2013年02月12日

俺たちの太2013〜俺たちの石巻〜




朝、宿で見たローカル情報番組『突撃!ナマイキTV』
出演者・番組内容ともに地域密着型情報番組テイストがたまらなくエエ感じ(^^)




そんで、この日はライブハウス行く前に石巻市街を見て回ることに。




DSC_0664




津波に加え、大規模な火災も発生し甚大な被害にあった門脇地区。
DSC_0672




被害の爪痕が生々しく残る門脇小学校
DSC_0665


DSC_0670




ほとんどの生徒・教職員は裏の高台に避難できたけど、校舎は焼けてしまったため、今は近くの中学校を間借りして授業を行ってる状況で、震災後、クラスの数も減ってしまったそうです。




小学校から少し車を走らせ、旧北上川の中瀬へ…




津波被害から復活した石ノ森萬画館
TOHOKU-1




その先にあったのは…




DSC_0676




傷ついた自由の女神像。




ここには『中瀬マリンパーク』という公園があり、その公園のシンボルとして航行の安全と公園を訪れる人々の安全を見守るため、この自由の女神像が建てられました。


そして、その周りには"石巻を花と緑あふれる街へ"という願いを込めて「フラワーガーデン」が広がっていたそうです。


その他、園内には、

世界平和を打ち鳴らす「平和の鐘」。
夜の航行の安全を願い明かりが灯されていた「灯台」。
食と健康を与えてくれる魚達に感謝と供養をするための「魚供養碑」。

さらに屋外ステージなどもあり、地元の人達の憩いの場、そして石巻の観光スポットでもありました。




しかし、津波により残ったのは傷ついた自由の女神だけ…。




DSC_0675




津波に耐えぬき、傷つきながらも安全を見守り続けてくれています。



女神の眼に"あの日の光景"はどう映り、石巻の"今"そして"未来"はどう映っているのでしょうか?




そして俺達はライブハウスへ。




DSC_0686




ライブハウスは、かつて飲食店が連なっていた繁華街にあります。


石巻は漁師町。


豪快な生活を送る漁師たちは朝、海に出て、戻ってきたら繁華街に繰り出す。


かつて、この繁華街は肩がぶつかるほどの人で溢れていたそうです。


その繁華街全体が被災してしまい、その後、営業を再開したお店はほとんど無く、当時の賑やかさを失ったシャッター街になってしまいました。




DSC_0687




ライブハウスの前の通りで営業してるのはラーメン屋と寿司屋のみ。




DSC_0696




しかし、このラーメン屋も、もうすぐ閉店してしまうそうです…。




隣の寿司屋には津波の水位が印されていました。




DSC_0689




じゃ、ちょっくら行ってきま〜す(^^)




DSC_0692




そんなことをしつつ(笑)、BLUE RESISTANCE店長クロサワさんとお話してたら、とある男の子を発見。




パッと見てすぐわかった!
今回のツアーと灯油大作戦の事を発表したすぐ後に、俺達のレギュラーラジオ番組『ギンギラギンにさりげ肉』にメールを送ってくれてたタケシ君や!


石巻市内の仮設住宅で生活している彼。


"マキシ"マム ザ ホルモンがイシノ"マキシ"にやって来るってことで、




DSC_0693




こんなフラッグを作ったそうです(^^)




ちょうど俺達とくるりが宮古〜大船渡〜石巻を回ってるのと前後する日程でSiM、HEY-SMITH、COUNTRY YARDの3バンド。そして、GOOD4NOTHING、HOTSQUALLの2バンドがそれぞれ同じ場所を回ってることから、タケシ君のフラッグには俺達より先に石巻でライブしたそれぞれのバンドのサインが書かれており、俺達も後ほど仲間入りしました(^^)




完成してまだそれほど時間が経っていないけど、すでにBLUE RESISTANCEはタケシ君にとって、なくてはならない存在。
そして、それはタケシ君のみならずたくさんの人達にとってそうだと確信しています。




そんな石巻の今と未来を鳴らす本陣ともいうべきBLUE RESISTANCEは、もともとあったテナント3軒をぶち抜いて店長クロサワさんをはじめ、東北ライブハウス大作戦 石巻支部の皆の手で作り上げたライブハウス。


さらに、その隣のテナントも飲み屋にしました。


DSC_0701




震災前、クロサワさんは海で生計を立ててましたが、今は自分達の手で1から築き上げたこの城に全てを懸けています。




その城に俺達の息吹を!っていうことで、、、




D35_6012




ホルモン&くるり 木札作戦!
D35_6048




俺、字きたないなぁ。。。




てか、、、マキシマムザりょ。笑




そんな「マキシマムザりょ」さん。




ライブハウスに着いてから、しばらく姿が見えないと思っていたら…




TOHOKU_3




あ゛ーーーーーーーーーー!!!!!!!!!




何か買ってきたぁあああーーーーー!!!!!!!




初めて来た土地もなんのその!
食欲ドラゴンレーダーを駆使して、近所にクレープ屋を発見!




ムキーーーーーー!!!!!!
これにはたまらず俺・ナヲ・上ちゃんも




ばしょいどう ←
ひとにきく
もちものみる
もちづきみのる
そこしらべる




で。




D35_5936




グヘヘ〜




もっちもち生地の絶品クレープ♪


クレープだけでも2枚組CDくらい種類があるんやけど、それ以外にもフライドポテトをはじめとした多種多様な充実のラインナップは、もはやフェスレベル!
メニューを見てるだけで胃袋の鼓動が高鳴ります。笑


美味しいうえに安い!こんなお店、近所に欲しい!


このお店もビルの屋上まで津波にやられてしまったけど、なんとか再建して、石巻の学生達で日々にぎわってるそうです(^^)




DSC_0700




ごちそうさまでした☆



さて、この日は、漁網を使ったミサンガ・革製品・Tシャツ作りなどを通して、石巻で特に被害の大きかった沿岸部、牡鹿半島の女性達の自立支援を進めている『いしのまき へい輪プロジェクト』の方々もライブハウスで、浜のお母さん達が中心となって作った漁網ミサンガを販売してくれてました。




ミサンガと私。
DSC_0708




そのプロジェクトの中に、東京SKINSシーンの重鎮「鉄槌」の千葉さん(石巻出身)のお兄さんがいらっしゃって、お兄さんを通じて「弟から!」ってことで、




DSC_0703




レペゼン石巻。
地元の方々から絶大な支持を誇る『やまだの焼きとり』を頂きました!


肉もさることながらタレがデラぜっぴん☆
地元の方はこのタレをわざと残しておいて、ゴハンにかけて食べるんだそうです。


千葉さん、ごちそうさまでした!ありがとうございました!




ど〜やら、この日もやはり、オシャベリとは別の意味で口がよく動く我々。




さてと…、次はライブハウスに集結した猛者どもをペロリと平らげようか…。




昨年10月に放送されたTV番組の企画で、くるりが石川さゆりさんから依頼を受け、石巻で暮らす人々の言葉を丁寧に紡ぎ、節をつけ作り上げ、石巻に届けられた「石巻復興節」という唄があります。


この日、くるりはライブの最後の曲にその「石巻復興節」を選びました。


しかも、地元のご婦人方で構成された「やっぺすダンサーズ」がゲスト参加するというスペシャルコラボバージョンで披露されました☆


※ちなみに、この「石巻復興節」のCDは石巻市内の各店舗またはネット通販で購入でき、その売り上げの一部ならびに収益が石巻復興支援ネットワークを通じて、仮設住宅での生活支援、そして石巻川開き祭りをはじめとする地域事業などの活動支援金に充てられます。




くるりの時から感じてはいたんやけど、石巻の皆はホンマに元気やね!




皆の前へ前へと迫ってくる勢いがあまりにも凄いもんだから、最前列の人は気がつくとステージに上がってしまっているくらいの超肉弾戦!




D35_6807




ついさっきまで、はんなりとしたくるりワールドが展開されてたのが嘘みたいに豹変…


あっという間に、高温多湿で酸素希薄な地獄絵図空間の誕生。




おそらくBLUE RESISTANCEが、東北ライブハウス大作戦のライブのなかで、キャパ的に1番大きいライブハウスなんやけど、1番キツいライブハウスだわ、こりゃ。




息を吸っても口にほとんど何も入ってきやしない…。




そんな状況にも関わらず、イシノ マキコ(石巻っ子)の勢いは衰え知らず!俺達をグイグイ攻めてくる!


しかもマキコ達ってば、めっちゃエエ顔してるのよ!


ロッキンアグリーモションで攻め立ててくるもんだから、それに煽られて俺達もギアチェンジ。


そしたら、今度はそれに煽られたマキコ達がギアチェンジ。その応酬。琴欧州。




中盤以降、さすがに苦しくて白目むきそうなKO寸前の子もいたんやけど、目を合わせると「おらぁぁあああ!!!」って一瞬にして蘇る。笑


ちなみに、そんな子が1人や2人じゃなかったからね。笑




強敵だったわ、石巻!


その強さ、忘れるなよ!




D35_7024




ありがとう!

互いの日々を闘い抜いて、また決勝の地、ライブハウスで逢おうぜ!




実はこの日、火花と汗と脂を散らせて闘った猛者のなかに、なんと!
女川町長 須田さんがいたんです!




町長さんがホルモンファンってことは友達に教えてもらって知ってたんやけど、鉄槌の千葉さんから「女川町長さんが石巻のライブに来てくださる」って連絡をもらった時はビックリしました。


さらに、その連絡をもらった時点で、町長さんは抽選で当たってすでにチケットを持ってたことが判明!


さすがは町長さん。しっかり「当選」したんですね。笑




アンコールの時、「今日、ここに女川町長さんが来てるはず…」っていうとフロアの1番後ろから町長さんのデッカイ声が飛んできました。笑




そして、最前列まで出てきてくれた町長さんとハグした後は、もちろん、、、、




町長 IN THE MOSH PIT!!!!!!!!!!




日本広し、ROTTENGRAFFTYのドラムはナカマ ヒロシ、といえども。
モッシュする「自治体の長」は女川町長さん以外いないでしょう!笑




町長さん、汗だくになりながらモッシュするその姿。
しっかりと焼き付いてますよ!




町長さんの他にも、

音楽イベント『我歴(GAREKI) stock女川 in 』を開催するなど、女川復活のノロシをあげるべく活動している「女川福幸丸」の方々。
その福幸丸メンバーと連携して各種イベントの中心を担っている、女川再建のため民間の立場でまちづくり会社を設立された若手水産経営者の方々。

が、ライブに来てくれました。(全員チケット当たったそうです!)




ちなみに、『我歴(GAREKI) stock女川 in 』とは…
震災後、自身が音楽に救われたことから音楽の力を実感した福幸丸メンバーが、
「一見ゴミのように思える"瓦礫(GAREKI)"は、そこで暮らしてきた1人1人の生きた証であるという意味から"我歴(GAREKI)"である。復興を目指し、新たな"我歴"を刻んでいきたい。」
という願いを込めてスタートしたイベントです。




ライブ後、町長さんをはじめ女川の皆さんと談笑。




俺の奥にいる笑顔の男性が町長さん
D35_7093




ていうか、これ何の話をしてるんや?笑




女川のお土産と、町長グッズ(笑)まで頂きました\(^-^)/


皆さん、ありがとうございました!!!!




で、こちらがその町長グッズ




DSC_0713




町長クリアファイルと町長バッチ。


クリアファイルには、ちょっとしたギミックがあるらしい…。




DSC_0711




ホルモン好きってことで、1つだけ手がメロイックサインぽくなってる町長さんがいました。笑




ここ石巻でもまた、素敵な人、素敵な食べ物(笑)に出会えました。




イシノマキシマム ザ ホルモン キャーキャーうるさい方 ダイスケはん






〜今日の「俺たちの太」〜


リハーサルを終えて、ライブハウス周辺を「うえ散歩」した太様。
この日、差し入れでもらった『やまだの焼きとり』を皆より一足先にお店で食べてたそうです。


そんな太様のライブ前までの食の足跡をまとめてみました。


STEP1. 楽屋で弁当。


STEP2. クレープ屋でクレープ。


STEP3. 「うえ散歩」で焼きとり。


STEP4. 差し入れで焼きとり。 


いいですね〜。順調に積み重ねてますね〜。




そんな太様からCOUNTRY YARDに伝言。




DSC_0715




「BLUE RESISTANCEデ メンバーノ ワスレモノヲ アズカッタ」


「ギターノ ミヤモニ ワタシテオク」





tsudadaisuke at 17:48 
  • ライブドアブログ