2015年04月20日

「土佐学協会」平成27年度第1回理事会と「八百バル」ぜよ!

4月16日(木)は、17時半から高知県立大学(永国寺キャンパス)にて、ワシが理事長を務めさいてもらいゆう「土佐学協会」(http://tosagaku.cocolog-nifty.com/report/)の平成27年度第1回理事会やったがやき。
20(1)理事会風景


 今回の開催場所は、新しい地域連携棟2回B208やって、新築のにおいがプンプンやったがよ。


 さて今回の参加者は、ワシと大野さん、永尾さん、監事の松田さん、事務局お手伝いを担当いただきゆう学生会員の加藤さんで、ちくと遅れて長崎さんが参加され、6名での開催やったがやき。


 清原先生は出席の予定やったがやけんど、会議らあが立て続けらしゅうて、チラッと顔を出されて欠席やっちゅうことやったがよ。


 ほんで、理事会としちゃあ以下の件らあについて、報告や打ち合わせらあをしたがやき。


●土佐酒学研究会の「日土人(ひとびと)」活動新聞記事掲載について
(2)「日土人」新聞記事


 共同通信社さんが、昨年度の「土佐酒学研究会」の純米酒「日土人」活動を取材された記事を、全国に配信してくださったがよ。


 毎日新聞・高知版や、広島の中国新聞等々に掲載されたき、その一部を回覧さいてもうたがやき。











●「土佐学大会」対談打ち合わせについて
(3)「土佐学大会」案内


 今回の「土佐学大会」のメインは、「土佐の幻の在来野菜復活へ〜潮江菜を中心として〜」っちゅうタイトルで、まずは長崎さんが熊澤秀治さん(潮江旬菜・代表)と対談し、その後大野さんが「潮江地区の移り変わり」について講演される予定ながよ。


 ほんで、先日長崎さんと大野さんが熊澤さんくに行って打ち合わせをしてきてくださったき、その報告があったがやき。


 今話題となっちゅう幻の潮江菜は、来年の1月ばあにゃあ食べられそうやっちゅうことらしいがよ。








 尚、「土佐学大会」の詳細についちゃあ以下の通りで、ご参加はどなたやちOKで、入場無料やき、是非皆さん、奮ってご参加くださいや!
(4)理事会風景2


●「土佐学大会」詳細について


〈テーマ〉「土佐の幻の在来野菜復活へ」(〜潮江菜を中心として〜)

〈内容〉今回の「土佐学大会」は、「土佐の幻の在来野菜復活へ」(〜潮江菜を中心として〜)をテーマに、潮江地区の農家である熊澤秀治さん(潮江旬菜・代表)をお迎えし、当会理事の長崎雅代さん(ファーム・ベジコ)との対談形式にて実施いたします。牧野富太郎博士の指示で採取・保存されていた幻の在来野菜の種類は、70種類を超えるそう。そして今や幻となっている潮江菜もそのひとつで、最近高知新聞にも記事が掲載され、大変な話題となっています。故・宮尾登美子さんも、食することを熱望され、亡くなられてから、ひつぎにまで入れられたという幻の潮江菜。そんな潮江菜を中心として、土佐の幻の在来野菜復活に尽力されている熊澤さんに、食味値日本一の胡瓜農家・長崎さんが肉薄します!土佐の幻の在来野菜70種類以上の資料なども本邦初公開予定!さらに、当会理事の大野加惠さんが、「潮江地区の移り変わり」について語ります。過去を知り、現在を見つめ、未来に夢を描けるような、そんな大会となることでしょう。

〈日時〉2015年5月23日(土)13時〜

〈場所〉高知県立大学・永国寺キャンパス

〈主催〉土佐学協会

〈共催〉高知県立大学(予定)

〈参加費〉無料(会員以外の方でもどなたでも参加可能)※ただし、懇親会ご参加者のみ、事前申込と懇親会費(5000円程度を予定)が必要です。

〈スケジュール〉
12:30〜13:00 受付

13:00〜13:05 開会・挨拶

13:05〜14:35 対談 熊澤秀治さん×長崎雅代さん
テーマ「土佐の幻の在来野菜復活へ」(〜潮江菜を中心として〜)

14:05〜14:35 講演 大野加惠さん テーマ「潮江地区の移り変わり」
※受付にて「昭和南海大地震の記録日記(仮題)」も販売予定。

14:35〜14:50 質疑応答

14:50〜15:00 休憩

15:00〜15:10 「土佐酒学研究会」研究会報告

15:10〜15:25 「地域文化デジタルアーカイブ研究会」研究会報告

15:25〜15:40 「土佐の酢みかん文化研究会」研究会報告

15:40〜16:10 一般研究報告

16:10〜16:30 休憩

16:30〜17:00 総会(※土佐学協会会員のみ)

17:30〜 懇親会

〈注意事項〉講師の方以外は駐車場がありませんので、公共交通機関をご利用ください。

〈懇親会事前申込先〉
〒780-8515 高知市永国寺町2-22 高知県立大学体育学研究室内
TEL:080-3166-6725(清原) または 090-5713-1310(加藤) E-mail:tosagaku@el.u-kochi.ac.jp



●「土佐学大会」総会について


 平成27年度総会の議事内容らあについて、検討したがやき。


 まずは平成26年度事業報告、平成26年度収支決算らあについて。


 続いては平成27年度事業計画案、平成27年度収支予算案らあについて、いろいろ検討したがよ。


 また、役員の任期(2年)がきれるき、平成27年度の役員案について検討し、全員留任をお願いし、変更なしっちゅう案になったがやき。


●「土佐学協会」事務局住所変更について


 事務局をお願いしちゅう清原先生の体育学研究室が地域連携棟に移転したき、事務局の住所も永国寺町5-15から2-22に変更になったがよ。


●「土佐学年報」について


 現在加藤さんにお願いしちゅう「土佐学年報」の編集作業らあについて、いろいろ話し合うたがやき。


 加藤さん、何かと大変やろうけんど、何とぞ宜しゅうお願い申し上げますぜよ。


●次回理事会について


 次回理事会は、5月23日の「土佐学大会」前、12時半から開催となったがよ。


 こうして20時ばあにゃあ、理事会は無事終了したがやき。


 さてその後は、永尾さんから、是非「八百バル」(高知市宝永町2-6・東 TEL:090-2226-9652)に行こうっちゅうことで、ワシと長崎さんと松田さんと4人で向こうたがよ。
(5)八百バル


 今年オープンした、農家が経営するバルで、自分くで育てた野菜らあを使うた料理らあを出すっちゅうことで人気になっちゅう店ながやき。


 永尾さんたぁ親戚になる水野さんっちゅう方が経営されゆうっちゅうことで、うかごうたがよ。


 ちくと電車通りから入ったくにあって分かりにくいけんど、佇まいはえい感じながやき。







 特に看板の「八百バル」の「BAR」の文字が、「屋」の字っぽうデザインされちゅうくが、なかなかえい感じながよ。
(6)「八百バル」看板(7)店内

















 まずは生ビールで乾杯し、みんなあお腹が減っちゅうもんやき、ポテトサラダ、葉ニンニクのガーリックトースト、アオリイカと野菜の炒め物、アヒージョらあを次々といただいたがやき。
(8)ポテトサラダ(9)ガーリックトースト
















(10)アオリイカと野菜炒め(11)アヒージョ



















 料理人としちゃあまだまだ経験が浅いっちゅうことやったけんど、なかなかどうして、どの料理も美味しゅうて、ガンガンいただいてしもうたがよ。



 途中から、ワシと永尾さんは、「土佐司牡丹」(普通酒)に変えて、あらためての乾杯ながやき。



 そっから後も、野菜のバーニャカウダ、葉ニンニクのジェノベーゼ、八百バルカレー、青椒肉絲、赤ウインナー、ミーゴレン、野菜のパスタ・・・等々を次々といただき、どれも美味しいもんやき、お酒も会話も弾むこと、弾むこと!
(13)バーニャカウダ(14)ジェノベーゼ
















(15)八百バルカレー(16)青椒肉絲

















(17)赤ウインナー(18)ミーゴレン
















(19)パスタ
















 こうして22時半ばあまで盛り上がりに盛り上がって、お開きとなったがよ。


 帰り際にゃあ、店主の水野さんご夫婦と永尾さんの記念写真も撮らいてもうたがやき。
(20)水野さんご夫婦と永尾さん


 水野さん、美味しい料理を、まっことありがとうございました!


 また永尾さん、まっことごちそうさまでしたぜよ!














土佐の高知の日本酒蔵元「司牡丹」の公式ホームページは、こちらをクリック!
司牡丹酒造株式会社

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tsukasabotan/51881768