってきた。
かなり眠くてくじけそうだったけど、くじけずに頑張れた。

授業以外でも大きな収穫をGETした2期だった

夏スク1期 日本政治史と経営学

  • author: tsuchikyon
  • 2011年08月27日

税理士試験を受けた日の翌日は
荒れ狂った頭を何とかしようと美容院に駆け込む

うぉーーー貴重な休みが無くなった

憧れの朝10時くらいまでダラーーーーっと寝る夢も
しばらくお預け。

今年は震災の影響で日程変更もあって
初めて機↓供↓郡のスクーリングにフル参戦。


鬼 午前 日本政治史

この科目を選択した理由は大きく2つ。

戦後から現代につながる部分を知りたい。
 高校ぐらいまでの歴史は明治時代くらいでいっぱいいっぱいで
 その後尻切れトンボ状態。
 一番重要な現代とつながる部分が希薄だったことが心残りだったから。
 

玉井センセに興味があった。

 経済学部であるワタクシが玉井センセのお名前を発見したのは
 政治学のテキスト。
 政治学には、ある意味メチャクチャお世話になったから
 センセのご意見を賜りたいと思ったからである。


実際、授業を聞いて…

話し方はハキハキとテンポもいい、しかも上手い♪
聞いてて全く眠くならない。

飽きさせないように?授業中に席を回って
いきなり質問したり、挙手させたりして全員1回は何かを答えさせられた。

内容も期待通り…

選挙ポスターに関わる考察や
戦争前後に流行った歌で当時を考察したり
またGHQの政策についても非常に興味深かった。

授業の途中で、2つ目の理由となった事柄について
直接お伺いすることが出来た。

こーゆーのもスクーリングの醍醐味

最終日のテストは持込み不可だったため、慌てて前日に復習して臨んだ。



鬼 午後 経営学

経済学部の必須科目だから基礎を叩きこもーと選択。

担当の菊澤センセは早口にで初日は必死だった…。

2日目に教室に行くと機器の状態にご不満だったみたいで教室変更。
この辺りの経緯を話してくれる辺りから、センセの人間性がじわーーーっと。

何だかカワイイ人だな、と思った頃には
授業が面白くなってきた。

時々ブツブツと…
「通学生と通信生を分ける理由がわからない!」と言って下さるのは
非常にうれしかった!

レジュメを受講生分印刷するのが大変とのこと。
通学生ならばIDを持っているため、個々に取得して準備できると…。

あとテストの採点等々が面倒だと…

いっぱいお話を聞きたい、と思う方なのに
来年から海外に行かれると言う…。

卒論のテーマを薄らとこっち方面を検討していたため
質問等々をさせて頂き、しかも雑談までしてしまった。

最終日のテストは持込み可だったので、レジュメを一通りチェックしただけ

菊澤センセについて検索してたらblogを発見

そこに夏スクでの授業のことも触れられてるのが面白い。
センセの本音を覗けたみたい


試験が終わってスグの参戦で体力不足等々を少々懸念したけど
わくわくする授業で本当に有意義な鬼だった 




相続税の受験を振り返る

  • author: tsuchikyon
  • 2011年08月19日

この一杯のために


試験後のバタバタにすっかり更新がご無沙汰で
記憶の彼方に飛んで行く前に備忘録にメモらないと…φ(..)メモメモ

受験地は横浜アリーナじゃないとこ。
前日に現地入りして、最後の悪あがきなどに勤しむ。

試験当日も朝早く目が覚め、シャワーを浴び
総合問題を1問解く。

ここ数日、解けば解くほどケアレスが頻発して
びみょーに落ち込んだりしてた

最後の最後に元気が出るようにちょっと易しめなものをチョイス。
…少々気分よく終わらせた。

理論も1回転してみる。
でもこんな直前じゃほとんど眺める程度のもので気休め。

当日の時間の流れ方は本当に不思議なもので
早いのか遅いのか全く感覚がないなぁ…と思ってたり。

そうこうしてるうちに会場へ移動。

会場に入ってすぐに注意事項が目についた。

「耳栓使用禁止」


過去に 「ソロバンじーさん」
     「電卓バンバンにーちゃん」 に遭遇した。

それ以来、自分の身は自分で守らなければと思い
集中出来る耳栓を愛用してたのに…

少々動揺しつつも
座席配置も快適だから問題ない、と自分に言い聞かせる。

あ〜!
今年は去年のようなトイレに行きたいってのはない。

そーだ、ここは開き直ったもん勝ち!


そうこうしてるうちに試験開始。


理論問題を見る。


う、ぅぅぅーーーー (-"-)

1問目は非上場株式等の相続税の納税猶予のバリバリ個別 
2問目なんて2割加算の応用事例・・・って

それまでやってた小難しいモノたちって一体なんだったの?
と、叫びたくなるのを堪えてコレはキチンと丁寧に書かねば
真面目に受験生やってれば出来るレベルだと判断。

「こーゆーときは理論から手を付けて…」と
どっかの講師が言ってたのが頭を過ぎったけど
計算を見てみないとボリューム感が解らんっと思い計算をチェック。

親族図を見る。

うぉー!

甲の子ども、いないやんけーーー!
しかも甲と半血兄弟もおるやんっ

こりゃー相続分が面倒〜

落ち着いて慎重に、慎重に、やんないとヤバい。

専門学校のセンセイ達がよく言ってた
「法定相続分と法定相続人の数を間違えたらアウト」が頭を過ぎる。

真偽の程は不明だけど、合わせる方が良いに決まってる。

いつも以上に丁寧に確認しつつ…メモに転記。

財産評価は…あれ?去年のT●Cの全答で見容積率の問題とか
少々「ん?」と思うようなものもあった、けど、比較的手を付けやすい。

コレは自分の王道のパターン「計算→理論」で進めることにした。

各専門学校で対策をしてたとこが満載な気がした財産評価。
ボリュームも少々少ないと感じつつ、最終値までとりあえず終了。

そして理論に取り掛かる。

1問目は理サブ、理マス、理論集に書いてなかった補足情報も
いくつか書いてみた。
2問目は判断事由を書いて結果を書いて…

あれれ???時間が余ってしまった。
うーむ、相続でこのパターンは未体験…

ケアレスミス女王の名を欲しいままにしてただけに
全体をチェックをしてみる。

残り5分。

あーーーー!
2割加算の規定を書いてないっ

あの理論はそんなボリュームない、落ち着け〜。
ダーーーーーーーーッ と書きまくって間に合わせねばっす。

ふぅ〜、と気を抜いた瞬間に「やめて下さい」 



続きを読む

兎にも角にも……

  • author: tsuchikyon
  • 2011年08月01日

大金星Tシャツ



ついにコレを着る日がやって来る。


思い起こせば4月の科目試験後から
気合入れなおして、受験モード突入した。

今年は学校も変えてみた。
いつまでも、同じ方法ではダメだと思ったから。

大学のレポに手を出したい衝動もあったりした。
ついでに4月の試験結果…(あ、UPしてないや^^;)
芳しくなかったため、7月の科目試験も受けることとなり
2日間、ムリヤリの詰め込みで受けてみた。

これはこっぴどく叱られたけど…


科目試験終了後は心を入れ替え?
ひたすら毎日問題を解いた、解きまくった。
頭ん中は、宅地と株式の評価でぐーるぐる

なかなか、順調な日々だったけど、最後の最後に
と自分ではどーしようもないトラブルが発生

何とか回避の見込みとなり…
改めて受験できることってホントすごいっ!と実感した。


兎にも角にも…

12月に大笑いするぞー!!! 


ってなことを目論み…
明日は移動−−−っす





税理士試験 願書受付スタート

  • author: tsuchikyon
  • 2011年05月17日

SBSH0023


本日より願書受付スタート。

試験の公告にもあったように会場が例年と異なる。

数年前まで、東京ならば早稲田大学と立教大学って分かってた。
ここ数年で立教から微妙に変化しているよーだけど。

さいたま市は身体の障がい等がある人のみの会場となったり
東京都の他に横浜市が入ってたり
川越市が消えて新潟市になってたり
熊本市は上益城郡になってたり ………

とにかく今年は異例。
願書には具体的な会場名は一切出てこない。
願書を提出し、受験票に押されたスタンプを確認するまで
会場を知ることはできない。

しかも、受験科目によってびみょーに会場が変わってくる。

で、いろいろと調べなきゃーと思ってたら
すぐさま友人からメール

「横浜市って…横浜アリーナらしい」

ひぇぇぇ〜っ!! 

あそこはLiveを堪能するところであって
必死に電卓を叩くとこじゃないよぉぉぉぉーーー



ちょっと涙目になりつつ…
東京都・横浜市についてTwitter等で情報を収集してみた。

 簿記・財表・消費の1日目のみの受験生
 ⇒ 「東京都立産業貿易センター(台東館)」or「東京流通センター(TRC)」

 税法が絡んだら  ⇒ 「横浜アリーナ」

 一部情報に3日目が絡むと「五反田TOC」になるみたい。

大阪市は「インテックス」、上益城郡は「グランメッセ熊本」とのこと。



うーーーむ…

申込み終了は5/27までの間に何らかの決断を迫られそう 

3年生になってしまった

  • author: tsuchikyon
  • 2011年04月22日

科目試験の前から待ってた配本が本日到着。

クロネコメンバーズの登録してたメールに
「明日届くよー」と届いて、わくわくして待つ 

教科書とかテキストとか、新しいものが手元に来ると
何故気分が高揚するんだろー?


3年目配本


勢いで段ボールから出して並べてみる。

実はこの並べ方は一定の法則があったりして…


パラパラと見てみると
かなりカラフルなテキストがあったりして
モチベーションもUP






続きを読む

平成23年度(第61回)税理士試験に関する留意事項

  • author: tsuchikyon
  • 2011年04月18日

当初の予定より1週間遅れの公告。

日程等は大まかに発表になってたものと違いがなかった。


今年に限って違うところ…

ふた付ペットボトル(アルミ缶は不可)
500ml以下のもの1本の飲料
試験中に試験中に机上に置いて飲むことがOK


試験実施中に試験の継続が困難となった場合
本年10月頃、再試験を実施する予定(一定の要件あり)



詳細はここ平成23年度(第61回) 税理士試験に関する留意事項


むかーしの税理士試験会場でエアコンがあるところは少なく
受験生をやってた知り合いからいろいろと苦労話を聞いたもんだ。
試験対策ってよりも、暑さ対策的なもの。

腕に汗をかいてしまうから答案とかが「ペタッ」と引っ付くらしく
その防御にタオルをひいてみたとか…

替えのTシャツは何枚も持って行ったとか…


うぅぅ、 暑いの苦手なのに… 

と、今からあれこれ考えても仕方がない。
その前にやるべきことをやっておかなきゃ、でしょ 


平成23年度(第61回)税理士試験実施スケジュールについて

  • author: tsuchikyon
  • 2011年04月13日

震災の影響は様々なところに起きてるけど
こんなとこまで?というところまで及んでるとは 

当初4月11日に官報で広告される予定だった。
試験実施時期とかズレたら、いろんなことに影響大と思いHPをチェックしてみる。

4月11日の公告はなく、被害状況等を把握次第となります…とな。
(現在はそのページが更新されてしまった)

社労士試験日は8月28日と4月8日に官報公告されてるけど
状況によっては9月以降に変更…もあるそうな。 
全国社会保険労務士連合会試験センター


うわーーー

税理士試験も????と思ったけど、冷静になった本日再度チェックしてみる。


官報公告は4月18日にされるようで、今のところ試験日は変更なし。

平成23年度(第61回)税理士試験実施スケジュールについて(予定)


余震も多かったり、原発も落ち着かない日々で
勉強する環境を維持できるのは本当にありがたいんだと身に染みて思う。

ずっと片手間的に進めてた相続税も本気モードに切り替えねばっ


第飢鷁別椹邯海忙伽錙英語

  • author: tsuchikyon
  • 2011年04月13日

頭の隅っこで経済史がぁぁぁーー
となる中で苦手な英語と格闘しなくちゃならない。

しかし、人間は正直なもんである。
さっさと勉強できるように外食にしたのに

めちゃイケを見るワタシ…



完全に現実逃避行動が始まった。

パソコンを起動させてしまうとムダなサイトを見てしまう
やたらとtwitterにアクセスしよーとしてしまう………



いかん、いかんっ!電源OFF





集中出来るように愛用耳栓を導入し
発音出来なかったり単語で「?」と思ったら電子辞書…

しまった!自習室に置いてきてしまった (>_<)

そこで、ダンナ所有の辞書の登場。

英和辞典を引くのは実に●年振りだな…と思いながらも
電子辞書にはない快適さが結構良かったりして。

自分でヤマを張り、暗記しちゃえーーと、気が付けば朝4時。
3時間弱ほど寝る 


かなりの寝不足感がある中で、学校に向かう。

問題用紙兼解答用紙を見ると、ヤマ厳選4つのうちの1つだった

ただ一番覚えにくく、一番時間をかけて部分で、出たらイヤだと思ってたとこ。

解答する場所を間違えそーになること数回。

あれれれ???
もしや前回、解答する場所を間違えてなかっただろーか???と頭を過る。


出来るだけ丁寧に解答を記載すること30分で退出。


少々寝不足の目に厳しい太陽の光と満開の桜が心地よい。

試験終わって出てきた仲間と自然にいつものお店に向かって…

★大金星
                   使い回し画像


お疲れさまーーー! ( ^^)Y★Y(^^ )




第飢鷁別椹邯海忙伽錙経済史

  • author: tsuchikyon
  • 2011年04月13日

さて、財政論を早々に切り上げて、最後の悪あがき。

経済史は、範囲がものすごーーーーく広い、広すぎる。


なのに過去問の傾向を見ると…

重箱の隅をつついてくる 


生半可な知識じゃ経済史に打ち勝てんっ!と思い
結構な時間を費やしてみた。

いつもは、まとめノート的なものを作る際には初回word作成してるけど
グッと堪えて(?)手書きで脳みそに刻み付けるようにしてみた。


そんなこんなで挑んだ科目試験。

問題用紙を見た瞬間



私の時間を
返してーーーーーーっ!!
 


これって、勉強してなくてもイケちゃうんちゃう???

ヤマを張っての玉砕は自業自得だけど
珍しく基本的に網羅して挑んだのに…

なんかちょっと見たよなーみたいなことを書いてはみたものの
恐らくダメなんだろーな、と30分程度で退出。



んにゃ、落ち込んでなんていられない、翌日は英語擦澄




第飢鷁別椹邯海忙伽錙財政論

  • author: tsuchikyon
  • 2011年04月13日

震災の影響で実施を危ぶむ声もあったけど
東京での実情を考えると実施するんだろーと諦めて対策を始める。

いつもはD喰らったらすぐにファイティングポーズ

しかし…同じB群が詰まっていくことを考慮して先に英語兇鮗けたため
ちょっと間が空いてしまった。

前回は問題を見た途端、

同じ思いをせぬよう…指示があった参考文献をまとめてみた。

財政学とは?の理論部分は納得できる部分も多いけど
そーんな机上の話で世の中動くのかー!と一人突っ込みをし…

予算の部分は、今年の税制改革は震災の影響でストップしてるから
税理士試験も改正なし??? とほくそ笑んでみたり…

租税の部分は税法の理論とは違う角度からの見方で
どっちかと言うと、税理士試験で趣旨を問われた時に役立つかも…

と、様々な感情を共にすることで定着させようと試みた。


さて、試験当日。
震災の影響であろうか、いかにも通信生が少なく感じる。
教室もいつもは使わないところだった。

問題用紙が配布され、いつもはスタートしてから見る問題が
今回は透けて見えた…自分の中のヤマと一致

前回やらかしたような状態とは、まーーーったく異なり精神的に安堵。
頭ん中の記憶を手繰り寄せつつ、25分で退出。


早めに終了して、次の経済史に備えないと




経済史レポート完了→結果返却

  • author: tsuchikyon
  • 2011年04月01日

2月の末日に経済史のレポートを作成した。

テキスト自体はものすごく解りやすい。
個人的にはこの1冊で何とかしたいという思いが強かった。

しかし、『テキスト科目履修要領』には

「必ず、テキスト末尾の「参考文献」の中から参考書を
少なくとも1冊選び…(以下略)」 


うむむ… φ(.. )

参考文献の紹介だけでは何が書いてあるのか分からず…。
とりあえずはamazonなどを参考にし、かつ、図書館に存在する文献を収集。

この時点で、気が付くと2月22日。
必然的に提出まで何日かは徹夜。
恐らく効率の良いやり方はあるんだろうけど閃きもせず
ただ時間との勝負(締切り効果)で何とか期日前に仕上げることが出来た。



そして、本日郵便受けに茶色い封筒発見… 

続きを読む

政治学レポからの卒業

  • author: tsuchikyon
  • 2011年03月23日

政治学のレポートを初めて書いてから早1年…

 1回目の返却 当時の状況
 2回目の返却 当時の状況
  
敢えてこれ以降記事にすることは差し控えてた。
ここで公表することで何か影響があったらイヤだと思ったから。

政治学レポートを提出した人が尽くだという。

尋常じゃないよ、と思いつつも「D」返却は
気分的にも嫌だったからすぐに再レポ(再々レポ)を提出してた。

税理士試験前にも関わらず3回目を提出し、その後夏スク期間中に返却を受けた。
渾身の思いで書いたはずのレポートはまたもや だった。

さすがに凹むというより、悪意を感じずにはいられなかった。

しかし、ここで撤退する勇気がないから進むしかない。

夏スクで一緒だった学友にも見てもらったり…
夏スクでお世話になっていた先生に相談したり…
他の科目で合格していた学友に相談したり…
参考文献をさらに精査しまくったり…

今回はかなり準備期間を置こうと思った。
そうこうしているうちにレポの提出期限までギリギリとなってしまった。

内容的にというより、書き方にものすごくこだわりがあるように思えて
曖昧な部分や参考文献から結論が導くことができないものは
バッサリと切り捨てた。

そして、ひたすらひたすら
「比較考察」にこだわった。

Wordで仕上げた後も何度も何度も推敲した。
推敲も日を開けて、切り替わった頭で実行してみた。

提出用のレポートは手書きであるため、可能な限り丁寧に書いてみた。

既にレポートは通常のホチキスでは厳しく、仕事で使うデカイのを登場させた。

投函する際にも「また赤字ギッシリで戻ってくるよな」と思い
レポートの有効期限も間もなく切れることから
次の課題の対策をぼんやりと考えていた。


提出から1か月後…
まだ余震が続く中、ポストに明らかに重そうな茶色い封筒が入ってた。

封筒を透かして見る。

あれれ???赤字が見えない???

あまり期待しないで開封すると…
   


今までいくつもレポートの返却を受けていたけど
手が震えたのは初めてだった。

レポートの中身についてコメントがあるかと思いページをめくる。

うぅぅ…残念ながら、全く何も書いていない


あれだけ事細やかにコメントを入れるなら一言あってもいいと思うのは
贅沢なリクエストなのだろうか?


これで政治学は暫定状態から卒業することができた

第顕鷁別椹邯碍覯

  • author: tsuchikyon
  • 2011年03月23日

こちらもすっかり過去の出来事となってしまった…。


1月22日に
     金融論 当時の状況
     英語察当時の状況
     文学    当時の状況

1月23日に
     英語供当時の状況

この結果が2月25日にやってきていた…



  


続きを読む

東日本大震災

  • author: tsuchikyon
  • 2011年03月22日

************************************************************************

東日本大震災により、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げるとともに
被災された皆さま、ご家族、関係者の皆さまに、心からお見舞いを申し上げます。

************************************************************************

既に発生から11日が経過した。
いろんな思いや考えたことを風化したくなかったため
自分の周りでのことを中心に残しておこうと思う。


地震当日。
たまたま自分の確定申告作成に手間がかかって
予約してた歯医者をキャンセルして自宅にいた。

夕方から出かける予定であったため準備をしてたときに
ゆっくりした横揺れから始まり、こんな時はNHK!とばかり
テレビをつけた瞬間、どんどん横揺れが大きくなり……
私は何故か、テレビを抑えてた。

ひとまず揺れが収まった瞬間、震えていた。

すぐにテレビからは次々に尋常ではない状況が伝わってくる。

とりあえず、ダンナには携帯メールで無事を送信。
手が震えてキーがうまく叩けない。

そのまま手にしたケイタイで「twitter」にアクセスしてみる。
ちょっと前のサッカーアジア杯の日本得点後は全くアクセスできなかったのに
平日の日中であったことが幸いだったのか、問題なくアクセスできた。

そうこうしてたら、妹から固定電話に電話がかかってきた。
家族の声を聞くだけなのに涙腺が緩む。

家の中は、本が崩れた程度。
食器棚に地震ロックがあったため、食器が割れずにすんだのは
本当にありがたかった。

テレビから状況を見守るにつれ、被害の凄さがじわじわと伝わってくる。
そのテレビから出される「緊急地震速報」の後、余震が襲ってくる。

阪神大震災などの経験をした人から、余震の怖さについて
聞いていたものの、実際経験することになるとは思ってなかった。

夕方になって、ようやくダンナと連絡がついた。
公衆電話を見つけたとのことで徒歩で帰宅するとのこと。

首都圏はJRが当日の運転中止を決めたため大混乱。
各私鉄も軒並み運転見合わせ状態である。

鉄道の混乱ぶりについてテレビで情報を入手することは難しく
ネットで聞ける「radiko」を使ってJ-WAVEから情報を入手してた。
帰宅難民者の救済の情報は根拠があるものだけを微力ながら
「twitter」でつぶやき続けた。

ラジオからは
「○○で帰宅困難者が大勢いるので解放してくれるとこありませんか?」
「黄色いステッカーは帰宅困難者の支援をしてます!」……
ラジオからの呼びかけに涙した。

夜10時半ごろにダンナが帰宅。
途中何度か連絡を試みるもケイタイは全くダメだったので安堵した。

その後、気になるのは被災した地域にいる友人知人。
こちらから連絡しても、通信手段は全滅だとわかってたため
その後は一縷の望みを託し、googleや伝言ダイヤルなどを
チェックしていた。

と、同時に関西圏、九州圏、遠くは波照間に住む方々から連絡を頂く。

東京は東北の被災地に比べれば、ほぼ問題ないということが
伝わっていないようであった。

その後は…
計画停電に翻弄されたり、
大規模停電でさらに翻弄されたり、
生活雑貨や食品の買占めが起こったり、
放射能についての様々な情報が錯綜したり…と
東京であってもこれだけの問題が起きてる。

被害を受けた地域の方々のことを思うと本当に切なく
自分自身が非力であることを痛感させられる。

「わたしに出来ることは何だろう?」

この数日間、よく見て、聞いた言葉である。


数日間考えてみた。
そして今の私が出した結論、

「冷静になろう」 である。

正しい知識と正しい情報を精査して行動すること。
被災者を助けなければならない自分たちが冷静でなければ
助けることすらできなくなる。

そして、具体的な方法としては
義援金という手段でしか協力することができない。

税法を学ぶ端くれとして補足するならば
個人で募金したのなら確定申告で「寄付金控除」
法人で募金したのなら「全額損金算入」となる。

この適用を受けるためには、証明書等が必要となる。
詳細はココで確認! 国税庁HP


状況が変わっていけば、どんどん考えるべきことも変わるだろう。

必ずやってくる、復活の時を信じて行動していきたいと思う。



 





夜スクの結果と総括

  • author: tsuchikyon
  • 2011年03月07日

ずっと前に準備して下書き状態で保存してた(>_<)


夏スクで今年上限8単位を履修してしまったため
悩みに悩んで選択したのは「総合講座」 夜スク1回目


「男女共同参画」というテーマを柱に
毎週内容も変わるし、担当講師も変わると盛りだくさん。
無理やりこのテーマにひっかけたのではないか?
と思うものも中にはあった。
しかし、ほとんどの講義は興味深いものであった。

ただ最近の夏スクも含めて
ほとんど先生方が作成したパワポを使用することが多い。

手元に同じものが配布されることが少なく
大抵の場合は、細かい字で書かれたものが多く
座席の位置しだいでは全く見えないので
少々工夫が欲しいなぁ…

最後日に試験を行うが、その前の週に問題の予告があった。

内容的に漠然としすぎてて、答えがあってないようなもので
とりあえず書くだけ書いてみた。

そして後日届いた夜間スクーリングの成績は

    (^_^)


結果はともあれ…

総合講座のコーディネーターであった鈴木先生は
見た目以上に話が面白く、先生の講義も興味深かった。
また機会があれば受講してみたいと思った。


社会学レポート完了→返却

  • author: tsuchikyon
  • 2011年03月07日

実は2010年11月末の提出期限に向けて社会学を準備してた。

夏スクでざっくりした授業を経験し、先生の人柄にも触れ
何かの形で自分の中に残しておきたいと思ったことと

総合教育の単位数を計算したら、ちょっと足りなかった…

テキストはギデンズの『社会学』、とりあえず図書館で借りてみた。

うっ、ものすごい厚さ!!  

一瞬くじけそーになる、んが何とか心を立て直してページをめくる。

読み始めると意外や意外に読みやすい。
テキストの内容的はというと、いろーんなことに手を出したがゆえに
ページ数がてんこ盛りっていったとこ???(あくまでも私見)

そこから1つレポートのお題を探すこととなってる。

すぐに1つのお題にひっかかった。そのお題は

 「電子的コミュニケーションは、
 対面的相互行為にとってかわることができるのであろうか」

実は常日頃から自問自答してたお題でもあった。

ネット上でのコミュニケーションについては賛否両論があるだろうし
対面的相互行為的なものが万全でないことも身を持って経験している。

まぁ、それぞれの経験値にもよる部分もあるから
ハッキリと結論は出ないっていうのも分かっちゃいた。

こんな漠然と思っていることを社会学的に考えてみる
というのも面白いのかなぁと思い選んでみたけど、これが、ハマる、ハマる!

しかし、お題が壮大過ぎたのか、ハマりすぎたからか
11月末の期限ではとてもとても無理だと思い早々にgive up

その時点で、分厚いテキスト本は図書館から借りること1月半…
自分に締切りを設けないと
さらに分厚いテキストは我が家に鎮座することになる。

締切日を模索すべくカレンダーを見る。
分室の年内最終業務日という何だかいい区切りを発見!

それからなんだかんだと、
頭の中をウニウニさせつつ…
難しそうな参考文献に手を出したりしつつ…
試験結果の衝撃を受けつつ…
12月29日の窓口営業の終了5分前のギリギリに提出完了。

いや、ホント、ギリギリな行動しかできないことがよく分かる。


そうこうしてたら、1月の下旬にその結果が戻ってきた。

続きを読む

…で今年の相続税は???

  • author: tsuchikyon
  • 2011年03月04日

1日でいくつも記事をUPするのも何だなと思いつつ…

慶應通信がメインかと思うよーな気がするけど
一番頑張らなきゃいけないのは、もちろん税理士試験。

今年は学校を変えてみた。

今までと同じ環境と同じようなテキストで進めると
機械的にこなす感じで、自分の弱点の再確認にほど遠い。

敢えて、自分に危機感を持たせて
締切り効果さながらの爆発力で挑もう!
…という作戦に出てみる。

そこで、風のウワサで聞き及んだL●Cの通信に申込んだ。
…驚くほど、安い\(◎o◎)/!

でも…
送られてきたテキスト類のデザイン性に少々不安を感じる。
いやいや、慶應通信の活版が欠けた印刷のテキストよりは
かなりマシなんだけど… (-"-)

テキストの内容は、
昔やったことがあるものでO腹では見かけなくなったものが
基礎期テキストに載ってたり、財産評価が肉厚な感じだったりと
なかなか悪くはない。
コストパフォーマンスを考えたら、かなり素晴らしい!

…とは言え、細々と問題集を解き進める感じで
例年に比べるとかなりのスローペース。

慶應通信の自分なりのノルマを消化した後は
一気に追い込みをかけるべく始動中。


果たしてこの作戦が吉と出るかどーか???







第顕鷁別椹邯海忙伽錙英語

  • author: tsuchikyon
  • 2011年03月04日

さぁ、とうとう最後の4つ目!
でも…一番の強敵の英語供( ̄‥ ̄)=3 フン 

ギリギリまで暗記にハゲみ、単語のスペルもチェックし…
何で昔のもっと頭の柔らかいときにやっておかなかったんだろーと
意味もなく後悔なんぞして…

でも、コレが終わればご褒美がっ

準備をしていたら、ダンナが人の顔を見て驚いた。

「目、どーしたの?」

慌てて鏡を覗き込むと、右目の白い部分が赤くなってた

しかし、痛くも痒くも何も自覚症状がない…。
ここで目薬とかで何かあって、試験が受けられないのは本末転倒。
自覚症状がないのをいいことに放置することにした。


教室に入ると、さすが英語兇箸いΔ茲Δ文景。
大勢の人たちが1つの教室でテストを受けると思うと圧巻である。
しかも、年齢層もバラエティに富んでる。
開始時間近くになると、ほぼ満席状態。

問題を見ると、根性で暗記した部分がいくつか見えてくる。
前半はなかなかいい調子だった。

しかーーーし、
後半のリスニング・スピーキングで状況は一変\(◎o◎)/!

勉強してるときは、一番とっつきやすく、勝手にイケると思ってた。
いや、正直に言えば一部を除いて…。
その一部がまんま出題されてしまった

そーゆー時ほど、本番では出題されるって今まで数々の
試験で身を以て体験してたはずなのに…

何とか粘ってみたものの、それ以上になることはなく…
後は結果を待つしかないと腹を括って、教室を退出。


そして、そして…お約束の麦酒

★大金星

           使い回し画像

合流した学友たちは右目を見て、驚きつつも
「喧嘩した?」 (-"-)

そーいえば、芸能界で騒がれてるあのお方と同じよーな血走りかた???
記念?にと自分で写真を撮ってみたけど、ホラー映画の一コマのようだった。


この死闘の結果は2月25日に到着(>_<)。
詳細は後ほど…


第顕鷁別椹邯海忙伽錙文学

  • author: tsuchikyon
  • 2011年03月04日

前回早々に逃げ出したくなったからリベンジ!と
意気揚々に準備をしてきた。

英語から逃げ出したいときには何気に癒されてたりして…

前回の科目試験は明らかなヤマを外した結果だっただけに
万遍なく対策を練ってみた。

その際にテキストのまとめにはwordを使いたいとこだけど
敢えて手書きでテキストをまとめることにしている。

リベンジだから、記憶に留めるためにも
この方法がワタクシにとって効果的だからである。
しかし、効率はメチャクチャ悪いから少々時間がかかるのがデメリットか?

教室に入り、試験問題を見たときに軽く衝撃を受ける。

「なに?これ???」

もうこうなったら知ってることをあつーーーく書いてやるっと
勢いで解答用紙の表から裏に数行くらい書いてみた。

気分的にはでっち上げた、という感じである。
前回の数秒でノックアウト状態ではなかったのが救いかも。

数学のようなキチンとした解答が存在しないから
採点基準次第か?と思いつつも、30分程度で教室を出てきた。

翌日も試験があるものの…
久しぶりに会った友人とお茶で気分転換

後ろ髪を引かれる思いを断ち切り?
翌日の英語兇鉾えるべく早々に帰宅した。


第顕鷁別椹邯海忙伽錙英語

  • author: tsuchikyon
  • 2011年03月04日

金融論のやらかした動揺しつつ…超久々の英語の試験。

英語擦歪絞呼媛鬚琶庫,箸で躓くワタクシには
とってもありがたいと思ってたけど…
やはり準備不足は相当否めない。

今回の試験を欲張って4科目受けることにしたためである。

苦手な英語を2つ一緒にやれば相乗効果も???と
邪な発想だったけど、やはり邪道であった。

もちろん、勝手にある程度まで絞ったうえで暗記をしてみた。
直前…いや、朝まではしっかり覚えてた、はず。

それが問題文を目にした途端にぱーんっと…

頭の中が真っ白… Σ( ̄ロ ̄|||)


どーにか、こーにか、ひねり出すも満足のいくものではなかった。

30分程度で退出して、見直してみるとボロボロ… (≧◇≦。) !!


家に帰りたい衝動をグッとこらえて次の文学へ。
あーん、1日3教科はキビしーーー



第顕鷁別椹邯海忙伽錙金融論

  • author: tsuchikyon
  • 2011年03月04日

2010年9月29日に金融論レポ提出 当時の状況
その後、11月中旬に返却された。

レポート採点欄は   ^_^;ホッ

コメント欄には
「良くまとめられてます。
自分なりの問題意識を持って取り組むとさらによくなるでしょう」と指摘あり。

これもギリギリ提出を目指して作成しただけ粗っぽさが目立つ。


レポも無事通過してしまい、1月22日に科目試験を受けることができる。

夏スクもレポートも何だか消化不良気味にギリギリ通過したような感じだったので
科目試験の対策はかなり丁寧にやった…つもり。

試験当日は学友の近くの席に座ってみた。

珍しく2問ともにあつーく解答をし、30分程度で退出。

その後で学友と話すうちにとんでもないことをやらかしたよーで…

2問体制で出題されたうちの第2問目をどーやら似たような違う内容と
勘違いしていたよーである

うぅぅ、こんなとこで…

ケアレスミスの女王、復活 



1問目は大丈夫なはず、と信じつつ…
次の英語擦悒癲璽匹鮴擇蠡悗┐襦





財政論レポ返却

  • author: tsuchikyon
  • 2011年03月04日

夏スクも後にバタバタしながら
ひねり出した財政論のレポート。 当時の状況

2010年10月の終わり頃に返却された。

採点欄は
  ^_^;ホッ


コメント欄には

 「制度についてはよく理解してます
 (中略)
 もう一度「比較」という部分を深く考えてみて下さい」と指摘あり。

お題は2009年のもので
「利益説と能力説の立場から、所得税と消費税を比較して論評しなさい」

税法を学ぶワタクシにとってはとってもありがたい内容であり
何としてもレポート課題の期限切れ前に終わらせておきたかった。

時間もなかったこともあり…考察とか比較もそこそこに
制度についてあつーーーーく語った部分は否めないので
コメントは図星

やっぱりレポート作成には時間が必要だと教訓を得たかも?



第群鷁別椹邯碍覯

  • author: tsuchikyon
  • 2011年03月04日

もうすでに時効になったかのような内容

2010年10月16日に文学  当時の状況

2010年10月17日に財政論 当時の状況



科目試験を受ければ当然結果はやって来る。やって来たのは11月20日のこと。


今回はすごかった…

2科目ともに  Σ( ̄ロ ̄|||)
出直してこいっ??ダメだこりゃ???ってことかい?


結果を見ては、凹み、心中穏やかでない日々が続いたけど
税理士試験でやっちまったことを思えばホントに小さい。

税理士試験でやらかすと次のチャンスは1年後だけど
科目試験はありがたいことに3か月後なのだ。


リベンジを胸に秘め、次回科目試験へ続く。






●年ぶりの英語でレポ提出&返却

  • author: tsuchikyon
  • 2011年03月04日

2011年になってから初めての更新。

いっぱい記録しておくことはあるけど
しんどい毎日となってしまった…

その最大の理由は…

英語の学習 


思い起こせば、中学・高校と
ずーーーーーっと、足を引っ張ってくれてた教科なのだ。
めぐり合うセンセと相性が悪かったのか、勉強方法がまずかったのか
ちぃーとも成績が上がってくれなかった。

ワタクシに周りにはダンナを筆頭に英語が得意な人がやたらと多い。
その方々の輝かしい成績や体験を羨望の眼差しで見てた。
そう、まるで他人事だった…慶應通信始める前までは。

英語は、円滑な通信大学生を送るためには通らねばならない科目。
コレがネックで卒業ができないとか、いろいろと不穏なウワサは耳に入る。
あゞ、自分もこの部類に入ってしまうのだろうか?
慶應通信のいわゆるセオリー通りに進まなかったのはコレが最大の理由。

そんな超逃げ腰状態であったワタクシの前で
学友が夏スクでものすごい勢いで英語のノルマした。
スゴイいい笑顔で印象的だった…。
これを見てやっと腰をあげてみよーと思った。


長期戦を覚悟し、税理士試験が終わった頃から
中学生程度の教材を手始めに基本から出直しを計ってみた。
問題集とか参考書は親切丁寧で解ったつもりだったけど
舐めちゃいけない、諭吉English!

レポ課題に出てる問題文がくだけすぎちゃって
「英語苦手&英語久々」のワタクシにゃ…
ちんぷんかんぷん ??(°Q 。)??

あーだこーだと格闘すること数か月。
11月末に無理やり英語兇髪儻讚擦離譽檗璽箸鯆鷭弌
レポ合格が望ましいとこだけど、これでとりあえず
試験を受ける権利をGET。

目指すは1月22日と23日の科目試験に向けて対策

英語兇B群は経済原論が前半後半の2回に財政論と
経済学部必須科目のオンパレード。
早く合格してクリアしないと大変なことになりそーな予感。
こりゃ、しっかいりやらないとキビシイ…


科目試験のクリアだけを目指すか???
せっかくだから英語の勉強グセを付けてしまおうか???

悩んで悩んだ挙句…
目先の科目試験クリアを選択、かつ、禁断の必殺技?

「暗記しちゃえー」

ぶつぶつ、と覚えるには税法理論じゃなくって英語って
数年前まで夢にも思わなかった…

理論の暗記を始めた頃に講師に言われたことを思い出す。
 
 『ここに書かれてるのは日本語です。
 英語のように意味が解らないのものではありません』


うーむむ、今ならこの意味がムチャクチャ納得。
税法の暗記は意味が通じればOKだけど
英文の細かいところ、例えば「it」とか「at」とか抜ける抜ける。
そもそもちゃんとした基本がなってないからだ… ('A`|||)

そうこうしてる間にレポートの返却があった。
最近は科目試験前に結果が判るよーに頑張ってるみたい。


【英語供
   第1回  ^^;
   第2回   w(゚o゚)w オオー!

【英語察
   第1回   (゚Д゚≡゚д゚)エッ!?
   第2回    
   問題文読み取りミス1つのみなのにダメだった…

とりあえずレポーとは、英語擦梁2回の再提出のみ。
ちょっとホッとしてで気がラクになった。


残るは科目試験突破
兎にも角にも、正しくない英語の勉強は続くのであった。






通知書が到着した

  • author: tsuchikyon
  • 2010年12月12日

この時期のblogへのアクセス数ってスゴイわー 

ワタクシもアチコチ気になる方のblogを
拝見してるからエラそーに言えないけど (^▽^)


さて、落ちたのは判ってるものの…
非常に気になるのが 落ちっぷり


発表の翌日の土曜日に我が家に「通知書」が到着。


思い起こせば去年までは…

 郵便ポストに手を合わせ 
 丁重に丁重に茶色い封筒を取り出し
 かなりビビリつつ
 丁寧に封を開ける 

これが一連の流れであった。


今年は結果が判ってるからか…
家に入る前に手で無造作にピリピリ 

ん?

名前のラベルが微妙にカラーコピー?
宛名カードと通知書の2枚だったのに
今年は宛名と結果通知書が一体化。
用紙はエコを意識してるのか???
三ツ折になっている用紙を開くのももどかしい…

なーんて、突っ込みを入れる自分がいる。



そして判定は???







続きを読む

第60回税理士試験の結果

  • author: tsuchikyon
  • 2010年12月10日

やっと12月っぽくなったーーー

suicaペンギン
Suicaペンギン…露出合わせたらボケたー(>_<)





前置きはさておき、とうとうこの日がやって来た。

ありがたいことに今年からは官報で確認できるから
朝9時前には判ってしまう。

ありがたいような、ありがたくないような。


さてさて くまなくチェック。





続きを読む

Bon Jovi 「The Circle tour@Tokyo Dome」

  • author: tsuchikyon
  • 2010年12月10日

このタイミングで何で?と思うけど…

今回も行ってきたBon Jovi〜

やっぱりいいわー\(^o^)/

今回のチケットは早々にゲットしたせいか
2日間ともアリーナだった。
初日は限りなくステージ向かって左端 (>_<)
2日目はB2ブロックととても幸せな場所


それに今回はカメラOKだったので…


じょーん♪



カメラOKだったせーか、周りは少々撮影に終始してるのか
ノリが微妙に寂しかったかも?

デジカメで動画で撮る人もいたし… ( ̄‥ ̄)=3 フン

twitter情報によればセットリストは初日と2日目が違うとのこと。

Bon Joviは本当にサービス精神に溢れてる〜 \(^o^)/

ただちょっとJonが疲れてたよーに見えたのと
Richieがふっくらしてた???
最近ワタクシTicoおじさんがお気に入り

2日間共に大いに堪能し

   ★大金星
 こちらも堪能・・・ ヾ(≧▽≦)ノあははは! 使いまわしの画像


少々の筋肉痛と喉枯れに思いを馳せつつtwitterを見ると


「Thank you Tokyo for an amazing two night run!
 We will see you again soon!」




うぉ!ステキなコメントだーーー

待ってるよぉぉーー



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

Tokyo, Japan - Tokyo Dome - 11/30/10 The Circle

 Blood on Blood
 We Weren't Born to Follow
 You Give Love a Bad Name
 Born to Be My Baby
 Lost Highway
 Whole Lot Of Leavin'
 When We Were Beautiful
 It's My Life
 I'll Sleep When I'm Dead
 We Got It Goin' On
 Bad Medicine〜 Pretty Woman 〜 Shout
 Lay Your Hands on Me
 What Do You Got?
 (You Want To) Make A Memory
 I'll Be There For You
 Something For The pain
 Someday I'll Be Saturday Night
 Work for the Working Man
 Runaway
 Have a Nice Day
 Who Says You Can't Go Home
 Keep the Faith

 〜Encore〜
 Wanted Dead or Alive
 Livin' on a Prayer



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

Tokyo, Japan - Tokyo Dome - 12/1/10 The Circle

 Blood on Blood
 We Weren't Born to Follow
 You Give Love a Bad Name
 Born to Be My Baby
 Lost Highway
 Whole Lot Of Leavin'
 When We Were Beautiful
 It's My Life
 I'll Sleep When I'm Dead
 We Got It Goin' On
 Bad Medicine
 Lay Your Hands on Me
 What Do You Got?
 (You Want To) Make A Memory
 I'll Be There For You
 Someday I'll Be Saturday Night
 Work for the Working Man
 Runaway
 Raise Your Hands
 Who Says You Can't Go Home
 Keep the Faith
 〜Encore〜
 Wanted Dead or Alive
 Livin' on a Prayer

続きを読む

毎年恒例の…

  • author: tsuchikyon
  • 2010年12月08日

blogの更新もままならぬ程
何だか忙しい毎日で落ち着かない。

忙しさの大部分は “年末調整”

通い慣れた会社なら何てこともないかもしれないけど
びみょーな緊張感の日々でヘトヘト ゜゜(´□`。)°゜ 

今回の年末調整作業は書類のチェック以外に
ヘッドセットを装着し、電話の受発信を行った。
問い合わせの対応は特に問題がなかった。
んが、不備の問い合わせについてはイロイロ。

主に問い合わせる内容は

 書類の添付がありませんよー!
 控除証明書がコピーなので原本を提出して下さい!
 奥さん(配偶者)はお仕事してますか?
 扶養親族の収入はどれくらい?
 今年住宅ローンの借り換えしてませんか???  …などなど。

あと「扶養控除等(異動)申告書」
提出しない人が多い ( ̄‥ ̄)=3 フン!

恐らくこの用紙のタイトルに問題があるのかも?
専門的な言葉にアレルギーを持つ人が多いし
出来ればもうちょっと平易な俗称を併記してくれれば
いいのになーと思ってしまう。

しかし…
提出しなきゃ税率の低い甲欄で計算できない ( ̄▽ ̄;)!!ガーン


「確定申告するから提出しない」とか
「扶養する家族がいないから提出しない」とか
…うーむ、言い訳もさまざまで、ゴネる人も多い。


その場合にゃ

「提出しないと税率が高くなって
手取りが減りますよ ∑(゚◇゚ノ)ノ

…これでほぼ観念してくれる

高い税率でも「確定申告」をすればキチンと調整出来る。
しかしながら「確定申告」と言うだけで慄く人が多い。
今は税務署に行かなくても国税庁のHPから簡単に出来るんだけどなー。




とまぁ、この時期に忙しくなってくれるのは
ありがたく、気も紛れる。


なぜならば…









続きを読む

第群鵝_別椹邯海忙伽錙財政論

  • author: tsuchikyon
  • 2010年10月20日

前日に続きB群で財政論の科目試験に参戦。

文学の試験対策と違って財政論の対策は
メチャクチャ楽しいー♪

特に租税関係の制度についてはともかく
学問的に考える、ってのは非常にタメになる気がする。

ただ残念なことは財政論のテキストが余りにも古いこと。
消費税についてはほぼ触れられていない。

学友からCDブックの存在を教えてもらい
聞いてみたものの……

免税事業者が3,000万円

もう何年も経ってるんですけどー (`ε´)ぶーぶー
…とまぁ、軽くツッコミを入れつつハゲんでみる。

当日は朝4時起床。
しかし、前日の動揺が響いてるのか熟睡した感覚なし。

足掻くには足掻いてみたけどどーだろ?と
これまた後は天に任せだ!と三田へ向かった。


そして、問題を見た瞬間…

うわぁーーーε=ε=(;´Д`)
 帰りたいーーー (ノ◇≦。) ビェーン!!

いやーな汗…再び!

これって…財政論のテスト???
経済原論と内容がかぶってる???

設問の意味は分かってもグラフに自信が全くない。
後で確認したけど全く正解と違ってた


そして退出が出来るのは試験開始後20分以降だし…
分かる範囲で適当に書き続けるしかなさそー、またか(/TДT)/
でっち上げ解答に30分くらい費やして退出。

あぁぁぁぁーーーー、
この情けない気持ちは一体どこに
ぶつけたらいいのぉぉぉぉーーーー
ぅあ───(((;'Д' )))───!!!!





続きを読む

第群鵝_別椹邯海忙伽錙文学

  • author: tsuchikyon
  • 2010年10月19日

16日のD群で文学の科目試験に参戦。

文学の試験対策ってどーすりゃいいの?と悶えつつ
過去問を中心に対策を練ってみた。

テキストは何度か目を通したものの
どーもコレと思えるものもなく
やれることだけやって後は天に任せようと三田へ向かった。


問題を見た瞬間、

うわぁーーーε=ε=(;´Д`)
 やっちっまったーー!!


どーにもこーにも、いやーな汗
でも退出が出来るのは試験開始後20分以降だし…仕方がない。
分かる範囲で適当に書き続けるしかなさそー(>_<)

よーく問題をみると「留意点に触れつつ…」の部分は
何とか書けそう?って思ってみるものの
そもそもメインがなってないからどーなのか???

解答らしきものを書きながらも続くイヤな汗

でっち上げ解答に30分くらい費やし試験会場を後にした。

その後…疲労困憊により21時に就寝




文学 レポート返却

  • author: tsuchikyon
  • 2010年10月19日

レポ提出最終日に怒涛の如く終わらせた文学レポ

本を読んだ時間を除き、構成と作成に費やしたのは

6時間  うぉ!史上最短\(^o^)/

8/30に投函し、10/7返却された・・・意外と早い。

相も変わらず、茶色い封筒を発見すると
いい感じでドキドキするー


採点欄は…  ^_^;ホッ


コメント欄には「作品そのものの言及が不足」と指摘あり。


ははは…  ( ̄▽ ̄;)

仰せの通り、確かにその部分足りてない。
これは読み直しが甘かったのが原因であろう。
感想文にならないように気を使ったのが仇になったか?
ま、ギリギリだったし、納得なっとく。

ただし、時間がギリギリだったのにも関わらず
今までにないワザにチャレンジしてみた。
んが、これについてはなーんにも指摘されなかった。

とりあえず、この方法を継続しよー。



夏スク 成績表到着

  • author: tsuchikyon
  • 2010年10月13日

連休中にちょいと遊びほうけてたら

twitter上では結果報告でいっぱい〜\(゜ロ\)(/ロ゜)/

皆、本当に素晴らしい成績を残していらっしゃる。


あー、何かいやーな予感と思いつつ
11日の夜に戻ってみると、案の定白い封筒がポストに入ってた。




結果は…









いやーんっ!お恥ずかしい…(≧ヘ≦)

続きを読む

平成22年度(第60回)税理士試験出題のポイント

  • author: tsuchikyon
  • 2010年10月07日

本当はやらなきゃいけないのに
集中力がない時ほど余計なことをする。

さっきふと国税庁のHPをクリック。

平成22年度(第60回)税理士試験出題のポイント


il|li & il|liこーゆー時期になったのね…




そー言えばと思い、確認すると

去年も同じことをしてる 平成21年度出題ポイント

毎年、毎年、成長のないワタクシ・・・( ̄‥ ̄)=3 フン

さて、躊躇もせずに内容を確認。
ポイントがツラツラと書かれてる。

うーーーーーーーん、
書いたような、書かなかったような???


いかん、すっかり記憶が飛んでしまってる。

いやいや、暑かったのは覚えてる!

それと…
ビールが恋しかったこと…


わわわっ!急にお腹ら辺がワサワサしてきた。

わかっちゃいるけど
今となっちゃ手出し出来ないー。


今年の結果は12月10日(金)


うぅぅ、落ち着かない。
んが、まずは目の前のことから片付けよう。

金融論レポ 今度こそ!完了

  • author: tsuchikyon
  • 2010年09月29日

8月30日に無念の撤退から早いもので1ヶ月 w(゚o゚)w

ワタシってヤツはどーもお尻に火がつかないと
集中もせずにダラけると痛感する日々。

去年の今頃誓ったのはコレ ⇒ 2009年8月末の後悔(T_T)

1月に1本レポ提出!

そーだった!!
よーやく重い腰を上げ、参考文献の返却期限を目標に
3つのお題の最後の1つに取りかかる。

残る1つのお題は「貸出債権の証券化」にした。
夏スク金融論でイメージが付きやすかったのと
個人的にも突っ込んでおきたかったため
参考文献を読む耽ること数日…。

そのうち、参考文献の返却期限が迫ってくる。
しかも夜スクも始まったし…(>_<)

とっととやらないと後でマズイことになるぅぅー!と
お尻を叩きまくり、よーやく完成\(^o^)/

そーいえば最近は
ギリギリの郵便局への持込か
三田に行くついでに分室に寄っての提出
だったため15円分の切手を貼るのが久々〜♪

こんな小さいことに感動しつつ…
あ、ついでに慶友会の会費も払っておかなくっちゃ!



続きを読む

夜スク 総合講座 1回目

  • author: tsuchikyon
  • 2010年09月28日

駅から三田校舎までの道のりが
遠く感じたのはつい1ヶ月前…いやホント暑かった〜

夜スク初日、信じられないほど寒い。
半袖は自殺行為かもしれない。
ただし…
教室内に入って落ち着くと薄っすら汗をかいてた ^_^;

夏スクで最大受講数まで受講してしまい
悩んだ挙句、夜スクは「総合講座」を受講。
テーマは“男女共同参画社会を考える”である。

初日はこの総合講座のコーディネーターで
法学部の鈴木センセによる講義。

教室内はかなりの受講生で埋まってる。
少々…平均年齢が高いかも???

最初にA4プリント1枚が配布された。
このプリントに記載されている流れで講義が進められる。

総合講座のコンセプトについて“優等生的”な説明の後
実はご自身の体験を通じた裏話的なものを披露。
教室内は爆笑する人、多数。 ヾ(≧▽≦)ノ!

結婚されるまで一切家事などをしたことがないセンセが
職を持つ奥様との結婚で気が付けば食事の用意はセンセ担当。
しかも奥様より上手にこなされるとか。
先週末の大阪スクと夜スクが重なったため
出かける前日に大量に作り置きしておくそーである
…素晴らしい

鈴木センセは温和そうな方で、話のテンポもよく、滑舌もよく
聞いていても楽しいものであった。

実際の講義も説明は丁寧であった。
内閣府男女共同参画局のHPからのデータなどで現状の説明。
プロジェクターに投影されるグラフが一部見づらいのが残念。

このHPはよく出来ているから見てください、と言うので
早速チェックしてみた。

《内閣府男女共同参画局》⇒ http://www.gender.go.jp/

なーるほど、スゴイ
講義で見づらかった部分を補っておこーっと。

講義を聞きながらさまざまなケースを
自分の身に置き換えて思いに耽ってみたり…。
こんな風に改まって考えるのにいい機会かもしれない。

次回以降は鈴木センセのほか、分野の異なる先生が登場。
さまざまな分野の話を聞けるのはお得かも。

秋の夜長にはもってこいの総合講座@初日だった。




続きを読む

函館“満腹”紀行 【最終日】

  • author: tsuchikyon
  • 2010年09月09日

函館“満腹”紀行も最終日。

今日のメインは函館の朝市。
お昼ご飯時を狙って行く予定にして朝ご飯は7時半。
いつもはこんな時間にこんなに食べれないのに
旅行って不思議だな、と思う瞬間。
少々軽めにしておかねば、お昼のご馳走にありつけない。

チェックアウトして朝市へGO!
ちょーど朝市の周りでは「よさこい祭り」を開催してた。
んが、目的が明瞭な我々は目的の場所を目指す。



01 むらかみ サッポロクラッシック

 サッポロクラシック
 ご当地のビールはやはり地元で飲むのが一番!
 オリオンビールも沖縄で飲むのが一番美味いもんな…

さて、ココでのお目当てはコレ↓

02 むらかみ 二色丼

 ウニといくらの二色丼
 こー見ると大きい丼に見えるけど実際はお茶碗の大きめサイズ。
 いろんなものを食べたいのでSサイズにしてみた。 
 このお店はウニの専門店。
 ナマの魚がほとんど食べれなかった妹が
 ココのウニを食べてから、すっかりウニ好きになってしまった〜\^o^/
 ちなみに彼女はウニ雑炊を注文してた。

人数がいれば色んなモノを食べれるのがうれしー\(^o^)/

03 むらかみ ホワイトコーン刺

 ホワイトコーン刺身
 これは珍しい!と意見の一致を見て注文。
 刺身だから当然加熱せず、ナマ!
 すごぉぉーーーく、あまーいっ

04 むらかみ ハラス焼き

 鮭のハラス焼き
 ハラス焼き好きなワタクシの注文。
 脂が適度に乗ってて、大根おろしとの相性バツグン!


…と北海道グルメを堪能しまくる我々一行。
函館駅の周りのお土産屋さんで買い物をした後
腹ごなしに八幡坂を目指して歩く。
八幡坂は「チャミーグリーン」とか「ポッキー」のCMで有名な坂。

途中で発見!

05 マンホール

 マンホールって面白い。
 その土地ごとにいろんなデザインがある。
 今回のマンホールは他と違って色が付いてた〜♪

八幡坂を適度に堪能したあとはコレ!

           06 三郎ジャケット


 ここ「北島三郎記念館」
 ワタクシ実は3回目…^_^;
 GRAYの記念館は潰れちゃったけど、サブちゃん強し!
 今では立派な観光名所。
 
07 三郎怖い

  こ、こわいぃ〜 (>_<)

 北島三郎の幼少期から流しで歌う頃があり
 全ての歌のジャケットが展示されてる。
 丁寧に一つ一つを見ると…かなり笑えるヾ(≧▽≦)ノ

そして最後はやっぱりコレだー!!!
08 三郎祭り

 まつり〜♪
 いやー、これは見ごたえあり!!
 蝋人形なのに動きがリアルっ!あー動画で撮れないのが残念!
 あまりにも圧巻のステージに感動し
 真剣に新宿コマ劇場に歌謡ショー見に行こうと考えたっけ(*^^)v

適度に堪能し、金森倉庫を再び散策してお腹を空かせ
最後のお楽しみに向かう。


09 ずんどう ビール

 またかいっ!^_^;
 ジョッキが凍ってるビールはワタクシの理想〜

ここはラーメン屋さん。函館は塩ラーメンのお店が多い。
なのに私1人だけコレ↓

10 ずんどう 辛みそ

 辛みそラーメン

でも本当はコッチが美味いっ!

 11 ずんどう 塩ラーメン80

 塩ラーメン 80's(あっさり)

その日の函館の気温は30℃
今年の東京を経験してるからむしろ涼しいはず…
んにゃ!函館にークーラーを完備してるとこが少ないノ( ̄0 ̄;)\OHー!!!!
ラーメン食べつつ蒸し風呂状態\(゜ロ\)(/ロ゜)/

せっかくの理想のビールもあっという間に溶け
堪能するにはかなり厳しい環境だった… ( ̄‥ ̄)=3 フン


足掛け3日間に渡る函館"満腹"紀行もコレにて終了。
確実に食べすぎた感は否めず(T_T)

でも、やっぱり美味しいし温泉も最高〜♪
また舌の根も乾かないうちに次回への構想を企むのであった。

函館“満腹”紀行 【2日目】

  • author: tsuchikyon
  • 2010年09月08日

函館“満腹”旅行も2日目。

朝風呂って贅沢 

01 渚亭のお風呂


天気も良く、目の前の津軽海峡も見渡せて最高〜♪
夜はさらに函館山や漁火なんか見れて風情たっぷり!

朝食のみ宿のご飯…洋食&和食のブッフェスタイル。
最初、ココに訪れたときには「いくら」だったけど
その後「すじこ」に変わり…今回は「たらこ」だった
こーゆーとこにも経費節減が見え隠れする…

暫しゆっくりして午後から活動開始。

函館地域限定の「ラッキーピエロ」へ

03 ラッピいにしえ

 いにしえバーガー
 「箱館奉行所復興記念」で最近発売したモノ
 中はホタテフライとイカフライ…食べ応えあり!


02 ラッピ チャイチキパスタ
 
 チャイニーズチキンスパゲッティ
 ココの1番人気は「チャイニーズチキンバーガー」
 これは何度か食したけど、今回はチャレンジでパスタにしてみた。
 お味は…濃いっ!ボリュームがスゴイ、故に残してしまった(>_<)


満腹な一行は五稜郭タワーへ

04 五稜郭


古いタワーよりも全体を見回せる。緑が鮮やか〜♪

そして今回の密かな楽しみ…

05 五稜郭 シースルー04 東京タワーシースルー












左が「五稜郭タワー」、右が「東京タワー」のシースルー対決?
どっちも怖いわー \(゜ロ\)(/ロ゜)/


その後路面電車で金森倉庫へ行き、適当に散策する。

そーだ!
路面電車を降りたときに気になったココ↓に行ってみる。

06 坂本龍馬記念館


へ?坂本龍馬??

坂本龍馬は函館に来た事実はない。
行きたいと思ってたのは確かだけど…
ちゃっかり大河ドラマに乗っかったのだろう…安易だ( ̄‥ ̄)=3 フン
中に入ってみたものの…全く見ごたえなし。
龍馬の甥が函館にやって来て…とのことで開館したらしい。


さてさて本日のメインの夕食はお寿司

木はら00 お通し
 
 お通し  
 タコの頭のもみじおろしポン酢
 食感がイイ〜♪


木はら01 時知らずの子
 
 時しらずの子 
 メニューを見た瞬間に即注文!
 要するに「すじこ」のようなもんだけど
 うーぅ、しまった!まだこの時点ではビールを飲んでたっ(>_<)


木はら02 活いか
 
 活いかの刺身
 妹夫婦はまだ食べてなかったということで注文。
 辛味大根のおろしとゴロといわれるワタを醤油に溶いて食す


 木はら03 さんま刺
 
 サンマの刺身 
 やっぱり旬のものだ!適度な脂がイイ


ここで堪らず…選手交代!↓
木はら04 日本酒

 やはり魚は日本酒だーーー!
 くぅーーーーー、美味いっ!!!


調子に乗ってきた…ダンナはこれを注文。

木はら07 いかの塩辛
 
 いかの塩辛
 くぅ、日本人でよかったーーー\(^o^)/

次々にサカナ…>゜))))彡がやって来る!

木はら05 キンキ
 
 キンキの刺身
 食感はぷりっ、ぷりっ

木はら06 マグロ三昧
 
 マグロ三種
 マグロは左からトロ→中トロ→赤身
 マグロは「大間のマグロ」と同じ漁場。
 赤身でさえメチャクチャ美味い!

いい加減お腹もいっぱい。
だけど最後に握りは食べたいっ o(><)o

木はら08 握り:赤身
 
 赤身の握り

木はら09 握り:ひらめ
 
 ひらめの握り

木はら10 握り:時しらず
 
 時しらずのにぎり

木はら11 ネギトロ
 
 ネギトロ巻

これら全部1人で平らげたワケではないので注意!



あららーん???

木はら12 皿


お皿が 北海道!!! \(^o^)/


今宵も満足、満腹

3日目に続く…

ページトップに戻る▲