おいらつだーるだお。

社会人6年目。赤ちゃんがえりのように、そのスタートに戻っているのではないか。

おいらもうつだーるじゃないんだお。

ちょっと久しぶりすぎて何を書けばいいか、、
というか死んだんじゃないかってポストで終わってますね(笑)
わたしの昨年の本厄は、後から思えば1月2日に厄払いをした段階で終わりましたw 明治神宮さまさまです。

去年は↓のポストの直後から10月ころまで、あまりにもストレスがなさすぎて、何か悩む間もなくここを更新しておらず、その後はナイーブ&バタバタすぎて逆にここに何かを書く余裕もなく(笑)、結論から言うと今生まれて半月の美男子が隣で寝ていますwwwwww唐突すぎ



いやーあんなにノンストレスな去年もあり得なかったわ。。
仕事も忙しくないながらいい感じに充実し、何より旅行に心ゆくまで行きまくれて、気になるところ全部なぞり開拓し、もう爆発ですよ。
簡単に要約すると沖縄13回とアブダビとキプロスとロシアとロスとバハマとキューバとカンクンとその他国内多数に行きました。10か月で。wwwww
そして、引力のように引き寄せられたちょうどいい距離感(というか沖縄)に住んでいた後輩をたぶらかして気楽に沖縄通ってたら、彼が和光に戻り遠距離恋愛の終了した日に子供ができましたw

そこから一悶着ありましたが、いや本当は揉めすぎて(なお、彼とではない)子供も結婚もやめようと思いましたが、抗えない力というものはどこかから働いているものですわ。結果、とても健康でかつ身に覚えのない美男子を与かりましたので、見えない力って神秘ですね。


後からまとめて振り返ってるせいでいつになく事実を事実として淡々と告げているw
いや、むしろこれまでの内容を逐一ルビふって解説していきたいくらいw

でもそれも面倒だから分類論だけ書いておこう。


*****


もちろん複数解であることを前提として、感覚で好きになる人、なりゆきで好きになる人、経験で好きになる人、条件で好きになる人、に分けてみた。

一番はじめの属性が、一番鮮烈かつ尾をひく。直感で多少なりとも共鳴してる人だから、引き剥がす時にめちゃくちゃ痛い。きっとわたしがこれまでとても苦しんできた、辛さをまざまざと思い出せるのは、このパターンが多いと最近思った。でもうまくいくためしはないよねw
二番目の属性は、いわゆる狎り行き瓩辰討海箸犬磴覆て、まぁ引力に近いんでしょうかね、ノリだよね。これは直感だからか―直感アテにならないみたいな話もありましたが、、まぁ、双方向の直感だということなのかね、いい時間が過ごせる確率が結果一番高いよね。
他方で、三番目の属性は、丁寧な積み重ねの上に、って意味なんだけど、その積み重ねの労力自体は、正直そんなに惜しくない。実例も多くない。丁寧が、苦手…
最後ですが、スペックという意味ではないよ。けど、理想の条件が分かったのが本当にここ最近だということも相まって、それに当てはまるのは直近の1名しかいないよね。


*****


さて一瞬、このブログを今後どうすべきか少し考えましたが、まあなるようになるでしょう。(思考停止


ただひとつ、はやく美男子と沖縄行きたい。
麻雀ゲームするのでまたいつか。ノシ

oh

すべてをやり直そうと、思っていた矢先に心おれそう…

「神様はつだーるを悪いようにはしない」んでしたっけ。。

それ、なんでしたっけ。。。いや誰のいつのセリフなのかは覚えてるんですけどね。


綺麗な海に流せるくらいの厄ならば、そうさせていただきたいっす。
それがむしろ神様の仕業なら、ガマンするっす。


今ここ、いつ抜け出せるかな〜。。
は、はやくぅ…。

わたしが引っ越す、四つ目の理由。

こじらせすぎて、意味も直ちにわからない。
和やかに、のびやかに生きていくことと、折り合いをつけるのは難しい。
わたしが空気だと思っていたようなものが圧の強い窒素だったのか、実は人体に影響を及ぼしかねないような。

けどわたしが今動かないでどうするっていう、少し前とおなじ、もはや強迫観念じみた想いに、なんとなく突き動かされている。
きっとそれが、わたしの一番悪いところ。

有楽町は上塗りできても。

霞ヶ関はいつ、上塗りできるんだろね。


また簡単に一年以上は無駄にできるくらいのこれ、数年後に振り返れば、また、なんてない事象になりますように。。

それが甚大な結果をもたらす事項と、おそらくリンクしてしまったとしても、それを自業自得と評価できる程度にはなりますように。


自分が進もうとしている方向に、本当は絶望感、孤独感しか感じないけど、でも、今ここにいる事実って、きっと長い目で見れば刹那的な満足感であって、中途半端な自己肯定感でしかなくって、それが客観的に「優」の評価を得られないレベルの事象ならば、もっと上を目指すことに遅いとかなくって。。


一番いいところ。は、もしかすると、その言葉の選び方だったのかもしれない。

そこに計り知れない無駄に直感的なシンパシーと、僅かな自己肯定感が重なるがために、この無駄な苦労があったということなのか。。


いいんだけどね、こんな独り言。
でも言わないと潰れそうで、というより、大切な事実として、ここに記しておきたいという気持ちが勝って。





だれもわるくないのだ。

巡り合わせはむしろ良かったと思うし、ひとつひとつの行動にはなんの嘘もなくって、その傷跡の模様も、むしろ双方愛でるべきものであって、この言葉が届いたところでなんの解決にもならなくって、もしかすると、原始的不能の一類型だったのかと思っている。


重ねた時間に何か意味はあったのかといえば、大きな意味があったとも思いながら、とにかく頭の整理を求めて書いているけれど。


何か意味があったのだろうか、と、でも、きっとなにもかもが避けられなかったような気がしていて、ダレトクとか思いながら、そうでもないよと、わたしは悲しく豊かになったぞとは、思ってるような気がする。


心では忘れなさい。


でも記憶としては忘れちゃダメ。


そして午前休はソウユウコトだから、ご容赦下さい。。。

うかれたやつ

0c2ee587.jpg浮かれる要素なんてなんもないような気がするんですが(笑)

仕事で忙殺が終わったら今度は忘年会で忙殺…しかしクリスマス付近だけはガン空きという事実


これこじらせにきてるねー!自分でも分かるよ!


あとさらにイミフなのはまた引っ越すことになりかけている…生活レベルは落とせないというのはガチですな。わたし貧乏なんだけど。

でも浮かれる要素があるとすればそれだわ。




最近の編集長の名言

「あんたは昔からこじらせてるよ。」


おっしゃるとーーーり!(笑)

信用しすぎない方がいいのかもね

なにごとも。と、思ってしまった。え、なにこれ。


それはキツいけど、耐えられるかもしれないなぁ。

信頼してるはずの人が、よっぽど信頼できないと詰る、わたしの大事な人たちよりは。

うおーこれぞっとすんな

けど、手放しに信用できないってのは、そーゆーことなんかな。
悲しいけどな。

ねよ(笑)
Archives
  • ライブドアブログ