(2014年9月22日に閉店)

築地場外市場でいいお店を見つけました。「つきじ芳野」です。今までも築地のお寿司屋さんなどで美味しい穴子は食べていますが、ここの穴子は特に美味しいと思いました。お店のオーナーは、築地場内で「芳野分店」という活穴子の仲卸をしている高橋さん。毎日場内の仕事を終えて10時位からこのお店を開けているそうです。

IMG_1993

高橋さんは、「美味しい穴子をみんなに紹介したい」という思いでこのお店を開店したそうです。こちらの写真は私の注文したお料理を作ってくれているところです。目の前に見える壺は、秘伝のタレ壺。甘いタレと醤油タレの2種類があります。

IMG_1994

こちらがメニュー。「ばかし」というのは、高橋さんのおばあさんが話していた言葉でそれをメニューに反映しているそうです。素敵ですね。

IMG_1793

まずは、お店おすすめの「あなごのばかし」1,500円です。煮穴子がたっぷりで、フワフワ。脂がのっていて美味しいです。さすが仲卸さん!と思いました。天然の穴子で、その時によって場所を選んで美味しい穴子を仕入れているそうです。

IMG_1790

さらにアップの写真、ご飯の量は少な目、普通、多めと調整できます。また「山椒」の量も好みにより調節できます。

IMG_1792

こちらは別の日にお伺いした際に注文した、「あなごのばかしあい」 2,000円。煮穴子と焼き穴子のコラボです。お味噌汁にもこだわっていて、こだわりのブリを使った美味しいお味噌汁でした。活穴子の仲卸は、ぶりの目利きでもあります。

IMG_2005

こちらがアップの写真。右側や焼き穴子で、左側が煮穴子です。同じ穴子でも違う食感と味が楽しめます。

IMG_2003

こちらはお店のメニューです。クリックすると拡大します。

IMG_1794

こちらはテイクアウトのお弁当メニューです。

IMG_1795

お店にいらっしゃた他のお客様が数人、「場所探した~、やっと見つかった!」とおっしゃっていたので、周りの風景をご案内します。まずはお店の地図です。住所:中央区築地4-10-8 諏訪市場内

お店は、新大橋通りから一本奥に入った道(築地西通り)と二本入った道(築地中通り)の間を繋いでいる小道沿いにあります。一本入った築地西通りを波除通り側から入ると、右側に加藤市場があります。この写真の右側の冷凍庫と左側の商品の間の小道を入っていくと左側にあります。

IMG_1990

新大橋通りから二本奥に入った道(築地中通り)を波除通りから入ると、左側に諏訪市場があります。左側(諏訪)では佃煮を、右側(山本)では豆を売っています。

IMG_2012

山本商店の右隣にこのような道がありますので、ここを入っていくとまず「栄寿司」があり、その奥に「つきじ 芳野」があります。手前に看板があるのでわかりやすいと思います。

IMG_2019

迷いそうでしたら、このブログのリンクを携帯に転送してお持ちくださいね。こじんまりとしたスペースですので、少し時間をずらしていくと空いていると思います。穴子の美味しさを伝えたいというオーナーの気持ちの伝わるお店です。そして穴子好きの方にはおススメのお店です。

(追記)
2013年5月18日に2店目が同じく築地場外市場にオープンしました。ブログにまとめていますので、ご覧ください。「つきじ芳野」@築地場外市場の2号店 吉弥(きちや)