2013年に旅行でブラジルに行った際に、観光ビザを自分で取得しました。旅行会社には「ブラジルのビザは個人で申請すると手続きも面倒で結構厳しい」と言われたのですが、思ったよりも簡単で早く取得できて、手数料も安く済みましたので申請取得方法をご紹介します。こちらが五反田にある、東京のブラジル領事館。ブラジルの旗のマークが目印で、「洋服の青山」の縦の看板の下が入口です。

IMG_4741

地方の方や、東京でも平日に手続きに行けない方は、旅行会社にお任せした方がよいと思います。但しパスポートを預ける期間が長くなります。平日に領事館に行ける方ならご自分で取得するのも旅の楽しい準備となるでしょう。手続き方法は随時変わると思いますので、最新のものは必ず各自でご確認ください。

ブラジルの観光ビザ取得については(こちら)です。ビザ発給後に90日以内にブラジルに入らなければいけないので、そのタイミングで取得します。パスポートを領事館に預ける期間は自分で申請すれば1週間くらいですが、旅行会社を通すと3週間ほどかかる場合もあるので、頻繁に海外に行かれる方は要注意です。

申請に必要なものです。

①パスポート
 ★パスポートの残存期間が6か月以上であること。
 ★パスポートはビザを貼るためのスペースとして見開きで白紙2ページが必要。

②申請書
 ★事前にオンラインで申請(こちら)。最後のページを印刷したものを持参。従ってプリンターが必要。
 ★記入例はサイトに詳しく説明がありますので、それに沿って記入します(こちら)。

③写真
 ★旅行会社からのアドバイスは「3.5cm x 4.5cmで、背景が白で顔の大きさが31mmx36mm」
 ★領事館によると、規定(こちら)を守っていれば大丈夫で、顏の大きさは関係ない。(領事館に確認済)

④eチケットか、旅行の予約確認書
 ★私の場合、参加するツアー会社に「ビザ取得用」ということで発行してもらいました。手数料2,100円。
 ★チケットを事前に入手できる場合は、eチケットで対応できます(こちら)。
 ★チケットの予約確認書でも申請可。(領事館に確認済)

⑤預金残高証明
 ★25万円以上の残高が必要。銀行に「ビザ申請のため」というとすぐに理解してくれました。
 ★預金残高が1ケ月以内は、渡航日からでなく、申請から1ケ月以内。(領事館に確認済)
 ★某銀行は無料で発行してくれました。別の銀行は手数料800円+消費税がかかるとの回答。
 ★銀行に依頼してから大体3営業日位で到着。

⑤ビザ取得にかかる費用
 ★旅行会社経由ですと、その当時、手数料も併せて10,200円とのことでした。
 ★自分で申請すると、領事館2,750円(現在は3千円)+旅行確認書(2,100円)でした。


続いて、申請方法です。上記書類が揃ったらブラジル領事館に行って行います。

※申請は平日朝9時~12時。私は8時半から並んで既に10人いましたが、観光ビザ申請は私が一番。
※申請の際にはこのような番号札を取って待ちます。

IMG_2902

※番号が呼ばれて窓口へ。書類が大丈夫だったので、拍子抜けするくらいすぐに終わりました。
※領事館の中はブラジルの雰囲気があって、なかなか楽しかったです。
※領事館内にあるブラジル銀行カウンターで、申請代を支払います。領収書ももらえます。
※番号札をもらい、その番号でビザの発給状況をウエブサイトで確認できます(こちら)。

こちらが申請代の領収書と、手続き完了後にもらう、ビザ受取用の番号札です。

IMG_5519ss

ビザの受取りについて。

※受取は5営業日後とのことでしたが、ウエブサイトで確認したら3日後にはできていました。
※但し混んでいる時はそれ以上かかることもあるので、早めの申請がおすすめです。
※領事館での受け取り時間は12時~13時。13時ピッタリでドアを閉めていましたのでご注意を。
※以前は宅急便でパスポートを返送してくれたようですが、今はないです。(領事館確認済)

これから南米の旅をされる方が増えてくると思いますので、参考になれば幸いです。