2013年02月08日

宮古灯油大作戦

いっきなり余談から始めるけど、ツアーとかでいろんな土地へ行った際の個人的な楽しみがあります。




『地元のワイドショーを観ること』




まー、基本的にワイドショー好きで、全国ネットのワイドショーも面白いんやけど、その土地ローカルの地域密着型なワイドショー、これがまたオツなもんなんです(^^)




今朝は『じゃじゃじゃフライデー』を観てました。




そんな2月9日(じゃじゃじゃフライデー)にいよいよ敢行されるのが『ホルモンの東北灯油大作戦 宮古編』でございます!




ここで改めて『ホルモンの東北灯油大作戦』についておさらいをしときますと、、、




「俺たちの太2013〜東北ライブハウス大作戦ツアー〜」において宮古・大船渡・石巻でライブを行うにあたり、その際に俺達なりの支援活動として、寒さの厳しい東北地方の被災地で"灯油を無料配布"するという『ホルモンの東北灯油大作戦』を行うことにしました。


そして、昨年の12月29日COUNTDOWN JAPAN12/13のホルモン物販スペースにてホルモンの東北灯油大作戦に向けた支援タオル(GET UP PEOPLE!!タオル)を販売したところ、お陰様でこの日販売した支援タオルは完売しました。


皆さん、ありがとうございましたm(__)m


この支援タオル全ての利益を宮古・大船渡・石巻での支援にあてさせてもらいます。


言い換えるなら、皆さんからの"真心"を俺達が代表して宮古・大船渡・石巻に届けたいと思っています。


なお、現地の経済を回すという意味で灯油はそれぞれ現地で購入します。




さぁ、まずは宮古灯油大作戦!




この日まで宮古における様々な応対で俺達と連絡を取り合ってくれてたのが、東北ライブハウス大作戦宮古支部 KLUB COUNTER ACTION MIYAKOの"せいちゃん"




DSC_0387





ね、だいぶポッチャリやろ。笑




俺の1コ下やけど、そのフォルム同様かなり頼もしく愉快で熱い男です☆


こう見えて彼はナマモノが苦手で、生魚も苦手なモノが多く、刺身は基本的にタコ専門。最近イカ刺しを覚えたとのこと。


美味しい海の幸が豊富な三陸の街にいながらもったいない(>_<)




そして、今回せいちゃんとツートップ体制で俺達の宮古でのライブそして灯油大作戦に協力してくれてるのが、KLUB COUNTER ACTION MIYAKOのオーナーの太田社長




D34_3449





地元宮古で「太田屋肉店」や「七厘焼肉 もりもり」を営む太田社長。


写真じゃ伝わりにくいけどポッチャリです。笑


俺の10コ上やけど、重戦車のような豪快さがあるかと思えば、皆に対する細かい配慮が半端ない素晴らしいアニキです☆


ちなみに、社長と俺は同じ9月13日生まれ!
これには2人でハイタッチ!




そして、今回、灯油大作戦をやるにあたり協力してくれる灯油業者さんは、なんと!社長の元バンドメンバーであるトッキさん。




恐るべき宮古コミュニティ!




ちなみに、そのバンドには宮古出身で俺の大好きなGREAT PUNKS、雷矢のボーカルのヤスオさんもいたそうです。


行きつけのサウナが俺と同じサウナメイトとも言えるヤスオさんは俺達が宮古に行くっていうことを知り、社長に「ホルモンもう着いた?」とかいろいろ気にかけてくれてホンマ嬉しいです!




宮古コミュニティの強力なバックアップのもと、"もりもり"の駐車場に全員集合して、いざ!宮古灯油大作戦スタート!




D34_3455





皮下脂肪という天然のダウンも東北の寒さには歯がたたないので、防寒対策もバッチリの贅肉少女帯a.k.a.マキシマムザホルモン。
(ただし、上ちゃんは脂肪分少なめのササミストリートですが…)




スッキリ晴れてるのに雪が舞い散る不思議な天候。


昨日よりも寒いかも。。。




今年は例年にも増して寒さが厳しく灯油の消費量も増え、それに伴い灯油の値段も高騰しています。


少しでも現地の皆さんのお役に立てるよう灯油を届けに行きまっせ〜!




と思いきや、、、、




D34_3430





( ̄▽ ̄;)!!




Twitterに本人もツイートしてますが、灯油大作戦前夜、宮古の魅力にテンションが上がってハシャギすぎた亮さん、"宮古二日酔い大作戦"のようです…。




焼肉"もりもり"の向かい側で、もりもりリバース「もりもリバース」した亮さんを乗せ、我々は最初の目的地へ。




まず最初に届けに行ったのは『佐原第二仮設住宅』




DSC_0395



DSC_0396





ここでは11世帯が暮らしています。




1軒ずつ玄関先まで灯油の入ったポリタンクを持って行って、ご挨拶をしながら渡していきます。




D34_3475





あいにく留守にしているお宅があった場合は、、、




不在





この紙と一緒にポリタンクをそれぞれのお宅の玄関先に置かせてもらいます。




D34_3481





当日お留守にしてるお宅があった場合のポリタンクの保管方法について、宮古で届けに行く先々の方に確認を取ったら「玄関先で大丈夫ですよ。」とのことなので宮古ではこのような形をとらせてもらいました。


(最初この返答をもらった時はちょっと惑ったんやけど、昨日せいちゃんや社長と会話してるなかで「ここら辺の人達は誰も人様の家のモノを盗むなんてことしない。なんなら盗みに入っても、このウチには○○が足りないから○○を置いていってやろう、っていうぐらいだよ(笑)」って言葉聞いて安心したのよ)




灯油を届けに行った先のお宅にお子さんがいたら、灯油と一緒にお菓子もあげようとことにしました。




D34_3490





もちろん、このお菓子も現地で購入します。




DSC_0379





宮古入りした7日に、ここで購入しました。




ちなみに、暖房をエアコンなどでまかなっており灯油を使用していないお宅があった場合には、お茶・紅茶・お味噌汁など保存の効くものをいくつか詰め合わせて渡していきます。




小学生のお子さんが2人いるノザキさん宅では灯油もメッチャ喜んでもらえたし、お菓子も喜んでもらえました(^^)




D34_3498





ノザキさんもしっかりメタルポーズ。笑




ちなみに、この仮設住宅に、、、




DSC_0394





このようなベンチとテーブルが設置されてたんやけど、これ実は、俺がかつて在籍していた東方神起が宮古市内の仮設住宅に寄贈したものなんだそうです。




アイツらときたら、、、やりやがるぜ。


(この先訪問した仮設住宅でも、これが設置されてました)




続いて届けに行ったのは『佐原第一仮設住宅』




DSC_0400





写真左側に子供が遊べる丘のようなものがあるのが分かると思うけど、ここは公園に建てられた仮設住宅で、ここでは11世帯が暮らしています。




皆さんのお宅へ灯油を持っていく!




D34_3503



D34_3506



D34_3500



D34_3511





ここでも灯油とお子さんへお菓子を差し上げると皆さんメッチャ喜んでくれました(^^)




D34_3518





社長が皆さんにメタルポーズのやり方を年配の方にも分かりやすいようにレクチャーしてくれました(笑)




D34_3521





皆さん、まだまだ寒い日が続きますがお身体お大事に、いつまでもお元気で☆




ちょうど俺達がここを出るのと入れ替わるようにして『復興支援 石焼き芋 』という看板を掲げた車がやって来ました。
どうやら無料で石焼き芋を配って回ってる車のようです。




DSC_0403





ちなみに、その車のナンバーが「つくば」だったので、ひょっとすると茨城県から来たのかもしれません。




その光景に心が石焼き芋の様にホッコリしたのと同時に、石焼き芋から連想されてしまったからなのか(!?)プスーッとサイレント放屁かましてしまった(^^;


俺はせいちゃんの車に乗せてもらってたんやけど、スマン!せいちゃん!何も言わなくて!笑




放屁パワーで次なる目的地に、あっという間に到着。


次に届けに行ったのは『鍬ヶ崎仮設住宅』




DSC_0408



DSC_0409





1枚目の写真に校舎が確認できると思うけど、ここは小学校のグランドに建てられた仮設住宅で、ここでは29世帯が暮らしています。




DSC_0411





ちなみに、グランド内に仮設住宅が建てられてる鍬ヶ崎小学校も津波被害にあったそうです。




DSC_0410





フェンスにその名残がありました。




さて、俺達がここに灯油を届けに行くと談話室から数名のナイスマダム軍団がお出迎えしてくれました。


このマダム軍団、全員満場一致で元気ハツラツ。笑
口々に喋る喋る。笑


どこからそんな元気が湧いてくるのかっていうくらい元気ハツラツ。オロナミン・マダム。




D34_3540





皆さんの底抜けに明るくキラキラした笑顔、とってもチャーミングでした♪


鍬ヶ崎仮設住宅の素敵な太陽のマダム軍団、いつまでもお元気に朗らかでいて下さい\(^-^)/




マダム軍団とのご挨拶を終え灯油を配っていると、ナヲに「ちょっと来てー!」って呼ばれたので行ってみると、、、




俺達がここに灯油を届けに来るってことで、なんと!会社を早退して(←上司もホルモンファンで「そういうことだったらやむを得ん!」と了承してくれたそうです笑)ROLLING CRADLEのTシャツを着て待っててくれたナイスガイがいました(^^)




DSC_0407





彼(ホックン)はここで1人暮らししてるそうです。




ちなみに、ライブ当日、楽屋に用意してもらう弁当はホックンの会社で作ってる弁当なんだって!


なんたるミラクル!


ホックンの会社の関係者各位。
ありがとうございますm(__)m
お弁当は美味しく頂きます!




鍬ヶ崎仮設住宅を後にして次の目的地へ移動する途中、宮古で最も津波被害の大きかった辺りを通りました。


あの日から間もなく2年が経とうとしている今、TVや紙面などでは見てきてはいたものの、実際にその状況を自分の目で見て、肌で感じるのはこれが初めて。




DSC_0412



DSC_0413



DSC_0415



DSC_0417



DSC_0418





雑草が生い茂ってるとこも、更地となり今は駐車スペースになっているとこにも、かつては家や商店があり宮古の皆さんの心暖かい日常があったのだ。




「行ってみないと分からない」




いろんな人にそう言われた。
その言葉が脳裏に浮かび、その言葉を痛感した。


ここに来るのに約2年かかってしまったけど、俺達と宮古、そしてこの先に待ってくれてる大船渡も石巻もそう、これから続いていく。ここから続いていくのだ。




次に届けに行ったのは『熊野町鍬ヶ崎児童遊園仮設住宅』




DSC_0421





その名前の通り、公園に建てられた仮設住宅で、ここでは18世帯が暮らしています。




俺達が到着すると皆さんが集まって来てくれました。




D34_3562





メタルポーズをレクチャーしていると「これは何のおまじないかね?」と年配の方に聞かれたので、、、




「若返りのおまじないです♪」




って答えました。笑




D34_3577





ここでも灯油とお子さんへお菓子差し上げてきました。




D34_3571





さて、次なる目的地へ行こうと思った矢先!


寒いなか一緒に手伝ってくれてたせいちゃんに異変が!




DSC_0423





これぞ鼻水。
"This is 鼻水"な芸術点がすこぶる高すぎる鼻水インザハウス。




せいちゃん、やるなー。笑




鼻水と俺を乗せたせいちゃんの車を含む我々一行が次の目的地に行く途中にあった布団店。




DSC_0427





さっき行った熊野町鍬ヶ崎児童遊園仮設住宅に住んでる方のお店で、以前BRAHMANが宮古に来た際、ここから布団を借りたそうです。




さて、次に届けに行ったのは『漁民住宅跡地/浄土ヶ浜仮設住宅』


ここでは19世帯が暮らしています。




勾配のキツい谷あいの場所にある仮設住宅だからなのか、他のとこよりも寒く感じられます。
降り積もった雪が氷ってツルッツル!



D34_3585





寒さにも負けず和気あいあいと「どんだけ〜精神」で進む我々IKKO。




DSC_0431

撮影者:俺


別角度で、、、


D34_3593

撮影者:H.and.A




ここで灯油を配っていると、チビッ子を連れたヤングママさん達(サイトウさんとササキさん)が声をかけてくれました。


俺達がここに来るのを待っててくれてたんやけど、話を聞いてみるとササキさんはさっき行った鍬ヶ崎仮設住宅のホックンのお姉ちゃんでした!




D34_3609





(マスクしてるのがホックンの姉のササキさん。
念のため弟さんが会社を早退した事を報告しておきました。笑)




DSC_0434





この子メッチャかわいかったぁ!!!




次の目的地へ向かう前に、社長とせいちゃんが宮古の名所『浄土が浜』を俺達に見せたいってことで案内してもらいました(^-^)/




名前には聞いたことはあった浄土が浜。


綺麗な海と自然が作り出した岩と白い浜が織り成す絶景。


しかし、今はこんなに美しい景色が広がってるけど、ここも津波被害にあっています。


浜に隣接されてるレストハウスにはそのことを伝えるものがありました。




DSC_0442





ここを襲った津波の高さは青線の位置6.5mに及んだそうです。




今ではすっかり綺麗に甦ったレストハウスでお土産を物色。




D34_3624





俺は海の幸を使った珍味の他に、




DSC_0459





仮設住宅に住む被災者の方々に仕事を提供し、収入を得られ働く喜びを生きがいへと繋げ希望を抱いてもらえるようにと経済支援を目的とした復興プロジェクト「かけあしの会」の方々が生産した塩サイダーと宮古の塩ストラップを購入。




一息ついて次に届けに行ったのは『浄土が浜第三駐車場/日立浜仮設住宅』




ここでは24世帯が暮らしています。




俺達が到着すると、ここでも皆さんが集まって来てくれました。




D34_3661





ナヲの後ろのおじいちゃんカワイイ!




灯油を満載したローリーから空のポリタンクに灯油を入れて、満杯(18リットル)になったら持っていく。




D34_3644





こうして配布完了!




本来ならここが最終目的地だったんやけど、配り終えてもまだ若干灯油に余裕があったので社長の提案で『もっこ少女』という所に持っていくことにしました。




『もっこ少女』とは、、、





もともと年配の方々が多く生活してた高台にある集落で、幸いにして高台だったため直接的に津波被害はなったけど津波によって発生した大量のガレキによって集落までの道がふさがれてしまいライフラインを失ってしまったそうです。


そこへ近所にある鍬ヶ崎小学校(灯油を届けた鍬ヶ崎仮設住宅がグランド内に建てられてる学校)の生徒達が食料など生活に必要な物資を背中に背負って集落へ続く急な坂を登って届けてたという場所です。




DSC_0452





山肌に沿うように密集している所が『もっこ少女』




車が入れないので近くまで行って、そこからは徒歩で行きます。




D34_3675



D34_3676




あらかじめ聞いてはいたけど、実際行ってみると想像以上の坂でした(^^;




DSC_0448





ここを小学生達が物資を背負って坂を登ってたと思うと感慨もひとしお。




D34_3705





灯油の入ったポリタンクをここに住む社長の知り合いの方に預けてきました。




そして、これをもって宮古灯油大作戦終了!!!!




D34_3715





今回、宮古で届けた灯油は全部でポリタンク114缶分でした!


まずは宮古に皆さんからの真心を届けてきました!


協力してくださった皆さん、本当にありがとうございました!




さぁ〜、作戦終了して皆でゴハン食べに行こうと思って車に乗るやいなや、その時カーステから流れてきたラジオ番組 エフエム岩手「ROCK ON THE FM!」で俺達のツアーのこと、そして灯油大作戦のことを詳細に紹介してくれて「ぶっ生き返す」までかけてくれたので、いてもたってもいられなくなり、いっきなりエフエム岩手に電話!笑




D34_3712





番組のディレクターさんに繋いでもらって、紹介してもらったお礼と宮古灯油大作戦終了の報告をしたところ、その後に番組内でちゃんと伝えてもらえました(^^)


とりあえず番組ディレクターさんもパーソナリティーさんも、いきなり本人から電話があったってことで非常にビックリしてたわ(^^;




そんなこんなで、無事終了した後に皆で訪れたのは、、、




D34_3720





安倍屋(あんばいや)というラーメン屋。
地元じゃ有名なお店らしいけど、最初は有名店だからこの店に来たかったわけではないんです。


実はこのお店、上ちゃんの奥さんのお父さんの同級生がやってるお店なんです!


で、せいちゃんとか社長に聞いてみたら地元の有名店だったっていうわけ。


しかも、ここのチャーシューは我らが太田社長の太田屋肉店のチャーシューを使用してるって!




てことで、店に着くと、せいちゃんが先に全員分の注文しててくれてたんやけど、自動的に太田屋肉店自慢のチャーシューをふんだんにあしらった「チャーシューワンタンメン」が出てくるシステムに。笑




DSC_0456





現れたチャーシューワンタンメン。
細麺であっさりしてるんやけどスッキリとしたなかにキリッとした奥深さとまろやかな優しさを感じる至高の一杯。


そんでもって、チャーシューがこれまた絶品☆☆☆




D34_3724





ごちそうさまでした(o^〜^o)


(ちなみに、こちらでのお食事代は本日ダウンしてしまった亮さんが皆に申し訳ないとのことで全額お支払いしてくれました。笑)




今回のツアーは"支援"というのが1つのキーワードです。


ホルモンなりの支援を、ということで今回3ヵ所で行う東北灯油大作戦。


その1ヵ所目、宮古。


届けに行った先々で出会った皆さんは俺達が想像するよりもきっと何倍も辛く困難な状況を複雑な心境を抱えながら、前を向いて少しずつ歩を進めてる人達。


正直、俺達の方が恵まれた環境で日々過ごしてる。


それなのに「体に気をつけるんだよ」とか暖かい言葉をたくさんくれた。


皆さんの少しでも力になれれば、そう思って来たのになんだか俺達の方が背中を押されてる気もする。


負けちゃいられん!


俺は正直そう思った。


共に闘うんや。


それぞれがおかれた環境で頑張るんや。一緒に頑張るんや。


ここから始まった俺達なりの支援活動は間違いなくこれからも続いていきます。





〜今日の「俺たちの太」〜


浄土が浜でのヒトコマ。




DSC_0436





ロッククライミングにお熱な太様はなにやらソワソワしたご様子。




DSC_0437



DSC_0438



DSC_0440





もはや「上ちゃんを探せ!」みたいになってるけど、どうやら岩の感触を確めに行ったようです。




「登りたいな…」




そう小さくつぶやく太様でした。









tsudadaisuke at 03:22 
  • ライブドアブログ