塚本歯科医院のスタッフブログ

カテゴリ : 衛生士より

骨粗鬆症と診断され、1週間に1度薬を飲み続けて半年。
先日2度目の検査でした。
骨密度は思っていた程上がっていなくて少々がっかりしました

「先生、薬は後どれ位飲むんですか?」

 と聞くと先生は、

「薬は、月単位ではなくて、年単位で飲まないとだめです。
 肌の手入れと同じですよ。
 シワがたくさん出来てからクリームを塗っても駄目ですよね。
 骨も同じです。まだ軽いうちに薬を飲んで予防しましょう。」

 と仰いました
 
歯周病と骨粗鬆症には深い関係があります。
骨密度が低いと、下顎の骨密度も低下し歯周病も進行しやすくなります。
特に女性は年齢が高くなるとエストロゲンの低下、欠乏により
歯周病のリスクが上がります

しっかり薬を飲んで、適度な運動・バランスの良い栄養で、
今ある28本の歯を失わない様、予防していきたいと思います。

昨日、高齢者施設に入居されている100歳の方の訪問診療を依頼されました。

昨年も、従来から通院されていた100歳の女性の方の訪問診療に
他の施設へ行きましたが、今回は初めての方でした。

上下の総入れ歯を40年ほど使用していたので
歯茎は痩せ、歯も減っていて歯茎が痛く、食事に支障を感じるとのことでした

痛いところを削り調整をしました。

食事をきちんと摂れることは健康のためにとても大切なことであり
食事の入口であるお口のケアーは思いの外、重要です

   ● 入れ歯が歯茎にあたる
  ● 食べ物が咬みにくい
  ● 発音がしにい
  ● 会話中に落ちてしまう 
        
など、、、

気になることが少しでもあれば、早めに歯科医院へ受診してください

また、今回のように、来院するのが困難な場合
周囲の方からご連絡いただけましたら、往診も可能ですので
ご遠慮なく、ご連絡ください

去年の暮、右手親指の付根が痛くなり美唄労災病院の整形外科を受診しました。

レントゲンを見ていた先生が 
 『バネ指ですね。でも、それより骨粗鬆症のほうが心配ですよ!お薬飲みましょうね。』
と言われました。

一瞬 《えバネ指って何? 私が骨粗鬆症・・・

すかさず先生が
 『今、歯の治療中ではないですか?骨粗鬆症の薬を飲んでいると、外科的処置を
  した時に歯槽骨が壊死する事があるので注意してください』
とおっしゃるので、《私は歯医者で働いているので大丈夫です。。。》と心の中で思いな
がら 『はい!わかりました』と笑顔で答えてきました。

現在は1週間に1度骨粗鬆症の薬を飲んでいます。

私は自信があったため、正直少しショックでした

滝川商工会議所主催の永年勤続10年で
塚本歯科医院の歯科衛生士3名が表彰されました

澤田さん賞状

長いようであっという間に過ぎた10年だったように思います。

私は20年専業主婦をした後での再就職でしたので、
最初の2~3年は仕事に慣れるのが大変でした 

でも、院長先生・奥様・スタッフの仲間に助けてもらい、ここまでやってこられました。

この10年で、歯科衛生士として、どれだけ成長できたのか、
又これから先いつまで働けるかはわかりませんが
患者様にこの次も又歯のクリーニングをしてほしいと思ってもらえるよう、精進したいと思います。

皆様も何かスタッフについてお気づきのことがあれば、ご遠慮なく仰ってください  

このページのトップヘ