2016年11月18日

第4回 国際歯科シンポジウム(東京)

平成28年11月12、13日歯科衛生士の安部、青山、宮本、鎌倉、辻本、丸本が「第4回 国際歯科シンポジウム〜歯周病の予防・治療・管理」に参加しました。
メンテナンスでは、患者さんの口腔内をただお掃除するだけではなく、歯周病が進行してないかなど、口腔内の変化に気づけるように、しっかり観察しなければならないと思った。

tsujinodental at 15:38コメント(0)トラックバック(0)│ 

2016年11月07日

インプラントベーシックコース・チームアプローチについて

平成28年11月3日歯科衛生士の青山が「インプラントベーシックコース・チームアプローチについて」のセミナーに参加して来ました。
あまり今までインプラントについて学ぶ機会が少なくほとんど知識がない状態で、インプラントのセミナーを他にも探していたりしたのですが、ほとんどがGBR、ソケット、サイナスなど踏み込んだセミナーが多く、このセミナーは基礎であるインプラントロジーから教えて下さったので、私には大変勉強になりました。

tsujinodental at 15:30コメント(0)トラックバック(0)│ 

2016年10月24日

スタディグループ(大阪)

平成28年10月20日歯科衛生士の鎌倉が、「スタディグループ(Dr.のインプラントの症例発表)」に参加してきました。
他院の衛生士さんもいらっしゃっていて、色々お話しを聞かせて頂く機会もあり、色々な考えや経験を聞くことができてよかったです。インプラントについても色々な症例にどんな処置をしているかを聞くことができ、とても勉強になりました。


tsujinodental at 11:19コメント(0)トラックバック(0)│ 

2016年09月06日

DNAチェアサイドソリューション(大阪)

平成28年9月4日歯科衛生士の安部と、スマイルクリエーターの岩垣が「DMAチェアサイドソリューション~歯科医院と患者さんとのつながりを強くするチェアサイドからはじまるコミュニケーション創り」のセミナーに参加して来ました。
患者さんは一人一人性格も違いますし、男女で考え方も違ったりするので、その人その人に合わせてお話しをしたり、壁をつくられる方でも、ゆっくり時間をかけて雑談したり、今回教わった事を実践してコミュニケーションをとれば、心を開いていただけるんじゃないかと感じたので、スタッフ全員で共有して活かしていきたいと思います。






tsujinodental at 15:15コメント(0)トラックバック(0)│ 

2016年08月31日

明日からのインプラント治療に活かせるアシスタントワーク(大阪)

平成28年8月28日歯科衛生士の鎌倉が「明日からのインプラント治療に活かせる!アシスタントワーク(術前準備から術後のメンテナンスまで)を実践」のセミナーに参加してきました。
インプラント治療は、短期間でできる治療ではなく、長期間にわたる治療だからこそ患者様や先生とのコミュニケーションが大切だと思いました。後々に追加で言われると良い気はしないので、術前にしっかりカウンセリングができるように、インプラントについてもっと学んでいかないといけないと思いました。


tsujinodental at 14:44コメント(0)トラックバック(0)│ 

2016年08月23日

心を育てる!患者接遇マナーセミナー(大阪)

平成28年8月21日スマイルクリエーターの沖が「心を育てる!患者接遇マナーセミナー」に参加して来ました。心を育てる、患者接遇マナーに参加させて頂きました。自分自身や言葉遣いを見直すとても良い勉強になりました。

tsujinodental at 14:17コメント(0)トラックバック(0)│ 

2016年08月03日

エルコデント いびき防止装置「サイレンサーSL」セミナー (大阪)

平成28年7月31日スマイルクリエーターの岩垣が「エルコデント サイレンサーSLセミナー」に参加して来ました。
老若男女いびきをかく人が多い中、単純ないびきではなく無呼吸症候群といういびきの病気だと、放っておくと命の危険もあるので、とても恐ろしいものだと思いました。ですが、こういったいびき防止装置を付けることによって
、それが予防できるのであれば、医科と歯科が連携して、サイレンサーを使用できる患者様が増えるように働きかけると良いと思いました。


tsujinodental at 15:30コメント(0)トラックバック(0)│ 

2016年08月01日

基本から学ぶ!PMTCとセルフケアのポイント(大阪)

平成28年7月28日歯科衛生士の辻本が「基本から学ぶ!PMTCとセルフケアのポイント」のセミナーに参加しました。
口腔内ケアをすることの大切さを改めて学ぶ事ができ、学んだ事を患者さんにもどんどん伝えていきたいと思いました。


tsujinodental at 14:18コメント(0)トラックバック(0)│ 

2016年07月18日

超音波スケーリングセミナー(大阪)

平成28年7月14日歯科衛生士の辻本tと丸本が、「超音波スケーリングセミナー スタートアップコース」に参加して来ました。
少人数のセミナーだったので細かく教えてもらうことができて、とても勉強になりました。正しいスケーラーの使い方をすることで、自分だけでなく患者さんの負担も軽減するので、このセミナーで学んだ事はこれから実践していきたいと思います。

tsujinodental at 15:59コメント(0)トラックバック(0)│ 

2016年07月13日

スポーツ歯科から広がる歯科臨床(大阪)

平成28年7月10日歯科衛生士の宮本が「スポーツ歯科から広がる歯科臨床」のセミナーに参加してきました。
ウエイトリフティングや日頃ジムで鍛えている方などは、くいしばりにより歯の破折などのリスクが高く、サッカーや野球など人と接する距離が近くなるスポーツは外傷が多いそうです。患者さんがしているスポーツによってもお口の中を見る所が変わってくるということを学びました。


tsujinodental at 15:30コメント(0)トラックバック(0)│ 

2016年07月05日

クスリのリスクを考慮したオーラルマネジメント(大阪)

平成28年7月3日歯科衛生士の尾方が「薬のリスクを考慮したオーラルマネジメント〜医科歯科連携への応用〜」に参加して来ました。
医科と歯科の連携をはかる事で、安全でより充実した治療を行えるように配慮してまいります。

tsujinodental at 16:03コメント(0)トラックバック(0)│ 

2016年06月29日

接遇とモチベーション&カリエス予防セミナー(大阪)

平成28年6月26日衛生士の鎌倉が、「接遇とモチベーション&カリエス予防セミナー」に参加して来ました。
患者さんがスタッフに求めるものの順位で、経験豊富は7位でした。経験豊富を求める患者さんもいらっしゃると思いますが、それよりも十分な説明や気持ちを大切にすること、話しやすい雰囲気の方が大切なんだと知りました。これは努力次第でできるものなので、納得してもらえるように説明したり、お話を聴いていきたいと思いました。

tsujinodental at 15:30コメント(0)トラックバック(0)│ 

2016年06月28日

MFTセミナー(大阪)

平成28年6月26日歯科衛生士の安部が「MFTセミナー お口ポカン追放大作戦(乳幼児期)」のセミナーに行ってきました。
ハイハイの時期や離乳食の時期の子どもが歯科医院に来ることは少ないので、妊娠中の母などに乳幼児期の大切な時期をどのようにすればよいかのすすめを少しでもアドバイスできればと思います。

tsujinodental at 15:06コメント(0)トラックバック(0)│ 

2016年06月20日

様々な症例における知覚過敏処置と上手な「入れ歯ぐき」の活用方法(大阪)

平成28年6月19日歯科衛生士の尾方が「様々な症例における知覚過敏処置と上手な「入れ歯ぐき」の活用方法」のセミナーに参加してきました。
やっかいな知覚過敏について深く掘り下げ、処置方法を学びました。有名な宝田先生のセミナーに参加でき、アンチエイジングは姿勢と筋力のバランスがポイントである事を教わりました。

tsujinodental at 16:00コメント(0)トラックバック(0)│ 

2016年06月08日

2016年度Dr.Hiroのベーシックオープンセミナー(大阪)

平成28年6月5日歯科衛生士の鎌倉が「2016年度Dr.Hiroのベーシックオープンセミナー」に参加して
きました。
機械的除去だけよりもSRP後などの消毒を追加することでSRPの効果を長持ちさせることができるので、SRP後の消毒などを積極的に取り入れていきたいです。

tsujinodental at 15:30コメント(0)トラックバック(0)│ 

2016年06月06日

感染予防の「やるべき事」と「やってはいけない事」(大阪)

平成28年6月5日歯科衛生士の尾方が「感染予防の「やるべき事」と「やってはいけない事」〜ムダを省くと見えてくる医院経営効果とは〜」に参加してきました。
患者様にとっても、また私達が働きたい職場の1つに、健康で安全であることが大切です。
感染管理の重要性と正しい方法を学ぶ事ができました。

tsujinodental at 15:30コメント(0)トラックバック(0)│ 

2016年05月31日

補綴装置と歯周組織の接点(大阪)

平成28年5月29日歯科衛生士の宮本が「補綴装置と歯周組織の接点について」に参加してきました。
かぶせ物の形態は歯ぐきの形態や炎症にも影響を与えるということを学びました。かぶせ物を装着し、メインテナンスの段階になっても、患者さんのかぶせ物と歯肉の状態を観察していくことが大切だと思いました。

tsujinodental at 15:10コメント(0)トラックバック(0)│ 

レントゲンの読み方セミナー・プロービングセミナー(大阪)

平成28年5月29日歯科衛生士の鎌倉が「レントゲンの読み方セミナー・プロービングセミナー」に参加してきました。
今まで、プロービングでは計測と触診を区別できずに計測していたので、挿入角度と根尖を意識して計測していこうと思いました。レントゲンもカリエスがあるかどうか、骨吸収があるかどうかだけでなく、小さなことに気づき咬合性外傷があるかどうかみていきたいです。


tsujinodental at 15:00コメント(0)トラックバック(0)│ 

2016年05月24日

2016年度Dr.Hiroのベーシックオープンセミナー(大阪)

平成28年5月22日歯科衛生士の鎌倉が「2016年度Dr.Hiroのベーシックオープンセミナー」に参加してきました。
SRP後の治療形態を今まで考えてやってきたことはないですが、治療後の歯肉はどうなるのかSRP前にしっかり説明しておくことで、患者さんの理解を深めることができると思うので、出来る限り説明していきたいです。

tsujinodental at 16:25コメント(0)トラックバック(0)│ 

2016年04月15日

アシスタントセミナー基礎知識コース(大阪)

平成28年4月14日スマイルクリエーターの沖がアシスタントセミナー基礎知識コース」に参加して来ました。
基礎的な内容でしたが、名称や治療の手順、意味などを改めて理解できました。まだ勉強不足なのでこれからも知識を増やしていきたいと思いました。

tsujinodental at 16:11コメント(0)トラックバック(0)│ 

2016年03月29日

お口ポカン撲滅!セミナー MFT(大阪)

平成28年3月27日歯科衛生士の安部が「お口ポカン撲滅!セミナー MFT」に参加してきました。
12才臼歯(7番)が傾斜しているのをよくみます。それが縦噛みの習慣であることを初めて知りました。まわし噛みがどれだけ大切かを知り、患者様にも伝えて指導していきたいと思いました。

tsujinodental at 16:00コメント(0)トラックバック(0)│ 

2016年03月16日

知っておきたい咬み合わせについての基礎知識

平成28年3月13日歯科衛生士の宮本が「歯科衛生士が知っておきたい咬合の基礎知識」に参加して来ました。
1日の内に上下の歯が咬み合っている時間は17分だそうです。咬みあわせにより歯に強い負担がかかると、歯周病の進行の要因になったり、顎関節の動きが悪くなるそうなので、日々のメインテナンスで患者さんの小さな咬みあわせの癖、変化も見つけられる衛生士になりたいと思います。

tsujinodental at 16:11コメント(0)トラックバック(0)│ 

2016年03月09日

インプラントのメインテナンスについて

平成28年3月6日歯科衛生士の宮本が「天然歯とインプラントのメインテナンス」に参加して来ました。
インプラントのメインテナンスには歯周組織と補綴物の形態を考えてプロケア、セルフケアを考えていく必要があるとわかりました。インプラントを長持ちさせるためには、良好なプラークコントロールを保つ事が課題となってくるので、できるだけ少ない道具で有効なセルフケアができるようにブラッシング方法を考えていきたいと思いました。

tsujinodental at 16:56コメント(0)トラックバック(0)│ 

2016年03月08日

歯周治療患者における抗菌療法、高めよう!プロービング力

平成28年3月6日歯科衛生士の尾方、安部が、「日本歯周病学会 第63回歯科衛生士教育講演会B」に参加してきました。
 抗菌療法についてプロのDrのお話を伺える事ができ、とてもよかったです。
歯周病を再発させない為に患者様に丁寧なブラッシングを続けていただき、私達歯科医院のスタッフの最善のメインテナンスとクリーニングを安心して受けていただけますよう努力して参ります。

tsujinodental at 16:00コメント(0)トラックバック(0)│ 

2016年02月26日

インプラント手術のアシストについて(大阪)

平成28年2月29日歯科衛生士の宮本、脇、鎌倉が「NeoBiotech Advance Course for maxillary Sinus Graft」
に参加してきました。インプラントを成功させるためにアシスタントとして感染管理を十分に行うこと、術者と患者への配慮が重要だと学びました。ドクターは術野1点に視点が集中してしまうこともあるので、周囲の状況を把握しておく広い視野を持っておく事を考えて行動したいです。インプラント治療を受ける患者様が安心して治療を受けられるように環境づくりに努めていきたいと思いました。

tsujinodental at 17:38コメント(0)トラックバック(0)│ 

2016年02月24日

PECベーシックオープンコース ペリオコース(大阪)

平成28年歯科衛生士の青山が「PECベーシックオープンコース ペリオコース」に参加してきました。
山本先生のペリオに関する本はお世話になった物が多いので、今回こちらのコースに参加させていただき、学ぶ事ができて良い経験になりました。即実施できそうな知識も多かったので、患者さんにも伝えていければと思います。

tsujinodental at 16:31コメント(0)トラックバック(0)│ 

2016年02月09日

チームワークで作る機能する義歯(大阪)

平成28年2月7日歯科衛生士の安部、鎌倉、スマイルクリエーターの岩垣が「DH WORKS〜チームワークで作る機能する義歯」に参加して来ました。
義歯作成は、歯科医師がするものという考えでしたが、顔や顎関節のズレを事前に確認したり、見栄えも綺麗すぎる歯列が逆に不自然で嫌な患者様もいらっしゃるので、衛生士、助手ともに義歯作製に参加していくようにしたいです。

tsujinodental at 15:00コメント(0)トラックバック(0)│ 

2016年02月03日

患者さんへの結果の出せる、歯科衛生士のための予防セミナー

平成28年1月31日歯科衛生士の宮本が「歯科衛生士の予防セミナー」に参加して来ました。
患者さんのライフスタイル、口腔内は人により異なることを考えると必要なケアは変わってくるので、個人に合わせてセルフケアやプロケアを変える必要があるとわかりました。そのためには患者さんとコミュニケーションをとり、情報収集し個人を尊重したメインテナンスをすることが大事だと思いました。患者さん個人に合わせたメインテナンスを目指したいです。

tsujinodental at 17:12コメント(0)トラックバック(0)│ 

PEC実習コース(大阪)

平成28年1月17日、31日歯科衛生士の青山が「PEC実習コース」に参加して来ました。
今回、実習コースに参加させていただいて、2日間にわたって練習させていただいたのですが、苦手のSRPのコツなど事細かに教えていただいき、とても勉強になりました。まだ完璧とはいえませんが、臨床を重ねて上達していきたいです。

tsujinodental at 15:30コメント(0)トラックバック(0)│ 

2016年02月02日

お口ポカン撲滅!セミナー MFT 並膾紂

平成28年1月31日歯科衛生士の安部が「お口ポカン撲滅!セミナー MFT 廚忙臆辰靴討ました。
MFTとはお口の周りのアンバランスを改前して良いバランスを維持していくものです。
例えば(口がポカン→口唇を閉じる)
    (閉じていても口の力が入っている→口の力を緩める)
MTFの必要性、MFTをすることでのメリットをスタッフにも患者さんにも伝えていける準備をしていこうと思いました。

tsujinodental at 15:35コメント(0)トラックバック(0)│ 

2015年12月04日

カリエス・ペリオ・力のリスクに基づいたセミナー(大阪)

平成27年12月2日歯科衛生士の青山が「カリエス・ペリオ・力のリスクに基づいたセミナー 総括」に参加して来ました。
まだ衛生士になって経験も浅く、患者さんの病態を長期で診る機会は少ないので、大森先生の症例全てが新鮮でおもしろかったです。

tsujinodental at 16:14コメント(0)トラックバック(0)│ 

2015年11月18日

本物の歯科衛生士に!!効果的なSRPテクニック(大阪)

平成27年11月15日歯科衛生士の鎌倉が「スケーリング・ルートプレーニングセミナー」に参加して来ました。
一番びっくりした事が、スケーラーの持ち方です。学校では立ててもつと習ってきたのですが、セミナーでは倒して持つと学びました。始めは慣れずに戸惑いましたが、やっているうちに倒して持つ方が動かしやすいと感じました。まだまだ未熟ですが、たくさん経験を積んだ先輩DHのお話や知識を聞かせて頂くと向上心が出てくるので、セミナーにもっともっと参加していきたいと思いました。

tsujinodental at 16:00コメント(0)トラックバック(0)│ 

2015年09月25日

歯周病学会 第58回秋季学術大会(浜松)

平成27年9月13日に在宅者への歯周病ケア・がん患者の一生涯を見据えた口腔衛生管理というテーマでの講演に歯科衛生士の安部が参加してきました。この講習を通して、今後患者様の中で、これからがん治療を受けられる方がおられたら、感染しやす状態になることなどどのような身体の変化が起こるなど伝えて、トラブルが起きないように、口腔衛生管理に関心を持ってもらい、具体的なケア方法を伝えていければと思いました。

tsujinodental at 16:04コメント(0)トラックバック(0)│ 

2015年08月05日

GC友の会 学術講演会(大阪)

 平成27年8月2日(日)歯科衛生士の宮本が「歯科衛生士が求められるケアとサポート」についてのセミナーに参加して来ました。
メインテナンスを長く続けていくためには信頼関係の確立が大切だという事を学びました。
患者様を受け止める姿勢を持つためにどのような気持ちで来院されているか、生活習慣の把握などの理解をしようとする気持ちを持ち、患者様と接していきたいと思いました。専門的に診ると処置が必要であっても、患者様が希望されない場合もよくあるので、押し付けるのではなく、きちんと気持ちを汲み取る姿勢を持ってお話を進め、メインテナンスや処置ができるよう心掛けていきたいと思いました。



tsujinodental at 16:48コメント(0)トラックバック(0)│ 

2015年07月14日

歯科衛生士が実施する摂食・嚥下機能アセスメント

 平成27年7月12日(日)に歯科衛生士の尾方が「摂食・嚥下」についてのセミナーに参加してきました。
高齢者への口腔ケアを行うお際、現状のチェックポイントの幅が広がりました。実際に現場で摂食嚥下障害の評価の仕方や報告書のまとめ方など詳しく実習をしながら学ぶ事ができ、貴重なセミナーでした。また、嚥下機能への加齢の影響は個人差が大きいので口腔ケアをする中で現状のチェックポイントと予防のトレーニングをお勧めしていきたいです。

tsujinodental at 16:30コメント(0)トラックバック(0)│ 

2015年07月08日

歯科衛生士のための歯周治療(大阪)

平成27年7月5日歯科衛生士の鎌倉が「歯科衛生士のための歯周治療」のセミナーに参加して来ました。
歯間部の清掃(フロス、歯間ブラシ)は一日一回するよう患者様に指導していましたが、三日に一回行っていると良いという事を学びました。なので、患者様に「絶対して下さい。」「毎日してください。」と言うととても負担になると思うので、患者様の立場になって、生活の忙しさなどに合わせて指導していきたいと思いました。

tsujinodental at 14:47コメント(0)トラックバック(0)│ 

2015年07月06日

顎咬合学会(東京)

 平成27年6月27日・28日に歯科衛生士の宮本が顎咬合学会「顎のしくみと顎機能」のセミナーに参加して来ました。以前までは乳歯列の矯正はまだ早いので保護者の方には前歯と6歳臼歯が生えてきてから矯正のお話しを進めましょうと伝えていました。しかしこの時期に悪習癖を除去し、口腔周囲の機能を正しく整えることが重要だということを学びました。早期に咬合異常を発見し、その原因を見つけMFT(筋機能療法)に繋げることができれば矯正を必要としない症例や後戻りを防止することもできると思うので口蓋の形態・上唇・歯列をよく診るという事を取り入れたいと思いました。普段何気なくしている頬杖や横向きに寝る癖が噛みあわせの異常に繋がるということを学びました。患者さん自身も無意識に行っている可能性もあるのでよくお話しを聞くこと、お口の中をしっかりと視る技術を身に付けるということが大切だと思います。

tsujinodental at 16:30コメント(0)トラックバック(0)│ 

2015年06月10日

DH WORKS 特別講演(大阪)

 平成27年6月7日(日)に歯科衛生士の安部・宮本・青山が「歯周組織を知りつくそう」のセミナーに参加して来ました。私たちが日々接している治療している歯周組織をしっかり理解することはとても大切だと思いました。患者さんのお口の中の小さな変化も気づける歯科衛生士になっていきたいと思います。

tsujinodental at 16:00コメント(0)トラックバック(0)│ 

2015年06月05日

口腔ケア・困難者への対応(大阪)

 平成27年6月4日(木)に歯科衛生士の尾方が「摂食・嚥下の基礎知識」についてのセミナーに参加してきました。口腔機能の低下のチェックと維持向上の為の口腔ケアのトレーニングを自実習できたことがとても有意義でした。自分の顔にガムテープを貼って口が開かない人の体験をしてみました。安全にケアする事、閉口しやすくなるポイントを学びとても参考になりました。

tsujinodental at 16:30コメント(0)トラックバック(0)│ 

レントゲン・プロービングセミナー(大阪)

 平成27年5月31日(日)に歯科衛生士の青山が「レントゲン・プロービングセミナー」に参加してきました。根尖病変や分岐部病変などいちがいにプラークなどの感染ときめつけやすいが、レントゲン状から歯根膜拡大しているなどの所見をくみとって咬合力によるものだと気付くことができるので、レントゲンはしかっりと見て色々な着眼点でみることが必要だと思いました。レントゲン・プロービングは毎日患者さんの検査としてみさせていただくことが多いのでしっかりと正確な診断ができるように勉強していきたいと思います。

tsujinodental at 15:41コメント(0)トラックバック(0)│ 

2015年06月02日

プロービングセミナー・レントゲンの読み方セミナー(大阪)

 平成27年5月31日(日)に歯科衛生士の脇が「プロービングセミナー・レントゲンの読み方」についてのセミナーに参加してきました。実習があったり実際のレントゲンを見ることで、より臨床に近い形で学ぶことができ充実したセミナーでした。基本を再確認することができ視点を変えることですごく参考になりました。歯科衛生士側から見るポイントをよく観察することが大切だとわかりました。

tsujinodental at 16:00コメント(0)トラックバック(0)│ 

2015年05月26日

ジンジバルプラークコントロール(大阪)

 平成27年5月24日(日)に歯科衛生士の青山がジンジバルプラークコントロールについてのセミナーに参加してきました。今回のセミナーを受けてみてフロス使用者と不使用者のプラークの残り方にすごく差がありびっくりしました。フロスは補助道具というイメージですがそうではなく、歯ブラシと同じメインとして使用していきたいです。 
使い方が難しいと思われるので患者さんにはあまりすすめていませんでしたが、これからはどんどんすすめていこうと思いました。

tsujinodental at 15:30コメント(0)トラックバック(0)│ 

2015年05月22日

訪問歯科診療での歯科衛生士の役割(大阪)

 平成27年5月21日(木)に歯科衛生士の尾方が「介護保険制度と歯科の役割」についてのセミナーに参加して来ました。資料やテキストだけではわからない現場での経験と実践型の興味深い講義でした。
現在歯科医院に通院できない方が250万人おり、歯科医院での治療やケアでは本人や家族とのコミュニケーションが重要であるが、訪問の場合はご本人とその家族をとりまく多職種連帯が重要となります。
口腔乾燥は口腔機能低下の第一歩でもあります。開口が困難な方も口腔内の観察に加え、唾液腺マッサージや口腔内マッサージなどで刺激をし機能低下を防ぐ訓練を行う必要があります。
口腔機能向上に具体的なアドバイスが出来る歯科衛生士となれるよう基礎から学んでいきたいと思います。

tsujinodental at 15:00コメント(0)トラックバック(0)│ 

2015年05月21日

子どもの食育とむし歯予防について(大阪)

 平成27年5月21日(木)歯科衛生士の安部が「子どもの食育とむし歯予防について」のセミナーに参加してきました。普段の診療の時もお口の中の病気にとらわれず、特にお子さんの食事という方面に指導していけたら大人になった時によりよいお口になるなと思いました。

tsujinodental at 14:30コメント(0)トラックバック(0)│ 

2015年05月20日

ADI G Academy 2015(大阪)

 平成27年5月17日(日)歯科衛生士の宮本が「バクテリアセラピーが歯科医療の流れを変える」というセミナーに参加してきました。口腔内の細菌叢は人それぞれ異なります。カリエスリスクが高い人や歯周病のリスクが高い人と様々で、PMTCによって口腔内の細菌の数を減らすことで予防に繋がります。しかしリスクが高いことに変わりはないので、バクテリアセラピーで口腔内に善玉菌を増やし口腔内細菌の質を変えることでより高いレベルでのクリーニングに繋がると思いました。説明の際に口腔内の細菌についてのお話を取り入れ、もっとたくさんの方に定期健診を受けてほしいと思います。

tsujinodental at 17:00コメント(0)トラックバック(0)│ 

2015年05月08日

SRP実習(大阪)

 平成27年5月3(日)・4(月)に歯科衛生士の青山がSRP実習のセミナーに参加してきました。SRPは歯周病治療に欠かせないものなので、もっと技術を磨いて患者さんに健康な口腔内にもどれるように勉強を続けたいと思います。

tsujinodental at 14:30コメント(0)トラックバック(0)│ 

2015年05月06日

SRPベーシックコース(大阪)

 平成27年5月3日(日)・4日(月)に歯科衛生士の青山がSRP実習のセミナーに参加」してきました。シャンンクの刃先も離れてしまうSRPは歯周治療に欠かせないものなので、もっと技術を磨いて患者さんの口腔内を健康な状態に戻していけるように勉強し続けたいと思います。

tsujinodental at 15:00コメント(0)トラックバック(0)│ 

2015年02月09日

術者磨きセミナー(大阪)

 平成27年2月5日(木)に歯科衛生士の宮本が「ハブラシの処方・つまようじ法について」のセミナーに参加してきました。患者さんの磨き方や生活習慣を考えた上で磨き方を変える指導をするのではなく、患者さんの磨き方に合わせた道具やテクニックを加えてアプローチすることで、患者さんの気持ちに寄り添った歯磨き指導ができると思いました。歯ぐきの状態によって選ぶハブラシの硬さや種類は変わってきます。また歯ぐきの厚み、骨の状態によって磨き方も変わってきます。患者さん自身での気付きが大切だと思いますので、あくまでサポート役としてのコミュニケーションをしていきたいと思います。

tsujinodental at 15:00コメント(0)トラックバック(0)│ 

2015年01月28日

GCインプラントメインテナンスセミナー(大阪)

 平成27年1月25日(日)に歯科衛生士の宮本が「天然歯・インプラント混在歯列のメインテナンス」のセミナーに参加してきました。インプラントのメインテナンス時は補綴物の形態を確認し、豊隆の大きさなどからリスク部を想定しTBIとプロフェショナルケアを進めていきたいと思いました。インプラント部は炎症の抵抗性が弱いので今以上に周囲組織のチェックを十分に行い早期発見、即時処理につなげていきたいと思いました。 
また、インプラントの周囲組織は天然歯とは異なります。天然歯に比べ、細菌に対する抵抗力が弱いので炎症が起こりやすいという特徴があります。それゆえ、日々のプラークコントロールはとても大切です。インプラントのメインテナンスを通じて患者さんがより良い状態で保っていけるようお手伝いさせて頂きたいと思いました。

tsujinodental at 14:30コメント(0)トラックバック(0)│ 

2014年12月10日

改めて学ぶ歯周治療(大阪)

 H26年12月7日(日)に歯科衛生士の青山が「ドクターと衛生士のコラボレーションによる歯周治療セミナー」に参加してきました。歯周治療は衛生士が行う最も重要な仕事なので今回のセミナーを受けてとても役に立つことが多くありました。SRPは歯周ポケット数値の大小に関わらず行うべきであるということ。いきなり行うと痛みがあるので炎症が治まってからチャンスをみて行う。歯周治療で重要なSRPについて、自分もどこまですればいいのか迷う事もあったので、今回のセミナーでSRPの重要さを学べたことが一番印象に残っています。
 患者さんそれぞれの口腔内はさまざまなので、一人一人の状態を読み取って、何を優先的にやるべきかを理解できる衛生士になれたらいいなと思いました。

tsujinodental at 17:00コメント(0)トラックバック(0)│