さて、高校生から社会人に至るまでになります♪

高校3年間、イジメはありましたがだいぶ軽度になりました(´ω`)b

まぁ、いわゆる仲間はずれ的なやつですね(笑)

でも、それまでが過酷すぎたので大して気にはなりませんでした(笑)

私は高校2年生の時に近所のお寿司屋さんでアルバイトを始めたんです(๑•̀ㅂ•́)و✧

バイト仲間っていうやつですね♪♪

アルバイトの子たちもほとんど女の子だったし気が楽だった(笑)

みんな仲良くなってカラオケとかよく行ってたなぁd(*´∇`*)b

バイクが欲しくてアルバイトしたんですけどね♪
今度は?(笑)ちゃんと免許を取ってバイクも自分で買いました♪♪

バイクって言ってもスクーターですよ(・∀・;)
大きいのは怖いのでね。。。

しばらくすると高校のクラスでも仲良くしてくれる子がポチポチ出てきました♪

女の子にはメイクを教えてもらったり制服借りたりファッション誌とか見せてもらったり(笑)

男の子もうちに遊びに来たりしてくれるようになって母も喜んでくれた(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑ヨシッ

そしてある時なんと!?
仲の良い男の子のうちの一人から告白されちゃったんですね///

で、初めての彼氏ゲット(*´σー`)エヘヘ

そんなこんなで高校3年間もあっという間に過ぎていよいよ就職か進学か?

小学生の頃から英語が好きで英検の2級まで合格していたので、留学を夢見ていた・・・はずだったのですが。

なぜかバイト先のお寿司屋さんに熱が入ってしまい推薦を拒否(笑)

今思えばバカだった( ¯―¯٥)

お寿司屋さんになる(๑•̀ㅂ•́)و✧
とか言ってそのまま就職してしまったのです(笑)

それから1年ほどたってお店は残念ながら潰れてしまいました。。。

行き場を失っていたところにたまたま高校時代の同級生と遭遇し、誘いもあってお水な商売を始めます(若気の至りw

でもってハマってしまうんですね(=o=;)
2年ぐらいかな?頑張ったのは(笑)

その後一気に職種転向♪
ガテンな道へ進みます(笑)

板金、防水を覚え独り立ち!!
基本は一般の木造住宅専門だったけど、中でも注文住宅のみの受注で請け負っていました♪

まだこの時は両親も健在で今のように生きることを諦めていた頃です。

とにかくクレームゼロ施工で名前を売って
有名メーカーさんにも大変お世話になりましたm(_ _)m

実際のお仕事は、屋根(コロニアル・鋼板)・外壁(窯業系・金属系サイディング)、雨とい、シーリング
たまに室内の水回りのシーリングもやってましたね(笑)

今でもこのお仕事は好きです♪
お客さんが喜んでくれる姿を見れるのが嬉しくて(´ω`)b
特にリフォームはお客さんが見てる前で施工することも多かったので、希望通りのものを作ってあげられたときはこっちが喜んでました(笑)

さて、キリがないのでその後ですね。
2年ほどで会社をたたみます。

自分に正直に生きることを諦められなくて運輸系のお仕事に付き2tトラックドライバー、フォークリフトオペレーターなどをしながら美容の専門学校へ行きつつ、脱毛やホルモン療法を開始。
経営者だと何もする時間が作れなくて(﹡ˆ﹀ˆ💧)💦


ちょうどこの頃、母が他界しました。
死因は脳梗塞。
もっともっと一緒にいられると思ってた。

どんどん脳が腫れ脳幹を圧迫。
オペをしなければ確実にアウト、オペをしても助かる見込みは30%。

父は少しでも可能性があるならとオペを決断。

頭蓋骨を外す『外圧手術』というオペをしました。
しかし、効果はありませんでした。

突然のことでわけわからなかったけど、
最後の最後の瞬間に握っていた、病室のベットに横たわるもう意識のない母の手の温もりを今でもハッキリ覚えています。

私は母の手を握りながら
『痛い思いさせちゃってゴメンね、ゆっくり休んでね』
と言いました。



さて、暗くなっちゃいましたね。
書いていると母の顔が浮かんできます。


それからしばらくして私はこの業界に入るわけなのですが、もちろん父には言えません。

ただカミングアウトはしました。
父は複雑だったと思います。
少し受け入れるだけの時間をくれと言って
2年ぐらい音信不通になったあと、父から突然のメール。

また嫌な予感がしました。

メールの内容は
『体の調子が悪くて入院するんだ、ウサギも飼ってるし、家に帰ってきてくれないか?』
とのことです。

私はいったん寮を離れ実家に帰りました。

久しぶりにあった父はガリガリに痩せていて、大きな病気であることが一目瞭然でした。

私が私らしく生き始めた姿を初めて見た父は

『妹の若い頃にそっくりだな〜』

と言ってくれました。
何度か通院も送り迎えをし、いよいよ入院日。
叔母や従兄弟たちが集まりました。

もちろん私もいたんですが、誰?状態( ¯―¯٥)

まぁそうですよね。

その時父がみんなに紹介してくれたんです。
『うちの長女だよ』
って(´;ω;`)

涙が止まらなかったなー。

そして、担当医から呼び出しが来ます。
言われた言葉は
『持って2ヶ月、今すぐどうなってもおかしくはない状態』

末期癌だったんですね。
父は悟っていたみたいです。
でも本人はまだ生きることを諦めていなかったので、今までの癌治療の歴史のあるワクチンなどを試しました。
もちろん保険は効かないので1回の診察で20万とか。。。

私は顔が青ざめましたが、
できる限りのことをしてあげたくてお仕事も必死でした。

ワクチンは自分で注射しなくてはいけないんですが、最後の日、もう注射器を握る力もなくてやっちゃいけないんだけどどうしても打ちたいと言うので私が注射してあげました。

皮下注射なので、特別難しいことはないんですが怖いので病院の指導をいただき無事注射することができました
そしてその日、私も病院があったのでちょっと行ってくるねって言って病室を出たんです。

病院の正面玄関を出たあたりで私の携帯が鳴りました。

病院からでした。

肺梗塞を起こし危険だと言われすぐに戻った私は、父の手を握り

『まだ行っちゃダメだよ、独りにしないでよ!!』

って言ってました。

しかし声は届かなかった。
入院して1ヶ月でした。

ひとりっ子だし親戚は疎遠だし、私にはもう何もない。
だからこそ、家族というものに憧れます。

全てが終わって自分の目標が達成されたら、もしかしたら家族ができるかもしれない。

確率は遥かに低いだろうけど、なんとか幸せな暮らしをしているところを両親に見せたいんだ(๑•̀ㅂ•́)و✧


とまぁ、、、
長くなっちゃったけどこれでもだいぶ端折った(笑)
とりあえずこれで終わりにしとこ♪


普通のブログに戻ります、
ありがとうございましたm(_ _)m

さて、前回の続き♪
高学年からの自分史ですね(´ω`)b

前回イジメをずっと受けていたことを書きましたが、まだまだ続きます。

よく死ななかったな自分(笑)

というわけで、イジメっ子も集団になりリーダーも決まり、知恵がついてくるわけですね。
暴力的にもなってきます。

止められる人がいなければどんどんエスカレートしてやりたい放題になっていく。。。
まるで今みたい?(笑)

小学校5年生のときに転校してきたU君と言う子がいました。

やっぱり一見おっとりしててちょっと太ってた子なんだけど、うちの近所に引っ越してきたので同じ通学班になり最初に仲良くなってしまったのが私だったんですね。

今思えばゴメンなんだけど、そのせいでU君もイジメの対象になってしまったんです。

二人で受けた傷は打撲、裂傷、火傷などなど体に傷の残るようなものもありました。


冬場にはストーブが設置されますよね。


そのストーブが古い形のもので煙突がつくやつなんですけど、蓋のところでベルトのバックルを熱するわけです。

もう察しがつきますよね。。。

高熱になったバックルを体に付けられるんですよ。イジメというか拷問です。

殴られたり蹴られたりは当たり前でしたし、前回でお話ししたようにぐちゃぐちゃにされて、ご飯が食べられないのもしょっちゅう。

流石に母も気付いて
再び学校へ乗り込んでまた一時は収まりました。
そのときにイジメっ子達に母が聞いたそうです。

『どうしていじめるの?』

帰ってきた答えは

『なんとなくイライラするから』

こんなことなんですよね、イジメの理由なんて( ¯―¯٥)
今は精神的に弱い子も多いから自殺という選択をしてしまう人も珍しくありません。

子供に限らず大人の世界にもこういう子供みたいな存在がまだいるんですけどね・・・。

と、話がそれたのでもとに戻すと結局6年間イジメられっぱなしだった小学校生活でしたね(=o=;)

それから中学生になると、更に他の小学校の子達も集まって人数が増えます。

私の通った中学校は人数が多くて1学年8クラスありました。
中学になるとイジメっ子も体裁を気にするのか、表立ったイジメというものが減ってきます。

が、、、

やっぱり脳ミソ小学生のままの方も数名いて結局暴力が無くなることはなかったですね( -᷄ω-᷅ )💭

また陰湿なのも復活します。

先生や周りにバレないようなチクチクしたやり方。

例えば教室で複数の盗難があったんですが、盗品が全部私の机や鞄に入れられてて私が職員室に呼び出されて面談になったり・・・。

もうこれ、自分史というかイジメ記録みたいなもんですな(・∀・;)


それから中学2年生の後半、夏休みぐらいかな?

流石にちょっとグレまして。。。
女の子は理解ある子が多かったんですね♪

原付きでブンブンする仲間に入りました(笑)

声変わりも遅く背も小さかった私はリーダー以外にはバレずに参加(*´σー`)エヘヘ

とても楽しかった♪

たしかに方向は間違っていたと思う。
けどね、みんな本当に仲間想いで裏切りなんて全くなかった。
心苦しかったのは私がみんなに大きな嘘を一つついていたことでした。

もちろん、高校1年で引退してみんなに真実を告げました。
ビックリはしていましたが、
それでもみんなはそんなの関係ないと言ってくれて、いつでも遊びに来いと言ってくれました(´;ω;`)

もう付き合いのある子はいないんですけどね(˘ー˘💧)

高校からのお話しはまた今度♪
だいぶ軽度になりましたが、まだイジメがあるんです(笑)

でわでわ〜(。>ω<。)ノ


Tsukasa.Hayakawa.NH@gmail.com

こちらのアドレスはキャスト直通となります。
当日のご予約は不可です。

ご予約希望のお客様は

①ご予約名・ご連絡先(携帯電話番号)
②日時
③ご利用場所(個室・出張)
④コース(60・90・120)

※メルマガ購読者の方はメルマガパスワードをご記載いただきメールください。
※2週間以内のご予約まで承ります。


よろしくお願いいたします(ㅅ-▽•)

ご質問等ございましたらできる範囲で回答いたしますのでお気軽にご連絡ください♪♪
返信が遅くなることもありますがご了承くださいm(_ _)m

↑このページのトップヘ