おいらつだーるだお。

社会人6年目。赤ちゃんがえりのように、そのスタートに戻っているのではないか。

珍しく社会

昨日

少年の面会に行ってきた。

 

ちょっと思うことがあって、昔書いた早稲田用のステメンを見直してみた。

少年事件押しで書いた、ステメンね。

 

 

・なぜこの事件が重要なのか

 この事件は現代社会の問題点を明確に示していると考えるからです。

 すなわち、現代は本来あるべき家族の姿がゆがんでしまっているところがあるのです。この家族の円満というのは人間社会の最小コミュニティとしてのおよそ根本たるものであり、人生における出発点であり終着点であります。かかる家族における瑕疵というのはその分人の心に重大な影響を与え、ひいては社会に対する脅威となることもあります。親が子供への愛情の与え方を間違えると、子供の心は大いにゆがむことによってときには重大犯罪を犯すまでにもいたるのです。

 この事件では、少年の犯行の原因は現代の学歴偏重の風潮の中での父親および継母の度を越えたとも言える強制的な教育といわれています。暴力などを伴うスパルタ教育という、私のように比較的多くの教育を受けた人間から見ても異常な教育が少年をゆがませたのでしょう。

 現代においては家族のあり方が変容し、昔ながらの愛情にあふれた家庭は失われているところも多々あります。家族がいかに人の人格や人生にとって重要か考えれば、このような変革を象徴する本件は最も重要な社会問題といえるでしょう。

・解決方法に関して

 この事件の犯人である少年は、莫大なプレッシャーやストレスを抱えていたものと推測できます。それは家族に起因するものではあったけれども、家族の中で誰か1人だけでも成績などで評価せず、少年のありのままを受け止め味方になってくれる人がいたら、少年はおそらく救われたのではないでしょうか。家族の愛の欠如やゆがみを完全に補完できるのはやはり家族だけでしょう。

 しかし、それを代替的に補完することは、第三者たる私たちにもできます。

 まず、家族の次に少年にとって身近なコミュニティである学校や友人関係の中で彼の味方や真の理解者が愛情をもって接すれば、少年は人を殺すまでにはいたらなかったでしょう。 また、少年が事件を起こしてしまった後であれば、やはり法曹やカウンセラーといったプロが少年の精神面を全面的にサポートすべきだと思います。

 事件を起こしてしまってからでは、どう頑張っても今までの身近なコミュニティへの社会復帰は難しくなってしまいます。いかなる理由があれ、無償の愛情を注げる家族でもなければ、周囲は犯罪者を色眼鏡で見てしまうことがほとんどでしょう。とすればやはり家族に起因する心のゆがみから犯罪を犯したものに対してはプロが対処するしかないのです。

 しかし、仕事だからといってプロが無機質に対応したのでは少年の心の闇は晴れるはずがありません。やはり温かく接することがなにより大切だと思います。家族の愛情が足りなかったのなら、その家族に見合う分だけ少年の話をきちんと聞き、味方になって理解してあげる存在であるべきだと思います。

 といっても、法曹はカウンセラー等とは異なり、全面的に味方することはできないこともあります。法を正しく適用し、運用する以上、犯罪者への愛情や同情のみによって動かし得ない事実もあるはずです。しかし、それ以外の部分で最大限少年の味方をすることで少年は十分救えるし、真に更正せしめることも可能だと思います。

 このようなことから、私は仮に法曹であれ、彼の周囲の人間であれ、少年にとって家族の代替となるような味方でありたいと思います。

 

 

 

言いたかった。「法律を破ることは最初はそりゃ楽チンで、お金払わなくてなんでも手に入ったら、急いでるときに赤信号で止まらなくて良かったら、ってなんでも思い通りに出来るからね。でも、法律を破らなくなってから、法律を守って普通に生きてることがどんなに楽か分かるんだと思う。追われることも、詰られることも、白い目で見られることも、なくなる。悪いことしてる間は、みんな一人だからね。普通に生活して、やっと、ちゃんと人と心通わせる資格が、わたしには出来た気がした。」

 

頑張ってくださいの一言で、そんなの伝わらない。

 

 

 

 

わたしはわたしの根本的な問題を解決しないと前に進めないのに、那覇にそれらの問題すり抜けて逃げてきて、それなりに別路線で思うことは思って。

 

でも帰ったらちゃんとまた、それに直面して、なんで全てが手の内にあった自分が、全ての形が気に食わなくて25年かけてぶち壊して歩いて、何にもなくなってしまったのか、考えなきゃいけないんだろうな。

 

当然に、後天的に、自分の努力でなんとかなりまた人々が大抵なんとかしていること、どうしてできないんだろう。









と、昨日の面会を受けて思ったので備忘録。

こんばんみ

あんまり更新しないと事故ったとでも思われそうなので更新しますwwwww

 

 

いや事故には何回か遭いそうになったけどね。

 

 

 

 

 

 

 

はっは!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えーと、何してるの?という質問がいろんな人から相次いでいたのですが、

 

まあ、非常に忙しく過ごしております。

 

予想・予告どおり、

 

一日4件逢引の予定入れてみたり(デフォ)

友人と日本最西からいくつめかの島に行ったり

狂ったように本読んだり

歩いたり、原付乗ったり

わずかに痩せたり(希望)

就活したり

今日もまた海の近くに行ったね!

 

そんなこんなで

睡眠時間とお酒とタバコは減りました。飲みはあるけど飲まないねwww

 

ゆっくり(30分くらい)音楽聴けるのも久しぶりです今日。

そして明日、またもやでずっぱり。

 

問いに対する答えとしては以上。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、試験を離れて就活にともなってちょっと色々考えているのですが、

うーん

試験の結果とかを抜きにして考えても、色々ですね人生!

試験の結果以外であればただの明るい話なので楽しく考えています。

 

試験試験うるさいです。

 

 

 

 

 

去年の夏を境目にして、

頭の中がなにもかも変わって、

わたしは、今でもそのままです。

 

もう切ない寂しさはないし、

自分でも強がりでしょ?本当はもっとゆるく生きたいんでしょ?ってこの強敵を揺さぶってんだけど、

あまりにカタい自分という敵はびくともしません。

 

ここで今、人に会いまくる生活を突然やめたとしても(もちろんそれは友を失うという意味ではない)、楽しく一人で走れちゃうんだと思います。困ったな。

絶えない予定は、試験のことを思い出さないようにしてるだけで、本当はずっとヒキニートしてるんだって構わないんだけどね。困ったね。

 

 

なにい働けだと!?

 

 

ええ、択一の結果次第で決定します。

 

 

 

 

うんまあいい仕事がしたいね。

それは恥ずかしい言葉で言えば”カッコ良く生きたい”ってことであって、すごく情熱の要ることだね〜。そして、その情熱は今、ある。この強靭な体ぶっこわすまで働く。

 

 

いつからか、ひどく真面目な性格になって、

わたしは結構真面目に、

仕事にとって結婚は害悪であり、なんていうの、合わない人間というのは、無理に分かり合おうなんてしないことこそが美徳であると思うに至りました。

 

いい仕事をするために感情は要らない。

 

 

仕事に対しての感情は必要だけど、一身上の不安定な感情は要らない。

 

 

 

若いころは、分かるヤツも分からないヤツも、みんな土足で踏み込んで、貪欲に心の奥まで手を伸ばしたいという切望が止まなかった。

もちろん、分かり合おうとしないと人間関係や仕事だって進まないだろうし、そうなんだけど、そして人の心の読めないやつほどに人間として魅力がない人はいないんだろうけど、そういう次元とは別に、わたしはもう何にいおいても動じたくないなあと思いました。

他人の波には喜んで呑まれよう。

友人の涙には躊躇なく参戦しよう。

でもー。

 

自分を見失うような感情の動きは、もともと起伏くそ激しい一員として、もー大人なんだからどこかに置いてこようかなと思いました。

いつかまた、そういう旧友が戻ってくること自体はもちろん愛すべきことだけど、仕事するなら、大人なら、真面目に冷静でいたいなーと思いました。

 

 

いやー違うなー。言葉にすると全然違う。

そしてたぶん、こんなことをゆってるわたしを見る人が一番、「チガウwww」と思うと思うwwwwwなんせ外見的にはケイオスでしょうから。

 

 

 

とにかく!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

早くいい仕事がしたいですー

シンプルに言うとそんな感じなのかなー

就活するたびに思います。真面目に。

 

そろそろ真面目のインフレ化が起こるところですね!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なになに?択一の結果が気になってるって話?

それで様子がおかしくなっているのかー。。

 

要するに「きっと受かってる」も「いい仕事できるよ」も、今のわたしの精神状態では耳に届きませんねー。

受かって、いい仕事できたら、そんな言葉をかけてくれた人たちにお礼します。

 

 

わー。

 

 

 

さて。

 

祈祷と遊びに戻りますかwwwwwwwwwwwwwwww

 

 

変態ブロガーとしてもう少し真面目に更新していきたいと思ってはおります。はい。

「公衆トイレはトイレを済ますためにありますね?」

ttp://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/080610/trl0806101054000-n1.htm

 

 

やっべ、このニュースいいねwwwww

 

突然局部をつかんだってwwwwwwww

 

 

 

 

 

今?商法中。

たまにはマジメに。

まあなんでまた一体さっきの日記のような状態になったかといいますと。。。

 

某事務所見学にいってたんですね!六本木一丁目の駅の真上の。

 

いや〜、恥ずかしながら弁護士事務所には初立ち入り、渉外弁護士さんとまともに会話したのも初に等しい、という感じで、今日は猛烈に刺激的でした。

 

 

 

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

 


 

 


 

まあもともと今日の事務所に知り合いっぽい人が多かったのもあるんでしょうが、某他事務所(複数)のイメージを聞いていたのとは大違いで、素直に「ココに行きたい」って思えました。

ってまあわたしは自分の感覚がみんなの感覚と同じだと思ってて、どうしてアノ事務所とかでやってゆける人がいるんだろう、とか考えてたこともありました。

でもパートナー弁護士さんの一言から、仕事の環境なんて個人差なんだよなー、ということを感じさせられました。ガツガツ行きたい人もいるってこと、忘れてました。ことに、うちのクラスの雰囲気が猛烈にほんわかした感じだからなんですかねー。

I生さんとも話してましたが、2組だったら今日行った事務所の志望者が多そうですね。雰囲気的に。

 

あと、個人的にすごい感動だったのは、某他事務所では「ロー生とかしらねぇYO」みたいな待遇だったと伺いましたが、というかうちの母親でさえ「東大ローだからっていい気になるなそんな世の中甘くねえよこの金食い浪人生が」くらいのことは毎日ゆってますが、、今日の事務所はロー生に対して比較的好印象を持っていただいているなという雰囲気でした。これはヘンなおごりとかではなく、少なくとも「ロー生だから現行よりアポだろう」的な偏見がナイってくらいの意味です。

この偏見、わたしらの妬みとかプライドとかそういうのをさっぴいても、すごくもったいない考えだと思うんですよね。。

未修の人とかについてわたしは一般的な縁を述べられるほどに精通していないのですが、既習については少なくとも、学部時代に現行に目もくれずローに来たウルトラ優秀人材はいくらでもいるのですだ。。そういった人も一律に排除してしまう危険性を持つそうゆう偏見は事務所側としてもすんごく勿体無いことだと思うんですが。ってそこまでガチガチ偏見の事務所はないかw

まあうちらか、うちらの一個下からもうロー世代なんだから、そうやって現行回避した人を広く受容していく姿勢っていうか、時代に柔軟っていうか、そういうのって結局結果的にいい方向につながっていくことになると思うんだよね。

・・・んまーわたし別に事務所経営者じゃないからいいやwww

 

 

 

 

まあとにもかくにも、「つだ〜るは4大の中だったらココでしょ」的なことを修習の友人から言われたゆえんが、すっごいよくわかりました。今までマイ人生のカネヅルにしか見えなかったwww渉外の中で、こんなにも魅かれる事務所があるとは全く思っていませんでした。おカネあってなおかつ精神的にリア充みたいなwwwことができる場所があるそうということだに想像していなかった。。。

就活で、悔し涙でも悲し涙でもない涙を流す人がいるということに妙に納得してしまいました。大げさですが。

 

 

 

とりあえずモチベが超うpしまつた。。

 

渉外は東大ローだって狭き門なんだろうので、せめて学年で半分より上の成績を取らないとお話にならないっぽいよね。。。2ちゃんによると(泣)

てか2ちゃん、第二段階以下がボロクソに言われすぎですwww東大ローで第一段階とかなれるわけがないだろうwwwwwwwあー欝鬱UTZ

 

 

 

 

とりあえずがんがる。今学期でオールCとか並べたら死ぬwwwww

 

 

 

 

 

 

 

あと、印象的だったのは、事務所案内中にMてるさんと(こともあろうか)騒いでたら、一年目弁護士のお姉さんに

「お二人仲良しですよね♪・・・ってそうゆうこといっちゃまずいのかな?w」

的なこといわれたことかwww

 

 

 

あっ、それから、スポ愛のアノ人が一年目弁護士としていまつた。

 

 

 

 

 

 

 

あー、楽しかった。

 

 

見るものの色が違ってくるくらいにやる気が出たのは事実。

何日もつか知りませんが(死)

 

 

 

 

 

 

 

 

むしろこの記事だけでA4に3枚は書けそうなのに、ホウパのレポは10枚かける気が全くしない件

なばばば

今日は選挙に行ってきた。初投票!
 
他は不法行為・刑法。
 
 
頭の中が犯罪でいっぱいです。
 
 
嘘です。
 
 
 
てかまじでおわんないな。
 
漏れもいなーしゅみたいに予想してみよう。
 
 
刑法・・・窃盗と事後強盗の65条がらみの話。それに財産犯以外が絡んで出てくる。
司法と同レベル、もしくはそれ以上のごちゃごちゃっぷり。
完全解をかける人はごく少数。
もしかしたら大問は一個かも。
 
 
ってかんじ。
 
あんまり真に受けすぎないようにw
 
 
 
 
 
 
父の容態が悪いらしく心配・・・。
 
 
 
Archives
  • ライブドアブログ