2014年11月18日

「土佐の酢みかん文化を楽しむ会〈2014〉in濱長」【後編】ぜよ!

今回は昨日のブログの続きで、11月13日(木)に「料亭 濱長」(http://www.k-hamacho.com/)さんにて開催された、ワシが理事長を務めさいてもらいゆう「土佐学協会」(http://tosagaku.cocolog-nifty.com/report/)主催の「土佐の酢みかん文化を楽しむ会〈2014〉in濱長」の後編ながやき。


 さて、開会して1時間ばあ経過した20時過ぎにゃあ、宴席も盛り上がりまくりで、3番目の酢みかんカクテル「四万十モスコミュール」が出されたがよ。
四万十モスコミュールのメニュー四万十モスコミュール

















 このカクテルは、土佐の酢みかんの直七と、四万十の新生姜や山椒や黒糖らあを使うちゅうがやき。


 直七の提供者として、元宿毛市長の中西さんが、ちくとスピーチされたがよ。
元宿毛市長中西さん
















 続いては、松田さん率いる「思い出がかり」制作の「土佐の酢みかん」ミニ映画の上映ながやき。
酢みかんミニ映画酢みかんミニ映画2酢みかんミニ映画3

















 昨年度の松崎先生の「土佐の酢みかん」講演や、土佐の酢みかんについての解説らあがあり、ラストはいろんな方々がいろんな料理にいろんな酢みかんを、ニコニコしもって搾りかける姿らあが映し出され、こぢゃんと楽しそうやったがよ。


 続いては、4番目の酢みかんカクテル、「龍馬モヒート」が出されたがやき。
龍馬モヒート



 ブシュカンと、龍馬ラム、ミントシロップ、イエルバブエナらあを使うたカクテルながよ。













 その後は、直七の里株式会社の喜多社長さんのスピーチらあがあり、お次は「濱長」さんの土佐芸妓、琴魚さん、かつをさん、司さんによる舞いのご披露ながやき。
18喜多社長さんご挨拶11芸妓さんの舞い
















 まずは3人で、酢みかんリキュールをキューッと飲み干し、拍手喝采ながよ。
酢みかんリキュールで乾杯!

















 はし拳踊りや、その他の舞いらあもまっこと見事で、一気に会場全体が華やいだがやき。
18はし拳踊り美しい舞い

















 万雷の拍手を浴びて、芸妓さんの舞いが終わった後は、最後の5番目の酢みかんカクテル、「龍馬の志」ながよ。
龍馬の志メニュー龍馬の志

















 こちらは、柚子と、司牡丹の「龍馬からの伝言・本格米焼酎」、ユズリーノ、抹茶シロップらあを使うたカクテルながやき。
ラストの酢みかんカクテルを作る
















 その頃会場は、土佐の「おきゃく」的大宴会と化しちょって、大盛り上がりになっちょったがよ。
18宴席風景18宴席風景2


















 販売コーナーにもお客様が訪れ、「土佐の酢みかんストラップ」や「酢みかん手拭い」や「濱長オリジナル直七ポン酢」らあが売れていきよったがやき。
18販売コーナー酢みかんストラップ



















酢みかん手拭い濱長の直七ポン酢

















 ちなみに、畠中智子さんは酢みかん手拭いを和服の襟がわりにされちょって、松崎先生もスカーフ風に身に付けられちょって、お2人ともまっことお似合いながよ。
酢みかん手拭いを使う松崎先生と畠中さん


 こうして皆さん、搾って食べて飲んで、搾って食べて飲んで・・・の宴席は、大盛り上がりのまんま21時半ばあになり、無事お開きとなったがやき。








 中締めのご挨拶は、元高知県観光振興部長の久保さんにお願いしたがよ。
元観光振興部長の久保さん中締め宴席風景終盤
















 会場全体に蔓延しまくりの酢みかんの香りに包まれ、皆さんニコニコ満面全身笑顔で、ちくと千鳥足で、帰路につかれたがやき。


 美女軍団がズラリと集まっての記念撮影も行われ、まっこと名残り惜しい限りながよ。
美女軍団!


 お手伝いやご協賛、ご協力いただきました皆さんにゃあ、心から厚う御礼申し上げます。


 また、ご参加いただきました皆さんにゃあ、心より厚う、感謝申し上げますぜよ。










土佐の高知の日本酒蔵元「司牡丹」の公式ホームページは、こちらをクリック!
司牡丹酒造株式会社

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tsukasabotan/51870361