2016年03月03日

【緊急案内!】佐川・高知・大阪・東京で司牡丹のイベント三昧ぜよ!

 さて、今年の3月はとにかくワシゃあ全国各地に飛び回りイベント三昧やき、それらあのイベントについて、ちくとご紹介さいていただきますぜよ。


 まず最初は、明後日の3月5日(土)に佐川町にて、司牡丹の酒蔵開放イベントが開催されるがやき!


 ちなみに現在、佐川町の司牡丹周辺の上町地区じゃあ、「第8回さかわ・酒蔵の道 ひなまつり」を開催中〈2月27日(土)〜3月16日(日)10:00〜16:00〉ながよ。
(1)司牡丹酒蔵開放イベントチラシ


 さらに、実は佐川町は、旧町村が合併して新・佐川町が誕生してから町制60周年やって、ホンマは昨年その記念式典をやらにゃあイカンかったがやけんど、今年の3月5日(土)に開催することになったがやき。


 ちゅうことで、その60周年記念と、「第8回さかわ・酒蔵の道 ひなまつり」に併せて、司牡丹も何かイベントを開催してほしいっちゅう依頼が佐川町からあり、3月5日(土)に「司牡丹・酒蔵開放」イベントを開催することになったっちゅう流れながよ。


 「さかわ・酒蔵の道」に建ち並ぶ古民家や歴史的建築物のアチコチに、大小様々な雛飾りが約200体展示されちゅう中、3月5日の10時〜16時の間はどの時間に来ていただいたち予約なしで無料で、蔵見学が可能ながやき。


 さらに、「名教館」じゃあ、滅多にお目にかかれん貴重な「袋吊り搾り」の実演を実施し(14時〜16時の間のみ)、ナント!無料にてそのしぼりたてを振る舞い酒ながよ!(※酒税法違反にならん方法で搾ります!)
袋吊り01


 また、司牡丹の5号蔵じゃあ、こちらはワンコインの500円にて、「酒かす詰め放題」イベントを実施(14時〜16時の間のみ)するがやき!


 さあ!明後日の3月5日(土)は、皆さん奮って佐川町にお越しくださいや!






 お次は、来週3月8日(火)高知市の「高知サンライズホテル」さんにて、「土佐のおきゃく2016」(http://www.tosa-okyaku.com/)参加イベントとして、ワシが「土佐の夜学」講師で登場するイベントが開催されるがよ。
(3)「土佐のおきゃく2016」


 タイトルは、「ツウも知らない!人生を10倍豊かにする日本の旬の食と日本酒活用法」。














 まずは18時から約30分ばあ、ワシの講演をお聴きいただき、その後は実際に土佐の旬の食に司牡丹を合わせて楽しんでいただくっちゅう内容で、参加費は8000円(講演・飲食込み)ながやき。
(4)3月8日イベント内容

















 ちくとお高いように思われるかもしれんけんど、料理内容はこぢゃんと豪華な旬の食材がタップリで間違いのう絶品やし、何ちゅうたち、こちらでも皆さんの目の前にて「袋吊り今搾り」が実施され、その貴重な雫をご堪能いただけるがよ。(※酒税法違反にならん方法で搾ります!)
(5)袋吊り今搾り(小)


 さらに、春限定の「船中八策・薄にごり生酒」(超辛口・純米生酒)や、昨年の全国新酒鑑評会最高位金賞受賞酒、「司牡丹・天香国色(てんこうこくしょく)」(大吟醸原酒)らあもタップリ出されるっちゅうがやき、会費はむしろ安いばあやと思うがやき。


 もうまあ、定員いっぱいの満席になるかもしれんき、ご参加ご希望の方は、主催の「高知サンライズホテル」さんまで、今スグお申し込みくださいや。


 【お申込先】高知サンライズホテル TEL:088-822-1281


 続いては、3月12日(土)に大阪の「浅野日本酒店」(http://www.facebook.com/asanonihonshuten/)さんにて開催される、司牡丹の立ち飲みイベントながよ。


 こちらのお店は、司牡丹のお取引先の酒屋さんながやけんど、立ち飲みスペースも併設されちゅうがやき。


 ほんで、この日の15時から21時まで(17〜18時は食事休憩)は司牡丹DAYとして、ワシがお店に立たいてもうて、お客様にお酒を注がいてもうたり、お話しさいてもうたりするがよ。
(6)浅野日本酒店・司牡丹イベントメニュー


 予約の必要はないし、好きな時間に来てもうて、会費っちゅうんものうて、飲み食いしたばあをお支払いいただくシステムやき、お酒が弱い方は弱いなりに、強い方は強いなりに、自分らしゅうに楽しんでいただけるイベントながやき。


 ちなみに今回の司牡丹DAYにてご提供さいていただくアイテムは、以下の通りながよ。


●「デラックス豊麗司牡丹」(純米大吟醸原酒)

●「司牡丹・封印酒」(純米吟醸酒)

●「船中八策」(超辛口・純米酒)

●「船中八策・薄にごり生酒」(超辛口・薄にごり純米生酒)

●「司牡丹・仁淀ブルー」(純米酒)

●「かまわぬ」(山廃仕込純米酒)



 これらあの司牡丹を代表する逸品が、司牡丹社長(ワシや!)とおしゃべりしもって、何と1杯(45ml)300円(税抜き)〈※大吟醸は600円〉で堪能できるっちゅうがやき、こりゃあコスパ高過ぎながやき。


 さらにお店自慢の定番酒肴に加え、「司牡丹・食べる酒粕」や、カツオのタタキらあも用意される予定らしいがよ。


 大阪およびその近郊にお住まいの皆さんは、是非3月12日(土)は、太融寺町の「浅野日本酒店」(大阪市北区太融寺町2-17 TEL:06-6585-0963)さんに、チョコッとだけでもえいき、ワシの顔でも見にいらしてくださいや!


 さてラストは、東京は赤坂にて開催される、スペシャルイベントながやき。


 名づけて、【土佐料理祢保希×司牡丹】「旬の食材を使った春の宴会・春宵の宴」!
(7)春宵の宴チラシ


 お料理は、カツオ料理はもちろん、旬の天然朝獲れ活き締めの桜鯛や、色鮮やかな採れたて春野菜らあの旬のもんをふんだんに使うた、絶品和食フルコース!


 それらあの一品一品に、相性最適の司牡丹のお酒を、ワシがバッチリ選定さいていただくがよ。











 春しか飲めん「船中八策・薄にごり生酒」や、金賞受賞酒そのものの大吟醸「天香国色」等々に加え、さらにこちらでも皆さんの目の前にて、「袋吊り今搾り」を実演し、その貴重な雫をご堪能いただけるがやき。(※酒税法違反にならん方法で搾ります!)
(8)袋吊り今搾り(小)2


 会費は12000円と、ちくとお高いけんど、通常やったら間違いのう15000円以上はかかる内容やき、感動間違いなしながよ!


 ・・・けんど、申し訳ございません!あまりにスペシャルな内容やき、先着28名様にて締め切りとさいていただきます。


 ご参加ご希望の方は、今スグ!下記申込み先までお電話にてお申込みくださいや!


 もちろん、ワシも参加さいていただきますきに!


【土佐料理祢保希(ねぼけ)×司牡丹】「旬の食材を使った春の宴会・春宵の宴」

●日時:3月26日(土)18時開宴

●場所:土佐料理祢保希(ねぼけ)赤坂店
港区赤坂3-11-17(赤坂みすじ通り)

●会費:お1人様12000円(先着28名様にて締め切り)

●申込み先:土佐料理祢保希 赤坂店 TEL:03-3585-9640(予約受付担当:清水・生駒)


















土佐の高知の日本酒蔵元「司牡丹」の公式ホームページは、こちらをクリック!
司牡丹酒造株式会社

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tsukasabotan/51902831