2018年08月30日

人気漫画誌に「船中八策ひやおろし」登場と「37の会」ぜよ!

 今回は、老舗レディースコミック雑誌「月刊エレガンスイブ10月号」<発行所:秋田書店 8月25日発売 定価:700円>(https://www.akitashoten.co.jp/eleganceeve )の人気連載漫画「酒と恋には酔って然るべき」(はるこ 原案協力:江口まゆみ)に、「船中八策ひやおろし」(超辛口・純米原酒)が登場しちゅうき、こちらをご紹介さいていただきますぜよ。
(1)エレガンスイブ10月号(2)酒と恋には酔って然るべき
















 ちなみに「原案協力」の江口まゆみさんは、酔っぱライターとして有名な、酒関係の美人ライターさんで、彼女が今回「船中八策ひやおろし」を選んでくださったがやき。
(3)船中八策ひやおろし登場!

 江口さん、まっことありがとうございますぜよ!


 また、この漫画「酒と恋には酔って然るべき」(https://www.akitashoten.co.jp/comics/4253159486 )は、7月13日に単行本の第1巻が発売されちょって、なかなかの人気で、売れ行き好調やっちゅうがよ。


 主人公は、32歳の日本酒大好きOL松子で、毎回全国の人気日本酒銘柄が登場するラブストーリーながやき。


 日本酒ファンの皆さんは必見の漫画やき、是非月刊エレガンスイブ10月号」と「酒と恋には酔って然るべき」第1巻を、ご購入くださいや!


 さて、8月27日(月)は、昭和37年生まれの同級生の集まり「37の会」の第187回目の集いが、19時から「土佐料理 花鶴」さんにて開催されたがよ。
2018.8.30(4)花鶴

 今回は、10人のメンバーが集まり、いっつもは大抵女性メンバーが多いがやけんど、珍しゅう男性メンバー6人と多かったがやき。


 まずは生ビールで乾杯の練習をし、ワシがちくと特別に持ち込みさいてもうた「司牡丹・封印酒・生酒」(純米吟醸生酒)にて、正式な乾杯をしたがよ。


 フルーティな香りとなめらかでやわらかな味わいは、万人ウケするタイプやき、皆さん「こりゃ旨い!」と大絶賛やったがやき。




 さあ、そっから後は、旬の名残りのシンマエ(マグロの幼魚)のお造り、寿司盛り、名物の鰹の塩だれタタキ、ウツボの玉子とじらあが次々と登場し、どれもこれも絶品なもんやき、箸も杯も進んで進んで止まらんなって、会話も弾みまくりで、大盛り上がりに盛り上がったがよ。
(5)シンマエ(6)寿司盛り
















2018.8.30(7)鰹の塩だれタタキ(8)ウツボの玉子とじ

 何ちゃあ気をつかわん同級生同士やき、バカ話や下ネタらあも平気でガンガン飛び出し、腹筋がネジ切れるかと思うばあ笑い転げ、盛り上がりまくりやったがやき。


 「花鶴」さん、素晴らしいお料理をこぢゃんとサービスしていただき、まっことありがとうございました!









 当然2次会は、メンバーのばーこの店「ばーこnoばぁー」に行って、カラオケ歌いまくりで、さらにさらに盛り上がりまくったがぜよ。

















土佐の高知の日本酒蔵元「司牡丹」の公式ホームページは、こちらをクリック!
司牡丹酒造株式会社


Posted by tsukasabotan at 09:43│Comments(0)