2019年01月18日

「新春新酒顔見世会」と大磯町参与柴田さんと「神火」で痛飲ぜよ!

 1月16日(水)は、まずは11時前ばあに馬喰町の日本名門酒会(http://www.meimonshu.jp/)本部・株式会社岡永さん本社にて開催中の、「2019新春新酒顔見世会」(しぼりたて試飲会)にうかごうたがやき。


 地下の試飲会場にゃあ、全国の名門酒66アイテムの「しぼりたて」がズラリで、既に加盟酒販店の方々や飲食店の方々らあが多数試飲されよったがよ。
(1)地下の試飲会風景
















 ポスターやチラシらあの販促品コーナーもあり、ギフトコーナーらあもあったがやき。
(2)販促品(3)ギフトコーナー

 早速ワシも、端からしっかり試飲さいてもうたがよ。














 当然どちらの蔵元さんも、年々レベルを上げてきゆうがやけんど、やっぱし辛口好きのワシにゃあ、「船中八策しぼりたて」(超辛口・純米生原酒)と「司牡丹・土佐の超辛口・しぼりたて」(超辛口・本醸造生酒)が、一番美味しいと感じられたがやき。
2019.1.18(4)船中しぼりたて

 66アイテムの試飲を終えた後は、1階の蔵元出展ブースに移動し、「五橋」さんと「名倉山」さんの試飲をさいてもうたがよ。
(6)五橋、名倉山試飲コーナー

 さすがは今人気の蔵元2蔵で、いずれも絶妙な美味しさやったがやき。














 またこちらにゃあ、「春和酒(はるなごみざけ)」のコーナーも設置されちょったがよ。
(7)春和酒コーナー

 その後は、5階の営業部にうかごうて、デパート担当の鈴木さんと、ちくといろいろ打ち合わせさいてもうたがやき。


 ほんで12時過ぎばあにゃあ、執行役員の西野さんと、ランチミーティングに行ったがよ。


 徒歩数分ばあのくに、魚が旨い「魚党(さかなとう)」っちゅうお店があって、こちらは「船中八策」も扱うてくださりゆうっちゅうことやったき、こちらにうかがわいてもうたがやき。
(8)魚党
















 店内の冷蔵庫を見たら、定番の「船中八策」が入っちょって、それを含めて土佐酒が4銘柄(酔鯨、美丈夫、南)も入っちょったがよ。
2019.1.18(9)土佐酒4銘柄

 メニューをチェックしたら、新潟が3銘柄で高知が4銘柄やって、まっこと嬉しいかぎりながやき。


 ワシゃあ「日替わり干物定食」を注文したら、干物はもちろん、でっこうてプリプリで美味しかって、さらに刺身盛りまで付いちょって、ご飯味噌汁おかわり自由やにおかわりせんじゃちお腹いっぱいになったがよ。
(10)干物定食

 美味しいランチをいただきもって、西野さんといろいろミーティングさいてもうたがやき。


 帰り際に魚党党首矢崎さんにご挨拶さいてもうたら、高知県宿毛市から鮮魚を取り寄せしゆうらしゅうて、そんな関係で土佐酒のアイテムが多いがやっちゅうことやったがよ。


 矢崎さん、ありがとうございます!また是非次回は、夜に飲みに来らいていただきますきに!


 その後は、ちくと宿泊ホテルに戻んてから、佐川町出身の人気声優・小野大輔さんと、ちくと打ち合わせさいてもうたがやき。


 昨年末、小野さんがラジオで「司牡丹で小野大輔のお酒をつくりたい」っちゅうて語られたらしいがよ。


 そんな情報を、小野さんファンの方からいただいたもんやき、今回小野さんに時間をとっていただいたがやき。


 詳細についちゃあまだナイショやけんど、小野大輔さんブランドの司牡丹のお酒が年内にゃあ新発売されることになりそうなき、小野さんファンの皆さん、楽しみにお待ちくださいや!


 ほんでその晩は、銀座の寿司家「神火(じんか)」さんにて、18時半ばあに大磯町参与で作家・コラムニスト&多様性工房株式会社代表取締役の柴田明彦さんと待ち合わせて、飲んだがよ。
(11)神火

 10年ばあ前に焼失しちょった大磯町の「旧吉田茂邸」が、各方面の寄付らあにより再建され、一昨年4月1日から「決断の聖地」っちゅうコンセプトでリニューアルオープンとなり、そのオフィシャルSAKEとして「司牡丹」をっちゅうこと(※吉田茂元首相が愛飲されたがが「豊麗司牡丹」)で、柴田さんからご連絡をいただいたがやき。


ほんで、一昨年3月26日(日)にゃあ旧吉田茂邸再建となり、大磯町にて落成記念式典が開催され、吉田茂元首相の孫にあたる麻生太郎副総理兼財務相や菅官房長官や二階幹事長らあの方々が出席され、復活を祝われたがよ。


ほいたら翌3月27日の産経新聞朝刊の全国版に、このネタの記事が掲載されちょって、ワシの曾祖父(竹村源十郎)と吉田茂元首相のツーショット写真と、吉田茂元首相が愛飲された豊麗司牡丹(純米酒)が邸内に展示されちゅう写真が、バッチリ掲載されちょったがやき。


 この大磯町の旧吉田茂邸は、一昨年4月1日から一般公開され、予想を上回る来場者数で大人気らしいきに、是非皆さんもご見学にいらしてくださいや!


 さて、柴田さんたぁ東京にて度々お会いし、打ち合わせを兼ねて飲みゆうがよ。


 ほんで今回は、ワシのお薦めのお店にて飲む番で、こちらのお店にうかごうたっちゅうわけながやき。


 まずは生ビールで乾杯の練習をして、大根・ワカメ・胡瓜(+自家製なめ味噌)らあをいただいたがよ。
2019.1.18(12)船中八策
















 お次は、カワハギの刺身とカワハギの肝醤油が出され、こちらが旨いの何の!
(13)カワハギ

 こりゃ日本酒にせにゃあ失礼やっちゅうことで、早速「船中八策」(超辛口・純米酒)を注文し、あらためて正式な乾杯をしたがやき。













 さあ、そっから後は、絶品のマグロ、絶妙美味のコハダ、舌がトロける西京焼きらあが出され、「船中八策」がガンガンに進むこと、進むこと!
(14)マグロ(15)コハダ2019.1.18(16)西京焼き

















 「決断の聖地」旧吉田茂邸のオリジナル酒の司牡丹についても、5月ばあにゃあ新発売できそうで、まっこと楽しみながよ。


 その後は、絶品握り寿司を数カンいただき、〆にゃあ全身に沁みわたる美味しさのアサリの味噌汁もいただき、お腹いっぱいになってお開きとなったがやき。
(17)アサリの味噌汁

 柴田さん、旧吉田茂邸のお酒、宜しゅうお願い申し上げますぜよ!

















土佐の高知の日本酒蔵元「司牡丹」の公式ホームページは、こちらをクリック!
司牡丹酒造株式会社
  

Posted by tsukasabotan at 11:33Comments(0)