吾妻ひでお

 本が出ているのを知ると同時に、ノータイムで購入した。こういうの久々。

 吾妻ひでおの本というと、10年ほど前に出た新刊を買って以来。確かコレだって、「10年振りの新刊」というのがコピーだったハズだ。

 吾妻ひでおを思う時、真っ先に浮かぶのは新井素子との共作「ひでおと素子の愛の交換日記」な訳で、ハヤカワにハマっていたあの頃を懐かしむのであります。

 不条理漫画の元祖と言えるこの人が、こんなにも生活に苦しんでいたり、悩んだりしていたとは夢にも思わなかったなあ。

 まあ、なんていうか、とりあえず「吾妻ひでお」というキーワードで何かアタマに浮かぶ人は間違いなく買った方がいいんじゃないかなあ。おわり。