大阪府高石市の歯医者、辻野歯科医院の研修記

常に勉強する医院、常に進化する医院の大阪府高石市の歯医者、辻野歯科医院のスタッフやドクターが受けた研修についてご紹介いたします

ホワイトニングコーディネーター講習会(大阪)

令和元年10月20日(日)歯科衛生士の丸本、辻本が「一般財団法人 日本歯科審美学会 ホワイトニングコーディネーター講習会〜ホワイトニングにおけるカウンセリングとケア〜」のセミナーに参加して来ました。
歯の白さや見た目などを気にされている患者様はよくいらっしゃるので、笑顔に自信が持てるようホワイトニングコーディネーターとして、より理想の状態に近づけるようにサポートしていきたいです。

「削らない歯学会」設立記念シンポジウム(大阪)

令和元年7月28日、歯科衛生士の尾方が「「削らない歯学会」記念設立シンポジウム」のセミナーに参加して来ました。
誰もが願う、「歯を削らない=歯を守ること」むし歯や歯周病を進行させないように予防を大切にし、実践する歯科衛生士の役割は重大であると改めて感じました。

国際口腔インプラント学会〜大阪学術講演会〜(大阪)

令和元年6月2日歯科衛生士の尾方が、「国際口腔インプラント学会〜大阪学術講演会〜」のセミナーに参加してきました。
患者様と共にメインテナンスを継続する中で、美味しく、よく噛める健康寿命を延ばすことのお手伝いが出来るように努力してまいります。

第8回 2回目 CSR.I定例会(大阪)

令和元年5月30日歯科衛生士メンバーで、「第8回 二回目 CSR.I定例会〜歯周病の基礎のキソ Dr.とDHのペリオの関わり方〜(診査・診断を中心に)」セミナーに参加して来ました。
歯周病は歯医者に行けば治る、定期検診をしていれば大丈夫と思われる患者さんはたくさんいると思います。でもそうではなくて、炎症を治すにはまず自分自身でセルフケアを行い、その上で私達がサポートをするということを伝えていきたいです。

第7回SAFE学術大会(大阪)

平成31年4月14日歯科衛生士のメンバーで「第7回SAFE学術大会〜インプラントのトラブルヘキサゴン〜」のセミナーに参加して来ました。
インプラントを埋入している位置や咬み合わせの状態、変化も含め、その後のメインテナンスでもしっかりとサポートしていければと思います。

日本歯周病学会第80回歯科衛生士教育講演会(和歌山)

平成31年3月3日(日)歯科衛生士の尾方、鎌倉、小西が「日本歯周病学会第80回歯科衛生士教育講演会」に参加して来ました。
患者様お一人お一人全く違う環境のお口の中をしていますので、歯科衛生士はお口の健康管理が務まるように、どんな些細な良い変化、悪い変化も見逃さずに気付き、より良いお付き合いが出来るように努力してまいります。

NDL mint-seminar(大阪)

平成31年2月17日歯科衛生士の鎌倉が、「NDL mint-seminar 深めよう!DHワーク!噛むことを意識した歯科保健指導セミナー」に参加して来ました。
人は「食べる」、「噛む」事で幸せを感じることができるので、その土台となる噛める口腔状態にする為、歯周病の治療や補綴治療をしっかり行っていきたいと思います。

それでいいの?安心安全な歯科医療を優位にする感染管理(大阪)

平成31年1月27日歯科衛生士の尾方と、スマイルクリエーターの沖が「それでいいの?安心安全な歯科医療を優位にする感染管理」のセミナーに参加して来ました。
医院の基本となる感染管理の対策を再度確認することが出来ました。目に見える汚れと見えない汚れを区別して確実に処理を行い、患者様やスタッフにとっても、安心安全な治療を提供していきたいです。

日本歯周病学会第78回歯科衛生士教育講演会(鳥取)

平成30年11月18日歯科衛生士の尾方、安部が「日本歯周病学会第78回歯科衛生士教育講演会」に参加して来ました。
毎日の業務がただのお掃除屋さんになるのではなく、少しでも患者さんの健康行動を変えていけるように励んでいきたいと思います。病名や用語や基準などが少しずつ変化していくので、新しい情報をキャッチできるように学んでいきたいと思いました。

筋の機能、生理からひも解くお口の健康づくり(大阪)

平成30年11月11日歯科衛生士の尾方が「筋の機能、生理からひも解くお口の健康づくり〜MFT、顎関節症指導、マッサージ〜」のセミナーに参加して来ました。
力を入れてしっかり噛むことは大切です。噛みしめる事のプラスとマイナス作用を学んできました。バランスのとれたお口の健康づくりのお手伝いができるように努めてまいります。

第61回秋季日本歯周病学会学術大会(大阪)

平成30年10月27日歯科衛生士の鎌倉が「第61回秋季日本歯周病学会学術大会〜高齢者医療で必要とされる歯科衛生士の視点ー口腔健康管理と高齢者心身機能低下ー〜」のセミナーに参加して来ました。
嚥下の低下に繋がる舌骨上筋群の衰えは、奥歯の咬み合わせが保てていれば衰えないので、歯周病・むし歯・力のコントロールにしっかり着目して、咬み合わせを保ち1本でも歯を残すことができるように患者さんに携わりたいと思いました。

第8回日本国際歯科大会2018(横浜)

平成30年10月6日、7日歯科衛生士の尾方、安部、小西、鎌倉、辻本、丸本、林が「第8回日本国際歯科大会2018」に参加して来ました。
世界基準の知識や知恵、超一流の先生方の心意気を学んできました。一生ものの大切な歯を守るお手伝いができる仕事に誇りを持ち、心を引き締めて取り組んでいこうと思います。

第48回日本口腔インプラント学会学術大会(大阪)

平成30年9月16日歯科衛生士の安部が「第48回日本口腔インプラント学会学術大会〜健康長寿社会の実現に向けて!日本口腔インプラント学会が成すべき歯科医療イノベーション〜」のセミナーに参加して来ました。
インプラント治療の患者さんだけでなく軽度の歯周炎で治すことが大切なので、早めに発見しプラークコントロールの必要性をきちんと理解してもらうかは歯科衛生士の役割であり、出来ることなのでしっかり努めていきたいと思いました。

患者さん満足度アップのための環境づくり(大阪)

平成30年7月22日に辻野、尾方、岩垣、沖が「患者さん満足度アップのための環境づくり」のセミナーに参加してきました。
患者様にわかりやすい説明や丁寧な対応が出来るよう、日々新しい工夫を重ね、より患者様に満足していただけるよう努力して参ります。

GC友の会学術講演会〜スキルアップ講演〜(大阪)

平成30年6月24日歯科衛生士の安部、鎌倉が「GC友の会学術講演会(教えて!歯を守る歯周治療)〜スキルアップ講演〜」に参加してきました。
このセミナーを通して患者様が、歯周病についてきちんと理解して下さっているかがどれだけ大切かを改めて教えていただいたので、今後患者様がより理解しやすいように模型や対比ができる資料なども用いて、簡単にわかりやすい説明を心がけていこうと思いました。

シンプルスケーリング:ベーシックコース(大阪)

平成30年5月10日歯科衛生士の林が「シンプルスケーリング:ベーシックコース〜ウォーキングプロービング、スケーリング、シャープニングについて〜」のセミナーに参加してきました。
プロービング、スケーリング、シャープニングなど、衛生士の仕事をする上で大切な事を沢山学ばせていただきました。明日から取り入れて、患者さんの負担が最小限で済むようにしたいです。

第6回SAFE学術大会(大阪)

平成30年3月18日歯科衛生士の安部、鎌倉、辻本、丸本が「第6回SAFE学術大会 インプラントのトラブルヘキサゴン外科的合併症〜これでバッチリ!インプラント治療のアシスタントワーク〜」のセミナーに参加してきました。
Dr.が術野に集中出来るよう、素早い治療が行えるようなアシスタントをするためには、部位や内容、オペの手順などアシスト側もしっかり把握しておく必要があると思いました。また、これはインプラントのオペだけでなく、どんな治療をする際でも言えることなので、普段からこれを意識しなければならないと思いました。

おとみんのよくばりレッスンライブ(大阪)

平成30年3月4日歯科衛生士の安部が「おとみんのよくばりレッスンライブ〜小児歯科の食育と口腔機能〜医院に通って下さっている子どもたちのお口ぽかんのお顔でなく、きれいな口元とお顔へ成長してくれるように今回学んだ食育や口腔機能について伝えていきたいと思います。そして、まず医院内でお口ぽかんの子どもを探すことからはじめたいと思います。

患者接遇セミナー(大阪)

平成30年1月18日スマイルクリエーターの大浦が「患者接遇セミナー」に参加してきました。
患者さんに対する言葉遣い、先生に対する姿勢などを学びました。学んだことを少しでも活かせるように頑張りたいです。

歯周治療をベースにした診療システムの構築(大阪)

平成29年12月3日歯科衛生士の鎌倉が、「歯周治療をベースにした診療システムの構築」のセミナーに参加してきました。
ついついプラークに注目してしまいがちなのですが、クリーニング時、口腔内の観察を大事にして力のコントロールにも注目していきたいと思いました。

日本歯周病学会60周年記念大会(京都)

平成29年12月17日歯科衛生士の尾方、安部、鎌倉が「日本歯周病学会60周年記念大会〜歯周病撲滅に向けて 京都宣言〜」のセミナーに参加してきました。
8020達成者が5割を超えている一方で、まだまだ国民の7割以上が歯周病に罹患しているのが現状です。なかなか予防のためにという考えする方の方が少なく、どこか不具合が出ないと歯科医院に来られる方は少ないですが、その時にしっかり歯周病について理解していただく事が重要だと思います。
日本歯周病学会が60周年に際し掲げられた「歯周病撲滅」という大きな目標に対して、来院される患者さんの歯周病を予防していけるように技術も知識も経験も積んでいきたいです。

口から食べる幸せを支援するための包括的スキルと歯科衛生士が知っておきたいオーラルマネジメントCREATE(大阪)

平成29年12月3日歯科衛生士の尾方が、「口から食べる幸せを支援するための包括的スキルと歯科衛生士が知っておきたいオーラルマネジメントCREATE」のセミナーに参加してきました。
高齢者の誤嚥性肺炎にはムセのない(不顕性)誤嚥=サイレントアスピレーションが増加。
口の中を清潔にする事で悪い菌を減らし、予防できます。ますます私達歯科衛生士のケアが必要となってきています。

口腔内写真撮影実習会(兵庫)

平成29年11月3日歯科衛生士の鎌倉、辻本、丸本が「口腔内写真撮影実習会〜口腔内写真撮影のコツとツボ〜」のセミナーに参加してきました。
検診時には口腔内写真を撮影するので、患者さんにも、より自分の口腔状況の変化に気づいて頂けるよう有効活用していきたいです。

CT撮影と画像診断(大阪)

平成29年11月5日歯科衛生士の安部が、「CT撮影と画像診断」のセミナーに参加してきました。

CT撮影のことだけでなく、パノラマ撮影のポイントも教えていただき、すごく勉強になりました。
改めて、インプラント治療はもちろん歯科治療にはCTが必要だと感じました。今後の診療でCTをより活用していこうと思いました。

問題解決型セミナー(大阪)

平成29年11月日歯科衛生士の鎌倉が、「問題解決型セミナー〜パワーアップデンタルコミュニケーション〜」のセミナーに参加してきました。
患者さんから信頼を得るには、技術だけでなくコミュニケーションも大切だと思います。まずは、患者さんと向き合う事に努力していきたいと思います。

二人三脚を成功させる歯周治療と予防の新しいアプローチ〜予防歯科学分野 天野敦雄〜(大阪)

平成29年9月24日歯科衛生士の安部が、「二人三脚を成功させる歯周治療と予防の新しいアプローチ〜予防歯科学分野 天野敦雄〜」のセミナーに参加してきました。
天野先生のお話はとっても面白く、一人漫才を聞きに行っているようでした。(笑)歯周病は、ポケット内に傷ができているため、そこを触ると出血し、その出血を栄養として歯周病菌が増殖し悪化してしまう事を患者さんに分かりやすく説明していけるように努めていきたいと思います。そのためにプラークを取り除く事の大切さを伝えていきたいと思います。

糖尿病を通して見えてくる歯科衛生士の貫き力(大阪)

平成29年9月18日歯科衛生士の尾方が、「糖尿病を通して見えてくる歯科衛生士の貫き力」のセミナーに参加してきました。
さっぱりとするだけのクリーニングではなく、お口を健康にするお手入れが糖尿病や全身の病気の予防となります。

予防の成果に差が出る!個人ー処方ー計画 思考の3次元ネットワーク(大阪)

平成29年8月27日歯科衛生士の安部明美が、「予防の成果に差が出る!個人ー処方ー計画 思考の3次元ネットワーク」のセミナーに参加してきました。
よく患者さんにどんな歯磨き粉を使ったら良いですか?と聞かれますが、これまでブラッシングが重要なのでそのことを主に伝えていました。でも、患者さんの口腔内を効率良く改善するため何が必要か見極め、アイテムを処方できるように勉強していこうと思いました。

超高齢社会を支える歯科の役割(大阪)

平成29年8月6日歯科衛生士の尾方が、「超高齢社会を支える歯科の役割」のセミナーに参加してきました。
高齢の方には短い期間で診療を終えるよう心掛け、先延ばしの治療はさけて、長期安定を目指すように理解して頂けるように説明をしていきたいと思います。自分自身が受けたくなるような、患者様が喜んでくれる治療、メインテナンスを提供してまいります。

小児の保健指導シリーズ(大阪)

平成29年7月17日歯科衛生士の鎌倉が「小児の保健指導シリーズ〜小児の口腔機能を考えようセミナー〜」に参加してきました。
小児の定期健診をしていて、矯正をすすめることは多いですが、矯正をする前に口腔周囲筋を鍛えることで改善できるケースもあると思いました。MFT(口腔筋機能療法)を行うことで必ず矯正なしで改善することはなくても、顔を作るうえで必要な筋肉ですので、歯、歯肉だけでなく悪習癖にも視点を当てていきたいです。

歯科受付秘書養成セミナー(大阪)

平成29年7月15〜16日スマイルクリエーターの岩垣が、「歯科受付秘書養成セミナー」に参加してきました。
この二日間で接遇マナーや保険の事など医療人として知っておかないといけない事を沢山学べました。これからの仕事に沢山生かせたらと思います。

天然歯とインプラントのメインテナンス(大阪)

平成29年7月9日歯科衛生士の鎌倉と小西が「天然歯とインプラントのメインテナンス〜インプラント治療を成功に導くために私たち歯科衛生士ができること」のセミナーに参加してきました。
インプラントは炎症に弱く、骨吸収が起こってしまうと患者さんのブラッシングだけでは改善することはできないので、そうならない為、メインテナンスの大切さを理解して頂き、上部構造の形に応じたセルフケアが出来るような指導が、私たち衛生士に大切な事だと思いました。

お家にいこう!(大阪)

平成29年7月9日歯科衛生士の尾方が、「お家にいこう!〜お家に行って行う事、お家に行く前に行う事〜」のセミナーに参加してきました。
お一人お一人に合った健康寿命を支える歯科医療が提供できるように相談して進めていきたいです。

インプラント周囲病変完全マスター(大阪)

平成29年5月21日歯科衛生士の安部が「インプラント周囲病変完全マスター〜長期に渡りインプラントを機能させるために重要な7つのこと〜」のセミナーに参加してきました。
すでにインプラントを入れて下さっている方、これからインプラント治療をして下さる方に安心して長期に維持していただけるように、定期的なメンテナンスとホームケアがどれだけ大切かを伝え、変化を見極め適切な処置ができるようにしていきたいと思いました。

アシスタントセミナー〜スペースライン バキュームテクニックコース(大阪)

平成29年5月18日スマイルクリエーターの沖と大浦が、アシスタントセミナー「スペースライン バキュームテクニックコース」に参加してきました。
今回初めてセミナーに参加させていただいて、沢山の事を学べました。丁寧な指導や実習の時間もあり、とても勉強になりました。

日々の診療の流れで成功する金属床義歯(大阪)

平成29年3月5日歯科衛生士の辻本、丸本、スマイルクリエーターの岩垣が、畑佐学先生の講演会「日々の診療の流れで成功する金属床義歯」に参加してきました。
この講演会で、金属床義歯の良さを沢山知ることができました。義歯をつけた時の感覚は患者様にしかわからない事なので、説明はとても難しいですが、今回学んだ金属床義歯の良さを、患者様に伝えられたらと思いました。

医療安全のコンピテンシー〜成果を望む医療機関の行動変容(大阪)

平成29年2月19日歯科衛生士の尾方と丸本が「医療安全のコンピテンシー〜成果を望む医療機関の行動変容」のセミナーに参加してきました。
患者さんの口腔内で起こっている事だけに目を向けてしまいがちですが、患者さんの人間性や身体の状況をしっかり理解した上で治療を進める大切さを改めて感じさせられ、また、先輩衛生士さんがそういった対応をしている事に気づかされました。これから2年目に突入するので、患者さんのアドヒアランス(治療への積極的な参加)を高め、一緒に変化を楽しみ、治療を進めていければなと思いました。

感染管理〜雇用につながる感染管理の知識と医院づくり(大阪)

平成29年1月30日歯科衛生士の尾方が、「感染管理〜雇用につながる感染管理の知識と医院づくり」のセミナーに参加しました。
清潔な意識が医療の質を向上させ整備された環境となり、安心と安全を提供する、より良い医院づくりを目指して参ります。

PEC(大阪)

平成29年1月15日歯科衛生士の鎌倉が「PEC〜Dr.Hiroのメンテナンスオープンコース」に参加してきました。
PTC時はついつい自分が聞きたい事を優先して、患者さんが言いたい事を聞き逃していることがあるので、もっと言わせ上手になれるように患者さんとのコミュニケーションを大切にしていきたいです。

超音波スケーラーとパウダークリーニング(大坂)

平成28年12月15日歯科衛生士の鎌倉が「超音波スケーラーとパウダークリーニング」のセミナーに参加してきました。
歯面研磨では、ステインが多い人は除去しようとして、無意識のうちに回転数が上がってしまっているということがあるので、歯面を傷つけない為にも、パウダークリーニングを使うようにしていきたいです。 

歯周治療をベースにした診療システムの構築とチカラのコントロール

平成28年12月11日歯科衛生士の尾方が「歯周治療をベースにした診療システムの構築・炎症と力のコントロールを臨床に取り入れる。」のセミナーに参加してきました。
歯の周囲には鍛えられる組織はないので、大人になったら硬いものは食べないようにしましょう。

第4回 国際歯科シンポジウム(東京)

平成28年11月12、13日歯科衛生士の安部、青山、宮本、鎌倉、辻本、丸本が「第4回 国際歯科シンポジウム〜歯周病の予防・治療・管理」に参加しました。
メンテナンスでは、患者さんの口腔内をただお掃除するだけではなく、歯周病が進行してないかなど、口腔内の変化に気づけるように、しっかり観察しなければならないと思った。

インプラントベーシックコース・チームアプローチについて

平成28年11月3日歯科衛生士の青山が「インプラントベーシックコース・チームアプローチについて」のセミナーに参加して来ました。
あまり今までインプラントについて学ぶ機会が少なくほとんど知識がない状態で、インプラントのセミナーを他にも探していたりしたのですが、ほとんどがGBR、ソケット、サイナスなど踏み込んだセミナーが多く、このセミナーは基礎であるインプラントロジーから教えて下さったので、私には大変勉強になりました。

スタディグループ(大阪)

平成28年10月20日歯科衛生士の鎌倉が、「スタディグループ(Dr.のインプラントの症例発表)」に参加してきました。
他院の衛生士さんもいらっしゃっていて、色々お話しを聞かせて頂く機会もあり、色々な考えや経験を聞くことができてよかったです。インプラントについても色々な症例にどんな処置をしているかを聞くことができ、とても勉強になりました。

DNAチェアサイドソリューション(大阪)

平成28年9月4日歯科衛生士の安部と、スマイルクリエーターの岩垣が「DMAチェアサイドソリューション~歯科医院と患者さんとのつながりを強くするチェアサイドからはじまるコミュニケーション創り」のセミナーに参加して来ました。
患者さんは一人一人性格も違いますし、男女で考え方も違ったりするので、その人その人に合わせてお話しをしたり、壁をつくられる方でも、ゆっくり時間をかけて雑談したり、今回教わった事を実践してコミュニケーションをとれば、心を開いていただけるんじゃないかと感じたので、スタッフ全員で共有して活かしていきたいと思います。




明日からのインプラント治療に活かせるアシスタントワーク(大阪)

平成28年8月28日歯科衛生士の鎌倉が「明日からのインプラント治療に活かせる!アシスタントワーク(術前準備から術後のメンテナンスまで)を実践」のセミナーに参加してきました。
インプラント治療は、短期間でできる治療ではなく、長期間にわたる治療だからこそ患者様や先生とのコミュニケーションが大切だと思いました。後々に追加で言われると良い気はしないので、術前にしっかりカウンセリングができるように、インプラントについてもっと学んでいかないといけないと思いました。

心を育てる!患者接遇マナーセミナー(大阪)

平成28年8月21日スマイルクリエーターの沖が「心を育てる!患者接遇マナーセミナー」に参加して来ました。心を育てる、患者接遇マナーに参加させて頂きました。自分自身や言葉遣いを見直すとても良い勉強になりました。

エルコデント いびき防止装置「サイレンサーSL」セミナー (大阪)

平成28年7月31日スマイルクリエーターの岩垣が「エルコデント サイレンサーSLセミナー」に参加して来ました。
老若男女いびきをかく人が多い中、単純ないびきではなく無呼吸症候群といういびきの病気だと、放っておくと命の危険もあるので、とても恐ろしいものだと思いました。ですが、こういったいびき防止装置を付けることによって
、それが予防できるのであれば、医科と歯科が連携して、サイレンサーを使用できる患者様が増えるように働きかけると良いと思いました。

基本から学ぶ!PMTCとセルフケアのポイント(大阪)

平成28年7月28日歯科衛生士の辻本が「基本から学ぶ!PMTCとセルフケアのポイント」のセミナーに参加しました。
口腔内ケアをすることの大切さを改めて学ぶ事ができ、学んだ事を患者さんにもどんどん伝えていきたいと思いました。

超音波スケーリングセミナー(大阪)

平成28年7月14日歯科衛生士の辻本tと丸本が、「超音波スケーリングセミナー スタートアップコース」に参加して来ました。
少人数のセミナーだったので細かく教えてもらうことができて、とても勉強になりました。正しいスケーラーの使い方をすることで、自分だけでなく患者さんの負担も軽減するので、このセミナーで学んだ事はこれから実践していきたいと思います。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ