おいらつだーるだお。

社会人6年目。赤ちゃんがえりのように、そのスタートに戻っているのではないか。

2007年03月

エイプリルフールイブの春夏秋冬から

 

季節は流れて(HEY)過ぎ去りし日々よ(HOO)
出逢いや別れで(HEY)新たな旅路を(HOO)
(Comin'up)春夏秋冬 そう We gotta go new world!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

服を買うでもなく、入った店にとどまった理由

 

 

無条件に思い出す千駄ヶ谷代々木新宿

 

2001年2002年

 

 

わたしは東京の真ん中で人生の真ん中にいた

 

すべて終わればまた始まりの合図迎え来るその時まで
つかの間でもいいさ日差し浴びて 今はこの場草木木漏れ日

 

 

 

 

思い出すのはあの監獄のようと言われた塾の中での、二組の仲良しグループ

 

バカばっかりして日々過ごしてた

 

 

時に俺達は喜び 心に綻び一つ無い子供に
戻っては「時止まれ」そう祈ってこのまま星となれ

 

 

 

 

 

 

 

一つは見事にオトコばっかりの、中一からの数学のクラスの面子

 

学校では無関心を気取る人が多い中、

どこまでも互いにつっかかって過ごした

 

哀しい片思いも非日常として

 

あいつらといる現実から見たら全部笑い飛ばせる気がした

 

 

 

 

呆れ出すような偶然 寸前 寸止め 理由後ずけ全然
DAT DATS DAT DATS DAT DAT RAT HA? 駆け登る出会いの階段 HA?
登りを下りに感じるぐらいのスピードでのめり込んで行く毎晩

 

 

 

 

スタディランドビル

 

少しだけその想いが報われそうと誤信し期待した2001年

 

 

 

 

部活も佳境で毎日駆け回っていた

 

 

無関心なOin生の中にも、

各種感情を分かちあえる子たちは確かに居た

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2002年

いろんな壁にぶつかって

 

 

時に雨はや止まずに 仕事は山積み 描いた花咲かずに
かなぐり捨てたプライドを 暗い道路 拾い集めブラインドを開けて
目指す先に雨上がり 艶やかに 晴れ渡り
降り止まない雨など無い そう My men ride on time

 

 

 

そんな中で二組目の仲間に出会う

 

 

メンバーチェンジが起こる中、

「東大に最も近いクラス」の仲間

 

 

 

 

 

時に人は別れて 過ぎ去って 変わって 時間がまた流れて
歩いて来た道の意味をまた分かって噛締め生きるよう
さぁ 変わらず会っていたあの頃の何も無いような下らん事も
別れていま少しは分るよ キラリとしたその下に愛を

 

だがしかし過ぎ去る日々 What can I do?その意味が解らず
歳を取ったって人はなぜ戸惑う 共に行こう風の後を

 

 

芽が出て そして花は咲き誇り
穢れて 時がすべて抱き起こし
描けて 夢の続き書き起こし 二度来る事無きこの日
時に晴れた空 後に雨であれ
時に巡り出逢い 別れ またね
時に喜び悲しみ 途方に暮れる日も 増える希望 そう

 

 

大学に上がっても、なんやかんやお世話になった

 

 

でも明日から、いやちょっと前から、

わたしたちは完全にバラバラになった

 

 

 

 

 

ためらいもなく歩き出すといつも一人で迎えるラスト
それでも立ち上がりまた歩き出す冬の後の春をめがけて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは至極当たり前のことで、

 

淋しがる方が甘えであって、

 

 

そいでもこの曲を聴いたときは

 

 

 

 

 

想いをとめることは出来ませんでした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

季節は流れて(HEY)過ぎ去りし日々よ(HOO)
出逢いや別れで(HEY)新たな旅路を(HOO)
(Comin'up)春夏秋冬 そう We gotta go new world!

楽座よ

大通りに少しだけ落ちた散り始めの桜が排気ガスで軽く揺れ舞い上がる様子は、まるで、小さな小さなウサギが道路を駆け回っているようだった。















この小さなウサギほどの存在意義でも欲しかった


この小さなウサギほどの一過性で構わないから、必要とされていることしか存在価値たりえなかった












せっかく手に入れた自分が在る理由




それを亡くしたときに、生まれて初めて自分以外の人間を本気で怨んだ

















夜桜に、想う







昔昔、日々小説ばかり書いてた頃、




亡くした存在を求め涙する背に、桜の降り注ぐ夜の物語を書いた

いや、夜の降り注ぐ桜の物語を書いた。








夜桜に、想う
















あの時、小さなウサギになったまま、車にひかれて道路に押し潰されても良かった


そのまま雨に流され、

桜の季節が終わっても












それは上辺だけの優しさでも構わなかったんだ


あれが責任逃れの嘘であってさえも構わなかった





一瞬だけでも、存在する理由が確かにあったのなら




小さなウサギとなって、無数の仲間と一緒に道路を転がって、誰がしかにキレイだね、と一言言わせしめることができたのなら。

で、このタイミングで

卒業式についてwwwww

 

 

 

 

なんかもうこいだけ時間がたつと、いろいろ忘れてしまっていたりするのですが、、

 

 

 

 

 

 



 

 

 

まあうちは親が誰もきてくれなかったので、

 

 

祖母からの花がうちで留守番してくれてましたー。

 

 

 

 

 

で。

 

 

なんかもうよく覚えてないんだけど、

 

 

総長がかっこよくて、

 

 

写真とりまくって、

 

 

それぞれの人に対するそれぞれの郷愁の存在に気づいて、

 

 

 

 

 

 

あ、ちなみに成績が前代未聞の良さでした。一割切ってたうんこの成績が3割をゆうに超えてました。

 

もちろんローマ法は不可ってました

 

でも・・・総単位数108です(爆)

 

34単位はやりすぎた

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、これが頭です。

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

やぱプロはちがうな〜!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

そして夜はなぜかわたしがわがままゆうもんだから、

クラコンのはずが19組と合同になってました。

略して合コン。

 

そこでうちのクラスの男子がどんなにオヤジか気づきました。

 

ここだけの話、クラスの男子と飲み会とかあんまりしな(ry

 

 

ていうかみんながっつきすぎてました。この期に及んでwwwww

 

 

彼らに見向きもされなかったわたしってなんだったんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

で、いなー○ゅ(いまさら伏字)がさくすいの床にリバースするとか

T堂さんが本郷通りを果敢に華麗に横断するとか

SとさんM様がセクハラかましまくり

愛犬がキレちゃうとか

U子りんカポーがいつのまにかキエちゃうとか

それはBんびがセクったせいでしょうけども

 

 

 

そんなこんなでさすがこの面子って感じだったんですけども(名前が出てない人もいるんですけどももちろん)

いやまあ初対面多すぎてワロスってかんじでしたけど

 

 

 

 

 

 

わたし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

こんなんなっちゃいました。@地元の駅の壁

 

 

 

 

 

 

 

ちーん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさん、卒業おめでとう。

ドーナツ

42ebdf55.jpg買いました
















もうドーナツなんてみたくないです






そのくせに三人(ドーナツ食えるのは実質二人)しか住んでない家に12個入りの箱をお土産にしてしまいました

「しよ」が「する」に変わった日

 82007281.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はビッグイベントがありました。

 

はにゃ〜ん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼の実家に挨拶に行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう全てはそれに尽きます。

 

 

 

花見とか、焼肉とか、、色々イベントは他にもありましたが、もうソレがなんかもうどうしょもないくらいのインパクト

 

 

 

 

前日に、えーたまに

「服はおとなしめ!!!」

「化粧は薄く!!!」

「ピアスは小さめに!!!」

となぜか説教されたので(笑)、

特に最後のやつを取り入れてみましたwww

 

 

でもドレストレンチがしくったんじゃないかと今では反省しているwww

 

 

 

わたしが親ウケがいい訳ないじゃないか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とキレてみるテスト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それはさておき、

 

 

お母さんマジ可愛かったです・・・。

自分の母親を常日頃「可愛い」と自慢して歩いているのですが、もうやめようと心に誓いました。あなおこがましや

 

 

 

 

 

 

ていうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お母さん緊張してました

わたしも緊張してました

彼は緊張のあまり普段は浮いてる家族と会話をしてました

 

 

 

 

 

 

 

********************

 

 

 

 

 

今日で四ヶ月経ったらしいですお。

 

一日一日は早かったんだけど、まだ四ヶ月といわれるともっとたくさんの時を一緒に過ごしてきた気がします。

 

 

 

 

 

 

 

いや、ていうか、やっぱり相性いいですね〜。

 

カラダの話じゃないですよ

 

 

 

 

 

ははーん

 

 

 

 

 

 

 

砧公園は、家族連れとかおじさんおばさんがいっぱいいて、ほのぼのしてました。

ノリではいつくばって四葉のクローバーを探していたら、

彼が突然、

 

「バレたっ!!!!!!」

 

と絶叫したので何かと思ったら、おばさんに絡まれてました。

四葉のクローバー探してたのがバレバレだったようで。

 

「青春真っ最中なんです」

と答えると、

「あ〜ら、私だって☆!!」

と言われました。

 

 

いやもうどうでもいいですね(笑)

 

 

四葉のクローバーとか見つけられなくたっていいんです。別に。だって(ry

 

 

 

*********************

 

 

 

 

帰宅したら玄関の外に母の荷物や上着が産卵していました。

 

 

 

いいですか、玄関の外ですよ、外。

要は自宅に入るドアの前です。

 

 

 

 

 

 

もうねなんかあって苦しくて荷物かなぐり捨てて家の中で母がぶったおれてるのかとリアルに心配しました

 

いやーもう人の親に会ってる場合じゃなかったかなみたいな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、実際は母はのんびり食パン食べてましたけど

 

 

 

 

 

 

 

「・・・荷物はどうされたんですか」←敬語

 

と聞いたら

 

「外にあったの!?爆笑」

 

みたいなこと言われて

 

逆に心配になりました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

********************

 

 

 

 

桜ちょいと咲いてて綺麗でしたよ。

写真は逆なんじゃなくて、そういうふうに見えてたんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

題名ですか?

 

 

 

 

 

結婚です。

 

 

 

 

 



Archives
  • ライブドアブログ