2011年11月

2011年11月07日

帯広 番外編





帯広といえば豚丼。




初めて帯広に来た時、俺を含む胃袋警察ご当地グルメ捜査一課による豚丼取り締まり強化パトロールが行われ、めぼしい豚丼屋をしらみ潰しに廻った結果「ぱんちょう」が美味しいということに落ち着き、それ以来、帯広に来ると「ぱんちょう」の豚丼を食べてました。




前回、帯広に来た時…




「ぱんちょう」より「とん田」の方が美味しい。




というタレコミが入ったので現場に急行してみたが、まさかの定休日(ToT)




そこで今回こそはと思ってたら…またしても定休日(ToT)




どーやら日曜定休みたい。。。




アディオスとん田(ToT)/




ならば「ぱんちょう」しかない!
そう思ったのだが今回の行程上「ぱんちょう」には行けないとのこと(--;)




もはやここまでか…




しか〜し!勝利の豚神は我らに微笑んだ!




「ぱんちょう」はテイクアウトができることが判明!




テイクアウトした「ぱんちょう」の豚丼をライブ後ありがたく頂きました☆

















美味しいこの豚丼にかけられた容疑は『津田のほっぺた誘拐罪』




美味しすぎて津田さんのほっぺた落とさせたのはアンタだよな。。。









tsudadaisuke at 20:34 

帯広!





ライブが終わったら釧路には泊まらず帯広へ移動。
(ていうか、俺達は吉岡さんの運転で運ばれるだけ)




弁当が支給されバスの中で皆仲良く晩ゴハン♪
大型バス1台で皆で移動してる感が出て楽しい(^-^)/




吉岡さん、ありがとうございますm(__)m




ちなみに、筆者は腹がペコちゃんだったのでバスで支給された弁当+ライブハウスで夕方支給された弁当(2個)=計3個おいしくいただきました\(^^)/




そして、爪爪爪ツアー(2008年)ぶりに帯広へ。




ホテル到着後、吸い込まれるようにベッドに横になり睡魔というより、度重なる(バスで食べた弁当に入ってたハンバーグによる)かなりハンバーグ、かなハンな若干オイニーきつめのゲップに気を失い翌朝を迎えました。




この日のライブハウス、MEGA STONEは今回の北海道シリーズの中では1番キャパがあるとこ。
単純計算で過去3ヵ所の約2〜3倍。
そのためか、メッチャ広く感じる。




ビレッジバンガードって特に用は無くても、な〜んか行きたくなるよねー?




寿司って1年365日いつだって食べたいよねー?




てことで、MEGA STONEの隣にあるビレッジバンガードに行きたい気持ちを押さえ込み、そのまた隣にある宅配寿司屋から楽屋へ寿司をデリバリーして欲しい気持ちを一本背負いして、いざ本番!




スタート時間のちょい前に「Oi!Oi!Oi!」って突然オーディエンスのボルテージが上がったのは何だったんやろ!?




バックステージでは、、、




ウチのローディじゅんさんが「オメェら気合い入ってんのか!オメェらの気合い見せてみろよ!」的な感じで皆をアオってるのではなかろうか?




もしくは、じゅんさん得意のHIPHOPダンス(←これマジで)でも披露してるのではなかろうか?




など様々な憶測が飛び交っておりました(^^;笑




さて、気を取り直しまして。




この日のライブ。
MEGA STONEに集結した皆が一緒に歌う声が半端じゃなくデカかった!!!!
後で、その日のライブがどうだったかチェックするために録った動画を見たら、メインスピーカーから出てるメンバーの声より皆の歌声の方がデカかったわー。




ただし、この日はステージよりフロアの方が暑かったんかなー?
最初メッチャ元気だった皆の様子が時間が経つにつれて、ガーッとやりたい気持ちはあるんだろうけど、ちょっと疲れてきてるように感じたなー。




ステージ上はそれなりに熱かったけどギアがドンドン入ってメッチャ気持ち良くブッ飛ばせたわ!
なんかあっという間にライブが終わった気がする。




そんでもって、この日の9mmもギンギンだった!
序盤戦をフロアで見てたけどステージから放たれるパワーが凄かった。
さらに終盤の畳み掛けは圧巻だったし!




いよいよ残すは函館のみ!




北海道シリーズ最終地、函館ガチンコ1本勝負。




ケチョンケチョンにしてやる!もー!(←意気込みが弱っちい)












tsudadaisuke at 20:29 

釧路 番外編





街を散歩してたら完全に流行りに便乗したお店を発見。






















ちょい前ならば「ヨン様」だったのだろうか…。


tsudadaisuke at 15:48 

釧路 番外編





「釧路」「食べ物」といえば何を連想されるでしょうか?




やはり海鮮が思い浮かぶでしょうか!?




秋刀魚や鮭など釧路で水揚げされるブツは脂のノリが違うもんなー。
鮭は鮭でも時しらずはもちろんのこと大助・めじかなど抜群の脂のノリを堪能できるブツ食べたいわー!


それにタンタカ・マツカワなんかのカレイ系やソイなど豊富な白身類。
それに、こまいの子・蟹のふんどしや内子や外子・ししゃもっ子あたりも東京じゃなかなかお目にかからない逸品だし。




釧路は海鮮処でもあるけれど、実は釧路ラーメンとも称される醤油ラーメンもあったりする。




それに意外に知られていないのが美味しい蕎麦処でもあること。




実際、釧路には蕎麦屋が結構多い。




蕎麦好きの筆者は迷わず蕎麦を食べるべく地元で評判だという東屋の総本店へ。

















かしわそば。ウマイ!




そして、なによりビックリするほど美味しかったのが総本店にしかないという「そば寿司」

















酢で〆られた蕎麦の細巻。みたいな感じ。




これには思わず「ウマッ!!!!」と割と大きめの声が出た。笑




次回釧路に来たらまた食べたい極上の逸品でした(o^〜^o)









tsudadaisuke at 15:36 

釧路!


















ライブ前日、北見から釧路への道中に通った屈斜美路湖。
天気メッチャ良かったからすこぶる綺麗でした☆☆☆




そんで摩周湖のそばでランチ♪


私は鮭定食とイクラ丼ていう親子コンボ。


ちなみに『自分の食べたい物を食べる派』の村さんはこの日もブレることなく名産系には目もくれず蕎麦食べてました。笑


ひろ君は「俺は長野出身だから味噌にはウルサイんだ」とか言いながら俺の隣で味噌ラーメン食べてましたけどね。




そんなこんなで2005年のロッキンポ殺しツアー以来の釧路へ。




駅前周辺をブラブラしたんやけど、街の様子が前に来た時とは全く違ってた。。。
俺達が行った年に閉店が決まったデパートも、暇潰しに行ったゲーセンも、その他にも当時は営業してたお店も軒並み閉店してて駅前周辺はシャッター街になっててショックでした(´Д`)


タクシー運転手さんにその話をしてみたら、ここ数年で郊外に商業施設がいろいろできたため駅前周辺は勢いを失ってしまったらしい。。。




かつて賑わいをみせてた市の中心部が勢いを失い郊外型へと発展する様子は俺の故郷・高松とソックリや。
高松も俺が学生時代あたりまでメッチャ賑やかだった商店街が今じゃ嘘の様な静けさで、その賑わいは郊外へと移ってるもんなー。




てことで、街を散策しつつ勝手に釧路に同じようなシンパシーを感じてました(^^ゞ




ただ、俺は高松が大好きやけど今は東京にいてる。
けど、どれだけ街の様子が変わってもその街を愛し、その街で頑張るアツい人間がいる。


様々なジャンルでそういう人達がいると思うけど、例えば俺達ならば音楽。


全国各地に地元の音楽シーンを盛り上げようと奮闘してる人達がいて、そのなかには自分達の街にライブハウスが無いから作ってしまうアツい人もいたりする。




前回初めて釧路に来た時、釧路のアツい音楽人に出会えた。


当時、釧路にはライブハウスが無くて俺達の様なライブハウスバンドがライブできる場所が今回も行ったclub GREENだけでした。


けど、club GREENも基本はクラブなので正式にはライブハウスってわけじゃないので毎回ライブがある度に地元の人達がステージを組んで機材も借りてきたりしてライブできる空間を作ってくれてるんです。


当時、その中にいた1人の青年が俺に「地元シーンのためにいつかライブハウスやスタジオを作りたい」って自分の夢を話してくれた。




あれから月日が流れ久々の釧路。




ちょうど同じタイミングで北海道を廻ってるOVER ARM THROWが俺達が釧路入りする前日に釧路でライブだったみたいでclub GREENでやったのかと思えばLAB MARKっていう聞きなれない場所でライブしてた。




LAB MARK!?
なんやろ!?
そんなライブハウスあったっけ!?




実はそのLAB MARKこそ、あの日、俺に夢を語ってくれた青年が作ったライブハウスだったのです!!!!


俺が出会った頃、彼は水産系の学生だったんやけど、そのまま水産業に就くのではなく自分の夢そして釧路音楽シーンのためライブハウスとスタジオを作っていたんです。




今回は彼が作ったライブハウスではなかったんやけど、今も以前と変わらず彼が中心となり地元の若者達がclub GREENの設営をしてくれました!






















ホンマにありがとう☆




いろいろな事が重なって思い入れが増した釧路でのライブだけに燃えたあああああ!!!!!!




club GREENの薄暗い地下室的なアンダーグラウンドでハードコアな雰囲気のなかでのオーディエンスとの超接近戦な感じが更に燃えさせてくれたわー!!!!!!




会場内は環境も心地よい高温で酸素も結構あって、残念ながら(笑)劣悪な環境ではなかったけど湿気が尋常じゃなかった(>_<)




壁、床、イス、テーブル、津田、携帯、楽器など色んなものが湿気まみれ…。




ライブ後、楽屋裏の扉を開けたら会場内から大量の湯気が放出されて工場みたいだった。
なんなら俺達の体からも湯気が出まくって完全にロボコップ。




人間スチームサウナと化した会場内で繰り広げられた9mmのライブあがったわー!!!!!!




今までZeppや学園祭でツーマンしたり、フェスで同じ日になってきたりしてて割と広い会場でライブ見る機会がほとんどだったけど、今回一緒に廻ってみてライブハウス、それも混沌としたライブハウスで見る9mmかなりエエわ〜。




すんごい刺激的な日々を過ごさせてもらっておりますm(__)m




曇ったガラスに指で何か書くように、ふと気が付くとclub GREENの湿気た壁にクッキリと「うんこ」ていう文字が書き記されてるのを発見。。。
(残念ながら暗すぎて上手く写真に収められず…)




どーせ、こんな事しでかすのは"ひろ君"に決まってる!




って思ったら…




犯人は"村さん"




( ̄▽ ̄;)




彼にそんな一面があったのか!?




それとも長年一緒にいたことによる「ひろ君ウイルス」にヤられてきているのか!?




はたまた「うんこ行ってくる」っていう言葉を皆の前じゃ恥ずかしくて言えず、駅の伝言板みたいに湿気まみれの壁を利用したのか!?




謎は謎のまま釧路ライブを終えた我々は次なる場所・帯広に向かい出発するのでありました。。。




さ〜て、次回は?




ダイスケです。




9mmが今回の北海道シリーズのうちに果たしたい野望の1つに『今まで上ちゃんのことを「上ちゃんさん」て呼んでたけど、このツアー中に「上ちゃん」と呼ぶ』ていう事があります。




稚内→北見→釧路と過ごしてきましたが未だに「上ちゃんさん」です…。




残すは帯広・函館。
野望は実現するのでしょうか!?




次回は




『9mmメンバー、釧路まで行っといて晩飯がラ王』


『かみじょう「都会で会う長野県民は大体イタイ」発言!?』


『滝、コスプレするなら戦場カメラマン!?』




の、3本です!




お楽しみに☆












tsudadaisuke at 15:15 

2011年11月04日

北見!





ライブ前日、稚内を出発して宗谷岬で暫定的に日本最北端のバンドに一瞬なり、ホタテと牛乳が名産だという猿払(さるふつ)でお昼休憩を取りセットリスト(メニュー)の過度なまでのホタテPOWER PUSHっぷりに一同完全にヤられてホタテアレルギーなので親子丼オーダーのPA石川さんと別にアレルギーでも何でもなくフツーに牛乳カレーを注文してた中村和彦を除いて、皆さんホタテ関連を注文する経営者ニンマリなランチを食べたんやけど、やはりホタテを推してるだけあってメッチャ美味しかった(o^〜^o)




ホタテ1つ1つが食べ盛りには嬉しい厚切り&ビックサイズで、そのルックスはもはや巨大なミノ。




ホタテカレー、ホタテ刺身、ホタテ塩焼き。




どれも秀逸だったけれどもミノ愛好家「ミノもんた」である私は「安西先生、ミノが食べたいです…。」状態に陥ってしまいました。。。




さて、ライブ当日のお話。




北見での決戦の舞台となるOnion Holl。




無機質な四角形の会場内に完備されたエアコンは霧ヶ峰よろしくな完全無欠の家庭用エアコン2台のみ(-_-;)




ヒートアップした会場内に対して彼等はあまりにも無力で地獄絵図な環境のなか、そのキツさゆえに徐々に視界がキューっと狭くなり"007のアレ"みたいになるジョジョの奇妙な冒険ならぬ「ジョジョに奇妙な視界」が生まれることが身にしみて、いや、オニオンホールだけに目にしみてる場所。




今回行くライブハウスのなかで恐らく1番キツい場所になる…




しめしめ、9mmめ…




稚内なんて比にならないですよ…




そう、僕らは思ってたんだ…




2007年、1番打者に抜擢され史上2人目の開幕戦先頭打者初球ホームランを放った高橋由伸ばりにトップバッターでカッ飛ばして素敵な地獄絵図を9mmにプレゼントしてやるわい!




そして我々はライブハウスに集結したオニオン達とガチンコ勝負へ!




カラッと揚げたろかい!!!!!!




オラーーーッ!!!!!!!!




※以下()内はまたもやストライドのCMの成宮くん風に黙読or音読希望※




(あれ???)




(全然ツラくならないぞ???)




実は、俺達がしばらく来なかったうちにいろいろ改善されてたらしい(>_<)




どーりで以前のあのカオティックな感じにならないわけだ。




まー、実際そっちの方が絶対エエわけやけど、どーせなら"あの"感じを9mmにも喰らわせたかったわー。。。




てなわけで。
エエ感じの熱気のなかでカッ飛ばしてきました(^^)




そんでもって9mmの皆さんパラベラムバレットものびのびヤンチャしてました☆




アンコールの時、ステージ袖で見てたら滝がおもむろにギターを俺に渡して彼はフロアへと旅立っていきました(・・;)!!




えっ( ̄▽ ̄;)!?




ま、えっか。。。




適度に叫んで、津田べラムバレットやらせてもらいました(^^ゞ




気がつきゃ、いつの間にかナヲも中村和彦からベース渡されてたし…。笑




あー楽しかった♪
北見メモリアル。ありがとう。




どさくさにまぎれて滝のピック拝借さてもらいました(^^;

















そんなこの日のライブのチケットが残念ながら手に入らなかったけどこの日を楽しみしてた気持ちからOnion Hollに駆けつけてくれた人達(小6や中1のカワイイ少年もいたねー)もいて、ホンマ嬉しかったなぁ(^^)




さて、そんな北見の夜。
今後は彼等が今まで呼ばれたことないであろうニックネームで呼ぼうということになりました。




かみじょうちひろ→ひろくん
中村和彦→村さん
滝善充→よっちゃん
菅原卓郎→9mmの人




てな感じでありますm(__)m




昔から何故か北海道を一緒に廻ったバンドとは他の土地を廻る場合よりグルーヴが高まる傾向があるんやけど、例にもれず9mmとのグルーヴもグイグイ高まっております☆☆☆


























tsudadaisuke at 15:43 

2011年11月02日

稚内 番外編





日本最北端の街 稚内。




その先はロシア。




街には所々ロシアの風味がチラホラ。




例えば標識。

















日本語
ローマ字
ロシア語




なるほどねー。




ただ、この場合は日本語があるから良いけど、、、

















街角で見かけたコイツ。
この場合、何と表示されてるのか全くわからん…。




ま、そんな稚内はいろんなものが最北端。

















てことで最北端便乗系の筆者は稚内駅にて証明書を購入(^^)









tsudadaisuke at 22:07 

稚内 番外編





稚内ライブ前夜のお話。
9mmチームとゴハン。


















この日のメインは「たこしゃぶ」




稚内はタコが名物なのだろうか!?




たこしゃぶとは読んで字の如くタコのしゃぶしゃぶ。
添えられた野菜はレタス中心。
これをポン酢やゴマだれではなく酢が混じった味噌だれ(?)みたいなやつで食す。




かなりビック&ワイドにスライスされたタコは甘くて美味しい☆
(そのまんまで食べても案外美味しかった)




しかしながら、しゃぶしゃぶはポン酢で頂きたい筆者はポン酢をもらってトライしてみたのだが、ポン酢だと互いにぶつかり合ってしまい両者の良さを失ってしまい「う〜む。。。」な結果(-_-;)




やはり、しっかり考えられて提供されたデフォルトの組み合わせがベターなんだわ。




他にも海鮮系をいくつか食べたんやけど、そこで出た筆者の答えは…




「さすが北海道。海鮮もウマイが、俺は肉が食べたい」




でした。















tsudadaisuke at 22:02 

稚内!


















爆音甲子園 稚内HEART BEAT CAFEスタジアム




4年ぶり2度目の出場




久々に戻ってきたらライブハウスの名前やライブハウスが入ってるビルの外観が変わってた。




HEART BEAT CAFEていう名前はSLANGのKOさんが名付け親とのこと。
どーりで「NO MUSIC NO LIFE AND FUCK」なんて粋な言葉が添えられてるわけだ。。。


店長さんもWAKKANAI CITY HARDCOREのBAGNAGてバンドの人。


HOKKAIDOU HARDCORE UNITY万歳!




そんな日本最北端のライブハウスから「9mm Parabellum Bullet Movement Moment Tour 2011 番外編〜MAXIMUM THE HORMONE Movement〜」熱戦プレイボール!!!!!!




このライブハウス、フロアには業務用の頼もしいエアコンが完備されてるんやけどステージ上にはエアコン一切ございません!




ワオー!ロケンロー!な環境でございますm(__)m




しかしながら今回の北海道シリーズは兼ねてより9mmサイドに「灼熱多湿・酸欠必至のカオティックな環境はまぬがれないライブハウスで対バンしたい」っていうラブコールを送り続けて実現したライヴなので、これこそ求めていたもの。


なので、そんなライブハウスで俺達が先にぶちかまして酸素を吸い尽くし熱をグイグイ高めて、より地獄絵図な環境を作ってバトンタッチするのがラブコールに応えてくれた9mmへのささやかな感謝の形。笑




願ったり叶ったりなライブに鼻息荒げたマキバオー状態なホルモンチームだったんやけど、この日はリハの時点から想定外なトラブル多発…。


9mmがリハしてる段階では何の異常も無かったのに俺達に代わった途端いろんな所にトラブル発生。




なにこれ!?
9mmからの嫌がらせ!?笑




9mmからのコソクな「これから5ヵ所よろしく」疑惑の残る(笑)リハもなんとか終えて後はがっつりストロングスタイルぶちかましたる!って挑んだ本番…




ライブハウスに集結した北の熱き音楽馬鹿野郎達とのガチンコ勝負でエエ感じに地獄絵図が作り上げられてる矢先に…




※以下()内はストライドのCMの成宮くん風に黙読or音読希望※




(あれ???)




(ホルモンさんのマイクから声出てないぞ???)




いきなり全員のマイク死亡。。。




かまっちゃねー!




ガンガンいこうぜ ←
いのちだいじに
じゅもんとなえろ
なかむらかずひこ




ワオー!ロケンロー!




(あれ???)




(ライブハウスの中が真っ暗だぞ???)




あげくライブハウスの灯りも全滅。。。




ボス、どうやらブレーカーが落ちたようです。。。




それでも構うことなく続けてたらしばらくして復活したんやけど、この間、フロアの皆がデカい声で歌ってくれたことは強烈な思い出だわー!




つーか、ひょっとしてブレーカーさえも9mmが…




だとしたら…
ホンモノのBREAKERZはDAIGO率いるあの人達じゃなく9mmてことになるのか!?




それはさておき。




いろいろあったけど、面白かったわ(^^)
やっぱこういうカオティックな感じのライヴ最高!




そんで、9mmにバトンタッチ。
彼等は彼等でカオティックな環境でのライブをやってきてるからある程度の想像はついてたみたいたけど、ライブハウス内のボルテージが高まるのにつれ更に地獄絵図化が進んだなかでライブして戻ってきた時は「これはヤバい!!!!」 と漏らしてました(^^)v




でも終わってキツいながらも喋れてたからなー。
もっともっと厳しい環境を彼等にくらわさないと!笑




話は全く変わるけど、ライブハウスと同じ階、しかもライブハウス出て5歩くらいのとこにスナックがテナントで入ってたんやけど、今はやってない店かと思いきやフツーに営業してる店で、この日も9mmのライブが始まったあたりから看板に灯りがついて元気イッパイ営業してました(^^;

















ちなみに、このスナックの真隣にある現在は営業してない(これまた)スナックを楽屋として使わせてもらってたんやけど、ゴキゲンにカラオケを熱唱する歌声が俺達がライブハウスを出るまで聞こえてました♪♪♪




俺達が楽屋として使用してた元スナックの名前は『異人館』ということもお伝えしておきますm(__)m










tsudadaisuke at 21:52 
  • ライブドアブログ