1バイトフォントを2バイトフォントに変換!
howtouse02
はじめに
1バイトフォントを2バイトフォントに変換するFontForgeスクリプトを公開します.
https://drive.google.com/open?id=0B2scp1CXi4-GODFRemVPeklCTmc

1バイトフォントにお悩みの方のお役に立ちますように(というのは後付けで,本当は自分のため)!ちなみに使うとこんな動作です.

使い方
まず僕の環境を述べます.
OSLinux(Ubuntu 14.04 LTS)
FontForgeインストール済み
たぶんWindowsでもMacOSでもFontForgeがインストールされてれば基本的には同じだと思います.あとFontForgeがインストールされていることも前提とします.WindowsだとFontForgeのインストールって面倒くさいですけど,頑張れば何とかなるので調べてね.

  1. スクリプト本体「1to2-h.pe」をダウンロード.僕のGoogle Driveにホストしています.リンクからダウンロードしてください.これを「~/」,つまりホームディレクトリに保存してください.別にホームディレクトリである必然性は無いんだけど,説明の便宜上.
    howtouse01
    ちなみに「1to2-h.pe」は『「1」バイトフォントを「2」バイト「ひ」らがなフォントに変換する』という意味です.そのうち「1to2-k.pe」も作って公開するかも(でも思うに,カタカナしかないフォントって打ちづらいと思うんだよね.要るかな?).

  2. 1バイトフォントを準備.今回1バイトフォントから2バイトフォントへ変換する例として,ガウプラさんの「リフレッシュ」を使いましょう.「リフレッシュ」はここからダウンロードできます
    こちらも「~/」(ホームディレクトリ)に保存してください.スクリプト本体と同じディレクトリに存在することが必要です.

  3. 端末を開きます.そこで以下の呪文を唱えます.
    ~$ fontforge -script 1to2-h.pe ***フォント名***

    「***フォント名***」の箇所に変換したいフォントの名前を入れます.今回は「GauFontRefresh.TTF」です.これで完成!変換後のフォントは「***フォント名***_ed.ttf」という名前で出力されます.あとはこれをインストールするいいだけ!
    howtouse03
    howtouse04


より詳しい説明
たぶん変換前のフォントで「あいう」と打っても何も出ないか,もしくは豆腐(□)とか下駄(〓)に文字化けしてたと思う.「あいう」を出すには「3e4」と打つしかなかった.でも変換後のフォントなら「あいう」と打てば「あいう」が出ます!これは便利!

このスクリプトは,1バイト文字(ASCIIの位置にあるグリフ)を2バイト文字(ひらがなのあるべき位置)にコピーするスクリプトです.もとのグリフを削除してません.だから変換後のフォントで「3e4」と打っても,また「あいう」が出ると思います.まぁそんな使い方しないと思うけど.
スクリプト対応表
詳細な対応表はこちら.基本的にはガウプラさんの対応表を参考にしてます.違うのは2点(上の図で黄色く示してます).「。」と「、」の対応を変更してます.だってキーボードの印字はそうなってるから(というかガウプラさんの資料が書き間違ってるだけで,実際には「<」に「、」が入ってる).もう1点,使用頻度は高くないとは思うけど,フォント好きとしては外せない「ヴ」「ゐ」「ゑ」もあればコピーします.

快適な「2バイトフォント」ライフを!


参考資料
FontForgeスクリプトのサンプルコードが載ってるページ.これを見て「お!簡単だ!俺にも書けそうだ!」と思ってスクリプトに挑戦してみたわけです(というか今回初めて書いた).FontForgeスクリプトは凄く便利で楽しいので,他の関数も試してみようかな?

FontForgeスクリプトで定義された関数の一覧表.これがないと何も始まらない.ここに記載があるけど,FontForgeを作成してくれた人たちと,公式取説を翻訳してくれた狩野宏樹さんに感謝!

ひらがなのユニコード位置を調べるのに使ったサイト.こういうサービスがいくつか存在するのは知ってたけど,ここは複数同時に,表の形式で表示してくれるから凄く便利.コピペしてスクリプト形式に調整するのがすごく楽でした!
【出典】 Unicode一覧表